000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~ボクの足跡~ byべべ

縫合糸肉芽腫 投稿5

[2564] 縫合糸肉芽腫
投稿者 K 投稿日:2007/9/29 (Sat)12:03

○○先生さま
度重なる投稿 お許しください。
9月13日 新たな地で抗体価の測定とCRP(約半年ぶり)の
      検査の実施をしてきました。
9月15日 CRPの結果→0.75

胸をなでおろしましたが、17日より歯が原因で顔の一部が
腫れたので、17日からアンチローブを服用しております。
6月にも腫れてその際もアンチローブを2~3Week服用して
外科処置は見送りました。
この度は2回目ですが3Week服用後見送ることになります。

昨日、コア検査すべて結果が揃いました。
血液採取において、平日の15時に採取してその日の夕方には
検査会社に発送の手続きをお願いしたので、一番新鮮な血液で
あったと思います。
ジステンバーウィルス抗体 CDV-PHA→1280倍
犬パルボウイルス抗体(SN)CPV-SN→1024倍
犬伝染性肝炎ウイルス抗体  CHV   → 192倍

今年は見送ります。
見送らなければならなかったと思っています。
見送ることができる判断を確認できてよかったです。
JBVPに投稿して先生の見解をもとに背中をおして
いただいて、検査に踏み切れたこと心からお礼申し上げます。

縫合肉芽腫において、CRPの基準値内にとどまっていますが、
完治の言葉を素直に喜べません。
なぜなら、いったん狂った免疫機能今後どのような形で
病魔が変貌するかが怖いからです。
昨年に高度医療センターにて関節液を採取してクリアいたしましたが
○○腫に限らず免疫介在性の名のもと病気が発病するのか?
今後何を引き金に発病するのか?不安でいっぱいです。
予防獣医学で行った去勢手術。
ホルモン関係の予防になるだろう。。。
同じするなら若い間にしてあげたほうが体に堪えないだろう。。。
そんな、たったそれだけの知識でこんなにもしんどい思いを
させてしまった自分が許せないのです。

今現在において、3頭去勢済 2頭去勢未
この現状を打開するには、縫合糸の結紮技術、安全とされる吸収糸の
確認がわからないと前に進めません。
漠然とした答えのない岐路に親子で立っているのには、以前変わりが
ない状態です。

今日、明日にひとくくりに確立した答えがないのは理解していますが
今日、明日にでもJBVPによる飼い主向けの発信を望んでいます。

縫合糸肉芽腫を発病した以上もう後には戻れないので、
前を向いて歩んでいけるよう確かな道を選びたい。。それだけです。
予防の名のもと行った医術だからこそ今も何重もの苦痛を
背負っています。

わんこの世界で勲章はありません。
勲章があるのは学会で発表されたかたです。
唯一あるとしたら、わんこと親(飼い主)の目にみえない
心の勲章だけです。
どうか、失った者の悲しみ、失いかけた者の悲しみがあることを
ご理解いただき、更なるJBVPの発展を切に、切に願っております。




© Rakuten Group, Inc.