664193 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年12月19日
XML

内容的には前回の続編です。

「翻訳は簡単じゃない」って言われたら、
「それぐらいわかっている」と思う人が多いと思います。

私がまだ翻訳の勉強(だけ)をしていたころ、
「通○ジャーナル」なんかには、
納期を守らない、指示を守らない、参考資料を見ないなど、
非常識としか思えない翻訳者の例がそれこそ何度も出てきていました。
記事の内容がスポンサーよりになるとはいえ、
「翻訳者って、そんなに非常識な人が多いんだろうか」とずっと疑問でした。

これはあくまでも仮説のひとつにすぎないのですが、
たとえば前回紹介した記事のテーマである「難しい」は、
上のような(非常識な言動をとる)翻訳者が思っている「難しい」よりも、
もっとずっと先にあって、
そのギャップが大きいゆえに、
本人は必死でも、客観的にみれば
非常識な言動のように見えるのではないかと。

たぶん、ほとんどの人は、
翻訳は簡単ではない思っているだろうし、だからこそがんばってる。
でもそれがもし、釈迦の指を世界の果てだと思い込んだ孫悟空と同じだとしたら、
その程度で「私はこれだけがんばっている」と言ったところで、
その外から見ている人にとっては、「ふざけるな」の一言に尽きるでしょう。
「この程度で勘弁して」はもちろん論外です。
外へ出ようとしてはじめて本当の「難しい」にぶつかるのだし、
本当の努力が試されるわけです。

ただ、これまでいろんな翻訳者や翻訳会社について、
直接的にも間接的にも見聞きしてきましたが、
一言で言えば、
翻訳者もすごいけど、翻訳会社もすごい。
上から下まで本当にいろいろあります。
なので、
低いレベルなのに次々と仕事が来るのも、
ある程度力がありながらも今ひとつ仕事が増えないのも、
出会いの妙(?)と言えなくもないかなぁと思ったりして。

でもそれは、あくまでも手のひらのなかの話。
ちょっと(かなり)しんどいけど、がんばってそこから外へ出れば、
きっとすばらしい世界が広がってくると思います。

努力が報われないと感じるのは、単に努力が足りないだけ。
そうきちんと受け止められるかどうかが分かれ道ではないかと思います。



↓このバナーをクリックして応援してください。ブログ更新の励みになります。
ランキング語学関連のブログのランキングへ飛びます。






最終更新日  2007年12月19日 11時39分47秒
コメント(2) | コメントを書く
[翻訳業界/翻訳会社事情] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 努力!   mukimaki さん
はじめまして。私は翻訳修行中の身で今までに何度かこちらのブログを拝見させていただいてます。実は今日トライアル不合格の連絡を頂いたばかりなんです。今まで合格し続けててちょっと調子に乗ってたかもしれません。「努力が報われないと感じるのは、単に努力が足りないだけ。」この言葉を肝に銘じていこうと思います。これからもよろしくお願いします。 (2007年12月19日 16時31分37秒)

 Re:努力!(12/19)   まな! さん
mukimakiさん、はじめまして。
お返事遅れてごめんなさい。
トライアルの受験は、自分にきちんとした裏付けがあって臨む場合と、そうでない場合とではずいぶんと違っていて、後者の場合、合格しても不合格になっても、単にそれだけ、つまり応募者は、自分のレベルが先方が決める合格ラインを上回ったか下回ったかしかわかりません。トライアルの評価について先方から「もっと勉強するように」などと言われたら、それを鵜呑みにするしかないのではないでしょうか。トライアルって本当は(応募から結果通知までのやり取りも含め)、もっといろんな情報が得られるものなんです。先方が「翻訳」というものをどう見ているか、訳出方針や仕事をする上での相互の関係といった点で翻訳者に何を求めているか、などなど。たとえば、晴れて合格したとしても、その先起こりうるトラブルをある程度予見できるのと、そうでないのとはずいぶん違いますよね。
あせらず確実に力をつけていってください。
(2007年12月24日 12時44分42秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.