000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

フォトハウス表現研究所

PR

Calendar

Profile


sense1010

Category

Archives

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

表現研究所

2018.02.20
XML
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のHP
こんにちは、フォトハウス表現研究所を主宰している中川です。
ただいま、表現研究所の概念とかの枠組みを創っているところです。
美術、写真、映像、音楽、それに文学領域の研究をする所です。
それに加えて、食糧自給の方法なども実践的にとらえていきます。
大きくはグローバル化していく世界に対して、個人の自立がテーマです。
いまどき、こういうことすら注視されないほどに、内面喪失の時代です。
自分とは何か、現代的なテーマを抱えて、自己実現を表出していこう。
生きていくことの不安ではなくて、充実した自己実現を得ていこう。
気分の問題で、そのことに目覚めても、あきらめたらそれまでです。
フォトハウス表現研究所では、ワールド・カフェ方式で、場を設定します。
その枠組み創りに興味ある人、ここから始めていきませんか。
よろしくね。

フォトハウス表現塾が始まっています。
​フォトハウス表現塾のHP​
スタッフ募集しています。
興味を持たれたかた、お問合せください。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
レッスン内容など詳細はホームページを参考してください。
連絡はアマノコーヒーロースターズへ電話、中川へはメールでお願いします。
Tel&Fax(075)491-6776  mail:​pressnakagawa@yahoo.co.jp






Last updated  2018.02.20 10:15:17
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.31
カテゴリ:表現研究所
​​フォトハウス表現研究所のHP​​
フォトハウス表現研究所のHP
フォトハウス表現研究所は、現在、法人には登記していなくて任意団体です。
事業を行っていくのに、大きな障害はないと考えています。
世間的には、法人格を持つことで信用度が増す、というところでしょうか。
おおきな商取引をする枠組みでもなく、バーチャル空間に存在するものです。
フォトハウス表現研究所は集まった個人が「表現」を軸に研究する所です。
具体的には、事務局を構成し、研究会を開催したり、セミナーを開催したり。
教え教えられる関係ではなく、共同学習の場、として捉えればいいと思います。
この関係ではなくて、教える人教えられる人関係で「表現塾」を開講します。

表現塾では、只今、写真講座が開講しています。
その1は、ステップアップ方式で学ぶ「写真ゼミコース」です。
その2は、個別レッスン方式の個別カリキュラムで学ぶ「写真個別コース」です。
その3は、個別単独で不定期に実施する「写真セミナー」です。
順次、他のジャンルの講座も、準備しているところです。

写真を学ぶ場「写真講座」
これは、教える人がいて教えられる人がいる、という構図で、有料です。
この枠を、​アマノコーヒーロースターズ​の店内でおこなっていきます。
個別に学ぶ​写真を学ぶコース​と​、一年制カリキュラムで学ぶ写真ゼミコース
問い合わせは<AMANO COFFEE ROASTERS>へ電話してください。
Tel&Fax (075)491-6776 です。
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
又は主宰者中川へメール ​pressnakagawa@yahoo.co.jp ​ です。
フォトハウス表現塾のHP






Last updated  2018.01.31 08:36:01
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.23
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のHP
昨年の秋に「フォトハウス表現研究所」を設立しました。
当面は法人格を持たない任意団体として組織はネット上に置くだけです。
具体的には「フォトハウス表現塾」として<学びの場>塾を創っていきます。
その手始めに「写真」を軸に<学びの場>塾を生成させているところです。
フォトハウス表現研究所、その事業体としての構想を明らかにしこうと思います。

1、その構図のひとつは、研究講座の構成です。
研究講座は<学びの場>、塾機能、学校機能です。
フォトハウス表現研究所の所員になってもらって各自研究をおこないます。
この研究を支えるものとして研究会、ワークショップやシンポジュームを実施。
学びの場です。

2、構図の二つめは、発表の場を作るということです。
研究所としてはホームページを持ちますが、発表の場は個人が作ります。
個人が作ったものを、ネットワークすることで研究所の成果とします。
版権はもちろん個人に帰します。

3、構図の三つめは、学校機能、教え教えられる関係の<学びの場>です。
いま募集を始めた「フォトハウス表現塾/写真」の塾は、有料で行う塾。
有料といっても廉価で、事務経費と講師交通費程度の金額です。
どこにもできない講座、というのは個人対応を廉価でおこなうということ。
お金がない人は学べないという原則を排除していきたいと考えています。

