021215 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Maison du Lapin

PR

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

旅行三昧

2009年03月03日
XML
カテゴリ:旅行三昧
先日、楽天で注文した本ノートが近所のコンビニに到着したという知らせを受けたので、早速引き取りに行った。

今年のGWはベトナム・カンボジアへ行くことに決めたのだ!

本当はスペインかイタリアをブラブラしようかな~思っていたけれど、ヨーロッパの街パレットを一人で闊歩するのってちょっと嬉しくて、ちょっと寂しいじゃない?やっぱ、古い教会の絵画とか像とか「おーっ!びっくり」って誰かと一緒に見たいもの。そこで、歴史とか文化を教えてくれるダーリンが(カナダ在住のムシュー葉)いてくれたらね・・・

でも、アジアの街だったら、そんな寂しさも感じさせないパワーが漲っていて、元気をもらえそうだしね。アンコールワットカメラも気になる存在だったし、何より、これらの国の暗い歴史を知りたい、知るべきだな・・・と。

骨組みはある程度Fixしたので、後は肉付けをしていくだけ。これから2ヶ月かけてボチボチ取り組んでいくのだ。

写真一番上の「Happyシリーズ(双葉社)」は、今回で3冊目。かなり読み応えがあって重宝しています。現地の生情報はかなり使えます。もっと色々な街のが発行されればいいな青ハート。「地球の歩き方」は定番過ぎて、取り立てて書き足す事はないですね。

よっしゃー、これでしっかり計画を立てるぞ!OK






最終更新日  2009年03月03日 23時53分20秒


2008年02月09日
カテゴリ:旅行三昧
1月最終週に衝動で決めた北京旅行。本当は上海に行きたかったんだけれど、エアーは満席状態で、現地フリーのパッケージツアーも空きがない状態。ならば近場で湯治か?と思っていたところに「北京なら空きがあります」との朗報が!でその場で即決した北京旅行でしたが、現地では実質2日。楽しめる限り楽しもう!のポジティブ精神で望んだのでした。

成田出発が午後6時で、高校からの親友AKIちゃんと御家族一家が、わざわざ空港まで見送りに来てくれたので、カフェでお茶して少しおしゃべりして。(AKIちゃん、いつもありがとよ!)

北京に到着したのが午後9時。客引きのタクシー運転手を無視し、16元の安いシャトルバスで北京駅近くのホテルに着いたのは午後11時頃でした。ここでも3輪の自転車が客引きをしていました。本当にしつこくて「付いてくるな!(英語)」で怒鳴ったら「×☆●*」とわけの分からない中国語を吐いて去って行きました。北京滞在どうなることやら・・・

写真はホテル近くにある北京駅。夜でも貴社を待つ人で込み合っていました。パン屋さんとかカフェはまだオープンしていました。

機内食を食べたけれど、何だか小腹が空いていたので、近くの「Mr.Lee」というレストラン(?)でラーメンを食べました(10元位)。さっぱりしていて結構美味しかったよ!






最終更新日  2008年02月20日 21時22分01秒
2007年05月04日
カテゴリ:旅行三昧
パパ&ママと蔵王へドライブ。

一年に数日しかクリアに見れないというお釜もこの通り!まだ凍っていて澄み切った水面は見れなかったけれど、ぜひ一度は見てみたかったので、とても嬉しかったです。

大好きな宮本輝さんの『錦繍』でも舞台となっている蔵王。もう一度読み返してみたくなりました。

本当は周辺の自然や施設も楽しみたかったけれど、なんせ早足旅行の(ピンポイントのみで満足する)同伴者なので、ちょっとそこは不満だったなしょんぼり






最終更新日  2007年05月12日 23時09分46秒
2007年04月30日
カテゴリ:旅行三昧
いつかは行きたいと思っていた弘前の花見に出かけてきました。

メンバーは、母と弟と私の3人。昨日の一日がかりの帰省の疲れもままならぬまま眠い目をこすりこすり出かけた弘前公園は人・人・人でいっぱい。老若男女、たくさんのお花見観光客で賑わっていました。GWだもん、当然だね(笑)。天気は快晴。暑さを感じる位で、9分咲きの桜もこの日一日で満開になったと思います。

帰る途中、碇ヶ関にある道の駅?観光物産館?でアップルパイ(\158)を買って食べたのですが、これが絶品!温かいうちに食べた方が良かったけれど、冷めてもホクホク、りんごの酸味が利いていて美味しかった~。林檎大好き!りんご






