378262 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バリ島発オリジナルブランドJanjiのPelan-Pelanしょう!

PR

X

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

旅行

2013年01月27日
XML
カテゴリ:旅行

こんにちは!

今日は岡山旅行その3のお話し。
岡山の観光名所といえば、、、
岡山城、後楽園、
そして倉敷の美観地区ですよね。

と、いうことで倉敷の美観地区へ行ってきました。
IMG_3541
昔ながらの街並みがきれいに保存され、
そこにたくさんの食べ物屋や土産物屋が存在し、
昔と現在が共存する場所と言った感じでしょうか。

IMG_3539
もちろんお店も魅力的ですが、
こんな風景もこの地域の魅力の1つでもあると思います。

IMG_3543
その美観地区の路地の先を進むと、、、
なぜか星野さんの記念館が!?(笑)

IMG_3546

また美観地区を少し離れたところには、、、
IMG_3547
なんとも奇妙な光景が?!(笑)
IMG_3550
良く見るとたくさんのイヌが!?
ここは岡山でも有名な処らしくテレビの珍百景でも紹介されたそうですよ(笑)

さて次の日は岡山のパワースポットと呼ばれる「吉備津神社」へ。
IMG_3561
岡山駅からディーゼル車に乗ってのどかな場所へ。

IMG_3563
着いたのは「吉備津駅」
田舎の単線の駅って感じがものすごくいい雰囲気を出してました。


IMG_3555
そして駅を降りたらすぐに吉備津神社へと続く参道が。
もうこの時点で別世界に来たような感じです。

IMG_3557
どこか京都の貴船神社にも似た雰囲気を感じたんですが、
石段を登ると、、、
IMG_3559
大きな山門?が現れて、それをくぐると神殿。
この日も厄払いや初詣の方たちがたくさん来られてました。

岡山駅から電車ですぐの場所に
こんな清らかなところがあるとは知らなかったので行って良かったと思いました。

そして時刻は昼過ぎ。
お腹も減ってきたので岡山駅まで戻り、
前日から楽しみにしていた「ひつまぶた」を食べに(笑)

IMG_3567
簡単に言えば鰻のひつまぶしの豚バージョンと言った感じでしょうか(笑)
最初はそのまま食べて~
その次にネギやゴマなどの薬味で頂く。
そして最後に出汁をかけてお茶漬けにして頂く。
3度の味が楽しめるひつまぶた。

これが衝撃的に美味しくて今回の岡山で忘れられない食事となりました。
なんでもこのひつまぶた。
この岡山が発祥らしいですよー。

また次回行ったときは食べに行きたいと思います(笑)

さてさて3回に分けてご紹介した岡山旅行。
長々とお付き合い下さりありがとうございました。
またいつかお話しできたらと思います。

 


只今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2013年01月27日 15時35分03秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年01月23日
カテゴリ:旅行

こんばんは!

今日今年の桜の開花予報が発表されましたね。
大阪は3/27,京都が3/28。
満開は4/4ごろとのことでした。
今年も満開の桜を見るのがすごく楽しみですが、
その前にもうしばらくこの寒さをガマンしなければ。。。

さて、今日は前回途中になってました、
岡山旅行の続きをご紹介しようと思います!
{前回のお話しはこちら}

前回は岡山城、後楽園などを観光しましたが、
この日は岡山でも紅葉のスポットとして有名な
閑谷学校(しずたに)に行ってきました。
IMG_3005
世界最古の庶民のための学校として建てられたところらしく、
建築物や石塀などが国宝、重要文化財として指定されています。

