591858 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

談話室 ラウンジ堂のおとぎ話

PR

X

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

占いファン談話会2019年

2019.12.18
XML


京都の神社参拝の後に、京都の駅ビルのレストランから
席まで来た時には、見えなかった虹が、着席して
出現したのでした。

あぁ、天からの美しき、お示し☆☆☆
神様から、お返事をいただけたような。


これが、席についた時のフォトです。
最初は、虹は出ていなかったのでした。

伏見稲荷さまに、参拝して良かったな。

実は、11月の京都訪問では、時間の関係で、お参りせずに
東京へ戻りましたが。

再び、呼び戻されるかのように、
12月に再度、関西に来ることになりました。

令和の元年の今年に、参拝しなさいと?

昨年の諏訪大社の時も、そうでした。
やはり、次の月に。

神様が、何か理由があって、お力をお授けくださる?
もしや、大事なことを迎えるにあたり、今来なさいと?

運には、思いがけない段取りや流れ、チャンスがある?
または、危険回避のために、充電?

自分が自分が…という感じだった昔の私でしたが。

今は、人生の1番の宝は、お救い下さる神様との御縁、
これが1番の宝と感じます。

どんなに遠く離れ、時間が過ぎて、宇宙でひとりに迷っても
神様とつながっているんだよ。
天のお庭に、戻れるのよ。

うちの小さい、ぬいぐるみちゃんがいうのでした。

それが幸せと。

 人間の世界…つらいつらいと人々の話が聞こえてくるのでした。
そうですよね。形ある世界の過酷さ。

たとえ漂流しても、確かな御縁が、永遠であることは、何よりの
宝物。

永遠なる命。

ぬいぐるみちゃんと今日も、地球のお船に揺られながら、宇宙の旅を
続けるのでした。

長い旅路の果てに、本当の天のおうちに帰る楽しみが
待っているのでした。













Last updated  2019.12.18 01:35:00
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.10



その昔、恵まれた、幸運なバブル時代がありました。

戦後の焼け跡から、荷物を担いで始めた初代。
多くのお客様にお引き立ていただきました。

反対に多くのことにリスクを想定し
経営をダウンサイジングしたのは、私でした。

基本、人を信じない。w

時代が変わり、反対の撤退路線。
気がつくと、バブルの崩壊も、リーマンショックも
嵐を越えて
二代続けての逃げ切り世代に?

大人しくくすぶりましてw
経営を拡大路線にしなかったのでした。

無借金の経営に。

それでも先に行く人々を祝い。

こちらは
あとで、泥舟に乗ったと気がつく悲しみ。
火に燃えるわらで家を作った悲しみ。
水が押し寄せる木の葉の家を作った悲しみ。

それでも、空を見上げ、自分が乗った舟も、作った家も
なかなか良いところもあったじゃないかと。

その時は、宝物だったんだよ。

壊れる時が来たからって何だよ。


次に押し寄せる本当の嵐を、避けることが出来たなら。
生きのびることが出来たのなら。

また風が変わったよね。
次の時代が来る前に。

草むらに住む、小さい動物の家族…
子供ちゃんを1つ残らず、しっかりくわえて

新天地に、移り住んで行くのでした。



新しい時代に、門が開かれているうちに?
きっと、ステキなことが待っているよ。
















Last updated  2019.12.10 22:51:04
コメント(0) | コメントを書く

三条大橋の高札場…普通は歴史の史跡ですが

(11月の訪問に続いて、12月にも出かけることがあり、
 この日は12月の時のフォトです。)

このフォトを見たから、ってわけではありませんが
太陽光発電のパネルを思い出したのでした。w

思ったスタートは、
リチウムイオン電池のノーベル賞の話題から、
今年の令和元年の千葉県の台風被害で、
停電リスクを考えました。

高齢者世帯で、医療機器を使用、
冬場の暖房も、電気でした。

発電機や蓄電池、ソーラー。

建築系の本格的な、屋根の上の太陽光発電は、
設備規模が大きく、とても導入は…と
スルーしてし来ましたが、
ある時、ベランダに小さな太陽光パネルが
設置されているのを見たことがありました。
ベランダ発電。

