938171 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

将棋雑談アレコレ (SDI)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


にせあら

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

一日の学問 一書の… yonesan2さん
Alone quintet 万成さん
いない、いない、え… JUJUBESさん
毎日は書かないダラ… ひすわし4649さん

Comments

にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) ゆーきさんへ 恐らくチャンピオン戦の10…
ゆーき@ Re:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) モラルの話と論点違うのですが、 詰将棋選…
にせあら@ Re[3]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusa さんへ 悪意の不成は見れば分か…
nanakusa @ Re[2]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) にせあらさんへ いや、ですから、その寄…
にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusaさんへ 『故意の』では意味が通…

Headline News

全1655件 (1655件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.07.25
XML
藤井聡太データベース7です。

 第46回将棋大賞、勝率1位 藤井聡太七段 45勝8敗 0.849(2年連続2回目)。升田幸三賞 藤井聡太七段(7七同飛成)(第31期竜王戦ランキング5組決勝、対石田直裕五段戦)。
 第16回詰将棋解答選手権、1位藤井聡太(名古屋会場)98.5点145分。(2位斎藤慎太郎(名古屋会場)96点175分)

 通算131勝24敗、勝率0.8451。

1月24日(木) 第32期竜王戦4組     〇 後手 126手 村田智弘六段(37) 相懸り
1月30日(水)   棋王戦         〇 後手 82手 中村亮介六段(33) 四間飛車
2月5日(火)    順位戦C1 SW6時間 ● 先手 136手 近藤誠也五段(22) 角換わり腰掛銀
2月12日(火) 第69期王将戦一次予選3時間〇 先手 153手 池永天志四段(25) 角換わり腰掛銀
2月16日(土)   朝日杯 準決勝 40歩 〇 後手 120手 行方尚史八段(45)
               決勝      〇 後手 128手 渡辺明棋王(34) 相居飛車 雁木
2月19日(火)銀河戦 Eブロック7回戦   〇 先手 109手 近藤誠也五段(22) 角換わり腰掛銀
某日      銀河戦      8回戦   〇 先手 93手  畠山鎮七段(49) 相居飛車
3月5日(火)    順位戦C1 SW6時間 〇 後手 126手 都成竜馬五段(29) ゴキ中
3月8日(金)  竜王戦4組         〇 後手 112手 畠山成幸八段(49) 相懸り
3月11日(月) 棋聖戦 二次予選 3時間  ● 後手 127手 久保利明王将(43) 四間飛車
3月27日(水) 竜王戦4組         〇 後手 110手 中田宏樹八段(54) 相矢倉
4月12日(金) 王将戦 一次予選      〇 後手 92手 森内俊之九段(48) 矢倉
4月19日(金) 銀河戦 E9回戦      〇 先手 67手 行方尚史八段(45) 相居飛車
             E10回戦     〇 先手 105手 阿久津主税八段(36) 坂田流向飛車
4月24日(水) 竜王戦4組         〇 先手 127手 高見泰地叡王(25) 角換わり
5月9日(木)  王将戦 一次予選      〇 後手 96手 北浜健介(43) ゴキ中
5月15日(水) 棋王戦           〇 先手 139手 牧野光則五段(31) 角換わり
5月23日(木) 銀河戦 E11回戦     ● 後手 105手 豊島将之 名人・王位 相懸かり
5月28日(火) 棋王戦 予選        ● 後手 95手 都成竜馬五段(29) 相懸かり
5月31日(金) 竜王戦 4組決勝      〇 後手 94手 菅井達也七段(27) ゴキ中(千日手指し直し・坂田流三間)
6月3日(月)  王座戦 ベスト16     ● 後手 139手 佐々木大地五段(24) 相懸かり
6月11日(火) 棋聖戦 一次予選      〇 後手 108手 東和男八段(63) 矢倉
                       〇 先手 95手 伊奈祐介六段(43) 相懸かり
6月18日(火) 順位戦C1         〇 後手 118手 村田顕弘六段(32) 相懸かり
6月22日(土) 王将戦 一次予選決勝    〇 先手 91手 千田翔太七段(25) 矢倉
6月28日(金) 竜王戦 本戦2回戦     〇 後手 96手 近藤誠也六段(22) 角換わり腰掛銀
7月2日(火)  順位戦C1         〇 先手 47手 堀口一史座七段(44) 角換わり
7月5日(金)  竜王戦 本戦3回戦     〇 後手 184手 久保利明九段(43) ゴキ中
7月18日(木) 王将戦 二次予選1回戦   〇 先手 141手 佐藤康光九段(49) 相居飛車
7月23日(火)  竜王戦 本戦       ● 先手 146手  豊島将之名人・王位(29) 角換わり

<非公式>
5月25日(土) 瀬戸将棋まつり 公開対局 〇 木村一基九段

第2回AbemaTVトーナメント
7月7日(日)放送  増田康宏六段 〇〇
7月14日(日)放送 木村一基九段 〇●〇
7月21日(日)放送 糸谷哲郎八段 〇●〇 優勝






Last updated  2019.07.25 12:14:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.29
(*図面では後手の持駒が表示されていませんでした。いずれの局面も後手の持駒は角桂香歩です)

 3月27日に行われた第32期竜王戦4組ランキング戦の中田宏樹八段ー藤井聡太七段戦の終盤での大逆転の場面について、なるべく将棋の分からない人に分かるものを目指して書いてみたいと思います。
(誰が読むんだ、だからどうした、という話ですがまあ実験のようなものです)