IMG_3007
山奥にひっとりと佇むその学校はまさにタイムスリップしたかのような
ノスタルジックで日本人の心のルーツみたいなものを感じました。

IMG_3020
その昔、この地で生徒たちが寝起きし、儒学を学んでいたそうです。

IMG_3009
その学校を取り囲むように珍しい石塀があり、
そのからキレイな紅葉が見られます。

IMG_3018
まるで紅葉が山から流れるキレイな瀧のように見えるのは
僕だけでしょうか。
そんなキレイで不思議な紅葉が見れる場所でした。

IMG_3013
そして珍しい石塀を進むと洋館の資料館があり、
その2階から窓から見た庭の紅葉があまりにも印象的だったので
写真を撮りました。

岡山から車で1時間ほどと少し離れていましたが、
行って良かったと思えるほど、
紅葉もその土地の風景も最高の場所でした。

IMG_3021
最後に岡山では有名なパン屋さん。
テレビでも紹介されるほどここのカレーパンが美味しくて
岡山では知らない人がいない?らしいです。

確かにまた食べたい!と思えるくらい美味しかったです♪

まだまだ岡山の話しはあるのですが、
今日はこれくらいでまた次回お話しましょう。

*********Janjiからのお知らせ********
明日1/24(木),25(金)の2日間
奈良町にてイベント販売予定です。
お近くにお越しの際はぜひ遊びに来てくださいね♪


只今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2013年01月23日 21時08分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年12月05日
カテゴリ:旅行

こんばんは!
facebookではちょっとお話ししてましたが、
先月週末の休みを使って岡山に行ってきたので
そのときのことをちょっとお話しします。

京都から高速バスを使って約3時間40分。
途中2回のPAで休憩してあっと言う間に岡山到着。
遠いと思ってたけど意外に近かった。

IMG_2979
生憎の雨だったけど、昼から晴れるということだったので
とりあえず岡山城へ!

IMG_2985
別名「烏城」と呼ばれるだけあって黒が印象的なお城でした。

IMG_2988
天守閣からは金色に輝く鯱と岡山市内が一望できて気分爽快です!

そして岡山城に来たからは隣の後楽園へ行かなきゃソン!
IMG_2992
日本の三大名園の1つでもある「後楽園」
この時期の後楽園は黄金色に輝く芝が幻想的な雰囲気で
ここだけがこの世の時間とは違い、なにか別の空気が流れる場所でした。

IMG_3002
今回の岡山の一番の目的でもあった後楽園。
やっぱり来て良かった!と思えるほど、
この景色を見て心もカラダもスッキリしました。

IMG_2998
この画像は後楽園の池に集まった鯉。
ものすごい大きな鯉だったんですが、
いろんな色の鯉があまりにもキレイで印象的だったのでw

この後楽園は、
秋は黄金色に輝き、また冬は雪の真っ白な景色。
春はいろんな花が咲きほこり、
春夏秋冬いろんな景色を見られるそうですが、
中でも一番のオススメは初夏だそうです!
初夏の夕暮れ時は心を奪われるほど
本当に素晴らしい!と地元の人も言ってました。

来年はぜひ初夏の岡山に来てみたいです!

IMG_3003
最後にこの1枚。
実はこれ電車の車内なんです(笑)

岡山には路面電車が走ってるんですが、
なぜか車内にポストがあって、
とても不思議だったんで1枚撮りました(笑)

次回は岡山の紅葉名所でも有名な、
世界最古の学校「閑谷学校」をご紹介します。

*************お知らせ************
明日12/6(木)7(金)
奈良町にてイベント販売予定です。
お近くにお越しの際はぜひ遊びに来てくださいね。
詳しくはJanjiのwebサイトをご覧下さい。
バリ島発オリジナルブランドJanji
PCサイト http://janji-bali.com
携帯サイトhttp://janji-mobile.jpn.org


只今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2012年12月05日 23時54分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年04月14日
カテゴリ:旅行

こんばんは!

いよいよバリ島出発が明日に迫りました!
毎度のことながら…
出発前日までバタバタとしてますが(笑)

先日出発前にこんな美術展に行ってきました!
IMG
仏師による彫刻や漆塗り、金箔押しなどの芸術品の数々が展示された
第18回現代仏教美術展

展示品のほとんどがお寺などから依頼を受けて製作されたものたちで
個人的に仏像に魅かれることもあり
今回の展示会を見学させてもらって感じたこと…

それは生まれたばかりの赤ちゃんを見ているような
なんとも微笑ましくもあり、
これから何十年、いや何百年と続くであろう…
「命」そのものを感じました。

モノには魂が宿る…と言いますが、
まさにこれらも作る人の魂が宿ったもの。

よく神社仏閣に行くと、
何十年、何百年前に作られた仏像が安置されてますが、
それらに比べれば…
これらの展示品は今、生命が誕生したばかり。

本当に1つ1つ繊細な部分まで
心を込めて作られたということがよく伝わってきた美術展でした!

