667823 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

翻訳業界/翻訳会社事情

2007年12月26日
XML

今まで産業翻訳(実務翻訳?)に身をおいてきて、
一番強く感じること。

翻訳者は立場が弱すぎる。
地位が低すぎる。

その一方で、法律のことを知らない人がすごく多くて、
自分が損をしないためなら何でも平気でやっちゃう、っていう人がけっこういる。
個人も会社も。

去年、このブログでも書いた某社。
トライアル合格後に目を通すよう言われた文書の内容に、
直感的に「おかしい」と感じる部分がありました。
後日、弁護士さんに相談するとやはり、
「違法です」と即答されました(※)。

※この部分に関しては、先日同社のページを確認したところ、
違法な部分は削除されていました。
私や、ほかの人が行動を起こしたことがきっかけで、
法律のわかった人の目に留まり、指摘を受けて削除されたのであれば、
「前進」と言えるかもしれません。


この会社とは別のことでもめ、
こちらから「しかるべき措置」をとった(つまり訴えを起こした)のですが、
「顧問がいる」なんて、上の文書をみるだけでもウソなのバレバレ。
しかも、こちらからの訴状に対して、
「池野めだかのギャグ」で回答してきたんです。
めだか師匠の熱烈なファンなのかもしれませんが、
目が点でした。

この経験を通じて、芽生えたある思いが、
この日の記事で書いた件で、かなり具体性を帯びてきました。
「顧問弁護士のいる翻訳者組合を作りたい」そう思うようになったのです。

なにも安易に裁判を起こすことが目的ではありません。
どうにも納得できないこと、
「これって、おかしくない?」と思うこと、
一人で考えたってどうにもならず、相談する相手もいない。
かといって、ひとつ一つのことは、
弁護士の先生を探して相談に行くほど大げさでもない。
結局、泣き寝入りしたり、友達に愚痴ったり、
早く忘れようとしたり…。
そういう経験のある人、たくさんいると思うんです。
対会社にしても、対個人にしても。

でも、ちょっとしたことでも気軽に相談したり、
確認したりできる弁護士の先生がいてくれたら…。
たとえば、一人分の被害は小さくても、
同じ会社や個人から被害を受けている翻訳者が複数いるとなれば、
法律に照らし、感情論ではない働きかけをすることも可能です。

そのためには、翻訳者自身に、
主張すべきことをきちんと主張できるだけの実力がないといけませんが。

たとえば、ありがちな不払いにしても、
「勉強料」だと思うことにして泣き寝入りしたり、
あっさり引き下がる程度のレベルなら、
そもそも自分から仕事を求めるべきではないと思います。
そんなことでも、まわりまわって、ほかの翻訳者に迷惑がかかるんです。
実際、その現場を目撃したことがあるから言えることなんですが、
この一件があってから、
翻訳者の立場・地位は、
翻訳者同士がある程度足並みを揃える(実力もスタンスも)だけでも、
かなり改善されるのではないかと思いました。

また、そこまで大そうなことではなくても、
「おかしい」と感じることを法に照らして確認することができるだけで、
心のなかのモヤモヤしたものはずいぶんと晴れて、
さっさと次の仕事に移れると思いますし、
そうやって個々の「事例」が集まると、翻訳者全体の財産にもなるはず。

まずはトライアリストから、というわけで、
今、この件について本部に働きかけています。

現状を考えれば、一朝一夕にできないことは百も承知ですが、
動かなければ何も変わりませんから。



↓このバナーをクリックしてください。
ランキング語学関連のブログがたくさんあります。






最終更新日  2007年12月26日 13時00分30秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年12月22日