 下の図は101手目、先手の中田八段が5四歩と後手の5三銀の頭を歩で『叩いた』局面です。

 この手は厳しい手で、放っておけば次に5三歩成と後手玉の側近の銀を取られて『まむし』と呼ばれると金が出来て更に王手となります。
 王手とは絶対的な手で「所沢の東吉も王手にゃ逃げる」という言葉もあるくらいです。

 後手としては銀の処置をどうするかですが、これがどう応じても具合が悪いのです。銀を動かすとすれば①4四銀②5四同銀③6二銀の3通りです。
 ①の4四銀は駒損を避けるには(この最終盤でその考え方はあまり意味が無いですが)この手が自然ですが、5四歩の『楔(くさび)』を残したまま玉の側面がガラ空きになって上部への逃げ道を自ら塞いでしまい生きた心地がしません。
 ②の5四同銀の方がまだましに見えますが、この手も自玉の下の風通しが良く、先手に左右の銀取りの選択肢を与えます。
 ③の6二銀……これはタダです。しかし藤井七段の指した手はこの6二銀で下の局面となりました。

 102手目6二銀。
 この手は一体何なんでしょう?
 6二同龍として先手必勝に見えます。一体どういう理由で藤井七段は6二銀と指したのか……?

 また6二同龍以外に指す手はあるのでしょうか? 3四桂とこちらの銀を取る手もあります(実際はこの3四桂が最善手だったようです)。他にも指す手はあったようです。

 6二同龍は絶対ではありません。しかし後手玉に迫るにはこの手が一番強力で確実な手です。
 銀という敵玉を仕留めるために大変に役立つ駒、しかも敵玉の守りの要である側近の銀をはぎ取りながら龍が一路接近する。

 6二同龍とすれば、もうこれは後手に受けはありません。絶体絶命の状態です。

 しかし逆にこの6二の銀を取れないとすると、何だかこれは癪に障る銀にも思えます。龍の横利きを遮って敵玉が何だか遠くなったような、図々しく居座ったような銀です。

 迫りくる敵兵に、手にしていた盾をポンと放り投げるような手。「何だ、この盾は?」。簡単にどかせるじゃないか、いやこっちの手持ちに出来るじゃないか。だけど取れないとしたら何だか邪魔だな、そんな感じのする手です。

 この銀は取れるのか、それとも取れないのか?

 取れないとするならば、一体どういう理由が考えられるのでしょうか?
 そもそも藤井七段は何を考えてこの6二銀を指したのでしょうか?

 中田八段は残っていた3分の持時間全てを投入して、6二同龍と指しました。それが下の図です。

 103手目、6二同龍。 
 もう後手玉は助かりません。

 今まで耐えに耐えてガードをしてきたその藤井七段のガードがついにはじけてしまったかという局面。ガラ空きとなった顔面へフィニッシュブロウを放とうと中田八段が前に出た所です。
 しかしそこで待っていたのは必殺のカウンターでした。

 この103手目6二同龍の局面で先手勝ちの局面が一転して大逆転、後手の藤井七段の勝ちが確定したのでした。
 とんでもないどんでん返し。中田八段にとっては天国から地獄へと一気に転落した瞬間でした……

 6二銀を取れない理由、取ってはいけない理由。それは7筋にいた龍が6筋にどいてしまって、7筋の自玉への守りにも利いていた龍の利きがなくなる事。

 それは中田八段も分かっていたと筈なのです。
 しかし、6二同龍が敵玉に迫るには一番強力な手。それに代わる手というのは、6二同龍と比べるとどれもややボンヤリした感じがします。その先にはまだ難しい闘いが続く予感がします。

 そして龍が7筋からズレると自玉の危険度が上がるとはいえ、本当に自玉が詰むのかどうか、それが読み切れなかったのだと思います。
 だから詰まない方へ賭けたという事でしょう。

 少し角度を変えて、藤井七段の6二銀と指した理由として考えられるのはーー

 他に指す手がなかった。時間に追われ、やむを得ず指した。4四銀もダメ、5四同銀もダメ、順番に読んでいき6二銀を考えていた所で秒読みに迫られ……何だかウソくさく見えるかも知れませんが『捨て鉢』とも言えるような手です。高層ビルでの火災にでも巻き込まれたような……建物の内側からの火が迫って追い詰められて、堪らずに窓から飛び降りたような……
 本当に負けの局面というのは指す手がないものです。精神錯乱に近い状態で手を動かすという事もあるものです。

 そして、当然6二銀を取ってしまうと先手玉に即詰みが生じる事を読み切っていた事は考えられます。

 次に即詰みを完全に読み切ってはいないけど、「粗方詰みだ」或いは「ほぼ詰みだ。詰んでいるはず」という考えで指したという事もあります。(これは勝ち寄りの考え方ですが)

 それから、「詰むかも知れない?」という考えで指したという事も有り得ます。これはやや弱い考え方ですが、龍をどかす事で最後に詰むかどうかに賭けてみよう、というものです。(これは負け寄りの考え方です)

 更に考えられるのは『時間稼ぎ』です。実は龍はどかさなくても詰んでいた。そのままでも詰んでいたけど、秒読み中で1分でも読む時間を稼ぐために1手余計な手を指して時間を稼いだ。
 本譜ではそんな事はなかった訳ですが、これは局面が変わり条件が変われば実戦では起こり得る事です。