さてさて~
明日の夜にはバリ島の空の下です。
またバリの神様のもと、
新たな気づきと感謝があることを…。

バリ島

banner2.gif
ただいまブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2009年04月14日 22時36分52秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年04月09日
カテゴリ:旅行

こんばんは!

もうすぐバリへ出発ということで、
先日バリ人のレイキヒーラーの友達から頼まれていた
御札を頂きに鞍馬山を訪ねました。

のどかな風景が広がる叡山電車「鞍馬駅」を下車し、
目の前にそびえる鞍馬寺
それは相変わらず大きな存在感がありました!

鞍馬山1
この鞍馬寺を訪れるのは去年の5月以来…約1年ぶり。
その様子は…こちらをどうぞ。
京都鞍馬・貴船の旅


1年前の自分と今の自分…。

はたしてどんな変化があり、
今、何をどんな風に感じるのか?
ものすごく楽しみでもありました。

前回は入り口の仁王門から山頂の金堂まで
約1kmの山道を歩いて登ったんですが…
今回は仁王門から
ケーブルに乗って山頂を目指しました!
鞍馬山2
ここがケーブル乗り場。

鞍馬山3
観光シーズンともあり
老若男女たくさんの方が来られていました。

約5分ほどケーブルに揺られて~山頂の多宝塔に到着。
鞍馬山4
これが駅名でもある多宝塔です。
中には神様が祀られてあり、
塔の中心には何とも不思議な宇宙を感じさせるものが置かれていました。

多宝塔でお祈りをして、山道を少し歩いて本殿金堂
鞍馬山5

この本殿金堂には…
愛を月輪の精霊…千手観世音菩薩
光を太陽の精霊…毘沙門天王
力を大地の精霊…護法魔王尊
の3つの神様を三身一体(尊天)として祀られています。


本殿に入るまえに…
まずはこの石の中心に立ってお祈りです。
鞍馬山6
京都にはいくつもの神社仏閣がありますが、
多くが目の前に安置されている神様に手を合わせお祈りしますよね?
ここも同じようにお祈りするのですが…
目の前の神様だけじゃなく、上(天)に向かってお祈りしているように感じます。


そしていよいよ本堂の中へ。
今回の目的でもある友達の御札を頂き、3つの神様にお礼を言いました。

本当ならバリ人のレイキヒーラーの友達を一緒に連れてきたら
心から喜ぶのでしょうが…
インドネシア人が外国へ行くことは、
僕たちが自由に海外へ行くほど簡単なことではありません。
だからこの御札だけでも友達に渡すことが出来れば
きっと喜んでくれることでしょう。

 

さて、御札も頂き、
次は貴船神社の聖水を頂きに鞍馬から貴船へと向かいました。

途中険しい山道を登ることになるんですが…
去年この道を登ったときは、
周りの大きな自然を感じながら命の大きさや尊さを実感し登ったのが、

今回はそれどころではなく、

大きく肩を揺らすほど息が上がっていて、
果たして無事に登れるのか?と,
少し不安と恐怖を感じる自分がいました。

1年経って自分の体力が落ちているのか?
それともこの1年…
精神的に自分自身甘えていたのか?
山道を登りながらいろんなことを考えさせられました。

でもここで根を上げる訳にもいかない!と思い、
昔のように苦しい時こそ歯を食いしばって頑張って来た時のことを思い出し
ようやく貴船に到着しました(笑)

きっと今思えば…
今の自分にはこれが足りないと教えてもらったのかも知れません。

さてさて、
貴船神社に到着し、無事に聖水を頂き、
去年もやった水占いをしました(笑)

水占いとは…
水占斉庭の霊水に紙を浸すと運勢が浮き出る水占みくじ。

 
去年は散々なことが書かれていましたが…
今年は…
「心変わりしなければ願いが叶う」…と、
良いことが書かれてありました!(笑)



最後に去年は工事中だった「結社」です。
貴船結社
ここは恋を祈る神磐長姫命を奉る神社らしく、
「むすび文」を神前に結ぶと効果があるといわれるところです!

やはり恋の神社だけあって、
カップルや女性同士のグループの方が多かったですね(笑)

これからの季節。
京都に来られる方も多いと思いますけど
ぜひぜひカップルの方におすすめではないかと思います。

banner2.gif
ただいまブログランキング参加中!
あなたの1クリックどうぞよろしくお願いします。







Last updated  2009年04月09日 21時47分05秒
コメント(10) | コメントを書く
2009年03月19日
カテゴリ:旅行

こんばんは!

