000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペ ン 先 は E F よ り B B

PR

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

モレスキン

April 26, 2010
XML
カテゴリ:モレスキン
ポメラにはカレンダー表示機能があり、「日付メモ」が記入可能です。起動画面にこれを設定しておき、スイッチを入れると2秒でカレンダー画面が現れ、リターンキーを押すと瞬時に「日付メモ」画面が現れるので、文字を打ち込みescキーを押すとまた瞬時に保存、メモ画面が閉じ再びカレンダー画面に戻ります。新規書類を用意するほどでもない、走り書きやちょっとしたメモはもちろん、その日の予定などは「日付メモ」に書いておいた方が後で確認する時に楽なのでとても重宝しています。

と言うワケでモレスキンのポケットダイアリーを開くと、特別書くことが無くなってしまったりします。






Last updated  April 27, 2010 12:12:40 AM
コメント(6) | コメントを書く


December 15, 2009
カテゴリ:モレスキン
来年用のモレスキンのポケットダイアリーを買いました。去年はそのあまりの万年筆との相性の悪さに途中でやめてしまいましたが、もう7年ぐらい使い続けているので未練が断ちきれませんでした。
今回購入したものも紙質は相変わらずイマイチのようですが、セーラーのナノインクを使うと、太字の万年筆でもウラヌケはほとんど無いようです。
nano2.jpg

このインクをアウロラ88のBニブに入れて書いてみると、若干にじみますがウラヌケはご覧の通り少ないようです。
いろいろ試してみましたが、アウロラ88のBニブとナノインク、それにモレスキンは相性がいいように感じます。






Last updated  December 15, 2009 05:13:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 28, 2009
カテゴリ:モレスキン
今年のモレスキンはなんかすごいですね。A3A4サイズも出るようです。アマゾンでは予約が始まっています。






Last updated  March 28, 2009 04:43:45 PM
コメント(4) | コメントを書く
February 27, 2009
カテゴリ:モレスキン
モレスキンのマンスリー・ポケットサイズを買いました。見開きで一ヶ月のスケジュールが見渡せ、さらに後半は罫線入りのノートになってるので使い勝手は良さそうです。でも唯一の難点は表紙がビニール製のふにゃふにゃで、店頭にあるサンプルは早くもハガレやヨレが発生していました。
これでは1年間は持ちそうもないので、さっそく丈夫なハードカバーに換装してみました。

hagasi.jpg

ジッポーのオイルを数滴、表紙と見返しの間にたらしながらふにゃふにゃのビニールカバーを剥がします。ゆっくりやればきれいに剥がれます。頼りないゴムバンドも取ってしまいます。
hard.jpg

表紙に硬さを出すために黒画用紙を貼り、その上に300円で購入したアメ豚の黒革ハギレを貼ります(背の部分は接着剤を付けません)。カッターで小口を切りそろえ、丈夫な丸ゴムを付けたら出来上がりです。これで1年間は十分もつでしょう。






Last updated  February 28, 2009 11:22:00 AM
コメント(6) | コメントを書く
January 31, 2009
カテゴリ:モレスキン
モレスキンの表紙はそこそこ丈夫で汚れにくく、多少の汚れはウェットティッシュなどでさっと拭けば平気ですが、中身や小口は結構弱くて汚れが付きやすく、使い終わる頃には手の脂や汚れでよれよれになり、小口がうっすら茶色にに変色してしまいます。
そこで、小口の汚れや傷みを軽減させるために耐水性の塗料を塗布してみることにしました。
bm2.jpg
まず用意するのは上の写真左から、モレスキン、ドクターマーチンの耐水性アクリル系インク、「ピグメント」のグロッシーブラック。乾燥後に磨くと光沢が出ます。それから台所用スポンジを3cmぐらい切ったもの。
bm3.jpg
スポンジにインクをたらします。1適ぐらいが適量です。べらぼうにたらして塗ると小口が固まってしまうので注意。たらしたインクをスポンジ上でまんべんなく伸ばします。
bm4.jpg
モレスキンが開かないようにぎゅっと押さえ、天小口から手早く塗り込みます。手早く、こするようにして塗って下さい。ムラを気にせず、何度も往復して塗り込んで下さい。前と地の小口も同様です。
bm6.jpg
全て塗り込んだら、ムラがないかチェックして下さい。ムラがあれば再び塗り込んで下さい。1分ほど放置した後、モレスキンを開いて下さい。ページが張り付いている箇所があればはがして下さい。以上で終わりです。コツはスポンジにインクをあまりたらさないで、手早く塗り込むことです。
今回はモレスキンの表紙と同色を使用しましたが、赤やグリーン等も良いかもしれません。
なお、このインクは手に付くと結構取れにくいので専用の薄め液も用意しておくと安心です。







Last updated  February 1, 2009 02:03:48 AM
コメント(6) | コメントを書く
December 31, 2008
カテゴリ:モレスキン
今年はモレスキンのポケットダイアリーの限定版レッドを買いましたが、インクのウラヌケや製本の適当さ、全体の安っぽさにウンザリして早々にお蔵入りしてしまいました(さらにどこかに紛失)。
もう二度と買うもんかと心に決めていたのですが、もう7年も使い続けているので未練が断ちきれず、文具店の店頭に置いてあったサンプルを手に取って製本具合や紙質やチェックしてみました。表紙は昔のモレスキンのようにザラザラで本紙も少し厚め。まぁ少しは品質低下に歯止めがかかっているようだったので、使ってみることにしました。

