927421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

将棋雑談アレコレ (SDI)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


にせあら

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

一日の学問 一書の… yonesan2さん
Alone quintet 万成さん
いない、いない、え… JUJUBESさん
毎日は書かないダラ… ひすわし4649さん

Comments

にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) ゆーきさんへ 恐らくチャンピオン戦の10…
ゆーき@ Re:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) モラルの話と論点違うのですが、 詰将棋選…
にせあら@ Re[3]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusa さんへ 悪意の不成は見れば分か…
nanakusa @ Re[2]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) にせあらさんへ いや、ですから、その寄…
にせあら@ Re[1]:「角不成は会員停止に」の補足(12/04) nanakusaさんへ 『故意の』では意味が通…

Headline News

全1655件 (1655件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

2013.04.23
XML
カテゴリ:その他
前回の補足ですがプロの修行は少年に限らす少女もしていますね。毎度の事ですがどうにも穴だらけの文章です。

人間の指す将棋にはドラマがある。間違えるからこそ面白い。
確かにその通りだと思います。

ただ速い速度で走るだけなら車やバイクを使えばいい、しかし陸上競技はなくならない。計算機が計算が速いのは当たり前、しかし暗算の達人の存在の価値がなくなる訳ではない。

この類の事は以前からいくらでも言われてきている事です。

しかし将棋はどうなるのでしょうか?

前回書いた通りプロの技術を人間が身につける事は今迄通りに難しく誰にでも出来る事ではありません。また血の通った人間同士の指す将棋だからこその面白さというものがあります。

計算機を使えば簡単に出来る計算でも、人間が自力でやるからこその価値というものもあります。

将棋に関しても、PCを使うなんてインチキだ、カンニングだ、卑怯だ、それじゃつまらない、単に答えを知りたいならそうすればいいだろう、という事になるのでしょう。

しかし以前の将棋ソフトはそんなに強くなかった訳で、そこまで進歩したという事が大きなショックであり、まだ完全に全ての人の共通認識となっていないところです。

詰将棋の世界では創作に際してソフトを用いて検討するという使い方はとっくの昔に定着している事です。あまりにも便利になり過ぎたが故に「21世紀は1人の大家も生まないのではないだろうか……」と心配する人もいました。

将棋ソフトの弱さを揶揄する人も大勢いたし、プロ棋士でソフトの開発に情熱を傾けた人に対して「無駄な事をやっているね」と馬鹿にしていた人達もいました。「永遠にプロが負ける事はない」とまで言い切っていた人もいました。

今となってはそんな事を言う人はいないだろうし、言えば笑われるだけです。

とにかく頭を切り替えるしかありません。今後は将棋の勉強方法にも影響を与えるでしょう。
単なる終盤力の強さだけではなく、将棋の作り方や考え方という点においても、ソフトの将棋を見る事によって新しいものが生まれつつあるように思います。

チェスではルーク2枚対クイーン1枚になった場合は引き分けというのが定説だったのがソフトの登場によってクイーン勝ちに変わったそうですが、そういった事が将棋においても起こるような気がします。

何よりも心配なのはプロ棋界の存続である訳ですが……






Last updated  2013.04.23 21:22:14
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.21
第5局は三浦八段が負けました。これによりコンピューター側の3勝1敗1引き分けで終了。

星の上でも大将戦に勝ったという事でも完全にプロ側の敗北です。

かえすがえすも第3局が大きかったように思います。色々と考えたり思ったりする所はありますが、客観的には上の通りの成績です。これは覆らない事実です。

プロの誰しもがコンピューターの終盤力を認めていたのは事実です。「互角で終盤になってはいけない」と口を揃えて言っていたように思います。

現役A級八段までがそう言うようではもはや勝てる人間というのは居るのか居ないのか、というレベルです。

堂々と渡り合える人間がまだ存在する、と信じています。ただし終盤に時間はどうしても必要だと思います。

時間が十分にあれば、本当に終盤でも完全に人を超えたと言い切るのはまだ早い、そう信じています。

まあ4時間で負けてはプロ側に言い訳は出来ません。この時間ではA級並みと認めざるを得ません。

入玉の技術云々にはあまり興味は持てないし、そんな戦い方しか出来ないようでは自ら格下であると認めるようなものです。

タイトル戦の将棋の、あの緊張感、あの息をするのも憚られるような、あのキメの細かい中盤、そして終盤の作りでも本当にコンピューターが上回っているのか正直分からない、あの終盤。

