302705 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小児科医パパの日常的非日常。

PR

Profile


ペディドクターT

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Calendar

Favorite Blog

またも・・・ New! ruccさん

ランチ New! わたがし1566さん

hair of Schiele シ… こはる0124さん
よもぎ日和 mogiyoさん
薬草の魔女をめざし… yasetai4770さん
自虐的主夫の毎日 naopapa225さん
ぽち丸が行く・… 忠犬ぽち丸さん
みしゃママ日記 みしゃママさん
ミミの部屋へ いの223さん
大阪のおばちゃん satikotonababuさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

中野@ キャベツうまたれ ハマリました。 博多出身の親友からお土産にいただきまし…
ペディドクターT@ O・ヘンジー。 ぷるぅ~とさん おひさしぶりでーす。…

Headline News

2008.08.22
XML
カテゴリ:雑感
皆さん、
妊娠出産で、
人は死なないと思っていませんか。

私のかみさんは、
息子の妊娠中に、
常位胎盤早期剥離を発症しました。

「常位胎盤早期剥離」
産科医小児科医ならば、
この言葉を聞くだけで顔から血の気が引きます。
そして、
血の気が引くと同時に、適切な処置を開始しないと、
母子共に死んでしまいます。
すぐに適切な処置を開始しても、間に合わないこともあります。

この常位胎盤早期剥離だけではなく、
妊娠出産には常にさまざまな危険が付きまとっています。

しかも、
それは前兆もなく、
突然訪れることがあります。

かみさんの場合も突然でした。
本当に危険な状態でした。
幸い、二命は取り留めましたが。

しかしながら、
中には、
気付いた時点で、
どんなに最善を尽くしても。

皆さん、
妊娠出産でも、
人は死ぬことがあるんですよ。



妊娠出産は常にさまざまな危険が付きまとう。
誰が悪いわけでもないのに、
突然どうしようもない事態が訪れることがある。
昔は、
みんな知っていたことなのに。

医療の発展や産科医小児科医の努力による、死の絶対数の減少。
妊娠出産情報誌による、軽薄なお祭り騒ぎ。
マスコミによる、感情や世論に流された偏った報道。
司法・行政・立法に携わる人たちの認識不足によるミスリード。
語り部の不在。
などにより、

こんな大事なことを、
みんな忘れてしまったんでしょうね。



妊娠出産は常にさまざまな危険が付きまとう。
誰が悪いわけでもないのに、
突然どうしようもない事態が訪れることがある。

生を継ぐ。
ということは、
本来、
他人の助けの及ばない、
こんなにも命がけで、
厳粛なものなんです。
だからこそ、
尊いんです。

すべての人間が
何の憂いもなく
手放しで楽しむ
お祭りとは違うんです。

このことを、
妊婦さんや、その周りの人たちだけでなく、
司法・行政・立法に携わる人たち、
マスコミに携わる人たち、
その他すべての人たちに知って欲しい。思い出して欲しい。

日本の産科医療を
崩壊させないために。






人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑いつも応援ありがとうございます。


ご当地ダイエットシリーズもよろしく。



ヒブワクチンの話。








Last updated  2010.02.14 23:59:35
コメント(8) | コメントを書く
[雑感] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.