1071934 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

セレンディピティ

2013/06/12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本の天皇家は世界最古の輝かしい歴史を持つ王朝です。
オリエントでアッシリア帝国と覇を争い、キンメリ人と連合して
シルクロードを東遷したウラルトゥ王朝の末裔であり、
後に扶余王となって満州の地に君臨し、
ソロモンとシバの女王の子、メネリケの子孫である大物主一族(公孫氏)と
同盟して邪馬壱国を建て、さらに百済国を建てました。
この陸・南海シルクロードを駆けた壮大な歴史は、
【記紀】によって抹殺され、忘却されてしまったのは残念なことです。
扶余には、月氏+ウラルトゥ王朝のシルクロード系の前期王朝と
インド経由の穢国・南海系の後期王朝がありました。共に製鉄部族です。
箕子朝鮮が滅亡した後、南海系穢族の王アグリイサトは扶余前期王朝に合流し
やがて穢族は強力になり扶余後期王朝になり、東明王と称しました。
そのため、月氏+ウラルトゥ王朝のシルクロード系の前期王朝は、・エゾの地へ移動し
東扶余を建て、その子孫に仇台が出て九州に渡来して神武天皇になりました。
残念ですが天皇家は万世一系とは言い難く、幾つもの民族の歴史をつないできたものでした。 
ビーだま.gif
天の王朝(東表国・豊日国・金官加羅国) 
BC800年頃、タルシシ船でコーサラ国を経て九州に東表国(オッフルの植民地)を建てた日本最古の王朝。
エビス王クルタシロス(首露王)のエビス王朝ですがクルタはタルシシ船支配者の意味。
エビスはエレサレムのエブス人です。エブス人もオッフル人(現ソマリア)も紅海とアラビア海の海人でした。
のち邪馬壱国に敗れるまで、九州全域を1000年間支配し、譲った後、朝鮮半島の弁辰地域の
金海を飛地として支配し駕洛国・金官加羅といわれ、その王家は金氏と中臣氏になりました。
この王家は【記紀】では孝昭、孝安、孝霊、孝元、開花とつづき、後の倭の五王に至ります。
この王家から金氏が分離して【新羅】をたてます。
ニギハヤヒの多羅王朝
この一族は、かつてディルムンを本拠としたシュメール人とカルデラ人の子孫でした。
後にソロモンのタルシシ船に参加したヒッタイトの製鉄カーストをも吸収し、アラビア海のヤードゥ族
を従えてプール国をたて、ガンジス河口のコーサラ、マガダ両国のシャキイ族となってマレー半島
を越え、モン族の地を支配し、ベトナムに文郎国をたて、後に河南省の宛に製鉄コロニー
をつくって魏と韓に属していましたが後に、秦に追われて奇子朝鮮をたより、穢国をたてました。
穢国王アグリナロシは奇子朝鮮を滅ぼした衛氏朝鮮に復讐するため漢に協力しましたが漢は
衛氏を滅ぼすと奇子朝鮮を再興させず、楽浪、玄メンの二群にしてしまい欺かれたアグリナロシは
自刃したため、その子アグリイサシは遼東太守を殺害して北扶余前期王朝と合体し、その庶子
が王位を奪って北扶余後期王朝をたて東明王と称しました。穢国の王族はシャカ族で国民は
チュルク族でした。ニギハヤヒの姓、余の「アグリ」はドラヴィダ族の一派というゴードン族のなかの
サブカーストのアガリアという鉄工部族をさします。そして、この一族後期王朝の
陝父(ニギハヤヒ)が南下して熊本に多婆羅国をたて後に、神武・卑弥呼の邪馬壱国に
吸収されました。 
【ウラルトゥの歴史】 
カッシート人がウラルトゥ地方に侵入する前から、アナトリアには原ヒッタイト族、カルトヴェリ族
ハヤシャ族などが住んでいました。フツリ人はエジプトやカナンから、この地に拡散して
きたのですが、ヒッタイト資料は、この地方を【フツリ人の国】と記しています。
フツリ人は、BC2000年紀半ばには、ミタンニ王国に従事し、ヒッタイト王シュビルリウマシュ以降は
