664113 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年12月25日
XML
カテゴリ:仕事部屋の風景

「人気ブログランキング」のページの紹介文に、
「人の気持ちになって考えられる心」が必要と書いていますが、
これはなにも、前回書いた「書き手」の気持ちだけではありません。

翻訳しようとする原文とその訳文に関わる人全員の気持ちです。
書いた人はもちろん、
翻訳を依頼する人、
自分に発注してくれる人、
納品前にチェックしてくれる人、
自分の訳文を目にする人、
お金を払ってくれる人、なとなど…。

ただ、「相手の立場に立って」とか、
「相手の気持ちになって」とかいうと、
相手の立場になって今の自分を見たときの「自分の気持ち」になってしまう人がいますが、
これでは、自分以外の人の気持ちが全部自分の気持ちになってしまいます。
そんな都合のいい世界はありません。

そうやって考えれば、
自分が最終的に何を目指すべきなのか、
日々お仕事をするなかで、
周りの人たちとどんなやり取りをすればいいのかが、
自然と見えてくるはずです。



↓このバナーをクリックしてください。
ランキング語学関連のブログがたくさんあります。






最終更新日  2007年12月25日 13時34分45秒
コメント(2) | コメントを書く
[仕事部屋の風景] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.