最終更新日  2007年05月06日 19時15分15秒
2007年04月29日
カテゴリ:旅行三昧
4ヶ月ぶりに帰省しました。

同じ地方内なので、大イベントというわけではないのですが、やっぱり久しぶりに家族と愛犬に会えるのは嬉しいもの。私は新幹線を使わずに、わざわざ時間を掛けて電車とバスを乗り継いで一日掛かりで帰省するのが常です。運賃が浮くという事だけではなく、途中、乗継までの時間を街でブラブラするのが大好きなのと、朝ちょっと早く起きてお弁当を作って、道中で食べたりするのが楽しみなのです。スローライフ(笑)。

写真は、バスの中から撮った夕日。新幹線だったら絶対撮れない。






最終更新日  2007年05月06日 18時50分01秒
2006年11月25日
カテゴリ:旅行三昧
今日は盛岡へ個人的出張。。。
というのも、インターネットのバナー広告で見て抽選に応募したバレエのペアチケットが当選したため、地元に住んでいる友達を誘って一緒に行く事になったからです。彼女とは大学卒業以来なので実に7年ぶりの再会。その間、メールや年賀状でのやり取りはあったけれ、私もジプシーの如く、あっちこっち行ったり来たりでなかなか彼女とは会う機会がなかったのです。

盛岡は数年前に両親と龍泉洞に出かける際に通り抜けた事があっただけで、街中を歩くのは初めて。意外とこじんまりしているなぁ・・・というのが初印象。土曜日という事もあり、路上には奥の学生やらが屯っていました。駅ビルは多くのテナントが入っていて、見て歩くにはとても楽しかったです。

ところで、肝心のバレエはと言うと・・・
実は生まれて初めて生でバレエを見たのですが、こんなに素晴らしいものだとは露知らずで、なぜ今まで見なかったんだろう???と単純に思いました。
構成はクラシックとモダンとミックスされた二部構成によるもので、最初から最後まで飽きることなく、あっという間に過ぎたとても充実した二時間でした。それにしても、草刈民代さんをはじめ、Ms.Wang Qiminの鍛えられた美しい体には目を見張るばかり。私も姿勢の良さと柔軟さには定評があるのですが、彼女達の肉体を見て改めて背筋が伸びる気持ちがしました。

そんな素晴らしいバレエを見た後、友達とじゃじゃ麺を食べに行き、2時間位、バレエの感想や近況を話しながら過ごしました。その後、モスでお茶を。

Soiree de dance Roland Petit >>> http://www.soiree2006.jp/






最終更新日  2006年12月12日 23時03分34秒
2006年11月04日
カテゴリ:旅行三昧
ホテルでの美味しく幸せな朝食後、向かった先は「大阪歴史博物館」。昔高校の日本史の授業で「都の移動」とか何とかで「難波京」という言葉を習ったくせにすっーかり忘れていて、ここに来て思い出しました。。。と言うか、知らない事がたくさんありすぎて、目から鱗の2時間余り。大阪の歴史と文化、商業の発展について学ぶ事ができ、大阪城見学の前に行って本当に良かった!かなりオススメです。

博物館の後は、本日のメイン、大阪城見学。祝日という事もありたくさんの人で広場も城もにぎわっていました。エレベーターを待つのが嫌だったので、思い切って階段で移動。それにしても急すぎる!まずは天守閣へと向かい、大阪の町並みを東西南北より眺望しました。気のいいおじいさんと世間話をしたり、飛行船を見ながら、秀吉(家康)の見た大阪に思いを馳せました。
各階の展示資料も素晴らしく(もっと歴史を知るべき私を実感)、気がついたら3時間が経過していました。

大阪城を後にし、大阪城ホール(アムロナミエのコンサート)の入り口を抜けて駅へ。そのまま梅田へ移動し、荷物をロッカーに預けて、梅田の歓楽街、日本一長いといわれる天神橋筋商店街を散策。途中、露天神社と大阪天満宮でお参りし、バスの時間が近くなってきた頃、また梅田へ戻りました。

あっという間の2日間でしたが、大阪の街を実際目の当たりにし、大阪のパワーを感じることができて本当に良かったと思います。またいつか行きたいな!