 読み切れるならば読み切るのが一番良い。だけどそれが出来ない場合、そこに『推理』だとか『賭け』だとかいった要素が入り込んできたりします。
 実戦の限られた持時間の中で、序盤・中盤と過ぎてきて迎えたこの最終盤。彼我の力の比較ーーどこまで自分を信じられるか、また相手の力をどう見るか。それまでの流れが微妙に精神状態に影響を与え……
 どう時間を投入しどこで決めに出るか。『勝負勘』によって『判断』して指し手を決めます。

 中田八段が自玉が詰まない方に『賭けて』6二同龍と指すのも尤もなのです。プロでも読むのが難しい詰手順、だけど秒読みの中で藤井七段は読み切っていました。持駒が1枚も余らない、実に見事な即詰みでした。

「将棋は『勝った』と思った瞬間が一番危ない」とはよく言われますが、中田八段がとどめを刺しに前に出るのがやや早かったという事になります。もう少し間合いを保っていれば勝ちに結び付いていたでしょう。(それにしても中田八段の悪手はこの6二同龍のたった1手ではないでしょうか)

 ずっと中田八段が押していた将棋です。激闘12時間。午前10時に始まった対局が、午後10時を過ぎての終局。
 ずっと先手が有利に進めてきて、最後の5分で形勢が引っくり返りました。

 中田八段にもう少し時間が残っていれば、この6二銀の罠も見破れたのではないかと思います。藤井七段も耐えに耐えながら相手にもダメージを与えてきた。それが中田八段の時間を削ってきた訳です。

 将棋というのはつくづく『我慢比べ』である事を教えられた将棋でした。そして改めて藤井七段の終盤力を見せつけられた将棋でした。

 この将棋を引っくり返す、それが藤井七段の底力というものなのでしょう。そして中田八段が強かったからその力を引き出したとも言えます。どちらか一方だけが強くても名局は生まれません。


(追記)6二銀のような手を指す理由としては『ブラフ』というのもあります。『はったり』ですね。
「この銀は取れると、本気で思っているのか?」「俺を誰だと思ってる」「俺は藤井聡太だぞ。そんなおかしな手を指すとでも思うのか? 考えてもみろ」「取れるのか? さあ、取ってみろ。ほら、どうした」
(何だか、どういうキャラクターなのかよく分かりませんが……)
 実は取られると困るのだけれど、いかにも何かあるぞと見せかける。
 その手は中身があるのか、それともないのか? 心理戦を挑む訳です。

 ダニエル・J・ダービーとのポーカー勝負で空条承太郎がやったようなものですね。諸葛孔明の用いた『空城の計』とか。

 または単なる見落としとか。自信満々で指したその手は、実は読み抜けていた。

 また、自信の度合いにも色々あって……色々考えていくと、かえって取り留めのない文章になっていきそうです……






Last updated  2019.03.30 02:05:33
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.20
藤井聡太データベース6。100勝目でもなく年の境目でもなく、ちょっと中途半端な時期ではありますが。
 通算106勝18敗、勝率0.855。今年度35勝6敗、勝率0.854。

8月11日(土)19時 叡王戦 1時間    〇 先手 63手 木下浩一七段(50) 相居飛車(陽動居飛車?)
8月24日(金) 棋聖戦 1時間       〇 後手 82手 里見香奈女流五冠(26) ゴキ中
8月28日(火) 順位戦C1 SW6時間   〇 後手 112手 青野照市九段(65) 相懸り
8月31日(金) 新人王戦  3時間      〇 後手 84手 近藤誠也五段(22) 角換わり腰掛け銀        
9月3日(月)  棋王戦 本戦2回戦     ● 後手 133手 菅井竜也王位(26) ゴキゲン中飛車
9月14日(金) 王位戦           ● 先手 138手 山崎隆之八段(37) 角換わり 早繰り銀・腰掛銀
9月17日(月) 叡王戦           ○ 先手 111手 小林裕士七段(41) 相居飛車(後手角交換拒否)
         叡王戦 七段予選決勝    ○ 後手 134手 千葉幸生七段(39) 相懸り
9月25日(火) 新人王戦 準決勝      ○ 後手 114手 青嶋未来五段(23) 矢倉 先手右玉
10月10日(水)新人王戦 決勝 第1局   ○ 後手 112手 出口若武(23) 相懸り 関西将棋会館
10月17日(水)新人王戦 決勝 第2局   ○ 先手 105手 出口若武(23か24)角換わり腰掛銀
10月23日(火) 順位戦C1 SW6時間  ○ 先手 111手 千葉幸生七段(39)角換わり腰掛銀
10月31日(水) 棋聖戦 一次予選     ○ 先手 101手 村田顕弘六段(32) 相居飛車
                       ○ 先手 107手 今泉健司四段(45) 四間飛車 イビアナ
11月20日(火)順位戦C1 SW6時間   ○ 後手 78手 増田康宏五段(21) 中飛車 エルモ囲い
11月23日(金) 叡王戦 本戦1回戦    ● 後手 135手 斎藤慎太郎(25) 角換わり
12月12日(水) 第27期銀河戦 Eブロック 5回戦 ○ 佐藤慎一五段(36) 放送 2/5
                 6回戦   ○ 阿部健治郎七段(29)    放送3/5
12月18日(火)順位戦C1 SW6時間   ○ 後手 88手 門倉啓太五段(31) 四間飛車藤井システム 左美濃
12月25日(火) 棋聖戦 二次予選     〇 後手 120手 大石直嗣七段(29) 角換わり
12月28日(金) 棋王戦 一次予選     〇 後手 84手 村田顕弘六段(32) 陽動振飛車
1月8日(火)  順位戦C1 SW6時間関西 〇 先手 91手 富岡英作八段(54) 角換わり腰掛銀
1月20日(日) 第12回朝日杯ベスト16  〇 後手 98手 稲葉陽八段(30) 角換わり腰掛銀
          ベスト8 CC40分1分 〇 後手 96手 糸谷哲郎八段(30) 角換わり早繰り銀