自分が翻訳の仕事をすることによって、
自分よりもはるかにレベルの高い翻訳者が翻訳者を辞める。

そんなことを考えたことはありますか。
これは実際に起きていることです。

有名な某元翻訳者の方も、
自分が翻訳者を辞めたのは、
粗悪な訳文の尻拭いばかりしているのが嫌になったから、
というような内容のことをおっしゃっていましたが、
あのときの講演で、
「自分のことを言われているのではないか」と考えた人は、
いったいどれぐらいいらっしゃったのか、気になります。
だって、あの場で、翻訳の仕事をしている人、
これからやりたいと思っている人を前に、そんな発言をするのは、
すごいことだと思うんです。
なのに、会場の空気が「一ミリも」動かず、
まるで何事もなかったかのようで、
「私が聞き間違ったのか」と不安になるほどだったからです。


自分が翻訳の仕事をすることによって、ただでさえ少ない優秀な人材が失われる。
翻訳の仕事をやりたいと思ったとき、このことも同時に考えてほしいんです。

少なくとも、翻訳学校や通信講座で半年や一年勉強したぐらいで、
トライアルに「勤しむ」ようなことはしないでほしい。
トライアルははずみで合格することはあっても、
その程度の勉強で実践に耐える力がつく学校(講座)は、
基本的には皆無なのですから。
(トライアリストでも、その程度の期間で仕事のお声がかかることは少ないと思います)



↓このバナーをクリックしてください。
ランキング語学関連のブログがたくさんあります。






最終更新日  2007年12月23日 12時12分35秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年12月19日

内容的には前回の続編です。

「翻訳は簡単じゃない」って言われたら、
「それぐらいわかっている」と思う人が多いと思います。

私がまだ翻訳の勉強(だけ)をしていたころ、
「通○ジャーナル」なんかには、
納期を守らない、指示を守らない、参考資料を見ないなど、
非常識としか思えない翻訳者の例がそれこそ何度も出てきていました。
記事の内容がスポンサーよりになるとはいえ、
「翻訳者って、そんなに非常識な人が多いんだろうか」とずっと疑問でした。

これはあくまでも仮説のひとつにすぎないのですが、
たとえば前回紹介した記事のテーマである「難しい」は、
上のような(非常識な言動をとる)翻訳者が思っている「難しい」よりも、
もっとずっと先にあって、
そのギャップが大きいゆえに、
本人は必死でも、客観的にみれば
非常識な言動のように見えるのではないかと。

たぶん、ほとんどの人は、
翻訳は簡単ではない思っているだろうし、だからこそがんばってる。
でもそれがもし、釈迦の指を世界の果てだと思い込んだ孫悟空と同じだとしたら、
その程度で「私はこれだけがんばっている」と言ったところで、
その外から見ている人にとっては、「ふざけるな」の一言に尽きるでしょう。
「この程度で勘弁して」はもちろん論外です。
外へ出ようとしてはじめて本当の「難しい」にぶつかるのだし、
本当の努力が試されるわけです。

ただ、これまでいろんな翻訳者や翻訳会社について、
直接的にも間接的にも見聞きしてきましたが、
一言で言えば、
翻訳者もすごいけど、翻訳会社もすごい。
上から下まで本当にいろいろあります。
なので、
低いレベルなのに次々と仕事が来るのも、
ある程度力がありながらも今ひとつ仕事が増えないのも、
出会いの妙(?)と言えなくもないかなぁと思ったりして。

でもそれは、あくまでも手のひらのなかの話。
ちょっと(かなり)しんどいけど、がんばってそこから外へ出れば、
きっとすばらしい世界が広がってくると思います。

努力が報われないと感じるのは、単に努力が足りないだけ。
そうきちんと受け止められるかどうかが分かれ道ではないかと思います。



↓このバナーをクリックして応援してください。ブログ更新の励みになります。
ランキング語学関連のブログのランキングへ飛びます。






最終更新日  2007年12月19日 11時39分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年12月16日

別になぜというわけでもないのですが、
ものすごく久しぶりに上の記事を紐解いてみました。

ところで、いきなり話がそれますが、
この記事が掲載されている「産業翻訳の基本がわかるWebマガジン」には、
最新情報としてトライアリストの紹介が載っていました。
(以前「トライアリストが紹介されています」で紹介したのはメルマガ版)
よろしければご覧になってみてください。

