3336495 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

Calendar

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Comments

コスタ@ Re[2]:コスタさん(07/06) tomy4509さんへ  これは知りませんでし…
tomy4509@ Re[1]:コスタさん コスタさんの記事からのcocoaさんのそれで…
コスタ@ Re:(私の)闘病生活と堕落人間、そして、支流人(分派)(その3)(07/06) こんにちわ。  cocoaさんの記事は私が書…
tomy4509@ Re[1]:Lilyさんへ 訪問ならびにコメントありがとうございま…

Headline News

2020.05.26
XML
カテゴリ:UCI、サンク
​​​​​​​​​真の父母様宣布文サイト​からの新着です。

2020.5.25 New!
​​​

「独自の『神観』に基づいて〝虚偽〟をかたる中村仁史氏―― 分派による、真のお母様批判の常套手段〝み言改ざん〟に要注意!」を掲載しました。

詳細は宣布文ホームページから確認していただければ、以下に一部を引用しました。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​(1) 「家庭連合の神観は『天の父』と『天の母』の二元論の神」と批判する誤り​
​① 「天の父母様」は真のお父様のみ言であり、〝一元論の神〟である​
 中村仁史氏は、1988年10月14日の真のお父様のみ言を、次のように翻訳します。

 「神様は1人ですか、2人ですか?(「2人です」)。何ですか?(「天の父と天の母のお2人です」)。それが2人ですか、1人でしょう? 2つの性稟が入っているのです。(あなたには)良心がありますか、ありませんか?(「あります」)。体がありますか、ありませんか?(「あります」)。その2つが一つになって1人の女性です。(神様は)性稟は2つありますが、体は男性的主体としていらっしゃるということです。その男性格主体というのは何ですか? 女性格主体がいれば、また他の男性格主体がいなければならないという話になるので、二元論になるというのです。二元論にひっくり返ります。ですから、永遠に一元論になろうとするので、(神様は)この男性と女性の中和体として主体的な性稟をもつ男性型としていらっしゃるということです」 (マルスム選集182-61、中村仁史氏の翻訳は茶色の文字で表記)

(註:中村仁史氏ビデオ第2弾「真のお父様の神観と、家庭連合の神観との違い」から(2020.02.25)ビデオ映像から実際のものです。 ↓)



 この中村仁史氏の翻訳は、正確ではありません。部分的に省略したり、意味合いを変えたりしています。そのように改ざんする目的は、「天の父と天の母」という神観を、真のお父様が〝問題視〟しておられるかのように読ませるためです。中村仁史氏が翻訳する際、彼が省略し、意味合いを変えて表現した部分を以下、青い文字で示します。

 「神様は1人ですか、2人ですか? (「2人です」)。ですか? 神様は1人…。朴ジョンミンなのか、何と言うジョンミンなのか、2人だと言うの? (「天の父と天の母のお2人です」)。それが2人ですか ​1人でしょう​ 2つの性稟が入っている​でしょう。その朴ジョンミンは​​(あなたには)良心がありますか、ありませんか? (「あります」)。体がありますか、ありませんか? (「あります」)。それは2つですが、合わせて朴ジョンミンという(体は)1人の女性です。 (それと同様に神様は)性稟は2つありますが、体は男性主体としていらっしゃるということです。その男性格主体というのは何ですか?​ 女性格主体であれば、どれほどいいですか。女性格主体がいれば、また他の男性格がいなければならないという話になるので、二元論になるというのです。分かりますか? 二元論にひっくり返ります。ですから、永遠に一元論になろうとすれば、 (神様は)この男性と女性の中和体として​体的な性稟をもつ男性としていらっしゃるということです」​ (マルスム選集182-63、青い文字は、中村仁史氏が削除したり、意味合いを変えて翻訳した部分)​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

…(省略)…

​(2)真のお母様が「原罪を持って生まれた」というみ言は存在しない​

…(省略)…​​​​​

元・光言社職員
・中村仁史氏は「翻訳者」という職歴でビデオ出演して語っていましたから、当然、教理研究院が間違った翻訳をしているというのであればその反論があって然るべきでしょう。

自称ルポライタイーtomy4509もまた、韓国語の原文「マルスム選集182-61」とやらをを調べてみました。実際には63ページにその記載がありました。​(以下はサンクチュアリ教会サイトからのペーストですから、サンクの方も文句はないでしょう。)​

もちろん、私自身は韓国語は象形文字みたいなものですから朴ジョンミン(​박정민)」だけを​調べたところ、やはり、教理研究院の翻訳通りに「​박정민」が存在しました。

​皆さんは、サンクの中村氏と教理研究院の翻訳では、どちらが正しいと思われますか?

