671668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年08月16日
XML

歌でいえば、要するに「音痴」なんだと思います。
何の歌かわからない、とまではいかなくても、
予測のつかない音痴な歌を延々と聞かされたら、
うんざりしますよね。
歌っている本人が「なりきって」歌っていればなおさら。
自分だって歌に絶対の自信があるわけじゃないし、
相手がどう音痴かを具体的に指摘するのは難しい。
けど、やっぱり何か言いたい。
そんなとき、歌詞の間違いなら「○○を××と間違った」と指摘できるので、
歌詞を間違った「ように聞こえた」だけでも耳ざとく指摘してしまう。
そんな感じなのではないかと思うのです。

プロの歌手がたまに歌詞を間違ったりしたら、
「珍しいものをみた」って感じで、
聴いている方はむしろ喜んだりするのにね。


今回の記事は、
「ウイルス-ネットワーク障害辞典」
がヒントになりました。
「日本語のシステムに甚大な被害を及ぼすウイルスのほか、
巷や翻訳書、翻訳者の訳文のなかに見つけた『ネットワークに異常のある』」
言葉が集められています。
40数ページほどのものですが、
私の場合、10ページも見ないうちに本当に気分が悪くなってきて、
いったん閉じました(^^;。

それがちょうど、時期を同じくして行ったいつもの居酒屋で、
はじめてみる客のカラオケを延々と聴かされたときの感じと同じだったので、
「あぁ、これだ」と思ったわけです。

そのお客は、20代後半ぐらいで茶髪のスーツ姿。
二人で交互に歌ってたのですが、
どっちもめっちゃかっこつけて歌ってるのに、
「その歌、そういう歌じゃないでしょ!」って思うぐらい
音ズレまくり。
ほかに誰も歌わないから二人の独壇場で、
「この二人を止めるには、私が歌うしかない!」と真剣に思ったほどでした(笑)。
(歌いませんでしたけど)

話がそれましたが…。

まして、お金を払って手にした翻訳で、
こんな感じの日本語を延々と読まされたら…、
クレームをつけるクライアントの気持ちがわかる気がしました。
そりゃたまらんよな、みたいな。

「ウイルス-ネットワーク障害辞典」は、
トライアリストの会報という形をとっていますが、
この号は一般の方も購入できるそうです。
自分の言葉がウイルスで汚染されていないか、
ネットワーク障害を起こしていないか確認するのによさそうですので、
興味がおありの方はぜひ。
(数に限りがあるそうです)



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年08月16日 12時20分53秒
コメント(1) | コメントを書く
[おかしな日本語の指摘] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.