このような内容のことを、以下、もう少し具体的に書いていこうと思っています。






Last updated  2018.01.23 15:20:17
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.10
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現塾のHP
フォトハウス表現研究所からのお知らせです。

フォトハウス表現塾の新規スタッフミーティングを開催します。

いよいよ大きな枠組みが出来あがってきたところの「フォトハウス表現塾」です。
すでに募集をはじめている写真講座の運営を含め、講師役のメンバーの特定とか。
運営スタッフの構成とか、研究会の開催等の案出とか、もろもろ。
この1月27日(土)の午後2時から、最初のスタッフミーティングを開催します。
場所は、アマノコーヒーロースターズの店内、テーブルです。
全くのボランティアではありませんが、収益が見込めるまではボランティアです。
新規にスタッフを求めています。
講師になってくれる人、運営してくれる人、集まってください。
呼びかけ人は、フォトハウス表現塾を提唱している中川です。
連絡はアマノコーヒーロースターズへ電話、中川へはメールでお願いします。
Tel&Fax(075)491-6776  mail:pressnakagawa@yahoo.co.jp
フォトハウス表現研究所のHP






Last updated  2018.01.10 22:06:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.01
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のHP
2018年、新年あけましておめでとうございます。
昨年、フォトハウス表現研究所を立ち上げたところです。
今年は、その内容をつくっていかないと意味ないなぁと思っています。
フォトハウス表現塾を企画して、写真を学ぶところから塾が始まります。
まだ塾生に応募される方がいらっしゃらないところですが。
表現塾の内容を企画したり運営したりするスタッフも求めています。
皆々様、今年もフォトハウス表現研究所、よろしくお導きください。
掲載のイメージは、フォトハウス表現塾/写真の講座を行う場所。
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。
https://www.facebook.com/good.coffee.kyoto
ただいまガイダンス受付しています。
フォトハウス表現塾のHP






Last updated  2018.01.01 10:59:54
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.29
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のHP
フォトハウス表現塾の写真レッスンでは、個別に対応を原則としています。
というには理由があって、最近の写真を撮るスキルを、ひとくくりにはできない。
たとえば、シニアの方で、パソコンやスマホがうまく使えない人には、そこから。
若い人で、スマホを使い、インスタやフェースブックを使う人にはその人流に。
スキルだけでいいというひと、写真論とか、深い知識がほしいと思っているひと。
人により、ニーズが違うから、その人にあわせて、カリキュラムを組み立てる。
個人別だからこそ、そういうレベルで写真制作に入ってもらって、アートを知る。
もちろん個別ではなくて、グループレッスン希望の方には、それにも対応します。
これまで学びの現場に携わってきたメンバーが、相談しながら決めていきます。
こんな学び方で、経費は最小、1~2年かけて全部受けても10万円前後です。
ただいま受講予約、事前面談予約、受け付けています。
主宰者中川繁夫またはアマノコーヒーロースターズへお問い合わせください。

facebook:https://www.facebook.com/sense.nakagawa
mail:pressnakagawa@yahoo.co.jp
掲載写真は、塾を開く場所、アマノコーヒーロースターズです。
AMANO COFFEE ROASTERS
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。
https://www.facebook.com/good.coffee.kyoto








Last updated  2017.12.29 23:29:28
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.11
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現塾のHP
かねてからアート表現する枠組みを考えてきたフォトハウス表現研究所。
たとえば写真なら写真の事を学ぶとき、このほかのジャンルの知識も必要です。
写真は比較的入門しやすいジャンルですが、奥を極めていくのは難しい。
でも、入りやすいところから入る、というのが大人になってからの学びかた。
絵画、写真、映像、音楽、文学、と大きくはこの五ジャンルにわけています。
それぞれのジャンルには、スキル、制作技術が必要になります。
それとは別に、ある種ジャンル共通の時代感覚というのがあると思います。
作品は、その時代の感覚を体現していくところに作られるものです。
それらはジャンルを越えた、知のワークショップで自らの中に共有します。
作家の要件を満たすべく学びの場をプログラム化する、これが研究所の役割です。
カリキュラムを持った塾が基本形ですが、その他の形式を組み合わせます。
講演会やシンポジューム、それに読書会などもありかと思います。
なにが始まるかは、集まる人たちの英知によります。
グローバル化していく時代に、豊かに生きる手法を手に入れよう。
そのはじめとして、フォトハウス表現塾で、写真講座をはじめようと思います。






