664828 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005年10月25日
XML
カテゴリ:翻訳者への道

昨日の続きです。
とはいえ、内容は以前に書いたことにさかのぼります。

ほかの翻訳講座を「歴訪」した方ほど、上手くいかない理由は、
次のふたつです。

理由1:変な癖がつくと、その矯正に多いに手間取る
  たとえば、ここ↓で書いたような翻訳学校の実態があります。
  http://plaza.rakuten.co.jp/peridot9/diary/200507030000/
  今まで受講してきたなかで「正しい」とされてきたことのなかには、
  トライアリストでは「間違い」であるとされるものもあります。
  また、普段何とも思わずに使っていた日本語に、
  添削で紙に穴が開きそうなほどの筆圧で大きな×印がつけられ、
  (実際に、紙に穴が開いて返ってきたこともありますよね、受講生のみなさん)
  こんな日本語はありませんと書かれることもあります。
  無意識のうちについてしまった癖は、
  逆に意識するのが難しく、なかなか治りません。
  「解釈が合っていればいいんじゃないの」と思っている人はなおさらです。


つづく。








最終更新日  2005年10月25日 13時49分00秒
コメント(1) | コメントを書く
[翻訳者への道] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.