<非公式>
12月7日(金) 新人王記念対局        〇 先手 89手 豊島将之王位棋聖(28) 角換わり腰掛銀
12月9日(日) 将棋プレミアムフェスin名古屋2018 ○ 後手 120手 佐藤天彦名人(31) 角換わり腰掛銀
12月15日(土) 新人王・女流アマ名人記念対局 〇 角落ち 99手 野原未蘭女流アマ名人






Last updated  2019.01.20 17:08:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.06








 藤井聡太氏作の詰将棋です。敢えてこう呼びたいと思います。
 今後出来る限り彼の詰将棋を網羅していこうと思っていたのですが、赤旗新聞に毎週掲載という噂を聞きまして早くも暗雲が立ち込めてきたような……

 とりあえず上から順番に将棋世界の入選1~4回目の作品で、2012年4月号、同年12月号、2013年9月号、2014年2月号となっています。初入選が9歳の時です。






Last updated  2019.01.06 22:06:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.01
 藤井聡太データベースの5です。

 4月5日の古森戦は重複しますが新年度からの対局という事で再度掲載します。

4月5日(木) 棋王戦予選          〇 先手 145手 古森悠太四段(22) 角交換四間飛車
4月10日(火) 竜王戦5組 SW5時間   〇 後手 136手 阿部光瑠六段(23) 角交換 早繰り銀対右玉 
4月24日(火) 棋王戦予選 4時間     〇 先手 133手 大石直嗣七段(28) ダイレクト向飛車
5月7日(月) 王座戦 本戦ベスト16    〇 後手 100手 屋敷伸之九段(46) 角換わり
5月18日(金)竜王戦5組ランキング戦準決勝 〇 後手 72手 船江恒平六段(31) 角換わり
6月1日(金)   棋王戦 予選決勝     〇 先手 95手 中村亮介六段(32) 四間飛車 角交換 居飛車穴熊
6月5日(火) 竜王戦5組決勝        〇 後手 96手 石田直裕五段(29) 角換わり
6月11日(月)NHK杯1回戦(7/15放送)● 後手 今泉健司四段(44) ゴキゲン中飛車 左美濃
6月22日(金) 王座戦 ベスト8      〇 後手 120手 深浦康市九段(46) 相居飛車
6月25日(月) 竜王戦 本戦トーナメント  〇 後手 104手 都成竜馬五段(28) 相居飛車
6月29日(金) 竜王戦 本戦トーナメント  ● 後手 125手 増田康宏六段(20) 相居飛車
7月3日(火) 順位戦C1 SW6時間     〇 先手 111手 豊川孝弘七段(51) 向飛車 左美濃
7月6日(金) 王座戦 準決勝        ● 後手 103手 斎藤慎太郎七段(25)相居飛車
7月18日(水) 銀河戦 予選 25分30秒 〇 後手 80手 藤原直哉七段(53) 相居飛車 矢倉
7月20日(金) 順位戦C1 SW6時間   〇 後手 104手 森下卓九段(51) 相居飛車
7月28日(土) 新人王戦  ベスト16   〇 後手 132手 矢代弥六段(24) 角換わり腰掛銀
7月31日(火) 順位戦C1 SW6時間   〇 先手  75手 西尾明六段(38) 横歩取り 青野流


 通算100局目で85勝15敗。
 中原誠16世名人と並び史上1位タイとのこと。

 将棋年鑑が届きました。それによってTV対局の収録日が分かりました。
(放送日の情報等が若干違っているのですが、確認する手段が今の所ありません……)

9月22日(金) 銀河戦 10/26(木)放送〇 先手 111手 藤倉勇樹五段(38)
 <同日>    銀河戦 11/23(木)放送● 先手 88手 上村亘四段(30)

11月13日(月)67回NHK杯 12月10日(日)放送● 後手 169手 稲葉陽八段(28)

 ついでに、デビュー以来の公式戦の星の並びを記しておきます。(|は年度の境目です)

2016 〇
2017 〇〇〇〇〇〇〇〇〇|〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇●〇〇●〇〇〇●〇〇〇〇●●〇●〇〇〇●〇〇〇〇〇〇〇〇●〇〇●〇〇〇●〇
2018 ●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇●|〇〇〇〇〇〇〇●〇〇●〇●〇〇〇〇






Last updated  2018.08.01 02:07:30
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.06
 藤井聡太データベースの4です。