で、本題に戻りますが、
勉強中も含め、翻訳に関わっている人のうち、
この記事をちゃんと読んでない人の方が少ないのではないかと、
私なんかは思うのですが、
多分、現実はその逆。
だからこそ、こんな記事が存在するんじゃないかと思っています。

この記事を読んで納得できない人には、
こちらのブログへのご訪問をご遠慮願いたいぐらい、
大切なことがたくさん書いてあります。

この方の著書はトップページでもリンクを張っていますし、
「翻訳とは何か-職業としての翻訳」」でも紹介しています。
あわせてどうぞ。

同ページにある「翻訳はエリートの仕事」の記事もぜひ。


リンクは張っていませんが、「 」内をコピペして検索すれば、
すぐに見つかります。



↓このバナーをクリックしてください。
ランキング語学関連のブログがたくさんあります。






最終更新日  2007年12月17日 12時35分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月25日

「もう使いません」ってことは、
外注(在宅)だと思うのですが、
それでは、上手くいくわけがないどころか、
誰にとっても不幸なのではないか思います。

仮に、誰の目から見ても直すべきところがその翻訳文にないとしても、
手をつけずに送り返すなんてことをしたら、
仕事をしてない(サボってる)と思われる、そういう心理が働き、
人間誰しも(まじめな人ならなおさら)、
とにかく手をつけようとするものです。
結果的にチェッカーさんは、
翻訳の不備を見つけて直すためではなく、
自分がサボっていないことを証明するために、
翻訳文を無理やりいじることになります。
(自分は不備を探しているのだと本人は信じていても、です)
原文の解釈に関するチェッカーさんからの指摘が、
時に「こじつけ」的で、明確な根拠がないことが多いのは、
そのためでもあるのかもしれないと思いました。
こんなやり方では力がつかないと思いますし、
それ以上に、
間違いではないかと根拠もなく疑う癖がついてしまいはしないかと、
不安にすらなります。

翻訳には根拠が必要です。
それを間違いではないかと指摘するのであれば、
その根拠を覆すだけの根拠が必要です。
プロの翻訳者なら、
根拠もなく訳文を決めることなどしないのですから。



↓このバナーをクリックしてください。ブログ更新の励みになります。
ランキング語学をテーマにしたブログのランキング






最終更新日  2007年10月25日 13時28分47秒
コメント(5) | コメントを書く
2007年10月22日

内心、ホッとしかかったところへ、コーディネータさんはこう続けました。
「もうこのチェッカーは使いません」

え?

さすがにそういう展開は予想していなかったので、
ちょっと戸惑い、かろうじて、
「は、はい……」
と言うしかできませんでした。
これって、私がやめさせたことになるんだろうか。

翻訳者に対するアピールという意味もあるのかもしれないけど、
これでよかったのかと、やっぱりちょっと考えました。
かといって、突き返さずに丁寧に回答して返してたんじゃ、
いつまでも同じことの繰り返しになるし、
それはもういい加減止めにしたかった、という意味では、
「お望みの結末」と言えなくもないけど…。

そんないきさつを夫に話すと、
「本当に力のある人なら、
またちゃんと這い上がってくるんちゃうの?」
なるほど、そりゃそうだ。

これが功を奏したようで、
それ以来、この会社からおかしな指摘は全くといっていいほど来なくなりました。
そういう意味では、思い切って突き返してみて正解でした。


つづく。



↓このバナーをクリックしてください。ブログ更新の励みになります。
ランキング「語学・英会話ブログ」へ行ってみる






最終更新日  2007年10月22日 12時15分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月21日

ちょっと複雑な気持ちになりました。

チェッカーさんからの質問や指摘などについては、
何度も書いているのですが、
あの時も、指摘の内容に納得がいかなかったので、突き返したんです。
「これ、本当に私が見直さないといけないんでしょうか」と書き添えて。