最後になりましたが、今年当ブログにお越しの皆様、誠にありがとうございました。来年もまた迷走を続けながらも更新をしてまいりますので、よろしくお願いします。
それでは皆様良いお年を。






Last updated  December 31, 2008 12:49:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 19, 2007
カテゴリ:モレスキン
さんざん質が落ちたとブーたれてたモールスキンですが、ネットでポケットダイアリーの限定版のレッドを発見、ついついポチっとオーダーしてしまいました。早速届いたので中を開けるとオマケがたくさん。いつもの商品紹介リーフレットの他に、「party」「birthday」やスマイルマークとか、文字やアイコンがプリントされたグレイ・レッド・ホワイト・グリーンの単色シールが4枚、シティ・ノートブックの商品紹介リーフレットが一冊とアドレス帳が一冊。このアドレス帳は今までとは変わっていて、アルファベットのインデックスが無く、数も6つに減っています(そのかわりインデックスが大きくなっています)。アドレス帳意外にも使えるようにとの配慮でしょうか。
中身はあまり変わっていないようです。本文ページ下に気温と天気を書き込めるように温度計と雲の小さいピクトが印刷されているくらいでしょうか。そして肝心の全体の「作り」ですが、う~ん…。どうでしょう…。壊れないといいんですけど…。






Last updated  July 19, 2007 05:11:06 PM
コメント(5) | コメントを書く
March 4, 2007
カテゴリ:モレスキン
モールスキンが3月から値上がりしました。
ポケットサイズ が1,890円、ラージ2,730円!ゴッホシリーズに至っては 2,415円!カイエシリーズも値上げしているみたいです。う~ん…。感想は「勝手にしろ」です。実はもうここ1年ぐらい、モールスキンはダイアリー以外は買っていません。前にも書きましたがここ1~2年の間、モールスキンの品質が落ちた様な気がします。背表紙はすぐに壊れ、紙質も前に比べるとなんだか安っぽい…。品質は落ちて価格は上昇。悪意すら感じられます。どこぞの万年筆メーカーと同じすね。
で、最近気に入っているのがミドリ社製の「トラベラーズノート」。しばらく使ってるのですが、やっぱり少しデカイんで、思い切って小さくしてみたのが、上に乗っている自作の「トラベラーズノート・ポケット」。中に入れているのは知る人ぞ知る、職人が一つ一つ丁寧に制作している丸善の「ダックノート」。モールスキンのポケットサイズより少し大きく、ページも多めです。紙は高級な紙を使っているらしく、透かして見るとウォーターマークが入っています。万年筆との相性もバッチリで、裏写りなど皆無です。これで1,575円。安い!職人の方には申し訳ないのですが、このダックノートの布製の表紙を思い切って切り取り、製本テープで補強(補強しなくても充分な強度はありますが)。あとはトラベラーズノートを採寸したサイズでカッターで裁断。ゴム紐を通す穴をドライバーでグリグリあける。二つを合体。所要時間30分ぐらいでした。ポケットダイアリー以外、モールスキンにもう用は無い!






Last updated  March 4, 2007 10:18:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 29, 2006
カテゴリ:モレスキン
モールスキンのダイアリーもあと2ページ。気が付くともうボロボロ。ポケットダイアリーを使い続けてもう5年になりますが、この時期が一番迫力があります(写真右が使用前、左が使用後)。ざらついていた表紙も、こすれてツルツルになり手にしっとりとなじみ、ページにもクセがついて開きやすくなる。一年間使い続けた人だけ味わえるご褒美!おおげさですね。

さて今年1年、この訳の分からないブログを読んでくださった皆さん、ありがとうございました。最初はモールスキンと万年筆に特化したブログを目指したのですが、ネタ切れしてまいました。
来年もドイナカ仙台から訳の分からない情報をお伝えします。






Last updated  December 29, 2006 03:10:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 14, 2006
カテゴリ:モレスキン
システム手帳もいろいろ使ってはみるのですが、書き込んでいるとバインダー部分とかリングとかが邪魔で、右ページばかりに書いてしまします。左右の両ページにきれいに書き込んでいる人を見ると驚異すら感じます。じゃまじゃないのかなぁ…。結局僕はモールスキンに戻ってしまいます。
写真のシステム手帳、と言うかオーガナイザーは「グレゴリー」社製の物。近くのアウトドアショップで3年前に購入しました。グレゴリーのバッグや小物入れは作りがしっかりしていて使いやすいんですが、値段がやや高め。でもこれはたしか3,000円台だったと思います。グレゴリー製品にしては安いなぁ、と購入。
このオーガナイザー、とにかくポケットが多くて気に入っています。5枚入るカードホルダーをのぞいても8つもあります。そしてモンブランの146も入る大きなペンホルダーもしっかりついてます。それからこれが一番気に入っているところですが、写真のようにリング部分がボタン式で脱着可能な事。リフィルをリングごと取り外せばポーチになります。普段は取り外してモールスキンとたばことライターを入れたりしてます。






Last updated  December 14, 2006 01:39:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.