今日は先日行ってきた京都東山花灯路をご紹介します!
花灯路
これは毎年開催されているイベントで、
今年は3月13日(金)~22日(日)まで
京都の清水寺や円山公園などの東山一帯を
幻想的な灯篭の灯るイベントです!

この東山一帯は観光名所でもあるので…
普段でもたくさんの観光客の方が訪れるところなんですが、
この花灯路の期間中は、
灯篭のロマンティックな灯りに誘われて~
京都在住の方でも行かれる方も多いみたいですよ!

そんな東山花灯路のおすすめの散歩コースをご紹介します!
(地図が見にくくて…すいません)

map
●最初は八坂神社垂れ桜でも有名な円山公園からのスタートです!
 桜にはまだ少し早いですが花灯路の期間中は…
 
 1:
「伝統の灯り」をテーマに京都の6芸術系大学・短大の学生による
   
ユニークな作品の数々が展示されてます!
 2:京都いけばな協会の協力による灯りと花のいけばな作品たちが展示されてます。
 3:先着100名限定で舞妓さんとの記念写真を撮ることが出来ます!

                   

●そして京都らしさを感じる路地を通り抜け、
 お土産物屋さんや食べ物屋さんが連なる「ねねの道」を散策します! 

 このねねの道は…豊臣秀吉の夫人でもある「北政所 ねね」とゆかりが深く、
 秀吉が亡くなった後、その菩提を弔うために開創してといわれる「高台寺」
 ねねが余生を送った終焉の地と言われ国名勝指定の北庭がある「圓徳院」があります。
 
 「高台寺」「圓徳院」は…17:00~21:30まで夜の特別拝観ライトラップされて、
 ライトアップされた浮かび上がる庭園は何とも言えない雅な美しさを感じます!

                   

●そしてねねの道を散策し次は清水寺へと向かう二年坂産寧坂へ。
 ここは緩やかな上り坂に~
 たくさんのお土産屋さんなどが並ぶ僕も大好きな場所です!

 ここに来たなら必ず美味しい「きんつば」を買って歩きながら食べるんですが、
 この日はちょっと珍しい…
 八橋の生地で作った美味しいシュークリームを買ってしまいました(笑)
 これが…生地は厚く、そして中のクリームは濃厚で最高でした!

                    

●二年坂、産寧坂をゆっくりといろんなお店の試供品などを食べ歩きながら(笑)
 次は清水寺へ。

 清水寺は四国33ヶ所観音霊場の第16番礼所。
 清水の舞台でも有名なところですが、
 国宝の本堂堂塔迦藍がライトアップされ、
 18:30~21:30まで夜の特別拝観もされています!

                    ↓

そして清水寺を拝観し終えたら~あとは来た道を戻ります。
まだこの時間でもお土産物屋さんなどは開いてるところが多いので
帰りにお土産を買って帰るのもいいかも知れないですね!

これが僕のおすすめの散歩コースですが、
この他にも花灯路の期間中は…
●青蓮院…京都五ヶ室門跡の1つで皇室との関わりも深い。
●知恩院…東山三十六峰にそびえる国宝山門。
などがライトアップされ夜の特別拝観をされています!

僕も普段京都に住んでいても…
こんな機会しかこうした観光名所に来ることもないので
大変楽しかったです!そして「京都っていいな」と改めて思いました。

皆さんもこの3連休に京都に来られる予定がある方は
ぜひ「京都東山花灯路」に行ってみてはいかがですか?
また京都在住の方にもおすすめですよ!

京都東山花灯路の詳細は…
http://www.hanatouro.jp/


banner2.gif
ただいまブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2009年03月19日 18時01分44秒
コメント(14) | コメントを書く
2008年11月06日
カテゴリ:旅行

こんにちは!

今日は奈良・興福寺の「国宝特別公開2008」のご紹介です!