1月6日(土) 王位戦           ● 先手 104手 大橋貴洸四段 横歩取り 
1月11日(木) 第31期竜王戦5組    〇 後手 80手  中田功(50) 三間飛車
1月14日(日) 朝日杯 ベスト16    〇 後手 54手 澤田真吾六段 角換わり
            ベスト8      〇 先手 121手 佐藤天彦名人(29) 横歩取り
1月19日(金) 順位戦          〇 先手 77手 矢倉規広七段(43) 四間飛車
1月25日(木) 王座戦 一次予選決勝   〇 先手 133手 村田智弘六段(36)角換わり
2月1日(木)  順位戦          〇 後手 114手 梶浦宏孝四段(22) 相懸り
2月5日(月)  王将戦          〇 後手 230手 南芳一九段(54) 三間飛車
2月8日(木)  棋王戦          〇 後手 102手 牧野光則五段(29) 矢倉
2月14日(水) 49期新人王戦      〇 先手 85手 古森悠太四段(22) 角交換四間飛車
2月17日(土) 朝日杯準決勝       〇 先手 119手 羽生善治竜王(47)相居飛車
            決勝        〇 先手 117手 広瀬章人八段(31)角換わり腰掛銀
2月23日(金) 王座戦二次予選      〇 後手 96手  畠山鎮七段(48) 相矢倉
3月1日(木) 竜王戦5組         〇 先手 127手 阿部隆八段(50) 相居飛車
3月8日(木) 王将戦一次予選       〇 先手 111手 杉本昌隆七段(49)四間飛車
3月15日(木) 順位戦          〇 先手 85手 三枚堂達也六段(24) 横歩取り 青野流
3月22日(木) 王座戦二次予選      〇 先手 89手 糸谷哲郎八段)(29)坂田流向飛車
3月28日(水) 王将戦一次予選      ● 後手 137手 井上慶太九段(54) 相矢倉(後手急戦)  
   
4月5日(木) 棋王戦予選         〇 先手 145手 古森悠太四段(22) 角交換四間飛車


 2月1日のC2順位戦9回戦でC1昇級を決め五段昇段、2月17日の朝日杯優勝で全棋士参加棋戦優勝により六段昇段。3月15日のC2順位戦で10連勝、昇級枠3名の中の1位。
(2017年度)第45回将棋大賞で特別賞と新人賞、そして最多対局賞73局、最多勝利賞61勝、勝率1位賞61勝12敗 0.836、連勝賞29連勝(2016/12/24~2017/6/26)を受賞(いずれも初)。名局特別賞も受賞(第11回朝日杯オープン戦決勝 藤井聡太五段ー広瀬章人八段戦)
 ちなみに1~3月にあげた16連勝も連勝部門で2位でした。

 (非公式戦)
AbemaTV 若手v.s.トップ 魂の7番勝負
放送 10月14日(土)行方尚史八段(43)対局収録 8月29日(火) ○ 後手 132手 矢倉

12月10日(日)午後3時 将棋プレミアムフェスin名古屋 後手 ○ 106手 久保利明王将 中飛車

 それから3月25日の第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で満点で1位(2位、宮田敦志)、4連覇を達成しました。






Last updated  2018.04.06 11:45:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.31
 藤井聡太ベータベースの3です。

 まずは3月1日(水)の第67期王将戦1次予選1回戦の有森浩三七段(54)戦ですが、後手72手向飛車対天守閣美濃という情報が入りました。以下は8月22日~12月28日の対局のデータです。
(まだ不完全で、いずれまとめたいと思っていますが……)

8月22日(火) 朝日杯2回戦 ○ 後手 166手 大石直嗣六段(27) 相懸り 
         朝日杯3回戦 ○ 後手 146手 竹内雄悟(29)   三間飛車
8月24日(木) 棋王戦 本戦 ● 後手 87手  豊島将之(27) 角換わり腰掛け銀(千日手指し直し)
9月2日(金)  加古川青流戦 ● 後手 131手 井出隼平四段(26) 三間飛車 左美濃
9月3日(日) NHK杯   ○ 後手 94手  森内俊之九段(46) 矢倉 右四間
9月7日(木) 新人王戦   ● 後手 121手 佐々木大地四段(22) 相懸り
9月14日(木) C2順位戦 ○ 先手 119手 佐藤慎一五段(35) 矢倉(角交換拒否)
9月20日(水) 王座戦一次予選 ○ 先手 63手  小林健二九段  角交換振飛車
9月25日(月) 銀河戦   ● 88手 上村亘 横歩取り
9月27日(水) 棋聖戦一次 ○ 後手 154手 竹内雄悟四段 ゴキ中
10月6日(金) 朝日杯一次決勝 ○ 先手 95手  宮本広志五段 ゴキ中
10月9日(月) 叡王戦   ○ 後手 104手 佐々木大地四段 相懸り
        叡王戦 四段予選決勝○ 先手 111手 杉本和陽四段(26) 三間飛車
10月12日(木) C2順位戦  ○ 後手 88手 星野良生四段(29) ゴキ中 後手超速
10月19日(木) 王位戦 予選   ○ 後手 110手  小林裕士七段(41) 相懸り
10月26日(木) 銀河戦(放送日)111手 藤倉勇樹五段(38) 三間飛車 居飛車穴熊
11月2日(木) C2順位戦  ○ 後手 70手 脇謙二八段(57) 相懸り
11月21日(火) 王座戦   ○ 後手 126手  平藤真吾七段(54) 相居飛車 力戦
11月23日(木) 銀河戦(上村戦放送日)
11月24日(金) 第59期王位戦予選 ○ 先手 67手 北浜健介八段 ゴキ中 超速
11月29日(水) 棋聖戦 一次予選 ● 先手 100手 大橋貴洸四段(25) 横歩取り
12月7日(木) C2順位戦   ○ 先手 145手 高野智史四段(23) 角交換拒否
12月10日(日) 67回NHK杯 ● 後手 169手 稲葉陽八段(28) 相懸り
12月15日(金) 朝日2次予選 ○ 後手 102手 屋敷伸之九段(45) 矢倉
                       ○ 後手 100手 松尾歩八段(37) 中飛車穴熊
12月23日(土) 叡王戦 本戦1回戦  ● 後手 166手 深浦康市九段(45)
12月28日(木) 王座戦 一次予選   ○ 先手 109手 豊川孝弘七段 相居飛車


