2800267 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tomy4509@ Re[1]:天一国摂理歴史--文孝進様聖和(2008年3月17日)(03/17) 奥野恵美子さんへ 訪問ならびにコメントあ…
奥野恵美子@ Re:天一国摂理歴史--文孝進様聖和(2008年3月17日)(03/17) 昨夜、霊界のバスキアと交信しました。霊…
tomy4509@ Re[1]:「お母様は原罪無し」はお父様のみ言(09/24) 098さんへ ----- 堕落前は原罪がないの…
098@ Re:「お母様は原罪無し」はお父様のみ言(09/24) 堕落前は原罪がないのと同じではない。 …
tomy4509@ Re:大変 失礼しました。(09/21) 甘えん坊さんへ 責任転嫁、そして、今度…

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

国際勝共連合 UNITE(ユナイト)

2018.09.07
XML



今回は、いよいよ「モリカケ問題」の最終回です。なぜマスコミや野党は、あれだけこの問題を追及し続けたのか。そこにはさまざまな思惑が見え隠れしています。野党の存在価値、憲法改正の行方などなど。番組では、ナビゲーターの中村学氏が勝共理論の観点から分析を試み、問題の本質に迫ります。「ほぼ5勝共」をご覧いただけば、ニュースの真相と社会の深層が見えてきます。





​​
​ハワイアン・クィーンコーヒー農園​のコナコーヒー​​​






最終更新日  2018.09.07 21:24:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.31



「森友学園問題」では、「国の土地を売るときの値段が不当に安かったのではないか」「財務省の職員がその値下げの記録を書き換えた」という二つの問題点が指摘されました。そしてそれは「安倍総理の指示によって行われたものではないか」「安倍総理を忖度して行ったのではないか」という疑惑がもたれました。しかしこの二つの疑惑は安倍総理とは無関係であったことが分かりました。それではなぜ、森友学園問題は起きたのでしょうか? 問題の本質は何だったのでしょうか?






最終更新日  2018.08.31 19:38:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.25



今回は、加計学園問題について解説します。「加計学園問題」とは、国家戦略特別区域に指定された加計学園グループの岡山理科大学獣医学部新設計画(今治市)を巡る問題です。日本獣医師会は長年、獣医学部新設に反対の立場でした。内閣府は岩盤規制改革を進めていましたが、文部科学省と対立していました。新しい獣医学部新設計画はなぜ迷走したのか。ナビゲーターの中村学氏が「加計学園問題」の本質に迫ります。






​​
​ハワイアン・クィーンコーヒー農園​のコナコーヒー​​​






最終更新日  2018.08.25 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.18



今回は、森友学園問題について解説します。大阪の「森友学園」という学校法人が幼稚園を経営していました。同法人のトップ、籠池泰典氏は、幼稚園だけでなく小学校もつくろうと考えていました。同じ頃、国がある土地を売りたいと考えていました。そして籠池氏は、その土地を買うことになりましたが、籠池氏と行政の関係に問題が生じてきました。さらに森友学園と安倍昭恵夫人や安倍総理自身の関わりも取りざたされたところから、森友学園問題は迷走し始めます。






最終更新日  2018.08.18 10:21:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.27



歴史的な米朝首脳会談が行われて1カ月が過ぎました。アメリカと北朝鮮は核放棄の取り組みを始めることを約束しました。しかし、アメリカが主張する「完全かつ検証可能で非可逆的な非核化」は実現可能なのでしょうか。この課題は、米朝のみならず、韓国、日本など、周辺国家の責任が果たされなければ、解決には至らないでしょう。今回は、考えられるいくつかのケースを想定しながら、今後の北朝鮮情勢を展望します。



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2018.07.27 20:16:54
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.20


米朝首脳会談が行われる約1カ月前、北朝鮮に拘束されていた3人のアメリカ人が解放されました。拘束されたアメリカ人の解放は、アメリカにとって核ミサイル問題と並ぶ最重要課題でした。しかし日本の拉致被害者はまだ帰ってきていません。この違いは一体どこにあるのでしょうか。北朝鮮による日本人の拉致。この重大かつ深刻な事件は本当に解決できるのでしょうか、あるいは、なぜ解決できないのでしょうか。今回はこの問題の本質に迫ります。


​​
​ハワイアン・クィーンコーヒー農園​のコナコーヒー​​​



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2018.07.20 22:37:31
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.13
​​
​ハワイアン・クィーンコーヒー農園​のコナコーヒー​​​





第39回 特別編②「拉致問題とは何か?」







一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2018.07.13 22:23:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.06


今回から特別編として、6月12日に行われた米朝首脳会談について取り上げます。アメリカと北朝鮮の首脳会談は初めてのことで歴史的会談となりましたが、「とても良かった」と言う人もいれば、「最悪だった」と言う人もいます。北朝鮮は共産主義国家です。この体制を温存すれば、たとえ一時的には危機をしのいでも、必ず大きな脅威になります。勝共的には北朝鮮問題をどう見るのでしょうか。4回に分けて解説します。





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2018.07.06 21:30:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.29



共産主義が言うように、社会は階級闘争によって発展してきたのでしょうか。近代ヨーロッパでは、不当な支配に苦しむ人々が自由を求めて立ち上がり、革命を起こしました。しかしその目的は、正しい統治体制や社会秩序を実現するためであって、支配者階級を倒し、資本家のいない社会を実現するために立ち上がったのではありません。彼らは、怨みや復讐心で立ち上がったのではなく、「人間らしく自由に生きたい」という本心の自由によって立ち上がったのです。





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2018.06.29 16:36:11
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.22



マルクスの考えた唯物史観では、「人類歴史は原始共産制社会として出発した」と言っています。共産制の社会では、人々が財産を分け合って暮らしていた。個人の財産がなくて、みんなが平等だった。支配者がいないので、みんなが平和に暮らしていた、と言います。実際にそんな社会はあったのでしょうか。今回は、唯物史観の批判と代案について解説します。



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2018.06.22 20:49:39
コメント(0) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.