000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~ボクの足跡~ byべべ

トトちゃんの足跡.....心の中に...

日記 2008.04.15 「トトちゃんの足跡.....心の中に...」

昨年、すべての飼い主さんへという形で
ととままが情報を発信されました。
おそらくこのバトンが愛犬を純粋に尊く思う方々の力によって
「縫合糸肉芽腫」という病気が伝わったと思います。

傷が癒えない中、愛される子達の
ために、涙ながらに綴られたたいへん重みのあるバトンです。

楽天ブログ とととえれな平成19年 2007年09月21日発信
皆様にお願いがあります。読んでください。

糸の危険性知ってください。
あまり知られていることではありませんが、
去勢、避妊手術では体の中に糸を残します。
内臓に近いところに異物を残すんです。

溶ける糸を使っていると思われると思いますが、
「絹糸」を使う病院もまだまだ多いのです。
この「絹糸」とても危険です。
この「絹糸」を使うことによって起こる病気があります。

もちろん、手術うけたみんなにおこるわけではありませんが、
特にダックス、といってもダックスだけにおこるわけではありません。
縫合糸肉芽腫または脂肪織炎といって、
体の脂肪が壊死したり、糸のまわりに肉芽腫が出来、
内臓にとても悪い影響を及ぼします。

もちろん、避妊去勢手術が悪いことではありません。
乱繁殖の防止、もちろん、病気の防止にもつながります。
ただ、この危険性も知っていて欲しいのです。
そして、手術を受ける際、先生とよく話し合ってください。
「絹糸」を使うといわれたら、
それは一番アレルギー反応が少ない糸に変えてもらってください。

ただ、この病気、「絹糸」だけで起こるわけではありません。
稀に溶ける糸でもアレルギーになる子もいます。
それでも「絹糸」の危険性はかなりものですので
一番安全な糸を使うように獣医さんにお願いしてください。

この病気によって命を落とした子もいます。
その子たちのためにも、糸の危険性知っておいてください。
そして、この病気になる子がいなくなる日を心より願っています。


追伸 本日日記を更新するにあたりととままに
   ご連絡いたしました。
   トトちゃんのお写真並びにバトン掲載にあたり
   心からご理解いただいただきました。
   
   願いはひとつです。
   この病気で苦しむ子がいなくなることです。
   トトちゃんの足跡、消えないように、消さないように
   心に留めていただければうれしく思います。

~あと、いくつ足跡を残せばみんなに伝わるんだろう~ボクの足跡~byべべ
Last updated 2008.04.16 08:43:11







© Rakuten Group, Inc.