http://cafe.daum.net/rainbowKINGDOM/HjjW/440
63

​​​​아니고 아들도 아닌데 그 관계가 귀한 거예요. 그 관계가 무엇이냐? 부자 의 관계를 영원히 갈라놓을 수 없는 힘이 참된 사랑이라는 거예요. 그렇기 때 문에 하나님의 참된 사랑은 혼자 이루지 못한다는 말이 되는 거예요. 알겠어 요? 오늘 기독교인들이 말하기를 하나님은 참된 사랑의 주체이시기에 무엇이 든지 마음대로 한다고 그런다구요. 천만에! 하나님 자신도 관계할 수 있는 대 상이 없게 될 때는 하나님이 제일 귀하게 여기는 사랑을 세울 수 없다 그 말 이예요. 그러면 하나님이 혼자예요, 둘이예요? 「둘입니다」 뭣이야? 하나님은 혼자…. 박정민인지 무슨 정민인지 둘이라고 그래? 「하나님 아버지하고 하나 님 어머니하고 두 분입니다」 그게 둘인가 하나지. 두 성품이 들어가 있지. 그 ​박정민​이 양심 있어, 없어? 「있어요」 몸뚱이 있어, 없어? 「있어요」 그 둘인데 합해 가지고 박정민이 여자 하나예요. 성품은 둘이 있지만 체(體)는 남성격 주체로 계신다 이거예요. 그 남성격 주체라는 게 뭣이냐? 여성격 주체면 얼마나 좋겠나 그거예요. 여성격 주체가 있으면 또 다른 남성격이 있어야 된다는 말이 되기 때문에 이 원론이 된다구요. 알겠어요? 이원론에 나가떨어지는 거예요. 그렇기 때문에 영원히 일원론이 되려니 이 남성 여성의 중화체(中和體)로서 주체적인 성품 을 가진 남자형으로 계신다 이거예요. 그러면 왜 남자형이냐? 남자는 여자를 거느려야 할 책임이 있다는 거예 요. 뒤로 와도 거느리고, 옆으로 와도 거느리고, 이쪽으로 와도 거느리고, 이 쪽으로 와도 거느리고, 위로 와도 거느릴 줄 알아야 돼요. 여자는? 여자는 진짜 주체 되는 남자 앞에…. 여자가 제일 빠른 속도, 제 일 빠른 속도가 몇 마일일까? 아까 빛처럼 초속 3억 미터나 되는 속도로 여 자가 주체 되는, 참다운 주체를 만나 가지고 서쪽으로 그저 휘―익 가서 싹 부딪치더라도 남자는 핑 몇 바퀴 돌 뿐이지 금방 수습한다는 거예요. 그거 무 슨 말인지 알겠어요? 그거 돌면서 수습해야지, 비실비실 나가떨어지면 안 되 는 거예요. 그게 그렇게 되어 있어요. 그렇기 때문에 남자는 여자를 거느려야 되고, 또 부모는 자식들을 거느려 야 돼요, 동서남북으로. 사람은 다 그걸 원하는 거예요. 그렇기 때​​​​


ところで、先に「皆さんはどう思われますか?」と、問うた私でしたが、実は、愚問でした。

「ファミリー」1989.1月号からは、中村仁史氏以外の方が翻訳した1988年10月14日の真のお父様のみ言がすでに掲載されていました。しかも、ごく最近の私のブログ記事でも紹介していたものです。

「宇宙の根本は父子の関係」(1988.10.14、ソウル本部教会)」(2020.03.29)からです(以下)。
​​​​ では、神は一人でしょうか、二人でしょうか? (二人です)。​天のお父様と天のお母様という二人ではなく、神には二つの性稟が入っているのです。​今答えた人は良心がありますか。ありませんか?  体がありますか、ありませんか?  それら二つが合わさってあなたという一人の女性なのです。神の性稟は二つありますが、体は男性格主体となっているのです。では、男性格主体というのはいったい何でしょうか。女性格主体であればどんなにいいでしょうか。しかし女性格主体といった時には、別に男性格が存在しなければならないので二元論になってしまうのです。分かりましたか。二元論になってしまうというのです。神は永遠に一元論であられるために、男性、女性の中和体として、主体的な性稟をもった初めての男性形なのです。​​​​
​上記からも、教理研究院に軍配が上がりました。

サンクチュアリ教会の元光言社職員・中村仁史氏
​過去に「翻訳者」の職歴を自負されていましたが、
「彼のみ言改ざんにも要注意!」です!!




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​​​​​​​​​






Last updated  2020.05.27 19:44:42
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.