000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ネットでお小遣いゲット!裏技教えちゃいます!

環境

光を利用するのが一番です。

昇ったばかりの太陽光の直射を受ける部屋でない限り、薄いカーテンを寝室の窓につけるといいです。
外が明るくなってきたら光が部屋に入り、自然な光で目がさめるような習慣を付けることが大切です。

自然に目がさめた時には眠りが充分に足りている場合が多く、二度寝をしてもスッキリ目覚めることは難しいのです。

また、朝風呂に入ったり熱いシャワーを浴びたり、ストレッチなどの軽い運動を加えると効果的です。
これらは、朝起きた時の体温の上昇を促す効果があります。

体温が活動に適する温度に上がったときに、スッキリした頭で活動することが出来るのです。

音楽、アロマテラピー、ハーブティー、呼吸法などでリラックスすることにより入眠しやすくなります。

昼寝にも理想的な時間があります。

正午から午後3時頃までがベストです。
午後3時以降は仮眠を取らない方がいいといわれています。
1日に15分から30分くらいの仮眠を取ると、疲労回復に有効です。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.