668072 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO翻訳者の仕事部屋

PR

プロフィール


まな!

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

やっぱり翻訳者だな♪ EILAYさん
++in My Room++ pinoco_aさん
辞書も歩けば 翻友会さん
翻訳立国トラドキス… 人口500万人の国さん

フリーページ

コメント新着

 翻訳家@ Re:開設1000日目(12/29) またの更新を楽しみにしています! <smal…
 英文添削@ Re:開設1000日目(12/29) 過去の記事を拝見させていただきましたが…
 tanpopo3416@ Re:今週がヤマ(03/19) 数年ぶりに訪問して、過去の日記から久々…
 かおり@ Re:感覚を理論で(2)(08/11) トライアリストでの受講を考えていますが…
 かおり@ Re:開設1000日目(12/29) とても参考になりました。ありがとうござ…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

翻訳者への道

2007年12月24日
XML
カテゴリ:翻訳者への道

翻訳の仕事をするようになってまだ1年ぐらいの頃、
下訳のお仕事をさせていただいたとき、
その時の私にはどうしても解決できない英文に遭遇しました。

そのお仕事が終わったあと、こう言われました。
「人が書いたものである以上、必ず『何か』を伝えようとしているんです。
だから、『答えは必ずある』んです」と。

それまでは、目の前にある英文と格闘しているだけで、
その向こうにあるそれを書いた人の気持ちになど、
まったく気付いていませんでした。

それからは、書いた人の気持ちに耳を傾けながら翻訳をするようになりました。
そうすると確かに、
原文が少々読み取りづらくても、納得できる訳が出てきます。

今では、ノンネイティブの厄介な英文に出会っても、
時にほくそえんだり、時に舌打ちしたりして、
「気持ちはわかるけど、その表現でその意味は、ちょっと無理やで」
などと、見たこともない筆者に話しかけたりします。(←暗くはありません!)

でも最近、「伝えたい」気持ちが見えにくい原文によく出会うようになりました。
それは、雑誌に投稿するなどの目的で英訳するための日本語原稿。
「最終的には英文になるんだから」という気持ちがあるのか、
文法的にも言葉の選択の点でも、適当にしか書かれていない日本語、
出来上がった英文を想定したような構造をもつ日本語で書かれた原稿などです。
(「英作文じゃあるまいし、そこでそんな構文使わないよ」と思うものも多々…(^^;)
「内容を伝える」ことではなく、
「英文にすること」が目的になってない?みたいな。

その点、同じ論文の英訳でも、日本語できちんと書かれたもの、
すでに雑誌に掲載されたものは訳しやすいです。


つづく。



↓このバナーをクリックしてください。
ランキング語学関連のブログがたくさんあります。






最終更新日  2007年12月24日 16時00分06秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年10月04日
カテゴリ:翻訳者への道

たとえば、

異存を申し立てる
仮説を立証する   (いずれも『ウイルス-ネットワーク障害辞典』より)

というのをご覧になって、
「気持ち悪い」、「直さなと気がすまない」と思われますか。
それとも、
「ちょっと変だけど、なんとなく意味がわかるからいい」ですか。
ひょっとして、「別にどこもおかしくない」でしょうか。

「ちょっと変だけど、なんとなく意味がわかるからいい」と一度でも思ってしまうと、
それを二度、三度と重ねるうちに「変」という感覚がどんどん薄れ、
やがて、「別にどこもおかしくない」になります。
いつまでたっても意味は「なんとなく」でしか伝わらないままで。

ちょっと変 = 間違っている です。


↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング






最終更新日  2007年10月05日 12時50分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月09日
カテゴリ:翻訳者への道

まだ勉強中だった頃に、
やっぱり、英訳もできるようにならなあかんかなぁ、という
漠然とした不安感からとりあえず購入した本。

たとえば、↓こういうような。


少し読んでみて、すぐわかりました。
仕事レベルの英訳をすることを考えると、
この本で解決できることより、
この本では解決できないことの方がきっと多すぎる。
少なくともその当時の私には。

結局この本は本棚に並んだまま数年が過ぎ、
先日、久々に開いてみて思いました。
この手の本が必要だということは、
その人にはそもそも文例のストックがなさ過ぎるということだし、
ある程度、仕事レベルの英訳ができるようになれば、
ここに載っているような文例は、初歩すぎて役不足。
この本、いったいいつの段階だったら役に立つんねん!