ヒッタイト王国に従属していました。
ヒッタイト崩壊後、いくつかの少国家がヒッタイトの伝統を継ぎ、重要都市のカルケミシュは
ハッティ国、オロンテスはハッテナ国となりました。そこに、ヒッタイトのムシュ族やカスカイ族が
入ってきたのです。このようにウラルトゥは、当初からミタンニやヒッタイトのフツリ人、カッシート人
チュルク人などからなる、いくつかの部族の連合体でありました。
カッシート人は月氏になりインドに移ってクル国のなかにも混在しました。
従ってウラルトゥとクル国は同族であり従属した同盟者といえるでしょう。
青シンプル.JPG
約3000年前に、フェニキア人とヒッタイト人の混血によって、ウラルトゥ人が生まれました。
この時、ウラルトゥ人によって小アジア(トルコ)のヴァン湖周辺に建国されたのがウラルトゥ王国
であり、その初代王となったのが、アマテラス(男神)です。
BC1013年、イシンの末期に、フェニキア人のマカン(海の国)がウラルトゥと共にアッシリアと
戦いました。その結果、アッシリア王の攻撃でイシン(殷の本国)が滅んだため、番韓のヤードゥ
は海に浮かんでインドに逃れ、ウラルトゥは、北方ヴァン湖に退き、シャキイ族は、南下して
後の穢国になりました。この時、カルデア人は、アッシリア軍に捕らえられていたイシン王族の
子叔箕しゃ(ししゅきしゃ)を奪い返し、遥々航海して渤海湾に至り、遼東半島に上陸して
その地に国を建て、【奇子朝鮮】と名付けました。
BC781年、ウラルトゥ王アルギシュティシュ1世=ウガヤ王朝初代・衰子餘よ(すいしよ)
または申侯が、アッシリア王を破ります。同じ頃、ドーソン(銅鼓)文化の拡散始まります。
インド太陽王朝のマラ族と月神王朝の連合軍が銅鼓文化を持ってジャワ島、バリー島
セレベス島などに入りました。
アッシリアを滅ぼしてから300余年を経てBC6、5世紀になるとウラルトゥは二分して
匈奴(キンメリ)と連合するものと、ペルシア(秦)に従属するものとになりました。
秦は、この後、益々強くなり燕(フェニキア)も強化されたので、奇子朝鮮は、ついに
満州に移って大凌河を国境とし河西の地を譲って東遷しました。
神武以下の扶余の百済王朝
朱蒙は東扶余(北扶余前期王朝)に追われて、北扶余後期王朝(穢国)の陜父らと共に卒本に
逃れて高句麗をたて、北扶余を奪って高句麗国をたてました。このために陜父らは九州に亡命し
多婆羅国をたてるのです。扶余王家は、167年頃、夫台が高句麗と戦い、その子仇台は、高句麗
と和解し高句麗の養子になりその王族と化してケイ須といいました。後に自立し、公孫氏と同盟
して、その宗女を娶り、公孫度は逆に扶余の王女を娶りました。公孫氏が南下して帯方郡をたてる
とケイ須もその地に至って伯済国をたてた後に百済王仇首といいました。
この仇首が伊都国王イワレヒコ・神武であり、その妃、卑弥呼は公孫度の宗女で日向にいました。
高句麗は新大王の長子、発岐が公孫氏と同盟し涓奴部を率いて遼東に都したため、三子、延優ら
は輯安に移って新国をたてました。後に魏によって公孫氏が滅亡した時、発岐一族の旧国は新国
に合流しました。扶余王家は仇台、位居、麻余と続き、依慮はその末王であり、百済の近肖古王
になって鮮卑の慕容カイに討たれて亡命南下し、伊都国の王、祟神になりました。






最終更新日  2013/06/12 03:04:13 PM

PR

フリーページ

プロフィール


SaLa39771

カレンダー

お気に入りブログ

スコットランドの島… New! 白山菊理姫さん

Enhancing Quality o… 柴犬ブン1961さん
久米島ゆんたくスペ… 久米島オーハッピーさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.