000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PhantaZのワイヤークラフトblog

PR

X

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ワイヤークラフト情報

October 1, 2012
XML
9月30日、下北沢で行われた「おしどり」さんの秘密ライブに行ってきました。ワイヤーアートの個展が行われたギャラリー「HIBOU HIBOU」で開催のものでした。
下北沢に来たのはこれが数度目ということもあるし、街中ウォッチングを兼ねて行ってみようということで、下北沢をあちこち歩き回りながら向かいました。
ここは山谷かはたまた西成のあいりん地区かというような薄暗いアーケードの中でまっ昼間から営業している(この日は日曜でしたが、たぶん平日も同様と思われ)立ち飲み屋の前をおそるおそる抜けたり、かと思えば代官山にありそうな感じのオシャレ~なショップの前を通ったり、そろそろ客が集まりだしているスズナリや本多劇場を横目に、ネットで見た略図の記憶を頼りにHIBOU HIBOUを目指しましたが、行きつくのが一苦労でした。下北沢に相当うるさい人でも、ちょっとわからなそうなロケーションです。

DSCF0021.JPG

開場時間の3時頃には入り口に数人集まっていましたが、まだ開場してないようです。1時間くらい前に一度様子を見に来てオーナーらしき人に伺ったところでは台風で中止というわけではないようだったので、そのまま待っていましたら、ケンさんは少し遅れて登場。やがてアコーディオンを持ったマコさんも現れ、入り口を開けて会場内の整理を始めました。前の日にエドはるみさんがライブをやったということで、作品を覆っていた紙を外します。そういえば前の日、ツイッターで個展の終了時間が早まるお知らせがあったことを思い出しました。芸人さん同士で会場のシェアをしてるんでしょうか? いや、単純に押さえてるのが吉本だからかもしれませんけど。

DSCF0017.JPG
DSCF0012.JPG
DSCF0006.JPG

展示作品は、皆さんもおそらくご存知の放射能テロリスト、じゃなかったw原子力関係エリート様がたの似顔絵とか、お二人が力を入れている活動系の政治的風刺性のあるものが多かったです。後のライブではオスプレイと”メス”プレイも登場しました(ツイッターで写真が紹介されてます)
できた作品は希望した人がいただけます。あらかじめ作ってきたものもかなりあるので大盤振る舞い。私もいただいてヤフオクに出品すれば儲かったかもと今は後悔w

DSCF0003.JPG

これらは初期の作品だそうです。

DSCF0014.JPG

これは、ケンさんいわく「最近、勉強熱心な」まこさん。

DSCF0018.JPG

DSCF0015.JPG

DSCF0010.JPG

DSCF0008.JPG
DSCF0009.JPG

自分的にはこれらの作品が好みでした。

来訪されているのは、さすがに反原発系の方々が多いようでした。線量計をお持ちの方もいらして、それも軍仕様の黒いのだったりで、まあ下北沢は安全圏だったから安心。でも、やはりマイナーなワイヤー系はアウェーな感じですw 余合ナオミ先生ふうのビーズネックレスをした人がいたけど、尋ねてみなかったので先生の講座に通われてる方かどうかわかりません。最初からいらした眼鏡の女性とライブの途中で入ってきてスマホに打ち込んでたおねいさんはそんな感じがしないでもないけど原発系か吉本ファンの方かも。


