000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペ ン 先 は E F よ り B B

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

手帳

October 15, 2011
XML
カテゴリ:手帳
プチおたくさんに影響されたわけではないのですが、私も能率手帳ゴールドを買ってみました。モレスキンのダイアリーにしようかとも思いましたが、能率手帳の紙は万年筆と相性が良いと聞いていたのでこちらにしました。試筆してみると確かに滲みや裏抜けはないようです。






Last updated  October 15, 2011 12:10:44 PM
コメント(4) | コメントを書く


May 27, 2009
カテゴリ:手帳
文具店や本屋に行くと「人生は手帳で変わる!」や「できる人の手帳術!」とか書かれたポップのそばに、システム手帳と解説本が平積みされているのをたまに見かけます。店頭で立ち読みしてみると、「ダブルブッキングを避けるために、アポイントは点でなく面で考えよ!」「欲しいクルマがあるなら、その写真を貼り付けろ!」「これが理想的なリフィルだ!」だの、やたら鼻息の荒い文章で書かれています。アポイントは点でなく面で考えろとは、全く意味が分かりません。第一、手帳で変わってしまう人生とはいったいどんな人生なのか…。

私の場合、余計な雑音で人生を変えられないようにするために、手帳を使っているような気がします。






Last updated  May 27, 2009 09:35:43 PM
コメント(6) | コメントを書く
February 19, 2009
カテゴリ:手帳
販売を予定しているハンドメイド手帳のモニターをお願いしている方から、「トモエリバー」というすごく万年筆と相性の良い紙があるとの情報をいただいたので、検証を重ねていました。その結果フールスペーパーにも匹敵するほど素晴らしい紙であることが判明したので、思い切って印刷屋に発注をかけ、それが今日やっと刷り上がってきました。
写真の中央のベニヤ板で仕切った左がトモエリバー手帳用紙、右がOKフールス紙。両方とも枚数は同じ240枚です。トモエリバー(52g/1m平米)の紙厚は約7mm、OKフールスは(81g1m/平米)12.5mm。トモエリバーの薄さは圧倒的で、まさに手帳専用の紙。こんなに薄いのにインクのウラヌケは皆無で強度も十分なのは驚異的です。
まだ試作はしていませんが、これで表紙の革や糊、他の部材と相性が良ければかなり薄手でもたっぷり書ける手帳が作れそうです。
ただデメリットも判明しました。とにかく薄い紙なのですぐに折り目がつきやすいのと、印刷屋からはあまりの薄さのために機械に絡まりやすくて「面倒くさい紙だ!発注するならたっぷりしてくれ」とグチられた事でした。

トモエリバーにするか、フールスにするか、あるいは両方の紙にするかは未定ですが、販売まではもう少しです。申し訳ありませんが、今しばらくお待ちを…。






Last updated  February 20, 2009 12:02:33 AM
コメント(8) | コメントを書く
November 19, 2008
カテゴリ:手帳
本棚を整理していたら、「パワーロジック 論理的に結果を導く秘密の説得術 内藤誼人著」と言う、謎の本が出てきました。買った覚えも借りた記憶もないので、多分以前務めていた会社を退職する時に盗んだ、いや無断でもらってきたんでしょう。
ビジネス書のような、経営学のようなその本をパラパラと拾い読みしていると、結構面白い事がかいてありました。「人間の脳は午前中は理性、午後は感性がより働くので難しい交渉や会議は時間設定が重要」とか、腕を組んだら上に来る方が利き腕で、右手が上に来る人は左脳型(理性型)、左腕が上に来る人は右脳型(感性型)なので、会議中は腕組みをする人をチェックせよ」などなど…。

この手の本は全く興味が無いので10分ぐらい読んで飽きてしまいましたが、確かに午前中は理性、午後は感性と言うのは当たっているかも知れません。朝起きてすぐ日記を書くとほとんどその日のスケジュールを箇条書きのように書き始め、夜に書き始めると出来事についての感想や意見の方を多く書いたりします。

と言うことはお昼に日記を書くとバランスの取れたいい日記になるのかな?






