000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぺろぺろキャンディー

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

占い

楽天プロフィール


エフショックさん

アニメ感想ブログ、同人活動記録など

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
アニメ  ゲーム  エコ  同人 

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

2016年03月07日
XML
 マダラ:夜を照らせ、無限月夜見

「無限月読」

土>チャクラがつきて術が発動せん
←木造の攻撃
 $もうやーめた。この中身もいらないか
雷>なんだ
チョ>向こうでなにがおこってるんだろ
シカ>向こうで大きなことが怒っているのは確かだ、よくないことだ
キバ>なんだ、月をみてみろ
ツナ)これはまさか
3>なんということじゃ
=
サスケ>これはまずい
ナル:隕石を粉々にするから大丈夫だってばよ
サスケ、急におりてくんな、ラセンシュリケンに
サス>だまってじっとしてろ!
 いま、一つとなるのだ
2>まさか、マダラの術がもう

*大名様、大変です!
>なんじゃ、テツマンで疲れているのじゃぞ
*夜なのに、昼のように
 この光は影をも見通す、隠れることもできん、そして
 ジュカイコウテン!
3>しっかりせえ、ツナデ、どういうことじゃ
ヒナ)体が動かない、ナルト君
サス>ナルト、今はダメだ
 $スサノオ、光を通していないのか、奴のリンメガン、この術をもしのぐか
スサノオがなければ奴の幻術にしばられるぞ、お前と俺がやられたら終わりなんだぞ
1>これはジュカイコウテン、人々をしばっている
2>なぜワシはかからない
※死人には効かないのかな?
3>ヤマトか
ヤマ>あれ、ここは?僕はいったい
>無事か
ヤマ>三代目、僕はカブトにつかまって、戦争はどうなりましたか
>しっかりせんか、これは?
 さあ、夢の世界のはじまりだ
ヤマ{僕はオロチマルの実験体でひとりぼっちだった
ここは、ユキミさん
)じゃーん、どうケンゾウ
{ユキミさんと出会い、カカシさんとも会うことができた
カカ>テンゾウ、さっさと準備しろ
{暗部にいれば僕は一人じゃない、暗部がいるべき場所なんだ
{いや違う、僕の居場所は、でもそこはカカシ先輩の
>テンゾウどうした
僕はいったい
>やっと気づいたか
 カブト:久しぶりだね、カカシのシャリンガンは僕がいただいていく
ナル:さっさと追うってばよ
)救えるのは第七班だけですよ
サイ>準備できました
)ヤマト隊長!
ああ、すぐにおうよ
{ここが僕の
→カブト発見
 ふふふふ。
ナル>ヤマト隊長
→そこにサスケが助けにくる
ナル>サスケ?
サス>チドリナガシ!
→カブトやっつける
 なぜきみが
サス>お前には関係ない
危ない!
→カブトにとどめを
サス>油断した
カカシ先輩、大丈夫ですか
カカ>お前に助けられるとはな、これで安心して任せられるな
:お前は俺が唯一認めた男、お前が第七班の隊長あ
ツナ)見事だった、お前意外いない
やったな、ヤマト隊長
サイ>ヤマト隊長いがいありえませんよ
ありがとう、それにサスケ君ももどってきた
サス>悪くない
{そうだ、僕はここにいていいんだ

3>これが無限月夜見なのか、どうなってしまったのじゃ
※無限月夜見にかかったキャラの外伝ということであと10年はひっぱれそうだな

NARUTO -ナルト- 疾風伝
公式サイト Wikipedia 関連商品





トラックバック率(**%)
http://comic.blogmura.com/rpc/trackback/68554/qdy7n67gkslg






最終更新日  2016年04月07日 23時49分32秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビの感想(アニメ)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.