505120 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

水の星★蒼い星

PR

全1054件 (1054件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2012.01.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
明けまして おめでとうございます!

2回ほどリセットしているのも含めますとかれこれ
5年近くこの楽天ブログにお世話になって来ました。

慣れてしまったので居心地の良い場所ではありましたが
新年になったのをひと区切りとして、ブログのお引っ越しを致しました^^

こちらはこのまま残しておきますm(_ _)m

また戻って来るかもしれません^^


昨年末に「場所を移したい」と思ってしまったものですから
思った事をまずは行動してみました。

そう。

行動することで、開けて来る年としたいのです。

いろいろ思い起こして見ますと、まだまだ短い人生ではあるけれど
いろ~~~~~~んなことがあったな。。。と。

でもそれが確実に「今の私」を作ってくれているのじゃないかな。。。と。

そんな感謝の気持ちで迎えた新年でした。

だからひとまず、場を移してみますね^^

水の星蒼い星Part2

ご縁ある皆様。引き続きどうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _)m






Last updated  2015.01.20 19:41:45
コメント(0) | コメントを書く


2011.12.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
バースデー


乙姫様。音秘め様へのご挨拶は、私がご縁を感じるニギハヤヒ様へと繋がって行くのでしょう。。。おそらく^^

亀といえば、亀甲紋。つまり、出雲大社の流れ。スサノオ様の霊脈、ということになりますが。

亀甲紋といえば、カゴメ紋(六芒星)の外側の△が内側に折り畳まれた状態ですね。

これが開いて、中からお出ましになるのが岩戸開きとのことですが。。

余談ですが、トマトジュースやケチャップの会社、カゴメ(株)さんは名古屋の会社だったりします。

尾張の地?^o^

音秘め様のことは20年も前から、美内すずえさんが「アマテラス」で書いてらっしゃいます。

すなわち「音秘め」様の「音」とは「神の波動」

乙姫様の玉手箱には、秘められた音、神の波動が隠されて(封印されて)いる。

そのふたを開けるということは、秘められていた神の波動が表に出てくる事。

つまり、亀甲紋がカゴメ紋になるということ。

なぜにニギハヤヒ様がそこまで封印されているのか。

それでも日本人がずっと歌って来た「かごめかごめ」の中に、隠されながらも誰もが知っている状態であるし^^

なんだかもう、「青い鳥はこんなに近くにいたんだね」という感じになってきます☆

7192.jpg


これは、三河一宮である砥鹿神社のご紋。

亀甲紋のなかでも、ちょっと変わっていますよね。

いつもこの紋を見ると、なにかがこう、喉の辺りまででかかっている。。。のだけど、出てこない~~~~

といった気持ちになります。

なぜ?^^








Last updated  2011.12.29 22:44:24
コメント(7) | コメントを書く
2011.12.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
2.jpg


龍宮の乙姫さまに、強烈に惹かれています。

なぜか^^

年明けには流れで、音秘め様とご縁ができるかも?

「乙姫さま」は「音秘め」様の方がしっくりきますね☆

こない?^o^

龍宮の乙姫さまとはまた、

「経済をつかさどり、国家を富裕ならしめ、財宝をさずけ、

また海陸交通の安全、商業の発展をまもり、

個人にては、住む家、食物、衣類をゆたかに与えたもう大神にして

大冨開運の守護神なり」

と大本の神諭にあるそうですが。

4.jpg


龍宮の使いといえば、「亀」

上は、京都の八坂神社のご本殿の柱に飾られていた「亀」です^^

眠いのでこれ以上は頭が働きませんが、来る年には龍宮の乙姫様から1年がはじまる予感♪






Last updated  2011.12.29 02:15:52
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
IMG_0807.jpg