確かにミスや逆転はあります。そうした事があればコンピューターが勝つでしょう。

もはや勝てる人や条件は限られているとは思いますし、人間側の指し方としては遊び心のある手は許されない。最初からコンピューターに冗談など通じる筈もないですが。とにかく「名人を超えている」と言うには2日制で勝つ事が条件でしょうか。言い訳というか往生際が悪い発言かも知れませんが、名人を超えるとはそういう事になると思います。4時間ではA級です。

しかしいずれは完全にプロを超えますね。

これから将棋を覚える子供は「人間よりコンピューターが強い」という事を当たり前の事として認識して始める訳です。

局面の優劣等の判断にはソフトを使う。ソフトから将棋を教わる訳です。

プロの存続ももはや危ういですね……

高い契約料を払って長い時間をかけて指す将棋よりも、PCのソフトが指す将棋の方が強い。
以前から言われてきた事ですが。

人間がプロの技術を身につけるためには、少年の頃からこの道一筋で相当の年月をかけて取り組まなくてはならない。よく東京大学に入るよりも難しいなどと表現されますが、とにかくそのくらいに難しく厳しい世界です。その事にはこれからも変わりはありません。過去に多くのプロ志望者が涙をのんで挫折していきました。

それだけ身につけるのが大変なものが、PC1台とソフトがあれば、その中に当たり前のように収まっている。

これからはそういう時代なのです。






Last updated  2013.04.21 22:13:20
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.15
蛇足かとは思いますが、どうにも書いた後で色々と書き足りなかった事とか考えたり、まずい表現だったかな……などと考えてしまったりという事が多いです。そうならないように推敲すべきなのでしょうが。

暗黙の了解として、まだコンピューターがプロを超えたかどうかはハッキリしていない、というものが前提としてあります。だからこそこんな5番勝負をやっている訳ですが。

人間側が全て入玉狙いの将棋しか指さなかったら、コンピューター側がもうプロとの対戦から興味を失う、と書きましたがそれはファンにしても同じでしょう。

ソフトの完成度を高める、という意味においては興味深いテーマとも言えるかも知れませんが、その研究にためにわざわざこんな事をする必要はない訳です。

誰も見たがらない将棋を指す事に何の意味があるのか。
「将棋指しはこの世に存在しなくてもいい職業だ」という有名な言葉がありますが、何のためにプロが存在するのかと言えばそれはファンに見せる(魅せる)将棋を指すためです。(新聞に載らない将棋を指すプロ棋士には存在価値があるのか?という論争もしばしばあります……)

もしコンピューターが完全に超えてしまったと全ての人が認識しているならば(こういう舞台もなくなるでしょうが)、ファンが見たいのは第2、3局のような将棋です。人間がどこまでコンピューターに善戦出来るのかという興味やとにかく面白い将棋が見たい、という事です。

だけど今の時点ではプロ側を応援する方としては、とにかく勝利を求めています。

決して最初から第4局のような将棋を見たい訳ではない。だけど、始まってしまった電王戦においてあの将棋は面白かった。(ようは『展開しだい』)

三浦八段に望む事は堂々がっぷり組んでの勝利です。勿論『展開しだい』では入玉もありでしょう。だけど最初から狙うのはなしです。






Last updated  2013.04.15 13:29:52
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.14
電王戦第4局は引き分けとなりました。
これは何と言ったらいいのか・・・

