5800576 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぺろぺろキャンディー

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


エフショック

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

2017年09月18日
XML
P:愛は幻じゃない、みんなの愛が私に力をくれる
クルリンミラーチェンジ!

「愛は永遠に輝く」
 俺の愛を守るだと!
すべての愛を守りたい、あなたの
 俺は、愛など持ち合わせていない!
あるよ、あなたの心の中に、思い出は胸に刻まれているはず
心にありつづけるんだよ永遠に
 ゆえにフォーエバーラブリーというわけか
 お前を倒せば幻は消え失せよう。
 この世界を終わらせよう
終わらせないよ!
 決意だけではなにも変えられん!
 生きとし生けるものは消え去った、夢も希望もない!
 どうした、そのざまでは地球は守れない!
まだまだ!
 いずれ息絶える惑星レッドと同じように地球も滅びる!
あなたはそれでいいの、運命だから、本当にそれでいいの
 いいも悪いもない、運命から逃れるすべはない!
 勇気は徒労に終わり、希望はくだけちる!
 この世界に永遠などないのだ!
それでも、倒れている人がいたら助けたい
泣いている人がいたら笑ってほしい、あなたにも
あなたは優しいね、滅びた星を思い続けるなんて
それは愛だよ!
 黙れ!愛ではなにもできぬ!
そんなことないよ、愛があればどんな困難にも負けない!
 なんだこの力は
愛は消えないよ、心から生まれる
もう一度、愛を信じて。幸せになることをあきらめないで
プリキュアフォーエバーハピネスシャワー!
 これが、愛か

〓〓
H)この光はほかほかする
$>愛の光だぜ
B>ラブリーの愛が世界を照らしているんだ
 (どんなに痛めつけても諦めない、なんという愛の力
$>最高だぜ
愛を伝えることができたよ
 だが、その愛もいつか消える。必ず終わりがくる
 命ははかない、いずれ消えてしまう。
B>だからこそいとおしい。
:レッド、いや、兄さん
 失うことを恐れすぎていた。
 俺は惑星レッドを蘇らせたい
>兄さんならできますよ
ヒメ)兄弟だったの
>ああ、兄弟星なんだ
 絶望のあまり地球をうらやんでしまった。
 なぜおれの星は美しくないのか
>心に鏡をもっている憎しみが映れば憎しみが広がる
:だが、愛があれば広がっていく
:レッドと地球は救われた、ありがとう。
:僕は地球から去ることにしたよ、レッドが美しい星になるのは時間がかかる
ミラ)ラブリーたちのおかげよ
)私もブルーもレッドの力になりたいと思ったの
$)地球からいなくなっても大丈夫なんですか!
ファ>大丈夫だ、俺たちがいる
)地球をお願いね
※ミラージュ様ブルーについていく気満々だな
>感謝の気持ちだ。みんなに幸せハピネスが訪れますように
>みんな元気で
H)ご飯食べて、がんばって

今日も光が丘は平和♪
オレ>おばあちゃんまかせておっけいだ
→オレスキー警官に
→ナミさんは幼稚園の先生に
→ナマケルダは
マス)幹部になってしまった原因を教えてください!
ナマ>世の中に嫌気がさして
あれってナマケルダ?
イオ)人間に戻ってたのね
ヒメ)よかったですぞ
$)ヒメちゃんは帰るのかい
ヒメ)まだ光が丘にいるよ、みんなと一緒に卒業したいの
:そんなに私のこと好きなの
イオ)ちょっと心配しただけよ
大切な人がたくさんできた、これって愛だよね
ヒメ)私だって幸せだよ
:私がメグミにあってたまたま地球が救われた
$)そういう偶然
誠二>たまたま隣に住んでたから
イオ)不思議よね
ヒメ)愛の結晶投げちゃう!
イオ)神様が何かあったときにくれたものなのよ!
誠>メグミはそれどうするんだ
大切な人ができたら渡そうかな
>俺も同じだ
※ブルースカイ王国が一番謎だな。
:調べてみると、地球上にある架空の王国らしい
:前作の流れで別次元にある王国なのかと思い込んでたが違った。

ハピネスチャージプリキュア!
公式サイト Wikipedia 関連商品





トラックバック率(**%)
http://animation.blogmura.com/rpc/trackback/115319/qdy7n67gkslg






最終更新日  2017年09月27日 17時38分33秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビの感想(アニメ)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.