021283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Maison du Lapin

PR

全20件 (20件中 11-20件目)

< 1 2

旅行三昧

2006年09月16日
XML
カテゴリ:旅行三昧
夏の暑さも、もう過去。蝉の鳴き声が懐かしく感じられる初秋葉の3連休。同じアパートに住むAと一緒に「能登港へ行こう!」と決めたのは、ちょうど一週間前の喜多方ラーメンからの帰り道。「輪島に行きたいなぁ~」と呟いた一言が決め手となって出かける事に。

5AM起床、6:30AM出発で、柏崎で高速に乗るまでひたすら山道(下道)を走りました。途中何度かコンビニ等に寄ったりして、能登半島の付け根・氷見に到着したのは大体5PM頃だったかな?天気は曇りくもり時々雨雨で、寒くもなく暑くもなく。私にとっては日本海荒波の風景と風台風がとても懐かしかったです。

夜の帳も下りてきた頃「無理はやめて、和倉温泉温泉に一泊しよう」という事に決まり、宿を探すため地元の観光案内所へ。ここを仕切っていたおばちゃん・・・名前を伝える時、日本では馴染みの苗字を何度も聞き返してきたので「ここは東日本ちゃうんだなぁ~」と実感。

旅館は「青海荘(せいかいそう)」という所に決まり!ちょっと安くしてもらっちゃいました。
温泉は内風呂と露天風呂がありますが、内風呂の湯はとても熱い炎です(熱いの大好きの私でも)!料理はまぁまぁ。一万円を切っている宿としてはこんなもんかな?魚介類熱帯魚が中心で、御飯ごはんはとても美味しく2杯食べちゃった!

「青海荘」>>>http://www5.ocn.ne.jp/~seikaiso/






最終更新日  2006年09月24日 09時49分09秒


2006年09月10日
カテゴリ:旅行三昧
今日は職場の友達A(毎度お馴染みの)と別Aちゃんと喜多方に出掛けました。
「喜多方」という地名は会津若松の北方に位置することに由来し、良質な米と地下水に恵まれ、古くから酒・味噌・醤油などの醸造業が盛んに行われたことから「蔵のまち」として有名になったとか(「るるぶ福島」より)。

福島でも内陸に位置し、土壌が肥沃ではない・盆地のイメージが強かっただけに、街の至る所で見られた飯森山の冷たい伏流水がチョロチョロと流れていたのに驚きました。白壁や黒瓦の蔵に黒い暖簾がぶら下がっていて、それだけでも十分レトロなのに、民家やお店で見かける小物にもレトロ感が漂っていて、すごく素敵な街だなと思いました。

今日は天候に恵まれ過ぎて(30℃以上)、ペタペタ町歩きをしましたが、相対的に市内は静かで、午後ともなるとパーっと人気がなくなってしまいました。それでも街の人は親切で開放的。以前出かけた会津と比較すると全然こちらの方が話しかけやすい雰囲気でした(観光客に慣れているのかな?)。

今日のお楽しみの一つ、喜多方ラーメンは「まこと食堂」で。創業58年の老舗でメニューは数える程しかありません。レンゲもありません。どんぶりに「ラッキー」の文字があると景品がもらえるようです。ちなみに私はスタンダードな「中華そば」を食べました。スープはサラッとしていて癖がなく、麺もお馴染みちぢれ麺。行列に並んだ甲斐があったね!






最終更新日  2006年09月10日 22時22分18秒
2006年08月13日
カテゴリ:旅行三昧
昨日彼が来日したという事で、「東京はどこに連れて行ってあげようか?」数ヶ月前から調査を進めてきた結果を試す時がいよいよやってきた!前日の花火が今日に延期になったという事で、急遽計画変更。

午前:起床(9AM)後、ホテル近くのカフェでコーヒーコーヒーとデニッシュをほおばる。その後、アメ横へ移動。彼は魚類の安さにとても驚いて写真カメラを取りまくっていました。スーパーでお寿司を買って、門前仲町へ移動。。。

午後:・・・というのも「深川八幡祭荒波」見学のため。三年毎に行われる豪華な本祭は昨年だったようですが、それでも十分楽しめました。6時半、勝どきへ移動。友達と待ち合わせて花火大会爆弾へ。

