667510 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年10月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

結局、もめごとのあと火種さんはこなくなり、
Mちゃんも辞めました。

ちょうどいい話の流れで、
気になっていた「あのこと」をYちゃんに聞く機会がありました。
Yちゃんてこわい、と思うきっかけにもなったMちゃん談のエピソード。

すると、「Yちゃんて『○○○』って言ってんで」というMちゃんの話は、
Yちゃんも、「うん、私そう言った」と認めたのですが、
この2人の話は、
肝心な部分の「時系列」が違うのです。
ちなみにYちゃんには、本人曰く「証拠」がありました。
Yちゃんの話が正しければ、Yちゃんはむしろ軽く巻き込まれちゃっただけ。
別にこわい人じゃない。
この時点でも私はどちらの肩ももつつもりはないのですが、
どちらか(場合によっては双方)が時間をゆがめて(おそらくそう信じ込んで)、
話をしているのは確かです。

事実と主観とを切り離して考えたり話したりすることができない人は多いですが、
それだけなら、聞き手しだいで事実と話し手の主観とを嗅ぎ分け、
適宜判断することもできなくはありません。
でも、聞き手がその場に居合わせていなかったことを
時間をゆがめて話されたら、もう判断のしようがありません。

人間不信が募ってしまった出来事でした。
しかも、真相がはっきりしないまま喉元を過ぎ、
胃のなかでもたれている感じです(^^;。

そんなこんなで、
何が正しいのか、何を(というか誰を)信じていいのかわからないまま、
時間だけがやたらかかって、
消えていった仕事のための時間を
どうやって埋め合わせようかと冷や汗かいているときに、
やってきたんですよ…。


つづく。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年10月15日 15時20分19秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.