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキングクリック数が増えるたび、ガッツポーズで「クリックありがとう」って言ってます。PCに向かって…(^^;)






最終更新日  2007年09月10日 01時07分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年07月12日
カテゴリ:翻訳者への道

旦那さんの収入で生活がある程度成り立っているとか、
家事育児などに時間がとられるから、
翻訳ではたとえば、とりあえず月5万稼ぎたい、
あるいは、それぐらい分しか時間がとれない。
そういう方も多いかも知れません。

でも、月5万円稼げる実力では、
毎月確実に5万円稼ぐことはできません。
受注量には波があって、急に落ち込むこともありますし、
逆に仕事が急に押し寄せたとき、
対応しきれずに断らなければならないこともあります。

これまでの経験からいえば、
毎月確実に稼ぎたい額に必要なポテンシャルは、
その額の3~4倍ではないかと思います。
つまり、毎月5万円を確実に手にしたいなら、
月15~20万円分の仕事の打診をいただける程度の実力が必要、
ということになります。
もちろん、月5万円以上の額でもほぼ同じことが言えます。

お断りするお仕事もある程度ある、
そういう状態を維持しておくことになりますが、
実力があればお仕事はきます。

あぁでも、
「レベルが低くてあまりお仕事頼みたくないAさん、
ほかの翻訳者が全部埋まってて、仕方なく連絡したのに、
『今いっぱいです』って、なんでAさんが仕事で忙しいのよ!」
っていうエージェントさんの話、聞いたことあるけどね…。
ちょっと思い出しました。


まぁ、いろいろあるということで(^^;。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年07月12日 12時28分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月29日
カテゴリ:翻訳者への道

それまで、「英訳する」という前提で日本語を読んだことなどなかったのですが、
課題の日本文を理解するはしから、
今までさんざん目にしてきた英語の「形」というか、
「枠」みたいなものが頭に浮かんでくるんです。
すごく不思議な感覚なんですが、
今まで和訳で使っていた神経経路を逆方向に辿っているという感じです。
「これだ」と思ったと同時に「いける」と思いました。

結局、そのトライアル課題を掲載していた翻訳会社さんが、
私にとって、英訳のお取り引き先第一号となり、
お仕事の件数、分量、分野の数ともに登録当初からたくさんご依頼いただき、
ものすごく場数を踏ませていただきました(ひたすら感謝です)。


そこで、私の例が参考になるかどうかはわかりませんが…、
英訳の仕事をはじめるまでにこなした和訳は、
仕上がり原稿枚数にして10,000枚弱。
原文でいえば120~130万ワード程度になるでしょうか。
私の場合は、いずれは英訳という前提がまったくないまま過ごしてきたので、
英訳をきちんと意識していれば、
もっと少ない和訳実績で同じレベルに到達できたかもしれませんし、
今までにやった仕事を対訳集としてまとめておけば、
最初からもう少しはましな英訳ができたかもしれません。
でもそれは、和訳がきちんとできていればの話なので、
私個人的には、早くから対訳という「形」を作ることに、
それほど大きな意味があるとは思っていません。
訳そのものではなく、
常に正しい訳にたどりつくための「手順」をきちんと作ることの方が大事ですから。

ただし、和訳に取り組むにあたっての姿勢は重要だったと思っています。
(よろしければ関連記事「とても単純なことだけど…(1)」もお読みください)
ですから逆に、和訳の経験をたくさん積んでも
なかなか英訳ができるようにならなかったり、
トライアルで不合格になるのであれば、
和訳の取り組み方(というか、翻訳そのものに対する姿勢)に、
問題があることにもなるのではないかと思います。

この方法であればもちろん、
和英辞書にのっている単語と、学校で習った文法を継ぎ接ぎしたような
「血の通わない」英語にはなりません。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年06月29日 15時35分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月27日
カテゴリ:翻訳者への道

初仕事から数年経ったころ、
すでに仕事はほとんど途切れない状態にはなっていたのですが、
「もっと詰め込めるはず」という気持ちが大きくなってきていて、
(欲張りなもので…σ(^^;)
「それにはやっぱり、英訳なんかなぁ」と、ぼんやりと思いはじめました。

それまでは英訳なんてとてもとても、という感じでしたが、
私のようにハンデの多い翻訳者は、(バックグラウンドも留学経験もなし、資格も中途半端)
ほかの人があまりしないことをひとつでも増やしてナンボ。
英語以外の言語ができるとはいえ、
どちらかといえばマイナーな言語なので、
仕事そのものを増やせそうにありませんでしたし…。

