685617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペ ン 先 は E F よ り B B

PR

X

Category

Archives

February , 2021
January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020

Calendar

Favorite Blog

失敗は成功の母なのだ New! プチおたくさん

山都屋にゃん太郎の… 山都屋にゃん太郎さん
元海外在住夫婦のお… レッドのコッカーさん
五十而知天命~六十… 雨読晴耕さん
mattoは行く! matto724さん

Comments

ペン先EF@ プチおたくさんへ 毎度ありがとうございます。あともう少し…
プチおたく@ Re:ノートの価格が決定しました(10/01) いよいよ発売なんですね。おめでとうござ…
ペン先EF@ レッドのコッカーさんへ ありがとうございます。海外販売の際には…
レッドのコッカー@ Re:ノートの価格が決定しました(10/01) 新商品の完成おめでとうございます。 まだ…
ペン先EF@ レッドのコッカーさんへ BASEやSTORESなど、最近はネットショップ…

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
December 13, 2013
XML
カテゴリ:映画
gravity.jpg
今日封切りの「ゼログラビティ」を観てきました。
監督はアルフォンソ・キュアロンと言う人ですが、以前に観た「トゥモロー・ワールド」が面白かったのとネットでの前評判が好評だったので期待して観に行きました。ものすごい映画でした!

ストーリーはシンプルで、地上600km上空のスペースシャトルで船外活動中だった3人の宇宙飛行士に宇宙ゴミがぶつかります。
1人は死亡、スペースシャトルは大破。2人(サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー)は助かりますが宇宙空間に放り出されてしまいます。
もうこれ以上書くとネタバレなので書けません。後はもうとにかく絶体絶命な展開が続き、いったいラストはどうなるのか予想もつかなくなります。上映時間が90分と短いので物足りないかと思っていましたが、前編ぐるぐる回る宇宙空間、聞こえてくるのは宇宙飛行士の緊張した息づかいと無機質な機械音やビープ音、神経を逆なでする警告音が多いので90分でお腹いっぱいでした。2時間以上だったら観ているこっちが目を回して酸欠で倒れていたかも知れません(^^)



見終わってふと感じたのは、この監督は受胎や出産、命の誕生を広大な宇宙空間に置き換えて表現したかったのでは…と思いました。映画冒頭、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの行動は受精、生きようともがく宇宙飛行士は羊水の中の胎児、命綱を付けた宇宙飛行士はへその緒がついた赤ん坊のようにも見えます。ラストの展開もそう考えれば納得でしょう?







Last updated  December 13, 2013 09:36:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.