夜:東京での花火大会は初めての私あっかんべー。学生時代、この時期は毎年、実家へ帰省新幹線していたので、見逃していたのです。晴海の一般会場へ3人並んで座って見た花火は本当に大きくて綺麗で感動しました。一生の思い出!花火大会の後の混雑ダッシュも並みではなかった。勝どき駅では一時間待ちという事で、付近をブラブラ歩く人してホテル近くの駅についたのは10時半を過ぎていたね。そのまま近くのお蕎麦屋さんで御飯を食べて友達と別れました。

写真はホテル近くにあった民家家。彼がいたく気に入って写真を撮ったのにつられて私もついパチリ。外国人の目から見る日本ってどんなんだろう?ちょっと不思議で考えてしまいました。






最終更新日  2006年09月13日 22時35分31秒
2006年07月16日
カテゴリ:旅行三昧
今日はあいにくのお天気でしたが、いつもの友達と猪苗代方面へドライブに出かけました。小雨が降ったり止んだりの天気の中、私達は「世界のガラス館」とその周辺にある施設をブラブラし、最後に猪苗代ハーブガーデンに寄って帰途につきました。

「世界のガラス館」は、ガラス工芸の歴史や種類を学べる所なのかな?と期待していたのですが、全然そういう施設ではなくガラス製品をはじめ天然石や雑貨が無造作に売られている所でした。商業意欲が見え見えで何も買う気がしませんでした。ただここで食べたブルーベリーのアイスクリームはおいしかったけれど。

また、ハーブガーデンではラベンダーを摘みたいと思い、4:10PMに受付に行ったら「4PMで終わりです」と断られ・・・(心の中では「たった10分位!遠くから来たお客さんだったらもっと残念だろうなぁ・・・」と思ったけれど)売店でちょっと品物とローズマリーの苗を買ってそこを後にしました。立派なリゾート施設なのに、働いている人は笑顔もなくつまらなさそうだったのが印象に残りました。

なんだかパッとしない一日の締めくくりは、いつもの「幸楽苑」でのラーメンとカラオケ(2H)。
二本松市の幸楽苑は他の所に比べてうまかった!!!カラオケはかれこれ8年ぶり(?)だったので、声がガラガラになっちゃいました。でも楽しかった!

写真はハーブガーデンにいたうさぎちゃん達。ふわふわしてとても可愛かったなぁ。






最終更新日  2006年07月17日 21時31分52秒
2006年05月21日
カテゴリ:旅行三昧
昨夜は、いつもどこかに連れて行ってくれる友達へ、お礼の気持ちを込めて夕食を作り一緒に食べました。メニューは、
・ピーマンの肉詰め
・たらこ&しそ&のりのパスタサラダ
・トマトとセロリのサラダ
そして朝作ったラタトゥーユが少し余っていたので彼女へおすそ分け。アルコールを飲まない私は炊き立てのご飯を、彼女はカクテルをすすりながら私の作った料理を美味しそうに食べてくれました。

おしゃべりをしながらのんびり食べ、気が付いたら2AM!朝日が見たいという彼女に付き合って、3:30AM、猪苗代方面へ車で出かけました。道中ウトウト、休憩しながら向かった先は、磐梯山の近くにある檜原湖。檜原湖からちょっと喜多方方面へ向かったところにある温泉・プール保養施設「La vie Spa」で一休みし、檜原湖を一周して岐路へ。

道中2時間位は寝ましたが、こんな徹夜は数年ぶり。20代前半の頃は徹夜なんて屁の河童だったけれど、もう今は無理。思考回路の低下で会話も噛み合わなくなってくるし(険悪な雰囲気という意味ではなく発展性のない会話)。せっかくの良い景色を無駄にしちゃったかな?