興福寺国宝特別公開2008

先日奈良の正倉院展に行った帰りに
ただ今開催中の興福寺「国宝特別公開2008」に行ってきたんですが、
実は…僕的には正倉院展よりもこっちの方がめちゃめちゃ感動しました(笑)

この興福寺…知らない方も多いと思うのでここでちょっとご説明を。
参拝者や歴史観光、奈良公園の散策などで年間を通して人が絶えることのないこの興福寺。
その昔、中臣(藤原)鎌足が大化改新(645年)の成功を願って造立した釈迦三尊像を安置するため、
669年に妻の鏡女王が京都の山科に建てた山階寺を起源とされています。
もともと「厩坂寺」と称されていたそうですが、710年の平城京遷都に際して、
左京三条七坊の地に移し、名称も「興福寺」と称されたそうです!

その興福寺で開催中の「国宝特別公開2008」
今回は奈良のシンボルとも言われる、
この「五重塔」の初層内陣(一階部分)を拝観できるということで、
とても興味を持ち、行ってきました!

興福寺「五重塔」
興福寺の「五重塔」
塔とは…元来、梵語(古代インドの文語)のストゥーパを「卒塔婆」(そとば)と漢字音写し、
それを略したもので、仏教を始められた釈迦の舎利(遺骨)を納める一種の墓標です。
この興福寺の五重塔は天平2年(730)藤原不比等の娘「光明皇后」によって建立されましたが、
現在の五重塔は過去5回の焼失、再建を経て応永33年(1426)に再建されたそうです。


皆さんも「三重塔」「五重塔」など…
いろんなところで「塔」を見たことがあるかと思いますが
釈迦の舎利(遺骨)を納める墓標だということや、
その内部がどうなってるのか?!知らない方も多いんじゃないですか?

僕も今まで知りませんでしたけど、
今回初めてその
塔の内部を見ることが出来たんですが、
一歩足を入れた途端に…
僕たちが今、存在している時間とは
まったく違う時間と空気を感じ、とても感動しました!


内部は正方形の狭い部屋といった感じで…
五重塔の大黒柱ともいうべき役割と存在感がある
大きな柱が上へと伸びており、
その柱の下には釈迦の舎利(遺骨)が納められているそうで…
普段は見る事が出来ないそうですが、
今回は特別に床の一部を外しライトアップされてました!

そして釈迦の舎利が納められた大きな柱を囲むように~
薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、弥勒三尊像の4つの仏像が安置されており、
この四仏を配置したのは仏を曼荼羅風に配置したものでとても貴重な事例らしいです。

この4つの仏像は…
優しい顔や凛凛しい顔など、それぞれに違った顔を持ち。
言葉はないけど…すべてを悟っているような美しい顔をしてました。

時間があれば~
しばらくこの場所にいて、この空気を感じていたい!とも思ったんですが、
さすが…観光客の多いこの時期。
次の人も待っているので~早々に塔を出て、
次に拝観したのは…隣に建つ
「東金堂」興福寺「東金堂」
ここも国宝の1つで約1280年程前、神亀三年(726)に聖武天皇が
元正天皇の病気回復を願い造立された薬師三尊像を安置するお堂です。
室町時代までは…この東金堂と先ほどの五重塔は回廊で囲まれていたそうで、
東金堂は聖武天皇、五重塔は光明皇后によって創建されたことから
夫婦和合の聖域とされていたそうです!

中には…
病気を治し、清らかな澄んだ体と福利増進が約束されるといわれる「薬師如来像」
人々の幸せのために働いておられる薬師如来を助ける「日光・月光菩薩立像」
「三人寄れば文殊の知恵」でも有名な~知恵の仏様「文殊菩薩坐像」
「十二神将立像」「四天王立像」などが安置されており、
づら~っと並んだこれらの仏像を見るのは圧巻でした!

そして最後に訪れたのは…興福寺でも有名な「南円堂」
興福寺「南円堂」
ここは一日中線香の香りが絶えることのない~
奈良に住む人にとっても、とても信仰のあるところで、
今回の特別公開では~この南円堂の中も拝観できました!

南円堂とは…弘仁4年(813)藤原冬嗣が父である内麻呂追善のために建立し、
地鎮には弘法大師空海が関わったそうで、
堂内には鎌倉彫刻の白眉・仏師康慶が造った観音菩薩を本尊として、
その四方に四天王像が安置されています!

この本尊である大きな観音菩薩の手には1本の縄が掛けられており、
その縄を通して~観音菩薩と我々を繋ぎ、
願いが届くように…と祈るそうです!