神社。

参拝させていただいて、「お参り」はしますが「お願い」はしないですねぇ。

神さまという存在がただただ、ここに「在る」ことに感謝して、喜びをお伝えする。

小さな1人の人間ではあるけれど、こんな風に生きていますとお伝えする。そして、精一杯やらせてくださいと、生きている事に感謝する。

そんな感じかな^^

それをお伝えするのに最低限の祝詞を覚えて、以後もっぱらそれだけですが。

まずは「天津祝詞」で祓い清める。

あとはその場その場で、「天の数歌」「ひふみ祝詞」「いろは祝詞」「三種の祓い(とほかみえみため)」という感じです。

自己流ですが^^

お寺はあまり行かないのですが、「光明真言」だけは覚えています。これでどこでも大丈夫だと信じているのですが^^

どれもそんなに長くないので簡単に覚えられますし、それで何かを少しでもお伝えすることができるのなら、嬉しいなという気持ちです。

生きているには、意味がある。

生まれたことには、意味がある。

ここに居るには、意味がある。

繋がりあう人達とのご縁には、意味がある。

そしてその世界を構成してくださっている、大きな存在(たとえ目に見えなくても)がこの星の自然のシステムを司り調和させてくださっていることにも、意味がある。

そんなことを想うとき、感謝の気持ちだけはお伝えしたいものだと。

そんな風に思うのです。






Last updated  2011.12.26 21:58:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
なぜか春日大社に行くことに^^

kasuga.jpg

武甕槌命(タケミカヅチノミコト)経津主命(フツヌシノミコト)天児屋根命(アメノコヤネノミコト)比売神(ヒメカミ)様がたをご本殿にお祭りしています。

apple.jpg

幣殿のムコウ、ご本殿との間にある、りんごの木。

その年の農作物について占うのに使われていたそうですが。。。なぜに、りんごなんでしたっけ^^

ちなみにこちらの「りんごの木」は「和りんご」という中国から来た粒の小さなりんごで、現在のりんごを食べ慣れている私たちには酸っぱくて渋い果実のようです。



なぜか、下鴨神社に行くことに^^


shimogamo.jpg


賀茂建角身命(カモタケツヌミノミコト)と玉依媛命(タマヨリヒメノミコト)をご本殿にお祭りしています。


2.jpg


八坂神社にも行きまして、いつものように素盞嗚尊の荒魂をお祭りする悪王子社にもよ~~~くお参りさせていただいたのでした^^








Last updated  2011.12.27 07:15:56
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
親しい人からメールが来たり、なにか伝えたい事が相手にあったりする時に、

肩の辺りにふわっとショールみたいにエネルギ-が来る事は以前からありました。

最近はその感覚は忘れてたけどね^^

今日はそのスペシャルが来ました~~~

すんごいの@@


そう。私は年末年始の野菜のお届けについてかなり集中して仕事をしていました。

すると忘れもしない、13:59あたり。

突然、背骨に上からエネルギ-が入って来て、腰の辺りまでどんどん入って来る~~~~~

という状態になって、まー、熱いのなんのって^^

このエネルギ-の質感は。。。とある人が浮かんだので、「何か良いことあった???」と嬉しく感じたのですが

3分たっても5分たってもバンバン流れてくるので、ちょっと待って~~~~~

という感じになって、ご本人に「こんなことあったけどもしかして?」とロッカールームでこっそりとメールなど致しましたら

夕方になって連絡がとれて、まさにその時間帯にあることをしていたとか^o^


こんなにバンバン流れて来たの、久しぶりだった。

おそらくご本人はそんなことは思わずに、全方向に向けて嬉しかったことを表現していて

もしかしたら他にもお友達関係に流れていて、受け取る人は受け取ったかもしれませんね^^

楽しい時代です☆






Last updated  2011.12.19 20:31:37
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
9.jpg


とても誤解を招きやすい話題なので、日記に書いた事は無かったけれど

ツインフレームというのは面白い仕組みだな~と思います。

ソウルメイトとかツインソウル、ツインフレームという話題では、多くの人がとても簡単に「あの人はきっとツインなんとか。。」なんて妄想状態になりがちなので、かなりデリケートな話題ですよね☆

でもまぁ。。。仲良きことは美しきかな? そうかな^^

その手の相手でも、お互いの人生のタイミングが会わなければ、上手く会えないし、会ったとしてもその関係が上手く機能しないんじゃないかと思います。

逆に言えば、必要なときにはすっと会えるように采配されているということなんですね。

ツインフレームは共通の目的をもって進む仕事仲間みたいなものと理解してますけど^^

エネルギ-の交流がしやすいので、与え合うことと浄化し合うことが上手に出来る関係のような気がします。

なので、共通の目的を持つと、非常にパワフルにお仕事が進む関係のような気がします。

仕事というのは必ずしも、経済活動ということでもないですが、経済活動として表面に出てくる事もあるでしょうね。

ツインフレームというのは、男性性、女性性のバランスを自分のなかで完成させて、精神的に自立している人同士の対等な関係でありながら、男女の愛情関係を完成させていくという学びがある。。。という解説も読みました。

