675275 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペ ン 先 は E F よ り B B

PR

全477件 (477件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

January 13, 2017
XML
カテゴリ:ハンドメイド手帳
長らく当ブログを放置していましたが、今年は復活致します。






Last updated  January 13, 2017 08:16:27 PM
コメント(0) | コメントを書く


October 1, 2014
カテゴリ:ハンドメイド手帳
sing.jpg
販売を予定している、吸取紙付きトモエリバー紙ノート「SINGER」の価格が決定しました。1冊500円(税込540円)になりました。
もう少し安くできないかとなんとかやってみましたが、これが限界でした。

sing3.jpg
罫線×3冊、方眼×3冊、無地×3冊、3種類×各1冊の4種類(各1冊40枚・80ページ)で、3冊セットで1,500円(税込1,620円)になります。
今回はBASEにてクレジットカード、銀行振込、代引きにての販売を計画中ですが、送料や手数料を考えると「ゆうメール」を利用しての発送になりそうです。

sing2.jpg
試作でボツにしたコーナーの補強紙を復活させました。グレイが罫線、薄茶が無地、黒が方眼です。四角に切った補強紙を中側に折り込んで貼っています。このノート唯一のアクセントにもなっています。

sing5.jpg

表紙も裏表紙も真白(真グレイ?)ですが、ポケット状になった表紙をめくるとロゴが隠れています。

と言う事で商品は完成しているのですが、ただいま送料やら手数料やらを比較検討中ですので、今しばらくお待ち下さい。

sing6.jpg






Last updated  October 1, 2014 09:55:26 PM
コメント(4) | コメントを書く
September 22, 2014
カテゴリ:ハンドメイド手帳
singer3.jpg
吸取紙付きトモエリバー紙ノート「SINGER」の試作第2弾ができました。
前回の試作第1弾で大不評だった表紙の材質を、銀鼠マーメイド153kgに変えました。と言っても、いつも作っている手帳の見返しと同じです。いろいろと探したのですが、「薄くて堅くて丈夫な中性紙でそこそこの値段」と言う条件付きだとあまり選択肢はありませんでした。

singer1.jpg
オモテとウラのポケットはそのままですが、サイズやページ数は変更になりました。マーメイド紙の四六版からできるだけ無駄なく割り出した結果、大きさは約127×190mmと前回よりもやや小さくなりましたが、ページ数は80ページに増やしました。A5には天地左右とも20mmほど足りず、A5サイズノートとは言えないサイズになってしまいました。申し訳ありません。

singer2.jpg
実はこのノート、もう何人かの方にお送りさせていただきモニタリングをお願いしていますが、概ね好評のようです。
販売時には3冊か5冊パックにし、BASESTORESでのクレジットや代引き販売も計画しています。






Last updated  September 22, 2014 08:21:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
August 26, 2014
カテゴリ:ハンドメイド手帳
denaosi.jpg
「吸取紙付きノート」の完成度を上げるべく、試作品を知人や友人、当工房の手帳を重ねてお求めいただいた方などにモニターになっていただいたところ、様々なご意見を賜りました。
結果、厳しいご意見が多く寄せられました。
吸取紙が付いている事、表紙がポケット状になっていて紙片が挟めることなどは概ねご好評を戴きましたが、表紙が堅すぎて開きにくい、すぐに汚れが目立つなど、表紙の材質が問題のようでした。また、ページ数は60ページ以上、できれば100ページぐらい欲しいと言う方もおられました。

と言う事で、再び表紙の材料探しからやり直しですが、吸取紙付きやポケット付き表紙は変更無し、ページ数は80〜100ページに増量で進めます。






Last updated  August 26, 2014 08:10:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 25, 2014
カテゴリ:映画
god.jpg

今日封切りの「GODZILLA」を観てきました。最高でした!
初回のモーニング割引とかで1,300円だったのは良いのですが、劇場は混んでいました。夏休みのチビッコがいっぱいなのかなと思いきや、観客は若いカップルや会社をサボってきたサラリーマン風の人などがほとんどで、年齢層は高い感じでした。

で、ゴジラですが、背びれや泳ぐ姿がぼんやりとオープニングからちょいちょい出てくるのですが、全体像はなかなか出てきません。中盤でやっとンギャオ〜!と雄叫びを上げて登場してくれますが、その後すぐに画面は切り替わってしまいます。中盤はこんな感じが続いてちょっと物足りませんが、後半からラストはゴジラが出ずっぱりで宿敵MUTOと大サービスしてくれます。ゴジラの造形や動きは完璧で、CGはここまで来たかと驚くばかり。MUTOは意外に知能が高く、感情もあるようで意外でした。
監督のギャレス・エドワーズはかなり日本を勉強し意識して作ったようで、東日本大震災や原発事故に始まり、原爆や原水爆実験、第2次世界大戦、特攻など、日本の悲しい歴史をさかのぼって連想させるようなシーンがあり、コンセプトも昭和29年制作の第1作「ゴジラ」の意思を受け継いでいるようです。もう続編制作が決定したようで今から楽しみなんですが、前にも書いたようにアンギラスだけは勘弁して欲しいです(^^;)

追記
これからゴジラを観に行く方は、是非ともこちらの映画評論家の町山智浩さんのゴジラ批評を聴いてからどうぞ。感動が倍増します(^^)