と、今回の奈良・興福寺「国宝特別公開2008」
「五重塔」「東金堂」「南円堂」
と、
普段見ることの出来ない国宝が見られ~
大変貴重な時間を過ごすことができ、満足しました!
これから奈良に行かれる方のは~
ぜひ正倉院と合わせて見られることをオススメします!

興福寺「国宝特別公開2008」
期間 11月24日(月・祝)会期中無休
拝観時間 午前9時~午後5時(発売受付は午後4時30分まで)
拝観料 大人1000円・中高生700円・小学生300円
http://www.kohfukuji.com

そして興福寺の帰りに~
いつもお世話になっている知り合いの方がされてる
奈良のお土産物屋さんに寄ってみると…
こんな美味しいものを頂きました(笑)
マント君せんべい
今、話題の「まんとくん」の大きな煎餅。
写真では分かり難いかも知れませんが、
実はこれ…新商品だそうで、
顔の大きなほどもある大きな大きな煎餅で大変美味しかったです!
Hさん~本当にありがとうございました!!!

奈良に行かれた方は~
ぜひお土産探しに寄られてみてはいかがですか?
ちなみにこのお土産屋さん「大力」といいまして~
以前このブログでもご紹介しているので、
詳しいことはこちらをご覧下さいね♪
奈良のお土産はここで!

banner2.gif
ただ今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2008年11月06日 17時35分33秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年10月30日
カテゴリ:旅行

こんにちは!

今日はバリネタからちょっと離れまして、
昨日行った奈良「第60回正倉院展」のご紹介です!

60catalog-j

今年で60回目を迎える正倉院展。
毎年秋のこの時期に開催されるのですが…
いつもテレビや新聞などで見ていただけで、
実は今まで一度も行ったことがありませんでした(笑)

そもそも正倉院展って何?って話ですが…
奈良の大きな大仏で有名な「東大寺大仏殿」の北にある、
風通しの良い高床式の倉庫のことを「正倉院」といい、
その中には
国宝にも匹敵すると言われる、
奈良時代の聖武天皇光明皇后ゆかりの宝物が保管されているそうです!

その宝物を毎年この時期に1年に一度だけ公開されるのが「正倉院展」で、
戦後間もなくから公開されているそうで今年で60回目を迎えるそうです!

そんなすごい正倉院展。
奈良に行く用事もあったことから、
「これはぜひ行ってみよう!」思い、行ってみたんですが…

とにかくすごい!!

なにがすごいって…

人が…。

ものすんごい人やった(笑)

ちょうど昨日の奈良はチャールズ皇太子が来られるとかで
街中は厳重な警備で騒々しかったんですが…
そんなことも知らず~
駅から正倉院展が開催されてる奈良国立博物館へ向かうと、
すでに入り口にはたくさんの人が列を作り並んでいました!

毎年たくさんの人で込み合うとは聞いていたものの、
まさかこれほどまでとは!

恐るべし…正倉院展でした(笑)

しかし幸い平日ということもあり、
比較的待ち時間も少なく館内に入る事が出来たのですが、
中に入ってもやはり…人、人、人。
1つ1つの展示物をゆっくりと見て回ることは出来ず、
人の流れに沿って見物するといった感じでした(笑)

その中でも僕が興味を持ったものをいくつかご紹介しましょう。
まずはこちらの「平螺鈿背八角鏡」(へいらでんはいのはっかくきょう)。

shosoin-03
聖武天皇の遺愛品「国家珍宝帳」にも載る由緒正しい銅鏡で、
夜光貝の螺鈿(らでん)赤い琥珀で花や鳥を表現して埋め込み、
白や青色のトルコ石をちりばめてあるそうです。
近年の調査で銅やスズ、鉛の比率が唐の鏡と一致することから
中国から贈られた品と分かったそうですが…
ため息が出そうな完成した美しさじゃないですか?!
大昔の人がこんなデザインを作り出すことに感動でした!

