000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

将棋雑談アレコレ (SDI)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


にせあら

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

一日の学問 一書の… yonesan2さん
Alone quintet 万成さん
いない、いない、え… JUJUBESさん
毎日は書かないダラ… ひすわし4649さん

Comments

にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) ゆーきさんへ 恐らくチャンピオン戦の10…
ゆーき@ Re:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) モラルの話と論点違うのですが、 詰将棋選…
にせあら@ Re[3]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusa さんへ 悪意の不成は見れば分か…
nanakusa @ Re[2]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) にせあらさんへ いや、ですから、その寄…
にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusaさんへ 『故意の』では意味が通…

Headline News

2007.03.15
XML

妖精2.235

2004年に発表された「妖精2」。添川公司氏作。(この図はストックしておいたのですが訳あって今日使いました・・・・・・)

本作が煙詰の最長手数作品です。実に235手詰です。

僕が将棋雑誌を読むようになった頃が「妖精」が発表された直後くらいでした。当時煙詰の最長手数で180手台、後の改良図が191手。煙に単純馬ノコを組み合わせての新記録達成で塚田賞を受賞してある選考委員が「煙詰に馬ノコを合わせるとは、天国の看寿も微笑んでいるのではないでしょうか」とコメントしていました。

そして本作の直前に馬詰恒司氏が「いばらの森」221手詰を発表しましたが、これが本作「妖精2」の複合馬ノコと全く同じ趣向でバッティングしたのですが(恐らく偶然でしょう)その直後に、より洗練された最長手数の本作が発表されて気の毒に馬詰氏はわずかな期間の記録保持者でした。

近代将棋誌によると添川氏は最多煙作家との事で全くもって凄い人です。







Last updated  2007.03.15 18:43:55
コメント(0) | コメントを書く
[詰将棋・フェアリー・作図] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.