2007.04.08

8三桂以下角角合

昨日の図の正解手順は

▲8三桂不成△8一玉    ▲8二歩    △9二玉    ▲9五香    △9三角
▲9一桂成  △同 玉    ▲9三香不成△9二角    ▲8一歩成  △同 玉
▲9二香成  △同 玉    ▲8三角    △9三玉    ▲8二角    △8四玉
▲7四角成  △9五玉    ▲9六馬    △8四玉    ▲7四馬    △9五玉
▲9六歩    △9四玉    ▲9三角成  △同 玉    ▲8三馬

迄の29手詰です。『香歩問題』の初手は主に3通りの手段があり、7二歩、6三桂不成、8三桂不成がそれです。この場合は8三桂でした。7二歩には桂金の二段中合、8三桂には角角合というのがパターンとなっています。

香歩基本銀合.jpg

それではこの図はどうでしょうか?昨日の図と殆ど同じに見えますが・・・・・・玉方の9六にあった歩がこの図では9七歩になっています。同じように8三桂不成から入ると20手目9五玉の時に9六馬としも9六に歩が無いので空振りになり、歩を入手出来ないので詰みません。

書くネタが不足していますので明日に続きます・・・・・・






TWITTER

Last updated  2007.04.08 22:54:46
コメント(0) | コメントを書く
[詰将棋・フェアリー・作図] カテゴリの最新記事