 以下は参考までに各棋戦の持時間を書いておきます。

竜王戦 タイトル戦 8時間 本戦 本戦&ランキング戦 5時間 残留決定戦 3時間(チェスクロ)
名人戦 9時間 順位戦 6時間(B級2組以下はチェスクロ)
叡王戦 段位別予選 1時間(チェスクロ) 本戦 3時間(チェスクロ)
    タイトル戦 1~6局 1時間 3時間 5時間(各チェスクロ) 第7局 6時間
王位戦 タイトル戦 8時間 リーグ&予選 4時間
王座戦 5時間
棋王戦 4時間
王将戦 タイトル戦 8時間 本戦リーグ 4時間 予選 3時間
朝日杯 40分
銀河戦 本戦 15分+1分単位で10回の考慮時間(チェスクロ) 秒読 30秒
    予選 25分 秒読 30秒
NHK杯 本戦 10分+1分単位で10回の考慮時間(チェスクロ) 秒読 30秒
     予選 20分 秒読 30秒
JT杯日本シリーズ 10分 +1分単位の考慮時間5回(チェスクロ) 秒読 30秒
新人王戦 3時間
上州YAMADA杯 20分(チェスクロ) 秒読 30秒
加古川青流戦 1時間(チェスクロ)






Last updated  2017.12.31 00:22:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.16
カテゴリ:その他
賭け将棋についてですが、様々な視点から検証するとか、深く追究するとかそういった話ではありません。

 例の「角不成を会員停止」に関連する話ですが、あまりこのタイトルばかりでは奇妙というか角が立つ面もあるので少し変えてみたといった所です。

 江戸時代では、将棋とは明らかに『賭け事』として認識されていました。
 今となっては信じられない話でしょう。
 しかし人々の認識がそうなら、全体の流れがそうであるなら、自然とそういうものとなってしまいます。

 逆に江戸時代の人から見たら現代の方が不自然に見えるでしょう。

 真剣師は昭和50年代まで存在した、と言う人もいれば今でもいると言う人もいますが、とにかく全体としては下火というか「将棋とは賭けないものだ」という考え方が現在では圧倒的に広まっているでしょう。

 賭けというのは何ででも賭けようと思えば賭けられるもので、ジャンケンでも賭けられますし、それを言い出せばキリがありません。
 勿論賭博行為は犯罪ですが。

 将棋でも少額の賭けは緊張感を高めるために効果があると考える人もいますし、僕も実はその考え方には賛成です。大っぴらには言えない事ですが、賭けというもの全てが悪い行為だとは思えないのです。

 ともあれ肝心なのは「将棋は賭けなくても面白い」という事、これが一番大事です。
 それが当たり前の考え方として世の中に広まったという事実、これが実に大きい訳です。

「麻雀はギャンブルだよ。賭けない麻雀は麻雀じゃない」
 僕の知り合いでこう言った人がいました。

 この考えに賛同する人は多いのかも知れません。しかし一方では「賭けない麻雀」を推奨して広めようとしている人達もいます。そういった人達からすれば、将棋界は羨ましく見えるのでしょう。
 現在ではどのような状況となっているのか、僕はあまり知らないのですが。

「麻雀はギャンブル(賭け事)だ」それはその人にとっては当たり前の事なのでしょう。小さい頃からそういうイメージで麻雀を見てきて、覚えてからもずっと賭けてやってきた。
 それが間違っているとも言いませんが、だけどあくまでもそれは当人の過ごしてきた環境であり主観に過ぎないのです。

 心の底からそう思い込んでいる人にとっては到底受け入れられない、信じられない考え方も、逆にそれが正しいと信じて疑わない人もいる訳です。主観、認識とはそういうものです。

 江戸時代の人からすれば、将棋で賭けないという事は本当に心の底から信じられないものなのかも知れません。

「将棋界も綺麗になったものだ……」師匠が生きていれば今の将棋界を見てそう涙を流したに違いない、と或るプロ棋士が語っていました。

 将棋のルールは変わらないのに、こうまでも人々の認識は変わり、生活習慣が変わっているのです。

 もう一つプルトップについて。
 これは缶蓋の種類で、ようは缶ジュースなどのふたの事ですね。

 プルトップというのは現在の殆どの缶に見られる物で、それ以前はプルタブ式のふたでした。
 今となってはほぼ見かけない物で、僕もすっかり忘れていました。中国製の輸入品など僅かながら流通しているそうですが。

 プルタブのふたとは、缶を開けた時にそのふたが切り離されて取れてしまう物です。小さな金属片が取れてしまう訳で、飲み終えた後にその缶の中に入れて一緒に捨てたりすればいいのですが、このふただけを道端にポイ捨てする人が大勢いました。(まあ缶そのものをポイ捨てする人もいる訳ですが……)
 空き缶の捨て籠の下の方から、この小さなふたがこぼれてはみ出しているような光景もよく見ました。

 アメリカでは早くからこのプルタブの及ぼす環境問題が叫ばれ、缶からふたが切り離されないプルトップが開発されて広まったそうで、それが遅れて日本でも取り入れられたという流れでした。

