021218 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Maison du Lapin

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

音楽探索

2010年03月28日
XML
カテゴリ:音楽探索
今日は一日雨、雨、雨雨

午後から、Greg & Monalisaカップルと一緒にガムラン演奏音符を聴きに行ってきました。Monaはインドネシア人のアジアンビューティおとめ座なのだ。

チケットがもうないと言われ号泣・・・立ち見でもこれ以上の観客を会場に入れる事はできないと言われ(消防法規制)号泣・・・立ち尽くす私達しょんぼり・・・そこで!理解あるスタッフの方が「どうぞ!オーケー」って。やったーちょき

ガムラン演奏はインドネシア人ではなく、市内の大学生グループえんぴつが日頃練習を重ねて重ねた上パンチで披露されたものでしたが(5h/W、8ヶ月の練習量!)、心地良い南国の音楽きらきらに心奪われ、陰気な外の雨をしばらく忘れさせてくれました。

インドネシアさくらにもいつか行ってみたいです。






最終更新日  2010年03月30日 01時31分05秒


2007年05月13日
カテゴリ:音楽探索
先日キッチンにある私の小さなラジオから聞こえてきた耳慣れたメロディ。それは好きでよく見る「情熱大陸」のメインテーマである葉加瀬太郎さんの「エトピリカ」でした。番組を見る際には聞いているのですが、ラジオからふと流れてきた時、なぜか私の心を捉え、「CDを借りて聞いてみよう!」と思って借りたのが「The Best Track」。

昨今、レンタル業やインターネットを通じたダウンロードにより「好きな曲を好きなだけ」の風潮が高まり、CDの売り上げ減につながっているというのは耳の痛い話。でも消費者の私達にとってみれば「買って失敗」を避けられるのはとてもありがたいと思う。一枚のCD(国内版)も2000円以上~と衝動買いできる価格ではないしね。

話がずれてしまいましたが、そうそう「情熱大陸」のメインテーマ。。。番組に出演している人達とリンクして、聞くと、とても元気になれるし、「よーし、私も自分の人生を全うしよう」という前向きな気持ちになれる曲。日曜日の夜に見る番組としては最高だね(月曜日からの戦闘に備えて)!

音楽家の上手い下手を判断できる程の長けた耳を持っていない私ですが、葉加瀬太郎さんの奏でる音楽はバリエーションが豊かでとても素敵だなと思いました。






最終更新日  2007年05月23日 23時00分17秒
2006年10月08日
カテゴリ:音楽探索
今日は仙台で行われている「仙台クラシックフェスティバル」に出かけてきました。
お目当ては清水和音さんの「清水和音が弾く二人の天才:モーツァルトとショパン2」。クラシックには全く詳しくないのですが、ショパンのノクターンはとても好きで、どうしても聴きたい!と思い、前売券を買って、この日をとても楽しみにしていたのです(Sweetheartがいてくれたらもっと良かったけれど!)。

「クラシック」って、敷居もチケットのお値段も高いイメージがありますが、このフェスティバルの趣旨(コンセプト)が「市民のための音楽」で、とてもカジュアルな雰囲気があり、とても行きやすく聴きやすいコンサートでした。東京国際フォーラムで開催される「La folle journee au japon「熱狂の日」音楽祭」に近いかな?

あいにくの天気でJRの電車が遅れており、地下鉄に切り替えて危機一髪!で間に合った(その前まで献血をしていたので・・・)のですが、本当に行って(聴けて)良かったです。これからもっとクラシックを聴きに行こう!

仙台クラシックフェスティバル公式サイト >>> http://www.bunka.city.sendai.jp/sencla/






最終更新日  2006年10月09日 18時47分10秒
2006年09月20日
カテゴリ:音楽探索
3連休の能登での疲れもままならぬまま、「友人の結婚パーティ」という口実で有休をとってマドンナのコンサートを見にはるばる東京ドームに行って来ました。私、東京に2年半住んでいたにも関わらず、縁がなかったせいか、ほとんど山手線の内側に行った事がありませんでした。東京ドームも例に漏れず・・・今回が初めてでした。ドームの周りはショッピングセンターがあって、時間を潰すには最適な環境。。。。という事で、アジアンの雑貨屋さん(karako)でバスマット、コットンのスカーフ、親子羊の置物を買って会場に向かいました。

初めて見る東京ドームの外側の広さは思っていたよりも狭かった~という感じ。でも中はやっぱり広くて「ここで★★選手とかホームランを打っているんだなぁ~」と呆気にとられて見ていました。

コンサート開始は1時間遅れの8PMから。フラッシュを使わなければ写真撮影可能という事だったのに、「どうせ没収されるだろう」と、わざとカメラを置いてきてしまったのがとても悔しかった!でも携帯を駆使して撮ったぞ。

私の2階席からはマドンナの姿がはっきりとは見えなかったけれど、彼女の動きは追えたし、モニターもあったので、十分楽しめました。今年48歳というマドンナ・・・パワフルでスマートでタフ。彼女こそが真のスーパースター。あっという間の2時間。またいつか見られる日が来るといいな・・・たくさんのゲイカップルに混ざりながら東京ドームを後にしました。しっかし、ゲイは本当に多かった!






最終更新日  2006年09月28日 22時32分02秒
2006年05月10日
カテゴリ:音楽探索
半年以上前にGyaoで放送されていた「しあわせな孤独」というデンマーク映画をかなり好きになり、放送している期間に2回見たのですが、映画もさながら、映画中で歌っている女性の声がとても印象に残っていて、調べてみると「Anggun」というインドネシア出身のシンガーだという事が判明!即サントラを買いました。

映画の内容自体はすごくリアルで切なくて、誰にでも起こりうる日常の事。。。
それにAnggunのちょっとハスキーで深みのある声が見事にマッチして頭から離れないんだな。

先日帰省した際、CDも扱う全国で展開している量販の電気屋さんに行った時、何気なくCDを見ていたら、Anggunのファーストアルバムが何と\399で売られているじゃないか!!!しかも特別セールで20%引き!たったの\300円足らずで買う事ができちゃった!

どうやら3年周期でアルバムをリリースしている彼女。例のサントラ発売から今年でちょうど3年。フランス語でも英語でもインドネシア語でもいいから新しい曲をぜひ聴かせて頂きたいものです。

「しあわせな孤独(公式サイト)」 http://www.gaga.ne.jp/shiawase/
「Anggun(公式サイト・フランス語)」 http://www.anggun.com/






最終更新日  2010年01月28日 05時06分59秒

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.