最終更新日  2006年05月21日 21時15分09秒
2006年05月14日
カテゴリ:旅行三昧
昨日のジメジメ天気とは打って変わって今日は朝から気持ちの良い天気!
今日は友達と昼前から岳温泉へ出かけて一日まったりする予定でしたが、急遽予定を変更。いわき方面にドライブがてらでかける事に。いつもこうなんだ、私達ってば。

郡山から49号線をひたすら東に2時間。寄り道した後、アクアマリンふくしまに到着したのが午後1時半。天気の良い日曜日という事もあり、家族連れやカップルで結構込み合っていました。でも動物園や植物園、水族館はこの位人がいた方が楽しい。そういえば、同性の二人連れっていなかったかも。。。

アクアマリンふくしまの良いところは、魚類の歴史の紹介から、熱帯から寒帯の魚・福島近海の魚まで幅広く秩序立ってブースを分けているので、最後まで興味を失わせる事なく見続けることができ、しかも見終わった後の充足感はなかなかのものだったところ。入場料1600円はちょっと高いかなぁと思いましたが、払う価値は大いにありました。色々な魚を見ることもできたし知識も増えて行って本当に良かったです。

3時間の見学の後、お腹を空かせた私達が向かったのが、近くに「いわき・ら・ら・ミュウ」という複合施設。1Fが魚市場とお土産やさん、2Fがレストランとなっています。私達は2Fにある「まるかつ」で鮭親子丼(鮭のお刺身といくらがのっています)とほたるいかの塩辛を食べました。すごく美味しかったー。あさりのお味噌汁もだしが効いていてVery Good!
ご飯を食べて満足した後、新鮮な魚介類を・・・と魚市場に勇んで行きましたが、18時に閉店との事。何も買う事ができずに泣く泣く家路に・・・次回は美味しいお魚を調達しにくるぞー!

最近仕事のストレスでちょっと鬱気味(?)ですが、週末にこうして出かけて気分転換をするのはとても大切な事。車を持っていない私を色々なところに連れて行ってくれる友達には本当に感謝感謝。どうもありがとう。これからもどうぞよろしくね。

アクアマリンふくしま >>> http://www.marine.fks.ed.jp/frame.htm
いわき・ら・ら・ミュウ >>> http://www5.ocn.ne.jp/~lalamew/
まるかつ >>> http://www5.ocn.ne.jp/~m-katu/  






最終更新日  2006年05月15日 01時11分10秒
2006年05月04日
カテゴリ:旅行三昧
ラッキーな人は9連休という並びの良い今年のGW。
私も有休をくっつけて9連休にできなくはなかったんだけれど、どうせなら(周囲が)暇な時にこそ仕事をしておき、そうじゃない時に休んだ方がお得感が増すかな~と、敢えて8日に有休を取りました。で、6連休。私は海外旅行組でも国内旅行組でもなく、実家でのんびり組です。

昨晩帰省したばかりで疲労感も残る中、両親と県北方面にドライブに出かけました。毎回お弁当を作るだけの無計画親子なので、時間をあまり有効に使えていない気がするのだけれど、まぁいいよね。こういうのも。

今日は「能代火力発電所炎」と「森岳温泉温泉」がメイン(途中色々立ち寄りましたが)。

火力発電所では専用バスに乗って内部の見学もできるようでしたが、時間が合わなかったため今回は見学せずに、熱帯植物園だけに行きました。ここには約460種、3300本の植物があるようです。バナナやパパイヤも実をつけていました。
普段何気なく使っている電気を起こす発電所を、このような形で一般市民に開放しているのはとても良い事だと思います。電気についての理解が深まるし、もっと資源を大切にしなくては!と啓発されます(それにしても内部を見学できなかったのは非常に残念涙ぽろり)。

火力発電所の後、海岸でお昼ご飯を食べて向かった先は「森岳温泉(丸富ホテル)」。
この温泉は日本一「強塩泉」だそうで、美容にもかなりの効果が期待できる?!との事。確かに口にしたらかなりしょっぱかったです。温泉は無色透明でやや熱め。露天風呂もあり、日帰りではもったいないくらい。温泉街としての夜の顔はどうなんだろう?まぁ、玉川温泉や乳頭温泉などのメジャーな所に飽きた人・寂れた感じが好きな人にはちょうど良いかも。

「能代火力発電所」http://www.tohoku-epco.co.jp/fureai/pr/nosiro.htm
「丸富ホテル」http://www.marutomi-hotel.co.jp/index.php






