1010922 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

将棋雑談アレコレ (SDI)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


にせあら

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

一日の学問 一書の… yonesan2さん
Alone quintet 万成さん
いない、いない、え… JUJUBESさん
毎日は書かないダラ… ひすわし4649さん

Comments

にせあら@ Re[1]:角不成は会員停止に(11/13) これは経験した事のない人にはピンとこな…
しょうもない高齢初心者@ Re:角不成は会員停止に(11/13) なぜ、成る必要のない駒を成らないことが…
にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) ゆーきさんへ 恐らくチャンピオン戦の10…
ゆーき@ Re:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) モラルの話と論点違うのですが、 詰将棋選…
にせあら@ Re[3]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusa さんへ 悪意の不成は見れば分か…

Headline News

2006.04.12
XML
カテゴリ:その他
将棋を指す時に正しい駒の持ち方というのがあります。そうしないといけないという決まりは無いのですがある程度やっている人なら自然とそれが身に付いていきますし下手な手つきでは何となくみっともない。

『真剣』と言って賭け将棋が頻繁に行われていた時代とかに初対面の人に対してわざと下手そうに見せて油断させる、という駆け引きをする場合もあったようです。その手の小細工は今でもする人はするでしょう。将棋はメンタルな面が大きいので形勢に自信があれば元気がよく手つきも堂々としていたのが、自信が無くなってから手つきが弱々しくなったり、またそれを悟られないように逆に強い手つきで指したり、序盤での駆け引きでも手つきで自分の得意分野だと思わせるようにハッタリで強気な手つきをしたり・・・まあ色々あります。

手つきには大別して「優しい手つき」と「激しい手つき」があります。「優しい」のはあまり駒音を立てずにそっと置く、逆に「激しい」のは思い切り駒を盤に打ちつけて大きな音を立てる。

どちらかと言うと駒音を高く立てる人が多いような気がします。これはその人の好みの問題ですが僕の場合は前者の音をあまり立てなくそっと置くやり方です。僕は駒音高くすると相手を刺激してあまり得ではないように何となく思っています。どんな手つきだろうと答えは盤上で出ているのだから力強く打ちつけて「どうだ上手いだろう?」とアピールする必要もないと思っています。相手がミスした時とかすかさず追い打ちをかけるようにバシッと音を立ててるのを見ると「盤上以外でも痛めつける事もないだろうに・・・」と思ったりします。

別に駒音が高い人を非難するつもりではないですが、あくまで自分自身をそう押さえ付けていくつもりです。プロで言えば谷川浩司九段の事を内藤国男九段が「谷川さんは勝ちを見付けた時に手つきが優しくなります」と言っていました。谷川九段は「駒をいとおしむように持ち、舞うような手つき」と言われています。僕はそれを目指したいのですが今の所はまだまだ迷いがあります。あと、切れ負けの将棋の終盤であまり綺麗でない持ち方をしたりする事がありますが・・・これは仕方の無い事なのでしょうか?

谷川九段の自戦記で「手つきに感情が現われてしまった・・・」という一文がありました。その事を反省というか後悔というか己の未熟さを感じているようなその姿が印象的でした。僕も4年程前のある大会のある一手に思わず気持ちが手つきに出てしまったのがいまだに覚えています。勝ちの見えない局面で相手のミスが出て『1七角』という飛車取り詰めろをかける角打ちの一手ですがいまだに後悔しています。

丸山忠久九段も「無音流」で高橋道雄九段の「強く叩きつけると、駒が可哀相だから・・・」という言葉も非常に印象的で感銘を受けました。

決め手を放つときに最高の力でバシーンと叩きつけるある強豪がいます。その人に対して谷川流の手つきで勝つのが目標です。






Last updated  2006.04.12 19:50:20
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.