668232 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005年10月26日
XML
カテゴリ:翻訳者への道

理由2:ものを身に付けるには、いったん白紙の状態にならなければならない
  「真っ白な気持ちになって始められる人は伸びる」といった内容のことは、
  トライアリストの受講生なら耳に(目に)したことがあると思います。
  本質的には「理由1」と同じことかもしれません。
  今まで積み重ねてきた時間やお金、労力をなかったことにするのは、
  その時間が長く、金額や労力が大きいほど難しくなっていきます。
  人間誰だって、「今までの○○は何だったんだろう」と思うのはつらいものです。
  でも、これができるかどうかで、成功するかどうかが決まるとも言えます。

いずれにしても、
「あとは、トライアリストを受講すれば、
毎月少なくとも1ランクずつ上がって、
すぐに仕事を回してもらえるようになるだろう」と思っている方は、
まず間違いなく、その期待が裏切られますし、
「もう○年もやってるんだから、今さら白紙に戻せと言われたって」
と思う方は、まず続かないでしょう。

実際、ほかの講座の受講歴が多い方や、
ちょっとした翻訳経験がある方で、
トライアリストの受講当初からそれなりに力が認められる方は、
ほとんどいないそうです。

「いずれはトライアリストで」と思っていらっしゃる方、
とりあえず、今までほかの講座の受講に費やした時間とお金は、
どぶに捨てたと思う覚悟がいると思います。

その代わり、ちゃんとゼロからやり直すことができた受講生は、
次々と仕事ができるようになっているようですよ。
しかも、医薬分野を扱ういくつもの翻訳会社で、
「いつも仕事をお願いしている登録翻訳者のうち、
あの人もこの人もトライアリストの受講生」という状況になりつつあるそうです。
そういう講座なんです、トライアリストって。



気に入ってくださったらclickお願いします!







最終更新日  2005年10月26日 23時21分01秒
コメント(2) | コメントを書く
[翻訳者への道] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.