Last updated  2017.12.11 15:18:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.05
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のHP
只今、フォトハウス表現研究所のコアメンバーを募集中です。
フォトハウス表現塾を企画・運営するスタッフの募集です。

フォトハウス表現塾が開熟しています。
2017.10~2018.3までは、プレ開塾期間とします。
表現塾は2018年3月迄、毎月第三土曜日に開塾です。
正式開塾は、2018年4月京都で始まる写真塾からです。
写真講座の詳細はフォトハウス表現塾のHP見てください。

「フォトハウス表現塾/メイン」講座12月の開催案内です。
2017年12月16日(土)
午後2時~午後5時
開塾場所は、兵庫県尼崎市の「アルナイル」 alnair
参加費1000円、会員500円
研究テーマは「プロヴォーグの時代1970年代から、そして今」です。

主宰は中川繁夫
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
フェースブックに連動させているので応募は☝ここからお願いします。

フォトハウス表現塾/メインの研究テーマです
「現代アートと写真の現在、その動向」 2017.10.21
「コンポラ展の時代1960年代から、そして今」 2017.11.18
「プロヴォーグの時代1970年代から、そして今」 2017.12.16
「柄谷行人著「日本近代文学の起源」を読む」 2018.1.20
「東松照明の軌跡とその周辺」 2018.2.17
「関西の写真史、1950年代以降、そして今」 2018.3.17
フォトハウス表現塾のHP








Last updated  2017.12.11 14:47:35
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.29
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のホームページ

フォトハウス表現研究所です。
只今、コアメンバーを募集中です。
フォトハウス表現塾を企画・運営するスタッフの募集です。

フォトハウス表現塾を開きます。
2017.10~2018.3まではプレ開塾期間とします。
正式開塾は2018年4月を予定しています。

主宰は中川繁夫です
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
フェースブックに連動させているので応募は☝ここからお願いします。

☆2017年10月から開熟しています
「フォトハウス表現塾/メイン」講座です。

次回開塾は2017年12月16日(土)
午後2時~午後5時
開塾場所は
兵庫県尼崎市の「アルナイル」 alnair

参加費1000円、会員500円
研究テーマは「プロヴォーグの時代1970年代から、そして今」です。
 
表現塾は2018年3月迄、毎月第三土曜日に開塾です。

☆フォトハウス表現塾/メインの研究テーマです
「現代アートと写真の現在、その動向」 2017.10.21
「コンポラ展の時代1960年代から、そして今」 2017.11.18
「プロヴォーグの時代1970年代から、そして今」 2017.12.16
「柄谷行人著「日本近代文学の起源」を読む」 2018.1.20
「東松照明の軌跡とその周辺」 2018.2.17
「関西の写真史、1950年代以降、そして今」 2018.3.17
内容詳細は、別途、記事にしています。










Last updated  2017.12.11 14:47:05
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.02
カテゴリ:表現研究所

フォトハウス表現研究所のホームページ
こんにちは、フォトハウス表現研究所の主宰者中川です。
来年4月から開塾予定のフォトハウス表現塾/写真講座の話です。
開塾場所はアマノコーヒーロースターズさんのお店のテーブルを借ります。
京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F、です。
掲載の写真は、ここで7月17日に開催されたライブの模様です。
この12月24日にも、この会場でこのグループのライブが行われます。
講座としては写真制作を中心ですが、ほかの講座も順次開塾と考えています。
レッスンはマンツーマン形式で、カメラ(写真)の基本から写真制作の応用まで。
36種のレッスン項目を考えていまして、自由選択してもらうカリキュラム。
というのも「学び」の内容は、経験から各人によってさまざまがふさわしい。
ふつうは採算が合わないとかで、こういう対応はしませんが、ここではします。
ワンレッスン120分でひとり3000円を考えています。
ただいま、別途、レッスン表を制作中のところです。
​​






Last updated  2017.11.02 17:25:31
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.