1757835 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幸せに日向ぼっこ

April 21, 2019
XML
カテゴリ:生活全般
先日、長い間ずっと使っていたタンスを処分しました。
そうしようと思ったきっかけは、愛犬のチビ子嬢が最近
すっかり歳をとってヨボヨボになったからでした。

どういうことかと言うと、老犬チビ子嬢は歩くときに
半分目が見えなくて脚が4本ともヨボヨボのため、
自分の進路にある物を避けることができなくてあらゆる
物を踏みつけ、お皿とかひっくり返していくのです。

我が家には四つ足組のために、飲み水は洗面器とそれを
ガードするプラスチックケースに入れて、部屋の隅に
置いてあります。
めったなことではひっくり返りません。

でもそんな洗面器の飲み水も、チビ子嬢が水を飲みたく
なって近寄って脚がよたっとなれば、彼女の体重なら
ひっくり返されるのです。
そしてぶちまけられた水はタンスの下に広がってしまい、
新聞紙2枚ほどしか入らない隙間では十分に水を吸って
掃除ができないことが何度かありました。

このくっそ重いタンスを動かして掃除しないことには、
このままでは床にカビが生えるか木が腐るかになって、
家が大変なことになります。
そこで決心しました。
2連の大きいタンスを処分して、家具を移動しようと。

安くて動かしやすいタンスを探しました。
家具の値段や処分費用等いろいろ考えました。
そして結論は、ホームセンターでロングコートが掛け
られるタイプのスチールラックを買い、タンスは大型の
ゴミとして自分で処分することにしました。

私一人では絶対にこのタンスは階下に降ろせません。
でもちょうどその翌日に、力持ちの甥っ子が我が家に
来ることになっていました。
彼がいるこの機会を逃してはならぬ!
私は急ぎタンスを分解しまくることにしました。


中にあった衣装を全部出して、床を引きずって廊下に出しました。
(あちこちに床に傷がついた「自分の家」なので、私の力でも動かせます)
16年前にこの家に引っ越してきたときに、この2連のタンスを業者さんがたしか
天板を外して2つに分けて搬入していた記憶がありました。
私は天板がてっきり木の突起物ではめ込まれていたと思い込み、一生懸命に
マイナスドライバーで隙間を作って紙を挟んで浮かせていました。



天板がどうやっても外れません。
さらにこの角は、この2連の幅では絶対に曲がることはできなかったのでした。
(ちなみに私、あちら側に回るときは腰壁に上って乗り越えていきました)



廊下ではタンスの扉が開かないことに気づき、再度元の部屋に戻しました。
一体どうしたら・・と困り果て、でもふとタンスの中を見たらネジが・・!
天板と左右が大きなボルト14本でつながっていたのでした。
これじゃあどんなに力を加えても、外れるわけがないですね。(やっと納得)



ボルト外しにはこれが役に立ちました。
半年ほど前に買った充電式の小型の電動ドライバーです。



★充電式電動ドライバー


今回は処分しない2つのタンスも、衣装を全部出して移動させました。
4つのタンスを動かしたら、その下には16年分の恐ろしいほどの埃やゴミが。
これを見て私は、2~3年に1度はタンスの下を掃除しようと思いました。



天板を外してタンスを2つに分けたら、簡単に廊下に出せました。
この後、甥っ子が少しでも運びやすいように(というか私があまりにも力がないので)
タンスの扉もネジを外して分解しました。



ホームセンターで衣装用のスチールラックと中で使うケースを3個と、耐震用の
支柱を買ってきたので、これでも1万数千円かかりました。
家具というものはやはりお値段なりのものです。
この棚ではたしかに安っぽく見えますが、私は家具への執着はほとんどないし、
今回は床の掃除を優先したので、これで十分です。



自治体の粗大ゴミ回収が1つにつき1000円なので、2つで2000円でした。
若干の手間はあっても、自分で運べない物の回収があるのはとても助かります。







Last updated  April 21, 2019 11:59:08 AM

PR

Calendar

Profile


☆えみりー☆

Freepage List

Favorite Blog

星に願いを・・・。☆彡 りえりえ0527さん
柴犬さくらとカント… さくらパパ&ママさん
犬太とお散歩 a-totoroさん
チョコのちょこちょ… むんぞうさん
気ままなラブラドール max&daiママ♪さん
鳥の家 さくら113さん
バカネコ日記 海獣トドさん
じゃじゃ馬のつぶやき soniasさん
モフニャゴ通信  @… みぃ *さん

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.