数時間後、担当のコーディネータさんからご連絡をいただきました。

「社内の者が確認したところ、チェッカーが指摘した箇所は全部、
チェッカー側の間違いでした」


つづく。



↓このバナーをクリックしてください。ブログ更新の励みになります。
ランキング






最終更新日  2007年10月21日 21時50分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年10月10日

時々旅行に行きます。
国内も、海外も。

旅行の予定の方が先に決まっていたりするので、
大量案件の途中に行ってしまったりしたことも、
何度かあったりしましたが、
(もちろん取引先にはちゃんと連絡しています)
ありがたいことに、(本当にありがたいことに)
どのお取引先の方も、
「楽しんできてください」と送り出してくださいます。
基本的には。

でも、あの時は違いました。

出発の何日か前には納品を終えることになっていたので、
別にそうする必要は必ずしもないとは思ったのですが、
念のため、納品後に海外への旅行を控えていることをお知らせしました。
もし質問などがあるなら、出発までに回答を済ませられればと思って。
すると、「旅先での連絡先を教えてほしい」と言われたのです。

「まさか…」
そのまさかでした。
来ました。国際FAXが。現地到着の翌日に。
A4の紙2枚にわたって、びっしりと質問が書かれていました。
ご丁寧にも、「全項目に回答するように」との指示つきで。
「自分だけ楽しい思いをするのは許さない」ってことだったのでしょうか。

もともと、翻訳者を質問攻めにするよう
チェッカーさんに指示している会社のようで、
それまでにも、
納品後は英文の解釈の仕方などの質問を受けることが多かったのですが、
その時の質問は半端じゃなかったです。
「こっちに質問する前に辞書を引けばいいのに」
と思うようなものまでありましたから。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます






最終更新日  2007年10月10日 12時04分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月24日

「まだかな、まだかな」と心待ちにしていたページがやっとできました。
私も購読している「読んで得する翻訳情報マガジン」の8月24日付け配信の号に、
トライアリストのことが、

■《レポート》翻訳学習者による自主学習組織
       情報量理論提唱者―辻谷真一郎氏公開講座


というタイトルで紹介されました。
(上のタイトルをクリックしてください。記事本文のページへ飛びます)

名古屋公開講座のレポートと、
トライアリストの紹介を兼ねた記事になっていますので、
特に、受講の問い合わせをする前に少し「のぞいてみたい」方、
興味はあっても、なんとなく二の足を踏んでおられる方、
ぜひご一読ください。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年08月25日 02時22分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月21日

逆に、「これ、絶対このまま使ったらあかんやろ」という参考資料もありました。
似た内容で、以前に訳されたもの(和訳)ということだったのですが、
どう考えても、クライアントはその訳文を見ていないか、
見ていたとしても直さずに放置しているとわかるシロモノ。
訳者がシロウトと疑われてもおかしくない間違いが随所にあったのです。
クライアントが外注にまったく期待していないのがよくわかりました。

一応、エージェントに、
「資料にある用語、間違ってますけど使うんですか」
と質問をしたところ、
「クライアントから、『参考資料の訳に満足しているわけではなく、
それよりもよい訳文になるならそれに越したことはない』と返事が来ました」
と回答がありました。

やっぱりエージェントは資料を見ていなかったのか…。

外注にまったく期待していないクライアントに、
ほとんど丸投げのエージェント。
いい翻訳者が現れないのは、
みんなでそれを阻んでいるのではないかと思いたくもなります。
「それなら、絶対これ(資料)よりいい訳にしてやる」とあの当時は意気込んでいましたが、
質問はせず、資料のとおりにしていてもきっと、
クレームはつかなかったでしょうから。

こんな話をすると、鶏が先か卵が先かの話になってしまいそうですが。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年07月21日 14時13分00秒
コメント(9) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.