Last updated  November 19, 2008 01:30:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 16, 2008
カテゴリ:手帳
ネットで公募させていただいた4名様の他、友人・知人からもいただいたありがたくも厳しいレビューを反映させるべく、連休中は販売を予定している手帳の試作ばかりしていました。で、なんとかできました。
基本的な造りは従来通りですが、表紙の革を自然シボ(ボツボツ)のある「トスカーナ」に変え、滑りにくくしました。しおりは水通しした麻紐にして取り外し可能にし、表紙にはゴムバンド付きのフラップを付けました。ゴムバンドが裏表紙に付いていると机に置いて書く時ジャマと言うご意見をいただいていたので、こうすればなんとか大丈夫でしょう。もちろんゴムバンドも取り替えが可能です。そしてあったら便利だなぁと見返しに布製のカードホルダーを付けました。モレスキンのパクリですね(^^;)
本来なら今頃とっくに販売している計画だったのですが、思ったより難航しています。もしも販売を楽しみに待っておられる方がおられましたら、すいません、もう少々お待ち下さい。






Last updated  September 16, 2008 11:06:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 25, 2008
カテゴリ:手帳
先週末、仙台駅前にオープンした「仙台パルコ」に、デルフォニクスの直営店ができたので行って来ました。店内は若い女性客でいっぱいでゆっくりできませんでしたが、確かにど田舎の仙台ではあまり見かけない文房具がいっぱいでした。万年筆も少ないながらも陳列されていたのですが、人が一杯で近寄れずじっくり確認できませんでした。
ふと店内中央に目をやると、ネットでは見かけたことのある、モレスキンそっくりの「ロイヒトトゥルム1917」が置いてありました。手ぶらで帰るのもなんだなぁって事で、これのポケットサイズの無地を買って店を出ました。
このドイツ製の「ロイヒトトゥルム1917ポケット」はモレスキンポケットより天地が9mmほど高く、幅は全く同じです。表紙の厚さ、硬さ、質感もまたほとんど同じ。裏表紙にも同じくポケットも付いていて、こんなに似ていて大丈夫かと思うほどそっくりです。でもそっくりなのはここまでで、中を開くと少し違います。各ページ中央下部に「LEUCHTTURM1917 AGENDA」とページ数が小さく印刷されていているのと、125ページから188ページ(最後のページ)まではミシン目が入っていて、きれいに切り離せるようになっています。
そして肝心の万年筆での書き味ですが、う~ん…。ペリカンM1000のBニブ、インクはモンブランのレーシンググリーンで書いてみたのが上の写真ですが、まるで和紙に書いているようで、みるみる滲んできました。ウラヌケもすごいです。Fニブのアウロラでも試しましたが結果は同様でした。
この手帳はボールペンかペンシル向けでしょう。ノンブルやミシン目が付いているので、時間に追われるビジネスマンにはピッタリかも知れません。






Last updated  August 25, 2008 04:46:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 22, 2008
カテゴリ:手帳
手帳プレゼント企画に沢山のご応募、ありがとうございました。思いの外ご応募数が多く、まさか抽選になるとは思いませんでした。ご応募いただいたメールをプリントアウトし、目をつぶって選ぶという原始的且つ厳正な抽選をし、4名の方に手帳を発送しました。3名の方が東京、1名が福島の方でした。応募されてきた方のほとんどが東京の方で、男性が8割、女性が2割。う~ん、何故でしょう。素朴な感じが新鮮に見えたのでしょうか…。抽選で漏れた方、大変申し訳ありませんでした。






Last updated  July 22, 2008 05:53:46 PM
コメント(4) | コメントを書く
July 16, 2008
カテゴリ:手帳
手帳のプロトタイプができました。販売する物とほぼ同じ仕様です。サイズは15cm×10cm、モレスキンのポケットよりやや大きく、厚みは約2cm、280ページ(見返しも含む)。タップリ書けるように少し厚めに、でもべったりと開くように背表紙部分は革を漉き、三カ所を絹糸でパピヨン綴じで縢り、丈夫にしました。
note3.gif
主な仕様は、丸背・表紙はヌメ革「リオショルダー」、カラーはナチュラルとダークブラウン・本紙はフールスペーパーのクリームでグレイの罫線入り。モレスキンのポケットよりほんの少し広めにしてあります。またしおりも牛革です。ゴムバンドのカラーはダークブラウンには「金茶(濃い、暗めの金です)」、ナチュラルには同色を使用しています。

そこで、この手帳(写真の手帳です)の使い心地や作りなどを厳しく(?)を評価していただける方を募集します。その貴重なご意見を、手帳の完成度を高める材料とさせていただきます。お一人様1冊、合計4名様だけで申し訳ありませんが、手帳の代金や送料などはもちろん当方で負担します。
nibsize.bb @ gmail.com(@の前後スペースは削除して下さい)
上記メアドまで「○色の手帳送れ」とメールを送って下さい。フリーメール、匿名でかまいません。締め切りは2008年7月20日(日)、応募が5名様以上の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます。当選された方にはこちらからご連絡(フリーメールではなく、本物メールで)させていただきます。またこの手帳に関してのご質問・お問い合わせも上記のメアドからお受けします。






Last updated  July 17, 2008 01:45:53 PM
コメント(2) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.