蓄電池を検索したら接続する、
ポータブルのもの
ソーラーチャージャーなんですね、名称。
趣味的に、アウトドア用、
車中やキャンプで電源に使ったり
台風の停電でも、防災用に予備電源として。

占いで、12月は吉方位
知恵とアイディアの時間空間を使ってみましたが、
効果がありました。
技術的なことに、やっと注目。

現在、住まいのリフォームで、
先日も室内のことを打ち合わせして来ましたが、
今は本当にキッチンやバス、洗面…設備が考え抜かれて、
使いやすく良くなって驚きでした。

住まいの防災と環境対策、新しいことを考えていけそうです。

未来を作り出すのは、楽しいですね。

未来の財を作るのは、占いの五行思想でも、
発想やサービス、人助け、子供や趣味の星だったりします。
財を生み出す、お客さんの星でした。

やはり、子供さんや若い世代、お客さんが未来の豊かさや幸せを。


12月の京都のお天気も最高でした。






Last updated  2019.12.12 05:21:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.26

良く、晴れました。
信州、長野県 諏訪大社 上社本宮さんの境内から撮影。

信州にルーツがある身内の建物の工事、管理。

おかげさまで、保険による備えを見直し。
親戚が、残していた課題、数年来の懸案も、とりあえずは対応、対策。

新たな用地の選定、契約、リフォームの企画。

信州から帰宅後、その室内リフォームの畳替えに、搬出したあと
クリーニングを経費節減で自分で行うことにいたしました。

畳の下の床板は、丈夫で木材として良いものがつかわれているそうですね。
現場を見ますと、なるほど…しっかり作られているのかな?との感想。

築年数もかなりですので、汚れホコリの除去を。

自分で作業しながら、あぁここが住まいになるんだなと、少しづつ
大事なプロセスのように思えて来ました。

掃除をすると運が良くなる。
以前から、いわれていますが、仕事面の悩みも、リフォームの相談で
耐震や補強、建物の耐久性のことなど、教えられることが多く
今後の建物管理の運営も、計画の見通しが…。

未来を支えていくものは、実は技術??
様々な工程が方向性を持って、成り立っていることに、
文系、空想、夢想系の自分には、その脆弱体質に?
よい薬となりましたw

╰(*´︶`*)╯♡

心境の変化。
実は、占いファンには、お馴染みの10年運の変化が私にも
ついに来ましたのでした。

現実を見すえて、着々と積み重ね、財に行動する、
四柱推命の正財の星が巡って参りました。

前の10年は、他者の財星でしたが、今度の10年は
自ら、正面から取り組む期間の到来。

結構、来てます!

ダイレクトに運を良くするのは、特に?
床みがき。
特には?玄関やトイレ?
でしたよね。







Last updated  2019.11.26 23:26:40
コメント(1) | コメントを書く
2019.11.21
占いの世界って、キレイで神秘的で、美味しい成功お宝への近道?
って、どう考えても、人を招くための宣伝だよなと思える年齢になったのでした。

が、数年ぶりに、占いの先生に鑑定していただきました。
本格的な経営の相談でした。

その日の夜、就寝中に夢を見て、古い建築物が倒壊しているのをみました。
そして、亡き家族と一緒に仲良く、引越しの用意をしている夢を。

新居に、亡くなった妹や父と一緒に行きたかったという希望が、
かなっていた?のでした。

目覚めて、新しい自分になっている気がしました。
すっきり、さわやか。

その占いの先生は、さりげない会話でも、人の気持ちの深層に、浄化を
与えてくれたのでは??

いや、実はこちらも予想
何で?占いで。w

占いの先生を、どんな人かを占いで、
自分の勉強と人を見る目で☆☆☆


心に浄化を与えられる人。

人さまって、実はこんな?
救世主に出会えたかのような
こうしたショックを、まさか、人間嫌いの私が。

人さまから、何を受け取れるか?
そう、自分の器?もあったり?

そして…最後にどうするか決めるのは、私。

大切なのは、私が無心になること。

たとえ、答えは先送りにしたとしても。
大事なのは、今の自分??