そしてこちらは~白瑠璃碗(はくるりのわん)
shosoin-05
226~651年サザン朝ペルシャ(現在のイラン)から伝わった、
外側に80個のカットが施さた美しいガラスの器です!
これに似た器がイラン安閑天皇陵から出土されたことから、
古墳時代には日本に来ていた可能性があるとも言われているそうです。
そんな昔の器が壊れることなくそのままの状態を保ち
現存していることにも驚きですが、
日本の切子細工にも似ていることから~
何らかの関係もあるのか?と想像させてくれます。

と、上記のものは今回の正倉院展の目玉的展示物でもあるので
これから正倉院展に行かれる方にはぜひ見て頂きたいものですが、
その他に僕が興味を持ったのは…

「虹龍」

貂(てん)と呼ばれる小型動物のミイラで、
この「虹龍」という名の由来は、古来中国では龍にはいくつもの種類があると考えられており、
虹も龍の一種とみなされていたそうで、そこから「虹龍」と呼ばれることになったそうです。
また古い記録には永享元年、足利義教が宝庫で「龍の日干」を見たと記録されており、
この小龍がある故に宝庫の開検時には毎回雨が降るという伝聞が記されているそうです!
初めて聞く「貂」という名の動物。
そしてこの動物が昔は生存していたのか?と考えると、
とても興味が注がれます。

また中国から伝わった帯や佩飾品(はいしょくひん)と呼ばれる腰帯から下げる装身具には、
当時の水晶メノウ琥珀で出来た玉などが展示され、
その頃から昔の人にとっても石は大事なものとして扱われて、
人と石…深い繋がりがあるのだと気づかされます。

皆さんも機会がありましたら~
ぜひ奈良の「正倉院展」をご覧になってはいかがですか?
奈良国立博物館「第60回正倉院展」
●会期期間…10月25日(土)~11月10日(月)
*会期中は無休
●開館時間…午前9時~午後6時
*入館は閉館の30分前まで
*金曜、土曜、日曜、祝日は午後7時まで
●料金…一般¥1000、高校・大学生¥700、小・中学生¥400
http://www.narahaku.go.jp/

banner2.gif
ただ今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。

次回は…
「興福寺国宝特別公開2008」をご紹介します!
国宝にもなっている古都奈良のシンボル「5重塔」
東金堂、そして重要文化財の南円堂など、
めったに入ることが出来ない内部をご紹介!
五重塔の内部は…こんな風になっていたのか?!と感動でした。







Last updated  2008年10月30日 18時15分53秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年08月27日
カテゴリ:旅行

こんばんは!

先日仕事で奈良に行った際、
少し早めにウチを出て~奈良国立博物館へ行ってきました!

その理由は…
9月28日(日)まで開催中の
「西国三十三所~観音霊場の祈りと美」を観るためです。
西国三十三所
普段あまり美術館や博物館に縁がない僕なんですが…
偶然にもテレビでこの特別展が開催されているのを知り、
そしてこのポスターにもなっている「千手観音坐像」を見て、
「何かすごい!」と感じ…。
バリに行く前に、ぜひこの「千手観音坐像」を観とかなければ!と思い行ってきました。

今回の特別展には…
花山法皇の一千年ご遠忌を記念して三十三所の各霊場に伝わる~
国宝・重要文化財仏像掛け軸巻物などが展示されているんですが、 

そもそも~西国三十三所って何って話ですよね!?
四国八十八ヶ所(四国遍路)と同じく、
この西国三十三所も良く知られた巡礼の道として有名で、
奈良時代に長谷寺を開いた道徳上人によって始められた巡路だそうで、
その後、花山法王の中興を経て広がったと伝えられています。
そして霊場が三十三所に定められたのは…
「法華経」に説かれる観音菩薩が三十三の姿をあらわして
衆生を救済するという三十三身の教えに基づくと考えられているそうです。

なんか難しい話しやな!って思われるかも知れませんが、
簡単に言えば~
昔は僧侶の修行の1つとして行われていたのが…
霊場の信仰が浸透するにつれ~
民衆にも広がり、旅や社寺詣での流行とともに多くの参詣者で賑わうようになったそうです!

そんな西国三十三所の国宝・重要文化財の数々
いや~すごかったです!
ホンマに行って良かったと思いました!!

展示されている~
千手観音坐像十一面観音立像毘沙門天立像などの仏像の数々は…
「これをホンマに人が作ったのか?」と思うほど、
それぞれに魂が宿っているように思いました!