途中からは塚田九段はなりふり構わずに入玉を目指したように見えます。それはそれで、有る作戦だとは思います。

74手目の1五とでは1三桂かな、と思っていました。何となく飛を渡すよりも飛を逃がしておいて角の方を取らせた方が良いような気がしていました。と金で2五の歩を払うのではなく桂で払うという手も見ています。

まあ飛を取られた後、9一の香を取られてその香を5筋に打たれて角まで取られる展開までは予測していませんでした。

その後も色々と自分の読みや感覚とは違うものを感じました。

僕は結構コンピューター相手のこういう入玉模様の将棋には免疫があるんじゃないか、と観戦しながら認識を新たにしました。

経験上、妙にコンピューターが弱くなるように感じています。僕はちょっと前の弱いのとしか指していないんですが、しかしそれはこの電王戦で最新のソフトを見てもそんなに変わらないんじゃないかのか、と改めて思ったのでした。

恐らくはあの後指し続けていれば塚田九段が勝てたと思います。

普通の将棋で感じさせる凄みとは打って変わって、入玉の将棋になるととんでもない弱さでした。

これはソフト開発者にとって課題と言えば課題でしょう。ひょっとすると、こういう将棋を研究して抜きん出れば、コンピューター将棋選手権で優勝出来るという事も有り得るのかも知れません。

勝負は引き分けに終わりました。負けるのと引き分けとでは、その差はとんでもなく大きいです。塚田九段が負けていればプロ側の負け越しが確定していました。勝ち越しこそ消えましたが。伊藤英紀さんの「4勝か5勝はするんじゃないでしょうか」という言も外れました。

どんなに内容の良い将棋を指しても負けは負け。酷い内容でも、勝ちは勝ち、引き分けは引き分けです。

負け将棋を、勝ちかあるいは最低限引き分けに持って行く、それは勝負する者として当然の心がけでありあるべき姿です。この点において塚田九段の頑張りは文句のつけようがない事だと思います。

しかし別の視点で見れば、もしこれが唯一の勝ち方(負けない方法)だとすれば、それはソフト開発者にとっては、もうプロとの対戦から興味を失ってしまう事になるのではないでしょうか。勿論阿部四段の勝ち方は違うものだったし、もっと堂々と渡り合える人は居ると思っています。

三浦八段には勝ちとともに内容の面でも期待します。






Last updated  2013.04.14 22:48:58
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.07
ツツカナ勝ちましたね……これは痛いですね。

第3局は完全に勝っていたと思うので勿体ないです。まあそれも思い込みなのかも知れませんが。その変化にしても、深い部分が隠されていた可能性は否定出来ません。

「勝っていた」の根拠は、6一飛に対して同馬ではなく5三馬だったら、という事を言っている訳ですが。ただ、6一同馬でも勝ちに見える、何をやっても、というか色々と勝ち方が見える局面がずっと続いていた訳です。

しかし確かに2二金打は粘りのある良い手のようです。というかこれで形勢良しと判断するコンピューターは強い。本当に良しかどうかは分かりませんが、少なくとも全く見えていない人間が多い中で、もっと深い部分が見えていたようです。

結局4四角を与える事がかなりの危険を招く事になるのでは、という悪い予感が当たりました。角を成られて、かなり受け辛く、今迄寄りの見えなかった先手玉に寄りが見えてきました。(だからあの局面の僕の選択は5三馬でした)

その後もコンピューターが間違ったりもしています。だから終盤で競り勝つ人間が皆無とは思いません。

それにしても改めて、人間対コンピューターというのは異質な勝負だと思いました。

第1局は阿部四段の楽勝でした。水面下には色々あっても、棋譜としては全くつまらない、口の悪い人なら「ゴミ棋譜だ」とすら言うでしょう。

第2、3局は内容としては面白かったと思います。コンピューターの妙技を見られました。3局目は(僕の勝手な見方ですが)プロの側からしてつまらない勝ち方に行けたところを早く斬りに行った所大変な勝負にした、結果的に負けた。