最終更新日  2006年12月05日 22時13分48秒
2006年11月03日
カテゴリ:旅行三昧
今回の3連休は、京都か金沢で「(ちょっといい?)女一人旅」を計画していたのですが、京都は紅葉のベストシーズンのせいか手頃なホテルが見つからず(じゃらんをよく利用します)、金沢は、9月に輪島に出かけたこともあったので、だったら一度も行ったことのない大阪へ!と行き先を決定しました(単純)。何となく雑踏や人ごみが恋しいというのもあったんだよね。夏に東京へは数回出かけていたので、東京も今回は候補外。

大阪へは深夜の高速バスで。真冬だったら寒くて嫌だけれど、この時期ならまだ平気。木曜日の夜に仕事をさっさと切り上げて帰宅して出かけました。バスの中では興奮していたせいか(?)殆ど眠られず・・・眠い目をこすりこすり大阪の街を歩きました。

初日は、梅田から電車で天王寺へ移動し、新世界(通天閣)~日本橋(東京で言う秋葉原)~なんば~道頓堀~心斎橋と歩いて移動、ホテルにチェックインする時間が近づいてきた頃、電車で谷町へ移動しました。途中、地元の銭湯へ行ったり、たこ焼きを食べたり・・・で好き勝手に行動しました。

ホテルでチェックインした後、仮眠を取り、夕方夜御飯を食べに本町方面へ移動。何だか無性に親子丼が食べたくなって、チェーン店(?)の「ザ・どん」で過ごす事30分。食事後は、ひたすら心斎橋筋商店街を物色。心斎橋駅付近から堺筋、ホテルへ戻りました。月がとても綺麗な夜で、心地よい疲労感と風にふかれながら路上で一服。夏に彼と東京で同じ事をしたなぁ・・・なんて懐かしくて切なくて涙が出そうだった。






最終更新日  2006年12月05日 21時54分50秒
2006年09月18日
カテゴリ:旅行三昧
能登への旅3日目。
台風のフェーン現象で朝から気温はぐんぐん上昇。聞くところによると、34℃の予想!夏はもうとっくに終わったはずでは・・・福島までの長い帰り道が憂鬱に思えてくる朝、朝食を食べた後、輪島の名物・朝市へ寄ってから岐路へ就くことに。

輪島の朝市は観光客用に脚色されているところがあって、ちょっと悲しかったかも。元々は地元の漁師さんや農家の方が物を売り始めたのが最初に違いないもんね。そんな事を言っていても始まらないので、取りあえず端から端までよく見て歩きました。どれもどれも欲しくなってしまい、しかも自分用に!というよりもむしろ「家族に!」「友達に!」「恋人に!」と色々買ってしまいました。

朝市を11AMまで見回った後、福島へ向かって出発。友達が高速を運転するという事で(私は高速の運転経験がない)、下道は全て私が運転しました。トータル4時間半位かな?とにかく暑くて暑くてたまらなかったけれど、途中、新潟に入る前の高速で見た夕日は夏のものではなく秋のものだと実感しました。その前、富山で前方に見た立山連峰も美しく壮大でいつかまた来るぞ!と心に誓いました。

アパートに着いたのは9:30PM。疲れてそのまま眠りたい気持ちを抑えてちゃんと洗濯をしてお風呂に入って床に就きました。






最終更新日  2006年10月20日 22時11分04秒
2006年09月17日
カテゴリ:旅行三昧
昨夜あんなに熱い温泉に入って交感神経が働いたせいか熟睡できないまま迎えた和倉温泉の朝。同行したAは朝からハイパーでようしゃべるしゃべる。低血圧の私とってはちょっときついなぁ。

朝温泉に浸かった後、大広間にて朝ご飯。納豆がないのはやっぱり西日本だからか?それにしても米はうまい!昨夜仲居さんに「何の品種ですか?」と聞いたけれど「わたしもよう分からん」との答え。能登の稲刈りは早く、至る所で刈った稲を干していたのが目に付きました。

御飯の後、輪島を目指して出発!和倉にある辻口博啓さんの「Le musse du H」でちょっと甘いものを調達。朝から行列。。。しかも地元の方じゃない事は一目瞭然。すごくケーキが食べたかったけれど、ここまで来て並ぶのも癪に障るしなぁと、焼き菓子数点を買った後、能登島に向かいました。

能登島は家族向けの施設がたくさんある一方、海はとても穏やかで落ち着く場所。夏の帰省の際、両親と彼と出かけた男鹿にとても似ていて懐かしかったです。やっぱり日本海はいいね~★
輪島までガイドブックに載っている主な見所を抑えつつ、Aとおしゃべりしながら車を走らせること約8時間。。。本日のお宿「民宿わじま」に到着です。輪島の代表的な伝統文化・漆器にこだわった建物の内装や食器は本当に美しく、とても心地よい空間を作り出してくれました。

民宿の方のお薦めで夕食の後、近くの市民センターに御陣乗太鼓を見に行きました。多くの観光客でぎゅうぎゅう詰めの中で見た演奏は、幻想的で別世界に連れて行かれたような気分にさせられました。約15分の演奏後、静かに降る雨の中、静まり返った輪島の街を散歩しながら宿に向かいました。

「民宿輪島」>>>http://www.mjnet.ne.jp/wajima/






最終更新日  2010年01月13日 05時18分29秒

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.