台風が接近していたためか、ほぼ発表当日に売り切れたという25人限定のライブに来た方は20人ほどでしょうか。遠いところでは福島や神戸からの方もあったようです。
というわけでライブが始まったんですが、まず最初はオーソドックスな歌謡漫才の感じ。ケンさんの手は、ワイヤーを曲げる順序が完成され頭に入っているらしくとても速いです。自分なら次の手順をあれこれ考えるのでもたもたするなと考えながら見ておりました。それに人に見られたり喋りながらやるのは苦手w
狭い小屋なので、もちろんPAなどないわけですが、プロだから当たり前とはいえ発声がちゃんとしてて二人とも声がよく通る。アコーディオンもよく鳴ります。前日はX-JAPANの音源に合わせ大騒ぎしたため苦情が来たということで、この日はマコさんの指示でケンさんが外に偵察に出たのですがノープロブレムのようでした。
さて、それからがシークレットライブになるわけですが、まず、まこさんのえろ漫談。これは医学部中退の知性がじゃまするのか、残念ながら期待するほど過激ではなかったかな。しかし、次の原発ネタになると俄然気合が入ります。客層からいっても、これは避けて通れませんね。
沖縄で研究している蝶の被曝のとか、まこさんが論文を書いていて、その指導を受けるため東大に通っているとか、甲状腺癌に罹っている福島の子供の話とかありましたが力が入っているので聞くものを引き付けます。客の多くも関係者なので盛り上がるのは必至。間に吉本でのギャラについてや、落語家の人たちが政治的な関わりに不安を感じて同じ高座に上がるのを敬遠する話などもあって、それもまた面白い話題ではありました。
ステージは、だいたいまこさんのリードで進められているようで、これは、いわゆる「ボケと突っ込み」の役割分担というより独断と偏見ではジョン・レノン&ヨーコ・オノを連想します。ワイヤーのジョン&ヨーコですね。この二人は反戦運動をやっていたし、イメージ的にかぶるところはあるんじゃないでしょうか。

終演は予定通りの6時でした。台風のこともあって気を使っていただいたのでしょう。7時ごろに都内では激しい雨が降ったり交通機関が乱れたりしたそうですが、私は予約していた高速バスが動いたので、問題なく帰宅できましたねん。

もし、ワイヤーのイベントをやる時はゲストに来ていただきたいですが、その頃はメジャーになっていてギャラがベラボーの可能性が大きいですね。


写真は雑誌の編集記者をされているらしい大澤啓徳(おおさわ あきのり)さんが撮られたものの方が、私よりいいカメラを使われていて、もちろん腕も抜群です。
http://www.volteface.jp/archives/51947691.html

おしどりケンのワイヤーグラフ誌


以前、ツイッターに書いたキム・ギドク『魚と寝る女』のプレビューは、野田佳彦なみの「近いうちに」w
以下は、その予告編。

fish (640x480).jpg

bicycle (640x480).jpg

blanko1 (640x480).jpg

(この3枚の画像はビデオ画面をデジカメで撮ったものです)







Last updated  October 4, 2012 12:35:05 PM
コメント(0) | コメントを書く


July 24, 2012
高円寺ではたとものりさんの個展を見てきました。

電車の高架に沿った道路を中野方向に少し歩くと、「座・高円寺」があります。
帰りの電車からだと、全景がよく見えましたが、懐かしの昭和にアングラ演劇が上演されていたテントの形をイメージして設計した建物のようです。

  • 02.jpg


  • 03.jpg


  • 上の写真は横と前の2方向から撮ったもの。立体感がわかるかな?

    いずれの作品も、触れると、高円寺の阿波踊りのようにゆらゆら揺れます。
    会場の片隅に京都の直指庵のノート(?)みたいなのがあって、来場者が書き込みできるのですが、その中に子供たちが触って喜んでいたようなことが書いてありました。まあ、自分的には、あまり作品を触られることが好きではないので、独断と偏見で勝手に大変だなと思いました。もっとも、これは、私の人間ができていないことからくる感想にほかなりませんw
    生作品に触れられる方がより強くフェティシズムに訴えるだろうし、形が崩れるとしても、それは自然の摂理、諸行無常として、あるがままに任せるのもいいんじゃないでしょうか。
    もっとも作者のはたさんは、毎週、会場に来ておられるので、もちろんメンテはされていると思われますが・・・。(来館日についてははたとものりさんのブログ参照)

  • 04.jpg


  • 作品はいずれも一筆書きのように一本のワイヤーで作られたもので、ワンワイヤースカルプチャーは、うまく作ると不思議な雰囲気を醸し出しますね。ちなみに、ナスカの地上絵は一本で繋がっています。
    はたさんの作品はワイヤーの弾性によって動きが出るので、そのためには、また別の計算を要するかもしれません。