私の感覚では、恋愛とはまったく違うと思います。同士。ミッション。共通目的を果たすためにお互いにエネルギ-をシフトアップさせていくための関係のような気がして^^

人生って面白い事がいっぱい^o^






Last updated  2011.12.19 02:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.16
カテゴリ:カテゴリ未分類

6.jpg


今日は会社の忘年会でした。

早々と仕事を切り上げて、同僚たちと居酒屋さんへ。

で。毎年お歳暮でいただいた品や試供品などをビンゴ大会でもらっていくのがお決まりらしくて、中盤でゲームが始まりました。

私、出足は遅かったんですが、途中からどんどん来て、最後リーチで「41」が残った時に

「41来て~~~~~」って思ったら

「41」!ってことでまぁ、すんなりと最初にビンゴでしたんです♪



「41」というのは数霊好きの方ならピン!と来ると思いますが、

9方陣の真ん真ん中のまさに中心となる、深い深い数なんですね。



41が来ている意味を感じつつ、実は最初から「あれ欲しいな~^^」と思っていた景品がありまして (笑)

はい。

滋賀県産の有機玄米「ハーブの恵み」

ハーブで虫除けをしたりして栽培している有機玄米で、一度食べてみたかったんです~~~~

仕事で販売していますが、まだ食べた事無くて^^

それとあとひとつ。

このお米、今年の秋に収穫されたものなんですが、今年は収穫量も少なくて、なんと今年の11月で売り切れてしまったと言う「幻の」お米なんですよ。

ちょっと小石が多めに混ざっているもんですから、一袋残っていたのをビンゴでもらって来たんです。


それでね。


数霊の「41」とはいろんな意味があるのですが、「中心」ということで「食の中心」のことも意味しているんですね。

そう。「お米」

41の数霊力で有機玄米をいただいてきた今年の忘年会でございました^^







Last updated  2011.12.16 21:36:01
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
888.jpg


今朝仕事に出ようと思ったら、窓の向こうのお陽さまにまるで土星のようなリングが!

えっと写真を撮ったけど、今日はなんだか時間もなかったしiPhoneさんのご機嫌にて、上のような写真1枚しか撮れなかったのでした。

悔いが残る~

すごかったですよ!肉眼で見た、朝日のリング!

ぐる~っと太陽を取り巻く輝く楕円。

今日は?12月15日。なにかあったかしら????

明日は忘年会(笑)


人と人をむすぶ出来事。

人と人がそれぞれの居場所に分かれて行く出来事。

勘の良い人はどこまでも通じ合えるし、それは個性や感覚の違いを越えて通じ合えるんですね。

人体を見ても、血管もあれば内蔵もあり、筋肉があれば骨もある。

これってものすごいシステムだと思うんですよ^^

いまこの星がより住みやすく暮らしやすい場所になるためには、

誰かが自然に血管になり、誰かが自然に手になり、誰かが自然に内蔵になっていくことかな~なんて^^

そこには良いも悪いも、上も下もないんですから。

ただ「生命」への尊敬があるだけ☆






Last updated  2011.12.15 20:44:53
コメント(4) | コメントを書く
2011.12.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
516_3.jpg 516_8.jpg


先日から「毘沙門天」さんが意識のどこかにずっとあって。。。。

あまり詳しくなかったので調べてみると。。。

仏教における四天王の一尊。
ご真言は、オン ベイシラマンダヤ ソワカ

京都の鞍馬山にいらっしゃるのも、毘沙門天さん。

毘沙門天さんの梵字は
bei.gif



と、ここまで調べて。。。。。。ええ~~~~~???^o^


数年前に、素盞嗚尊さまのお社にお参りして、何度かまぶたの向こうに浮かんできたカタチとそっくりなんですけど^^

今の今頃やっと、気がつきまして~


素盞嗚尊さまと毘沙門天さんと、どのように繋がってくるのかちょっと解りませんが

まぶたの向こうに、グリーンの光りで、こんなカタチの梵字が2、3回、浮かんだ事があります。

すべて場所は、素盞嗚尊さまのお社でした。

結びついて、スッキリしました。

意味は不明ですが^^






Last updated  2011.12.10 01:05:35
コメント(2) | コメントを書く

全1054件 (1054件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.