Last updated  July 26, 2014 08:17:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 7, 2014
カテゴリ:万年筆
machigai.jpg
私のデザインのネタ帳です。とにかく何でも思いついた事を何でも書いていきます。誤字脱字はもちろん、文字か図形か判読できないものもあり、後で見返して何を書いたのか首をかしげることもあります。
でも、不思議と困った事はありません。間違って書いた文字、図形の上に書いたぐちゃぐちゃの訂正線や意味不明の図形などを見返していると、その時考えていた記憶、誰と何処で打ち合わせをしたかを思い出したり、ボツにして×印を書いたアイディアをもう一度考え直したりします。
鉛筆や消せるボールペンは書き間違えばその場で消すことが可能ですが、万年筆は一度書いたらもう消えません。でも、そこが良いのかも知れません。






Last updated  July 7, 2014 09:34:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 25, 2014
カテゴリ:ハンドメイド手帳
singer1.jpg
販売予定のミシン綴じのノート、表紙の紙は「エースボール」と言う硬めの紙に決定しました。

singer3.jpg
表面は段ボールのような感じの再生紙で、官製ハガキ2〜3枚ぐらいの厚さ、堅さです。中紙のトモエリバーと同じく中性紙なので長期保存時の劣化や悪化の心配はなさそうです。

singer2.jpg
一番テンションがかかって壊れやすいノート左下を水貼りテープで補強しました。グレーが罫線、黒が方眼、緑が無地と色分けしたので中紙の種類を見分ける目安にもなります。

singer4.jpg
表紙と裏表紙はクリアファイルのように大きなポケットになっています。

singer5.jpg
ポケットにはそれぞれメモ用紙3枚、吸取紙が入っています。メモ用紙もトモエリバーです。吸取紙はフランス語でビュバー(Buvard)と言うらしいです。よく知りませんが…。

singer6.jpg
このノートの名前は「SINGER」にしました。理由はカンタン、愛用のミシンからいただきました。またSINGERには歌手の意味もあるので、革表紙の「RECORD」シリーズとも音楽つながりで相性がいいんではと…(^^;)

サイズは208×140mm、部材も仕様もこれでほぼ決定なのですが、ページ数がまだ決まりません。試作の結果60ページあたりが一番収まりがよいようです。






Last updated  June 25, 2014 07:48:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 25, 2014
カテゴリ:ハンドメイド手帳
epnote1.jpg
職業用ミシンを買った1年前あたりから、時間を見つけては試作していた製品がようやく完成に近づきました。

epnote5.jpg
ミシン綴じのノートです。サイズはA5より天地左右5〜6ミリほど小さいです。

epnote4.jpg
中紙はいつもの「トモエリバー手帳用クリーム」をミシン綴じしています。表紙は二重にしています。何故かと申しますと…。

epnote3.jpg
下は袋状にしたので、ここにメモや紙片をはさめます。ノートの表紙と裏表紙をクリアファイル状の大きなポケットにした感じです。ここに1枚吸取紙を入れて販売します。

epnote2.jpg
表紙部分をひっくり返してバラすとこんな感じです。

このノートを作ろうと思い立ったのは、フローの良い万年筆を使っているとインクの乾燥に時間がかかり、濡れたインクでうっかり紙面や手が汚れてしまいます。吸取紙を持ち歩けば良いのですが、ノートに挟んで持ち歩くといつの間にか落としたり無くしたりするので、なんとかならんかなぁ…と思ったのがきっかけです。

表紙の紙や価格などはまだ決めかねていますが、仕様はこれで決定です。






Last updated  May 26, 2014 10:02:33 AM
コメント(6) | コメントを書く
May 8, 2014
カテゴリ:映画
jiant.jpg

「アナと雪の女王」字幕版の無料チケットいただいたので、観てきました。
最初から最後まで、CGで描かれた雪や氷の美しさにぽかーんと口を開けて観ていたので、ストーリーが頭に入ってきませんでしたが、自分勝手になってしまった姉を妹がなんとかするという姉妹愛のお話でした。色々と突っ込みどころや伏線の未回収が気になるのでネットで調べてみると、制作の途中でストーリーを書き直したりキャラクターの位置づけを変更したらしく、後半の変な展開はその影響かも知れません。雪だるま(名前忘れました)だってもっと見せ場があっても良いような気も…。お子様向けの映画なのでまぁいいか…。

私が一番好きなアニメーション映画はもう14年ほど前の映画ですが、「アイアン・ジャイアント」です。宇宙からやって来た謎のロボットと少年のふれあいをコミカルに描いたお話ですが、「無意味な争いとははいかにして始まるのか」と言う重いテーマを感じます。映画の最後、希望につながる伏線の回収も秀逸で、何度観ても泣いてしまいます。






Last updated  May 9, 2014 09:26:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 11, 2014
カテゴリ:ハンドメイド手帳
jogi.jpg

手帳を作る時に一番気を遣うのは水平、垂直、直角です。いいかげんにやると平行四辺形の歪んだ手帳になってしまいます。
以前は厚紙や芯材を切るときは事務用の断裁機を使っていたのですが、切った厚紙に定規をあててみるとサイズも直角も狂っています。断裁機の目盛りは信用できないので、現在は額縁制作用の定規と大工さんが使うスコヤを使ってカッターでカットしています。定規にも目盛りが入っていますが切るサイズは決まっているので、そこにカッティングシートでマーキングをして目安にしています。
1級の焼入りスコヤはビックリするほど高価でしたが、ビックリするほど丈夫で狂いも全くありません。






Last updated  April 11, 2014 10:29:53 PM
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全477件 (477件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.