最終更新日  2006年05月08日 18時58分20秒
2006年03月22日
カテゴリ:旅行三昧
5日間(3泊5日)という強行日程でしたが、彼に会いにはるばるカナダに行ってきました。雨の多い地域ですが、幸いにも私が滞在している間は一日も雨が降らず、快晴の毎日。スノーシューにはちょっと早い時期なので山には行けなかったけれど、公園でローラーブレードを楽しみました。ローラーブレードとウォークマンがあれば、退屈せずに毎日暮らしていけるような気がするな。カナダのリラックスした雰囲気の中にいると日々の小さな事がどうでもよくなってくるのです。

彼とは将来の事も含め色々話す事ができて良かったです。でも3日じゃとても足りなくて足りなくて。今度いつ会えるんだろう?自宅に戻った昨日は、心にポッカリ穴が開いたようで寂しくて寂しくて。今日から仕事でしたが、もうどうでもいいという投げやりというか、愛のない生活程空しいものはないなと。離れていても支えとなってくれる彼の存在は本当に尊くて愛しくて。






最終更新日  2006年03月22日 21時43分43秒
2006年03月11日
カテゴリ:旅行三昧
快晴晴れ!約6時間の睡眠を経て気持ち良く起床。そのまま掃除と洗濯をし、30分のエクササイズ(ローラーブレード)。
今日は、会社のHさんからドライブ車に誘われていたので・・・と言っても妻子持ちの彼と2人きりではなく、本日のメインゲストさんの通訳として一緒に同行したというワケなのです。

目的地はあぶくま洞雫。ここには昨年6月にも友人に連れて行ってもらったばかりなので、懐かしさはなかったけれど、一緒に出かける人が違うと見るものも何だか新鮮に見えました。

鍾乳洞ってなんて神秘的なんだろう。石が1cm伸長するのに70年~100年かかるとの事。それに比べたら人間の一生なんてとても儚くて短い。だったらその1cmに負けないように一生懸命生きようと思う。

昼食はあぶくま洞近くのレストハウスのような所で、カツ丼を食べたのですが、飾り気のないシンプルな味でとても美味しかったウィンク!上に三つ葉がのっていたら120点だったかな。その量の多いこと!900円で大盛並み(漬物&味噌汁付)。お味噌汁も地元の~汁みたいな感じでとても美味しかった!かなりオススメですグッド






最終更新日  2006年03月11日 21時18分44秒
2006年02月19日
カテゴリ:旅行三昧
今日は何となく知らない街を歩いてみたい気分だったので、会津に行って来ました。ここに移り住んで早一年。。。会津にはいつか行きたいと思っていたのですが、車のない私にとっては気軽に行くことができない場所(でもそういうのも逆に貴重さが感じられていいでしょ?)でした。で、今日とうとう決行です。

会津に着いたのはもうお昼過ぎだったので、なかなかじっくり回ることができませんでしたが、かの白虎隊が自刃したと言われる場所と彼らのお墓、資料館に行けただけでもとても満足しました。自分よりも若い子達がどういう気持ちで自らの命を絶っていったか・・・何とも言えない気持ちになりました。その後、鶴ヶ城にも足を運びましたが、城内には時間の関係で入場することができませんでした。残念。また次回。

このような歴史ある場所に行ってつくづく感じるのは「自分がいかに自国の歴史を知らないか」という事。西洋の歴史を知る事も確かに大事だけれど、日本にも激動の時代があって、犠牲が払われて、その上に自分が生かされているという事、絶対に忘れてはいけないね。

後でしっかり本を読んで復習しようと思います。それにしても、NHK大河『新撰組』を見ていなかったのがとても悔やまれる~。とは言ってもあの半年は日本にいなかったからなぁ~(泣)。

会津は盆地という事で、日が暮れるのがとても早く、底冷えも激しかったです。帰りのバスに乗る頃には肩がガチガチしていました。

次回は桜の咲く頃がいいかな~?今日は美味しいものを全然食べることも出来なかったし!






最終更新日  2006年02月19日 22時18分53秒

全20件 (20件中 11-20件目)

< 1 2


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.