内容としては面白くしても、それがコンピューター有利になり易い。勝つにはつまらない内容でトドメを刺すのがベターである、という事になります。

ここが異質なところです。

時間配分にしても、人間相手、互角の相手とは違った感覚が必要です。以前に「ソフトは猛獣である」という表現をした事があると思いますが、まさにそういう事です。






Last updated  2013.04.12 22:34:06
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.06
これも後出しになります。書いても書かなくても大して意味はないんですが、一応書いておきます。

電王戦は全勝も全敗もない、と予想していました。

これも第2局で早くも当たりました。まあ1勝1敗と予想していたんですが。ただ、第1局の内容を見たら「プロ全勝か?」とも思えました。

第3局は詰将棋ファンとしても船江さんが勝つ事を信じています。






Last updated  2013.04.06 10:26:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.30
電王戦第2局はポナンザが佐藤慎一四段に勝ちました。

これも後出しみたいですが、1・2局で1勝1敗と予想していました。それでもって船江五段、三浦八段の勝ち、と言うとつまりは塚田九段の負けと予想していた、という事になりますが……

当初の予想が3-2という事は、ハッキリ言うとそういう予想であった、という事になります。まあどこかで勝敗が入れ替わったり、という事も有り得るのでそこら辺は曖昧だと誤魔化せるかも知れませんが。

前回書いた内容を後から思い出してみると、大将戦についてどう考えるかという事に対する答えを書き忘れていたようです……

僕個人の考えを書くと、人間の勝ち越しでも大将が負けた場合は、それは人類の敗北と言ってもいいのではないかと言う事になります。

A級第3位、タイトル獲得・名人挑戦経験者の三浦八段が負けるようでは、そう言われても文句は言えないと思います。

それを覆すとしたら、それこそ本当の本物の人類の代表を選ぶよりありません。更に2日制にするとか……それこそ1日制では勝てない、と認める事になりますが。そうなるともやは、限られた人選で尚且つ人間の勝てる条件を選ぶよりない、という状況です。






Last updated  2013.03.30 21:36:08
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.26
カテゴリ:その他
第2回電王戦が始まりました。
第1局は阿部光瑠四段の勝ちでした。

戦前に書いておくべきだったかと今になって思いますが、人間の3-2と予想していました。特に根拠はありません。

ただ1局目が終わってプロが勝ったのを見て、いくらなんでも2~4局で1勝はするだろう、そうなると最後の大将戦で三浦八段が勝てば自動的に勝ち越しとなります。(これも勝手な予想)

人間の全敗と予想していた人もいますが、こうなると別のテーマが出てきます。どこかで誰かが言っていた事ですが「仮に4-1で、大将の三浦八段が負けた場合、どっちの勝ちと見るか?」という考えです。

3-2でも4-1でもとにかく、勝ち越しても大将が負ける、その時はどうなるか?

700台近くのパソコンを使用する事によって、本当に人間を超えられるのか?これがテーマです。

数百台のパソコンを使うから数百倍の強さだ、と無責任な事を言っていた人がいますが、そんな単純なものではないでしょう。4手くらい深く読める、と開発者が言っていたと思います。4手の違いというのは、それによって勝敗が入れ替わる事もあれば大して影響もない可能性もあるといった感じでしょうか?ともかく確実に強くなるのは間違いないでしょう。

だいぶ前から船江五段は絶対に勝つと信じていました。そして三浦八段も勝つと信じていました。表向きの発言は気弱ですが、1日18時間も将棋の勉強をしてきた、「武蔵」と呼ばれた男が、燃えてない筈がないと思います。己の全存在を賭けての闘いを見せてくれるでしょう。






Last updated  2013.03.26 18:30:17
コメント(0) | コメントを書く
2013.02.23
唐突に思い出しました。たしか羽生-佐藤(康)の王将戦だったと思います。BSの番組で加藤一二三九段が解説していた時の台詞です。

