664770 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005年06月27日
XML
カテゴリ:翻訳者への道

「私、大学で身に付けた知識の範囲だけで仕事がしたいの。
じゃないと、割に合わないのよ。
大学で習わなかった内容の仕事を受けてしまったら、
その勉強をしないと翻訳できないから、
高い医学書なんかも買わないといけないし、
医学書を置いている本屋まで行こうと思えば、
電車に乗って行かなきゃならないから、
電車賃もかかるし、時間もかかるでしょ。
そうやってかかったお金と時間を全部計算に入れて時間給になおすと、
ドラッグストアのパートでもらえる時間給の半分ぐらいになってしまうのよ」

そう言っていた知り合いの翻訳者Aさんは、
やはりというか、翻訳の仕事を辞めてしまいました。

専門知識ゼロからはじめた私にとっては当然の経費も、
薬剤師資格を持っていたAさんにとっては、
無駄な出費以外の何物でもなかったようです。
ただ、大学を卒業して10年経っても、20年経っても、
このような考え方で翻訳の仕事が続けられるわけがないのは明白ですが。

翻訳の仕事って一生勉強ですから、
そもそも上のような発言をした時点で、
翻訳者としては先が見えているようなものですが、
ずっと翻訳の仕事をつづけたい、いい仕事をしたいと思うのなら、
特に最初の数年間は、割が合うか合わないかで物事を考えていてはダメですね。

最初から自分の能力アップよりも利益アップを優先している人で、
いい仕事をしている翻訳者にはお目にかかったことがありません。









最終更新日  2005年06月28日 00時08分03秒
コメント(2) | コメントを書く
[翻訳者への道] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.