驚きの体験でした。






Last updated  2019.11.22 04:35:30
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.10

秋を通り越して、立冬。
ついに冬が到来。

陰陽五行、暦の季節の循環。

草木の伸び盛りの春に、まばゆい炎の夏は、すでに終わり…
秋を迎え、落葉と冬枯れの季節へ。

過ぎゆく春や夏の栄華に、エネルギーを最大限に開花させていた人々には、
人生後半の、失われていくもの、寂しさや燃え尽きた気配を嘆く声も…。

その一方で、不遇&不完全燃焼の青春や前半を越えて、
秋冬の充実ぶりを迎える?星回りがあるのでした。

エネルギーを出し過ぎずに、忍耐で備蓄に回していたんですねー。
日陰に生きたキノコちゃんや…
小さな花で、香りが良い柑橘類や根菜、お芋ちゃんですね。w

その実を結び、根っこのところにお宝ちゃんが♡

こうしたものかもです。

気がつくと、秋冬の主役に?
天高く、澄んだ空気の青空 そして秋冬の星座、星空。
冬の朝、雪景色。

陰陽のサイクル。

陽気の、前半の伸びゆく力に
陰の後半の結実して収まり行く力

冬のパワーの素晴らしさ。
火を囲んで、家族の団らん、コタツや鍋の季節に。

親愛や結束、信じること、信用。

陰陽五行の北、冬枯れと雪や水と氷の貯蓄パワー。
















Last updated  2019.11.10 00:37:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.03
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新しい高校地学の教科書 (ブルーバックス) [ 杵島 正洋 ]
価格:1375円(税込、送料無料) (2019/11/3時点)




 サイエンスの読み物…
懐かしいです。
 私の好きな星占いや
冬至から夏至への陰陽のサイクルの気象
天文暦法?に近い分野でした。
古代に生まれた占い、古代人の自然への見方や、
仕組みへのリスペクト?は、
実はこれがルーツで現代に科学になって継承?

 サイエンスのロマン。

 地球って、磁石なんですね。この星自体が。

羅針盤が発明されたときに、どう使うか、そこに方角占いが
セットになっていた?のでした。

 気象の大気・海流…
東洋医学もからだを冷やすこと、あたためることが言われますが
地球の循環のサイクルは、易の陰陽の世界でした。






Last updated  2019.11.03 10:08:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.02
令和になって、洪水の大災害、
火災で城や文化財が炎上。

 人の世としてみると
大変悲しく、深刻な事態ですが、

こうしたときこそ、思い描く力で
地球規模で考えることにしてみたのでした。

 大規模な山火事で、かわいい動物ちゃんたちが
逃げ遅れて、命を。
植物も燃えてしまう。

しかし、その焼け跡に、新しい芽が。
時到れば…
動物ちゃんたちも、たくましく集まる。

洪水の大災害の後には…植物をはぐくむ
栄養分を含んだ泥が、新たに運ばれてきているのでした。

大自然の、水や火の猛威。
人の力では到底その勢いは…

そしてその後に、

大自然の世界では、次の物語が始まる。

占いの象徴の星の集合離散も、そうした破壊や崩壊も織り込まれた
命運を?

五行思想の
火の夏の季節の次に来る、穏やかな、黄金の実りの秋。
水の冬の次に来る、木々が芽吹き花咲く春。

地上の役目を終えて、天に生まれる命。
永遠の神々の世界。

地球惑星システム科学というものがあることを知りました。

海に沈んだアトランティスの伝説や、星や物質が互いに影響を?
未来を知りたい占いから、科学が生まれ…

幸せな大バカものになって、
地球のゆりかごで、宇宙を漂うのでした。
果てしない航路。

永遠の時間。












Last updated  2019.11.02 01:31:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.26
10代で、占いの世界を知り、あれから40年。