後手の佐藤さんが三間飛車で、先手の羽生さんのイビアナの玉頭を目掛けて9筋に香を3本並べていました。

最後はお約束通り(?)に殺到して見事に佐藤さんが寄せ切ったのですが、加藤九段が再三「これは、動かさないと分かりません」という事を言っていました。動かしてみないと、だったか細かい言い回しは記憶が曖昧ですが、とにかくそんな意味の言葉でした。

天下の九段が動かしてみないと頭の中では分からないなんて、「そんな訳ないだろ」と思うのですが、加藤九段がニコニコ嬉しそうに繰り返し言っていたのが妙に印象的でした。

これは余程動かしたいんだな、と思いました。この純粋さというか好奇心というか、それを当たり前のように持ち続けているのが加藤九段の凄さのような気がします。






Last updated  2013.02.23 20:25:57
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.11
いつの間にか楽天ブログのブックマークのサービスが終わっていたようで、数百は入れていたブックマークが消えていたのには驚きそして残念に思います。まあ将棋と無関係なのもかなりあり、偶然行ったり一度行ったきりで二度と見ていないようなHPの物まで放り込んでいた訳ですが・・・

とりあえず、再開・・・と言い切るのも自信ないのですが、まあ適当に書いていく・・・かも知れません(?)。以前のようにほぼ毎日更新していた時は、見るも無残な実に下らない、中身のない馬鹿馬鹿しい代物をかなり書いていました。ああいうのは二度と書かないようにしたいと思います。

ボンクラーズと米長元名人との将棋・・・歴史的一戦、というのは何だかピンとこないというか、ちょっと何か違うような気もしますが、まあ一つの節目ではあったと思います。

プロ側からすれば、結果以外の何も求められない勝負でした。「6二玉が最善」とは当初は違和感がありましたが、なるほどとも思いました。

「人間相手には最善でない、ボンクラーズだから最善、他のソフトには最善でないかも知れない」そういう考え方も一理あります。

人間相手でも、7六歩、3四歩、2六歩、4四歩に対して後手が居飛車党なら2五歩を突く、振飛車党なら突かない、というのにも似ているような気がします。

とにかくそれだけコンピューターが強くなって、そこまでして対策を練らなければならないという(考え方をする棋士が居るという)状況になってきているのでしょう。

コンピューターは一種の『神』であって、例えば詰将棋の解答能力はかなり前からトッププロを超えていました。ある長手数の詰将棋を解かせて、解答に要した時間が「1秒」と表示されたとか「0秒」だったとか・・・まあ表示の仕方の問題であり、0秒にしてもコンマ何秒かはかかっている筈ですが・・・本当に『神』ならそれこそ時間は要らないでしょう。しかし、人間が対戦するに際しては0コンマ何秒だろうと本当に0だろうと、あまり大差はない訳でつまりは『神』と同等という事になります。

まあ初手6二玉も本当に『神』が相手ならば絶対に無いと思いますが(多分)。

結果以外求められていなかった、しかしやれば負けのリスクがあるのは当然で、実際に負けた訳ですが、月刊や週刊の将棋誌では肯定的な記事ばかりでした。

あの将棋を見て、「中高年として頑張る姿に勇気を与えられた」とか「ニコニコ動画では大盛況だった」とかそんな事ばかり書かれていても、何だか暖簾に腕押しというか自分の心には響くものがありません。他の人はどうか知りませんが。某氏も「朝鮮日報みたいな雑誌だね」と言っていました。

今迄ひたすら引き伸ばしてきたのをいきなり次回は5対5で一斉にやる、というのも何だか訳が分かりませんが、これで面白くはなりました。全局かどうかは分かりませんが、必ず面白い将棋が見られるだろうと思います。






Last updated  2012.02.12 01:00:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1655件 (1655件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.