 某漫画で「まだプルトップに切り替わっていない」と日本人の民度の低さを揶揄しているシーンがありました。

 以前はプルタブが当たり前でした。プルタブしか知らない、プルトップの存在しない世界ではプルタブが当たり前で、それをメーカーが作り消費者が飲む、その自然な行為には何の悪意もありません。

 だけどプルトップを知っているのなら、プルタブを利用するのは悪意ではありませんか?
(大雑把な観念的な話です)

 知っているか知らないか、認識があるかないかで、信じられないくらいにガラリと様相が変わるのです。人々の認識も感覚も考え方も変わるのです。

 そこで「角不成を会員停止に」です。実に長い前置きでした……

「角不成を会員停止」という言葉をいきなり見れば、これは一体何だ? と思うでしょう。降って沸いたような言葉です。

 先の漫画ではプルトップに切り替えない日本という国そのものを日本国民全体を半ばけなしたような、見た者を恥ずかしい気持ちにさせるようなニュアンスがありました。
 民度の低さを訴えていました。(とは言ってもほんの数コマでしたが)

 角不成なんて民度の低い行いです。

 角不成から筋違い角をやる人もいるし(別に筋違い角が悪いと言っているのではないですが)、この間なんかも角不成をやった輩を負かしてやったら切断して去って行きました。どうして普通に投了出来ないのか、コイツは? と思いました。(別に全員がそうだと言う訳ではないですが)

 故意の角不成が存在するのは将棋界全体の民度の低さである、とこの場で言いましょう。
 将棋界全体の恥です。

 自分はやらなくても、やる人間の存在を認識しているなら、それをなくす方向で物事を考えましょう。工夫しましょう。
 それは可能なのです。それが言いたいのです。
「新しい常識にしたい」というのはそういう意味です。

 プルタブが主流の世界でプルトップを広めよう。
 賭け将棋が当たり前の世界で、将棋は賭けなくても面白いという事を教えよう。
 故意の角不成をなくそう。

 そういう事です。






Last updated  2017.12.16 14:36:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.04
前回の記事について、(知り合い筋も含めて)どうも今一つ話が通じていないように思います。
 そうした点を踏まえて補足してみたいと思います。

 まず、敢えて『過激』と前置きしています。
 今迄に(恐らくは)語られてこなかった新しい提案であり、一種の発想の飛躍であり、誤解を生み易いものである事は覚悟しています。

 僕自身も、最初は「永久に会員停止」でいいんじゃないかと思っていました。

 しかしよくよく考えれば日数を定めてもいいし、そちらの方が相応しい処置であるという考え方に今はなっています。
 日数の候補としては、3日・7日・10日とか、もっと長い案もあるかも知れませんが。とりあえず3日くらいで別にいいんじゃないかと思います。(1日や2日でもいいです)
 そのくらいでも充分に抑制の効果はあるでしょう。

『故意の角不成』ーーこの一言で、将棋やネット将棋を長くやっている人ならばその意味は分かる筈だと思います。飛でも歩でも有り得る事ですが、代表として角の不成、これで充分に意味が通じる筈なので以下は『故意の角不成』で通します。

『故意の角不成』が何故いけないのか? そもそも『故意の角不成』って何なのか?
 どういう位置付けにあるのでしょうか?

 マナーやモラル、はたまたルールに抵触する行為は他にも色々あります。

 助言や、駒を手の中に握り込む行為。ソフト指し、本を見ながら指す行為。
 局中感想戦(自分に対局中に隣の感想戦に加わる人も)、空咳に駒の空打ち。

 やたらと時計のボタンを押し続ける人もいれば、対局中に漫画や小説等を読む人もいたりします。

「あの人は空咳をよくする人だ」とか、そういう人は時たま話題になる事もあるし、それを聞いた人は決して褒められたものではないと瞬間的に感じるでしょう。

 しかしこれまでに町道場や大会会場で、『故意の角不成』についての話が出た事という記憶はあまりありません。僕自身の経験ではこれまでに二、三度あったくらいかと思います。

 でも一旦話題となれば、やはりその行為は褒められたものではない事は暗黙の了解的にその場にいる人は感じるでしょう。そう考えると『空咳』レベルなのかも知れません。(ちょっと、この~レベルについてはあまり深くは考えていませんが……)

(結局の所、その場では『ムッ』として、だけどその後では忘れていまうようなレベルと言えるかも知れません)

『故意の角不成』常習者というのは、「民度が低い」と言えばいいのでしょうか。この民度については、生活水準のようなものではなく、ネット用語的に捉えた方が分かり易いかと思います。

 空咳はネットではやりようがないし、当然禁止のしようもないし必要もない。
 だけど『故意の角不成』は、まさにネット将棋独特の悪習です。

 だからこそネット将棋の運営者には、『故意の角不成』が横行する現状を踏まえ、そして環境の改善を考える責任があるーーそう思い至りました。

 繰り返しますが、これはアイディアです。

 これを読んでいる貴方。貴方の先見性が問われています。(大して読む人はいませんが……)

 なんて妙な煽り方をしてみます。

 僕自身がようやく最近になって思い付いた事で、「先見性がなかったな……」と思っている所ですが。

 自分の先見性が問われている、と考えて下さい。
 この意見に賛成しておけば良かった、後になって思うかも知れません。

 別にそんなものに賛成しておいたからと言って、後になって溜飲を下げるというのは所詮は自己満足に過ぎないものですが。誰に対して何の証拠もないものですし。
 だけどそういう事を意識して生きている人は結構いるんじゃないでしょうか?