奇門遁甲を、自分の生年月日&時間で、生かす秘宝も学び、
効果を出すスタイルを実践。

そして、ついに念願の自社ビルを実現。
と、思うこともできるのでありましたが、実のところは、実家を処分して数年。
小さい住まいに、住み替えなのでありました。

ではありますが、交通アクセスの利便性がある用地を、うちとしては、限界予算内で
見つけたことは、かなりの幸運でした。

やはり、開運効果はあったのかも☆☆☆

障害もあったり、あまり見栄えの良くない、才能や実力もとほほんチャンな私にも
実は、大変な幸運があったのでした。

自分を守る、入れ物や器の星が、社会運、評価の位置にあるのでした。
これは、自分の環境、自分の家や、所属してるグループ、自分の入れ物や、人に
そうした環境を提供する、お守りする、あるいは学び、賞を得るという星があるのでした。

印星、印綬の星。

要するに、自分は大したことないが、家や親や、環境、学歴や、門閥に、
所属にちょい良いって、それ…やな奴ってことね。笑

なぁに、良い星とは、その一族の中で、その村の中でさ、まぁええ方やんけって。
なぁんだ、そうねぇ。そうだがね。

ん、でもぉ、風水の教えサァ、物は神様がお作りに、なられて、みえないパワー強かです。
こぎゃんと素晴らしかこと、他にあると?

物がわっしのお守りになるとよ。

気がつくと、自分と家族の小さな庭がある家を手に入れたのでした。

もしかして、自分の城?秘密基地?
独立して、自分の世界を。

これは、自然界の動物の法則からしても、小さな縄張りと安住の巣が出来たって
かなり、前進。良いこと?そう、世の中って超厳しい嵐が吹き上げまくり、災害の時代。
大打撃の時代。
まずは、人生の険しい道に、ホームグラウンドを。ベースキャンプを。

私には、ぬいぐるみちゃん館…だね。

幸運の女神さま、龍神さまをお招き出来るプチ桃源郷を。

この数年、賃貸派でしたが、持ち家派になってしまいました。

映画のバットマン ビギンズで? ギャングのボスから、若き主人公が
お前なんぞは、所詮は王子様なんだ、こんなとこへ来るなと、言われたり、
罪悪感を抱えて、東洋の忍者の世界を彷徨う話は、私にはかなり☆
痛かったのでした。( T_T)\(^-^ )


そう、自分の城にこもり、
青ひげ公になることも、
ドラキュラ伯になることも、
気分だけ、ダークヒーロー  
バットマンになることも?

オタクの時代が来て良かったよね。

(-.-;)y-~~~






Last updated  2019.10.26 22:42:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.22
令和のお代替わり、即位礼正殿の儀の日

私は、偶然ですが、人間関係、仕事関係が良くなるとされる
青龍返首、せいりゅうへんしゅの吉方が前日に巡りまして、
本日を滞在先にて迎えました。

御皇室の文化に、本当は古来からの開運縁起を、
たくさんのことを、学べるのですが。
時期的にも良かったのか?

昨夜は、いつもと違う夢をみました。

10代の頃の当時の友人、その後、仕事を独立したとは、
きいてはいましたが、
彼から、家の仕事の引き継ぎや、事業のために、
商店街の用地をどうするか不動産の相談を受けている夢を。

それは、私がして来たことでもありました。
改めて、自分の体験もひとのためになるのだと、友人から
教えられたのか。

ささやかに経営話は、ちょいハズカシ。

そうしてみると、大嫌いだった学校も、知らない世界のご家庭の
御子息がたと一緒で、実はいい影響を、知らずに受けていた?

学校を退学して、他校に転入した
彼も、後に起業したと風の便りで聞いてましたが、このタイミングで
思い出すとは。

当時、僕が、試合で得点したら、喜んでくれたなぁ。
仲が良かったわけじゃなかったけど、時代を展望した書籍を読んでいて
すごいやつだと、私も驚くような人でした。

まさか、この日に夢で再会って、開運方角恐るべし?

今、仕事に新たなスタイルを考案中であります。
開運環境を取り込みながら、何を生み出せるか。

私に足りなかった、冷静さ、自信、静かな確信。
そうか、当時の彼のような雰囲気なんだ。

成功体験が、感覚としてよみがえったのでした。












Last updated  2019.10.22 08:42:37
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.