  • 05.jpg


  • はたさんの個展は作品に動きがあるのと同時に、ライティングに気を使っておられるのも印象に残りました。

  • 08.jpg


  • 作品自体に何色かの光を当てるものと、壁面に影を作って見せるものとあります。

  • 07.jpg


日時 2012.7/3~8/5
場所 東京都杉並区高円寺北2-1-2 
JR高円寺駅 徒歩5分
 「座・高円寺」  B2 ギャラリー遊び場

はたとものりさんのブログに、もっと良質の写真や動画がありますから、そちらもご覧ください。

アニメート・ワイヤーズの公式ホームページ









Last updated  July 27, 2012 07:02:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 29, 2011
というタイトルのほど、濃いものではないのですが、先日、名古屋へ行った折に、針金細工八百魚こと合田丞さんのアトリエ兼店舗にお邪魔してきました。

yaouo1

名古屋市千種区に覚王山というお寺があり、その近くにある古いアパートを使ったアートスペース「覚王山アパート」の中に「針金細工八百魚」があるらしいので、覚王山の参道をぶらぶら歩いて行きました。
東京には長屋を改造して、アーティストさんたちが活動している場所があるそうですが、まあ、そんな感じでしょうね。

覚王山の参道はところどころにアジアン雑貨や骨董品店などがあって、それらしい雰囲気です。祝日ですが、まあ、原宿表参道ほどの賑わいはありません。でも、店先の骨董品にカメラを向けている好事家らしきひとたちもいたりして、アートな雰囲気といえないこともなかったですw

しかし、この参道に「覚王山アパート」は発見できず、行き着いた山門をくぐると、お寺は五重塔もあるなかなか大きいものでした。私は名古屋に疎いのですが、由緒あるものなのでしょう。

お賽銭を10円入れて(五円玉がなかったので)覚王山アパートを探しながら参道を引き返す途中で、建物と建物の間にプレートを発見しました。どうやら、ひとつ裏通りにあるようです。裏原宿なんてのもありますから、それもかっこいいかなと思いつつ、そちらへ行ってみました。

yaouo2

「覚王山アパート」は、昭和の香り色濃く漂う、つげ義春の漫画に出てくるような建物です。水木しげるの妖怪が跋扈していそうな感じもします。
2階の八尾魚さんのスペースに上がっていくと合田さんは制作に励んでおられるようでした。
合田さんとは以前、メールのやりとりなどさせていただいたので、そのことを話しましたが、覚えておられないようでした。
あれ、おつきあいが多いからかなと思っていたら、時が経つにつれてだんだん思い出されたようで、これは制作に没頭して、そちらの世界に入り込んでいたからではないでしょうか。すこしづつ、こちらの世界に戻ってこられたようでした。まあ、アーティストには、よくあることですね。

お近くの方は、あるいは名古屋に行く機会があったら、スティーブ・ジョブズのように自分の作りたいものを作っている(というのは私の独断と偏見)合田さんの作品を生でご覧になることをおすすめします。
商品のお値段も、ボランティアでやってるみたいな安価です。
個展のために制作された大きい作品も置いてあって、インパクトがありますよ。


yaouo3

針金細工八百魚さんのサイト













Last updated  November 29, 2011 07:05:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 10, 2011
渋谷西武百貨店A館7階 サンイデー渋谷内
11月29日(火)~12月5日(月)
月~土 午前10時~午後9時
日(祝) 午前10時~午後8時
12月4日(日)には、余合ナオミWork Shopがございます。
http://blogs.yahoo.co.jp/trkxd425/30668666.html

というのが開催されるようです。
西武デパートなら、たまたま、なにげに行ったという雰囲気で
(場違いな恥ずかしさを感じずにw)拝見することができそうですね。

まあ、自分的にはアクセサリーよりも、
余合先生のオブジェなどを拝見したいわけですけど。

こんな感じのを↓
http://www.youtube.com/watch?v=N3u6FB_V_iU










Last updated  November 10, 2011 07:51:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 5, 2011
ご無沙汰してます。

まあ、ネタがないということもありますが、
ワイヤーに取り組もうという気がなくて、サボりがちの今日この頃w

熱心にやってる作家さんたちもおられますが、
しかし、東急ハンズなどを回っても、ワイヤーが売られていないようなだし、
(私が、見落としてるのかもしれませんが)
近場のホームセンターや手芸店でも、ワイヤーアートに使うような素材は適当なものが次第に見当たらなくなっておりますですね。
こういうのは、ワイヤー氷河期というのでしょうか?