 ソフト指しが何故いけないのか?
 真面目にそれが分からない人だっているようです。

 ある意味「文化が違う」と言えるかも知れません。

『故意の角不成』について、やってる殆どの人に好意は無い筈です。棋譜としての意味もありません。
 しかし野放しにしておく事によって、そうした将棋を日常的に見る初心者や子供が、慣れたり疑問を持たずに受け入れる可能性がある。
 ある種の「おかしな文化」を生み出す温床となるかも知れないのです。

『故意の角不成』をなくせるものならなくしておくに越したことはないと思います。「民度の低さ」を生み出す要素をわざわざ残す必要はないでしょう。それが業界の良心ではないでしょうか?

 良識ある人ならばそういう方向で考えるべきかと思います。

 仕様として角不成を出来なくするとしても、終盤では打ち歩詰関係で必要な場面もあります。何手目までだったら絶対に有り得ない、という研究は出来るでしょう。具体的に何手まで伸ばせるものか即座には何とも言えませんが。
 流石にコンピュータにその判定をさせて、必要な時に自動的に「成・不成」の選択が現れる、というのはやり過ぎだと思います。それでは不成が正解である事が分かってしまいます。どちらか怪しい場合に現れるようにする、というのは中々難しいのではないかと思います。
 プロの実戦にも、不成の直後に詰むわけではなく打ち歩詰を避ける事によって攻めの継続を図ったという非常に難しい将棋も実際に現れました。

 これを読んだ方(少ないでしょうが……)には、そういった諸々の事柄をよく考えて頂けたらと思います。






Last updated  2017.12.04 00:50:10
コメント(7) | コメントを書く
2017.11.13
一つ過激な提案をしてみます。

 ネット将棋で見られる現象(?)ですが、角不成をわざわざ日常的に行う人達がいます。

 こういう人達は会員停止にすればいいのではないかと思います。

 これは一つのアイディアであり、今まで(多分)誰もこういった発言はしなかったのではないかと思います。

 角不成と飛不成と歩不成、この3つは終盤で打ち歩詰に関わる局面が出現しない限りは棋譜としての意味が全く無い手です。(代表して『角不成』を取り沙汰する事にします)

 他にこの種の不成が有効な状況が全くないでもありませんが。例えば、リアルな将棋においては切れ負けの終盤などにおいて駒を裏返す手間すらも省いて時間を減らさないようにするという手段はあります。
 他にも不成を使う理屈はある事はありますが……ちょっとそれは敢えて書きません。どのみちちょっとした『狡い(こすい)』テクニックであって、推奨できるものではないと考えています。

 今ここで言う角不成は、序盤での角交換などを示すものです。

(先に述べた終盤での駆け引きや手段とは無関係の全く意味の無い行為です。先述のテクニックも別に褒められたものではありませんが)

 意味が無いなら、ルール上は何の問題もないわけだし、別にそこまで目くじらを立てるような事でもないのではないかと思われるかも知れません。
 僕自身、この『会員停止』という事を思い付いたのが数日前です。
(だからこそ『アイディア』であるわけです)

 だけど、ルールで定められていないなら何をやってもいいのでしょうか?

 間違いなく角不成には悪意があります。

 大袈裟な言い方かも知れませんが、少なくとも好意ではない。

 角不成にマナーの良さを感じるでしょうか?

 そして、角不成が禁止されたからといってそれで将棋やネット将棋をやめる人が果たしているでしょうか?
 それが当たり前になれば、今までやってた人達も「そういうものか」と思って、角不成をやめて将棋を続けるだけではないでしょうか。

 だから角不成は会員停止でいいと思います。
 勿論、たったの1回で停止にする必要はないでしょう。事前に充分に知らせた上で、一定の回数で停止でいいでしょう。
(会員からの報告を受けて棋譜を調べて、『悪意の不成』を確認して、という流れでしょうか)
(それから永久に停止でなくとも、20日間経過したらまた復帰といったような感じでいいような気がします)

 角不成など、ちょっとした挑発や相手を小馬鹿にした程度の行為かも知れませんが、そのちょっとしたを放っておく事が良くないのではないかと思います。
 角不成を見て、初心者や子供がそれを普通に取り入れていく……徐々に良くない習慣が浸透していく。

 角不成はネット将棋が生み出した悪しき習慣ですが、どんな世界でも膿のような良くないものはあるものです。
 将棋においても、持駒を手の中に握りこんだりする行為は江戸時代からあります。賭け将棋も元々は将棋が賭け事として定義されていましたし、今でも少額を賭ける行為はあちこちであるでしょう。
 とにかく賭け将棋の殆どが町道場から姿を消して、将棋界はかなり綺麗になったと言えるでしょう。

 角不成にしても、浄化できるならば浄化すればいいのです。
 そういうものが業界の良心ではないでしょうか。

 角不成を生んだのはネット将棋であり、ネット将棋の功罪です。だからネット将棋の運営者が責任を取るべきだと思います。

 そして繰り返しますが、角不成を禁止されたからといって誰も困らないのです。

 この考えが広まり、賛同してくれる人が増えてくれる事を願います。新しい常識にしたいと思います。

P.S. 思えば、棋士を『アスリート』と呼ぶ考え方は20年近く前に提唱していました。今でこそちらほらそういった記述を見かけるようになりましたが、当時は変な目で見られていたように思います。この考え方も常識になってくれればいいなと思います。






Last updated  2017.11.15 14:23:13
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1655件 (1655件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.