939261 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

将棋雑談アレコレ (SDI)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


にせあら

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

一日の学問 一書の… yonesan2さん
Alone quintet 万成さん
いない、いない、え… JUJUBESさん
毎日は書かないダラ… ひすわし4649さん

Comments

にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) ゆーきさんへ 恐らくチャンピオン戦の10…
ゆーき@ Re:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) モラルの話と論点違うのですが、 詰将棋選…
にせあら@ Re[3]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusa さんへ 悪意の不成は見れば分か…
nanakusa @ Re[2]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) にせあらさんへ いや、ですから、その寄…
にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusaさんへ 『故意の』では意味が通…

Headline News

2013.07.26
XML
 谷川会長がコンピューターとの対戦について「タイトルホルダーを出すのは、まだ、かなり先のこと」と語っていました。
 どうもこの言葉の真意はどこにあるのか、やや首を傾げるものがあります。

「今が一番拮抗した時期」「たとえば5年くらいコンピューターと対局しないでいて、コンピューターの方が圧倒的に強くなってしまったら話にならない」とも言っている訳ですから、そこからどうして『タイトルホルダーがまだかなり先』となるのでしょう。

 三浦八段が敗れてしまっては、もうその上はタイトルホルダーしかないのです。

『かなり先』とは『永遠に出さない』という意味なのでしょうか? それなら分からない事もないですが。

 タイトルホルダーが1年間準備すれば勝てるのでしょうか? そうなのかも知れませんが、その1年後がギリギリの所と言ってもいいくらいだと思います。コンピューターの進歩は目覚しいですから。
 かといって、すでにタイトルホルダーがその研究を始めている訳でもないでしょう。

 今迄のスローペースからいって、第3回電王戦が来年、それにタイトルホルダーが出ないとして、第4回が再来年……
 そんな事をやっていたら、ことごとく負けるだけだと思います。

 まずは女流棋士を出して、次に引退した前会長、そして現役棋士、と段階を踏んでいって、順番にことごとく敗れていっているのです。第2回電王戦は阿部光瑠四段が初戦に勝ちましたが、団体戦としては1勝3敗1分けで勿論負けた訳です。
 ずっと負け続けているのです。

 格下のプロを出しておいて、そこで勝っていれば勿論歯止めになりましたが、結局は段階を踏みながら順調に負けて、次を出さざるを得ない状況になっているのです。

 最初から全力を出して勝ちに行くべきだったのです。今更もう遅いですが、今後についても、腹を決めるしかないでしょう。

 タイトルホルダーを出さないと決めるならば、絶対に出さない。それを各人が「自分に回ってくるかどうか……」と逃げ腰になっていて、出る人に任せるという感覚でいてはいけません。出るならば、将棋界の総意として送り出す。いかなる協力も惜しまない、という態度で臨むしかありません。
 もはやそうしないと勝てないと思った方がいいでしょう。

 そして、それが出来る時間も限られているのです。






Last updated  2013.07.27 02:28:16
コメント(0) | コメントを書く
[PC・ネット将棋・ゲーム・道具・玩具] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.