よく、作り手が丹精込めて創る作品には…その人の魂が宿ると言いますが、
それとはまた違い、もともとそのものに魂が宿って生まれてきたように感じました。

そして~普段社寺などで拝観する仏像は
背面を見られることが少ないと思うんですが、
この特別展では…四方八方360度からじっくりと観ることが出来ます!
人と同じく、仏像も背中を見ていると…その人(仏像)自身を物語っているようにも感じました。

このようないろんな気づきを感じながら…
1つ1つゆっくりと観て回っているとあっと言う間に2時間が経ち、
その間何だか神の領域にいるような、
フワフワした不思議な感覚でした。

皆さんもぜひ奈良へ行かれた際は、
9月28日(日)まで開催されている
「西国三十三所~観音霊場の祈りと美」
観に行ってみてはいかがでしょうか?

奈良国立博物館(近鉄奈良駅から徒歩15分)
0774-22-7771
http://www.narahaku.go.jp
開館時間 午前9時30分~午後5時
休館日:月曜日(9月15日は開館、16日は休館)
一般1200円(前売り1000円)
高校・大学生800円(前売り600円)
小・中学生500円(前売り300円)

*ちなみに10月18日(土)~11月30日(日)は
名古屋市博物館にて同じ内容で特別展を開催されるそうです!

banner2.gif
ただ今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします。







Last updated  2008年08月27日 19時15分55秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年07月04日
カテゴリ:旅行

こんばんは!

今日は用事で奈良町に行ってきたんで、
今日から2話に亘って~
奈良町のおすすめスポットをご紹介しようと思います!


まず第1話の今日は…
奈良町のおすすめカフェ「よつばカフェ」のご紹介です!

この「よつばカフェ」は以前このブログでも何度かご紹介しているんですが、
初めての方は…どうぞこちらをご覧下さい!
よつばカフェ

場所は奈良町の十輪院の近くで~
昭和のにほいが漂う…雰囲気ある素敵なカフェです!
よつばカフェ1
と、ここで前回とはちょっと違うものを発見しました!

よつばカフェ2
そう!
この手作りのバス停です(笑)
まるで「トトロ」の世界にでも出てきそうな~可愛いバス停ですが、
オーナーさん曰く、以前よつばカフェにてイベントをされた方から頂いたそうな。
何かいい味醸し出してますよね!!
可愛いオーナーさんのイメージにピッタリです。

もしもこれを僕が店に置いたとしたら…
絶対「アタマがおかしいヤツの店やでぇ!」
有名になることでしょう(爆笑)


さてさて~話は戻りまして、
久々にお邪魔したよつばカフェ。
ちょうど七夕シーズンと言うことで~
お客さんに短冊を配り願い事を書いてもらい
庭にある笹の葉に結ぶというイベントをされてました!

よつばカフェ(七夕)
お子さんの居られる方なら~毎年恒例の行事なのかも知れませんが、
独身の僕にとっては…
もう~何年?いやっ何十年ぶり?の行事でした(爆笑)


子供の頃って、どんな願い事を書いて結んだかな?
なんて思い出しながら~
3○歳の自分の願い事を書いたのですが、
読み返してみると…
なんとも切実な願い事を書いてるじゃありませんか!(爆笑)
我に戻ってちょっと悲しくなった…。

皆さんは今年の七夕。
どんな願い事を笹の葉に結びますか?

ここでよつばカフェよりお知らせがあります!!
去年も好評だった「カルピス祭り」
今年も7月21日まで開催中です
カルピスを使った~美味しいドリンクやケーキ。
また作家さんによる~カルピスをイメージした可愛い雑貨などの販売もされてます!

そして~明日7月5日(土)は、
「ホリベルトのキャンドルナイト」が開催されます!
夏の夕暮れ時から幻想的に灯るキャンドルの明かりが
よつばカフェを優しく包み込みます。
そんな非日常的な空間の中、カフェでゆっくり~なんていかがですか?

詳しくはぜひぜひHPをご覧下さい!
「よつばカフェ」
またお近くの方は~
ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

banner2.gif
ただ今ブログランキング参加中!
あなたの1クリックよろしくお願いします!

さて~次回は奈良町に新しく出来たジュエリー&アクセサリーのお店
「Zu-Ro」をご紹介します!!
素晴らしいパワーストーンのお店ですので~どうぞお楽しみに!!







Last updated  2008年07月04日 23時39分37秒
コメント(14) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.