というわけで(どんなわけで)先月の18日、
御殿場で開催されていた『アートクラフト・フェア』というのを偵察に行ったところ、
神様のお引き合わせか、なんと、針金ピストルを売っている作家さんがおられました。

wire pistol01

wire pistol02

宮里悦次さんの許可を得て、写真を掲載させていただいております。
これは5連発。
ほかには、一発撃ちのも10連発もありました。

コイルの形状を用いたバイクやガンダム(エヴァンゲリオン)のようなオブジェも作っておられました。

名刺もいただいたのですが、ネット上に住所や電話番号の掲載は、しないでおきます。
お名前をググると、あちこちのイベントに出展されておられるようです。



ワイヤーは直径2ミリ程のスチール線です。工事関係の人が「バンセン」と呼んでいるもので、相当固いので、輪ゴムの発射に十二分に耐えられます。
作るのは力が要って大変でしょうけど。
どこで調達するのだろうと思い、お尋ねしたところ、電線のメーカーさんに依頼して、ワイヤーをビニールのコーティングに入れてもらっているということでした。

以前、ちょっと、このブログでだったか、サイト内の文章でだったかでふれたことがある石川球太氏の「おもちゃの作り方」。
1973年に出た本で、もう絶版になっていましたが、昨年、光文社から文庫版で復刊されています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4334785573/?tag=googhydr-22&hvadid=7109589665&ref=pd_sl_dfvw264ss_e

ワイヤー関係では三輪車、一筆書き、針金銃が載っていて、これらは、おそらく昭和の頃のオーソドックスな形だと思いますが、宮里さんの作られるものはデザインが立体的になっていて近未来的というか、一味違っています。









Last updated  October 5, 2011 02:42:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 4, 2011
maria_may_cut01

maria_may_cut02

maria_may_cut03

maria_may_cut04

maria_may_cut05

maria_may_cut06

maria_may_cut07

maria_may_cut08

maria_may_cut09

maria_may_cut10

maria_may_cut11

maria_may_cut12

maria_may_cut13



動画は、こちらでご覧ください。

WIRE PhantaZサイト内

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=BVu0H9lrj4s

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14572744











Last updated  June 4, 2011 09:11:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 27, 2011
まあ、なんと言うか、NHKの「みんなの歌」みたいな感じです。
気が向かれましたら、ご覧になってくださいませ。
「Maria May」というタイトルです。

サイト内
YouTube






Last updated  May 27, 2011 07:44:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 1, 2011
http://www.naomiyogo.com/works/works6.html

YouTube『ビーグル犬の安息日 』


1997年の1月~3月までの3ヶ月間、宇都宮東京電力TEPCOショールームでおこなわれた
余合ナオミさんの作品展の動画がオフィシャルサイトで公開されてます。
かなり凄いです。

余合先生は、おもちゃみたいな(といっても、おもちゃが悪いわけでもないのですが)
針金アクセサリーではなく、ブランドのファッションとコーディネイトしても、
まったくおかしくないワイヤージュエリーをデザイン・製作しておられますが、
自分的には、こういう作品が好みです。

東電といえば、何かと批判されている昨今ですが、こういういいこともしてるんですねw
ま、東電を憎んでワイヤーアートを憎まず、ということにしてください。

http://www.naomiyogo.com/works/works6.html

YouTube『ビーグル犬の安息日 』

ブログ







Last updated  April 1, 2011 12:11:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 24, 2010
Merry Christmas

プレゼントというわけでもないですがw
ワイヤークラフトの画像を投稿できる掲示板を作ってみました。

サイトやブログのない方は発表の場に、
お持ちの方は宣伝の場などにご利用ください。

レスができますので、感想のカキコもよろしく。

こちらです。
http://www.wire-phantaz.com/cgi-bin/imgboard.cgi






Last updated  December 24, 2010 09:42:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 17, 2010
お久しぶりですw

今日は、3D対応のPCが売り出されたそうで。

私の作っているものは、もともと立体的なのが多いんですが、
最近の3Dブームに便乗しようと(?)
アナグリフの写真を作ってみました。

3dbutterfly

3ddance

3dshoes

近々、サイトを移転して、3Dのページも作りますが、
まずは、こちらでお披露目。
(ちなみに。新しいURLは http://www.wire-phantaz.com です)

上の写真を見るには左:赤、右:青(シアン)のメガネが必要です。
どこかで売っていると思いますが(ネットでも買えます)
自分で色セロハンと厚紙を使って作れます。

ということで、ブログは、また書きますので、よろしく。







Last updated  June 17, 2010 12:27:23 PM
コメント(0) | コメントを書く

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.