そんな折、たまたま某翻訳情報誌を見ていて、
本当にたまたま、そこにライフサイエンス系の英訳課題が掲載されていたのです。


つづく。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年06月28日 19時28分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月24日
カテゴリ:翻訳者への道

前回は英訳の勉強をしたことがないと書きましたが、
実は、今まで応募した英訳のトライアル、
合格率100%なんです。

もちろん、英訳は合格ラインが和訳より低いという現状はありますし、
(和訳でもかなり低いとは思うんですけど)
そもそもやりたいという人が和訳よりも圧倒的に少ないため、
学校で習った構文と、辞書を使って「頭で考えた」作文レベルでも、
意味さえとれていれば通用してしまう現実もあるとは思いますが…。

勉強もせずにトライアル合格率100%、
しかも、合格の連絡とほぼ同時に仕事の依頼を受けるほどになるまでに、
私が何をしていたかというと、
数年間、ひたすら和訳漬けの毎日を送った
ただそれだけです。


つづく。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年06月24日 23時33分18秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年06月23日
カテゴリ:翻訳者への道

またまたパロディータイトルですいません(^^;。

今では、英訳だけでも生活していけるんじゃないかと思うほど、
複数のお取り引き先から、たくさんの英訳のお仕事をいただいていますが、
実は私、英訳の勉強はしたことがないんです。

実際に私に英訳の仕事を発注してくださっている方がもし読んでくださっていたら、
いろんな意味でびっくりされるかもしれませんが…。

トライアリストに英訳の講座はありません。
正確に言えば「あった」のですが、
それは添削講座ではなく、
有志が集まって、日本語の医学雑誌などから論文を選び、
信頼のおける某社に仕事としてその英訳を依頼し、
仕上がってきたものを対訳として受け取り、
各自がそれぞれに自習するというものでしたが、
私はその有志の集まりにも参加していませんでした。


つづく。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年06月23日 15時19分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月14日
カテゴリ:翻訳者への道

投票数が一番多かった記事は、↓こちらでした。

「文系出身者と専門知識(2)」

私としては、ちょっと意外な感じがしましたが。

複数の方に選ばれた記事はほかにもありましたが、
全体としてはそこそこばらつきがあり、
やはりいい意味で、
私が思っていたのとは違う記事を選んでいただけました。

とくにありがたいなと思ったのは、
「翻訳を志す人なら、このブログの記事は全部読むべき」
「『翻訳者への道』の記事は全部お勧め」
というコメントをつけてくださった方が複数いらっしゃったことでした。

記事を選んでくださった方々には、
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
なお、記事を選んでくださった方全員に、
ささやかではありますが、何かお礼の品をと考えておりますので、
あまり当てにせずに(笑)お待ちください。

これ以外のオススメ記事は、
「読者オススメの記事」
のページに掲載しますので、
ご覧いただければと思います。
(まだ準備中です。改めてトップページでお知らせします)



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年06月14日 21時38分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月25日
カテゴリ:翻訳者への道

校正の仕事をして得たというのとは違いますが、
他人の訳をみて自由に参考にするということがとても危険だということを
実感したできごとがありました。

あるとき、複数の方と一緒にお仕事する機会があって、
初めて翻訳の仕事をされる方もいらっしゃったので、
その方には、私が前もって一部訳したものをお見せして、
用語や言い回しなど、それを参考にして担当箇所を翻訳していただき、
その方の訳文を私がチェックして納品するという形を取りました。

すると、仕上がってきた訳文が「かっこよさげ」なのに「奇妙」なのです。
そんなによく使うものではない、というかめったに使わないような言い回しばかりが、
それこそ「連発」されていました。
念のため、参考にとお渡しした私の訳文を見直してみると、
確かに同じフレーズ、よく似たフレーズがありました。
でも、それは何枚もあるうちの一カ所などで、
原文そのものが、その分野でよく出でくるものでも何でもなかったのです。
でも、勉強中の方には、あまりお目にかからない分、
逆に「目新しい」から「自分も使ってみたい」ものに映ったのかもしれません。

結局、肝心な部分はほとんど参考にしてくださっていませんでした。



↓みなさんの「1日1クリック」を糧に今日も頑張ります!
ランキング「語学・英会話」のカテゴリでしのぎを削って(?)ます。






最終更新日  2007年05月25日 12時02分10秒
コメント(2) | コメントを書く

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.