3108081 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bar UK Official HP & Blog(酒とピアノとエトセトラ)since 2004.11.

2006/10/19
XML
カテゴリ:BAR
 神戸のオフィスに先日仕事で立ち寄った後、同僚らと中華街(南京町)で軽めの夕食。その後、1軒BARをはしごした後、僕は同僚らと別れて、ひとり南京町からさらに南の「海岸通」方面を目指した。Charlie Brownに導く路地

 「あのBARは今どうなっているだろうか?」とふと、思い出したから…。「店じまいした」という噂あるが、それが本当かを確かめたかったこともある(写真左=こんな暗い路地の奥に素敵なBARがあるなんて…)。

 神戸に行っても、この港に近いエリアまで来ることは今では少ない。オフィスや小さなブティックやカフェばかりで、夜は人通りの少ない、静かなエリアになる。

 だが、昔、20数年前、神戸で仕事していた頃は、夜は結構華やかだった。外国人船員相手の酒場、いわゆる「外人バー」が数多く集まる歓楽街としても知られていた。

 海外からコンテナ貨物船が着くたびに、陸(おか)に上がった船員たちが集い、店内からは賑やかな声が、さまざまな国の言葉で、表通りまで漏れ聞こえてきた。国籍はデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ギリシァ、イギリス、タイ、フィリピンが多かった。Entrance Of Charlie Brown

 表のドアに「日本人お断り」と掲げた店が多かった。日本人は船会社の関係者くらいしか出入りできなかった(店が、外国人船員と日本人客とのトラブルをおそれたためらしい。)。

 そんな「外人バー」の名残りを伝える酒場は、今では数えるほど。朝着いたコンテナ船が夕刻にはもう出港してしまう現在、船員たちは陸に上がって酒場に癒しを乞うこともできない(さびしい時代になった…)。

 いま、元町界隈の酒場には外国人船員の姿はほとんどなく、BARで目立つのは日本の若者ばかり。かつての「外人バー」はさびれ廃れ、今残る店はほとんどが「日本人もウエルカム」だ(写真右=怪しげな灯りがいいなぁ、このエントランス)。

 僕がこの夜思い立ち、向かったのは、そんな昔の「外人バー」の1軒、「チャーリー・ブラウン(Charlie Brown)」という店。通い始めたのは20数年前。マスターは、「キディ」という愛称のデンマーク人(男性)だった(本名は「キディ・プリスコフ(Kidde Priskov)」と言った)。Charlie Brown

 彼自身、デンマークの船会社の船員だったが、縁合って訪れた神戸を気に入り、そのまま居ついてしまったらしい(そういう外国人・元船乗りは神戸に実に多かった)(写真左=とりあえず通りに面した青いネオンが目印)。

 中華街から南へ歩いて数分。一見さんは絶対に見逃しそうなビルとビルの間の実に細い、暗い路地の奥に、その酒場はあった。紹介者と一緒でなければ、勇気が出ず、とても入れないようなロケーションにある。

 まさに「究極の隠れ家BAR」と出合い、僕は一目惚れした。キディは日本語は少しは話せるのに、無駄口も愛想もほとんどなしという静かな男だった。僕には、そんなキディの所作がとても格好よく映った。

 神戸を離れた後も、年に数回は、キディの顔を見に訪れた。決して珍しい酒があるわけでもない。ただその怪しげな空間が何よりも好きだった。だから、一緒に連れて来る人は、大切な人に限った。開かれたドアが招くよ

 そんな「チャーリー・ブラウン」だったが、突然の病(後に知ったが、白血病だったという)がキディを襲う。闘病中も時々店に出ていたが、少しつらそうな姿で接客していた。そして1994年、別れを言う間もなく天国へ旅立ってしまった。まだ50歳の若さだった。 

 キディの早すぎる死は、この酒場を愛する人間に取って、むごすぎる現実だった。彼が入院中、そして亡くなった後もしばらくの間、彼の妹と言う女性がカウンターを守った。

 さらにその後も、関係がよく分からない外国人男性が店を仕切っていたが、キディのいない「チャーリー…」には、しばらくは近づく気が起きなかった(写真右=ドアを入ってすぐ右にはキディが愛したジュークボックスが…今も)。

 しかし、僕の若き日の思い出が染みついた「チャーリー…」。この夜に躊躇はなかった。随分と久しぶりなので、店への道順も若干忘れ気味だったが、何とかたどり着けた。Charlie Brownの店内

 店には常連らしい年配の女性客が1人。カウンター内には、初めて見る高齢の女性が1人いた。頼んだウイスキー味わいながら、僕が昔、この「チャーリー…」によく通ったことやキディという名のマスターがいた思い出などを話した。

 すると、その女性が僕に近づいてきて、「私、キディの妻だった人間です。律子と言います」と話した。

 生前、キディは家族などプライベートなことは一切口にしなかった。長く日本に定住していたので、考えてみれば何ら不思議ではないのだが、彼に日本人の奥さんがいたことは少々驚きだった。

 聞けば、キディさんよりは9つ歳上で現在71歳という。シャイだったキディの思い出や近所の外人バーの「その後」などを語り合いながら、僕は律子さんと素敵なひとときを過ごした(写真左=たいした酒は置いてないけれど、実にあったかい雰囲気)。

 「キディ、素敵な店を残してくれて有難う。貴方の残した財産は貴方の愛した人にしっかり守られ、今も輝いているよ」。帰り道、僕は天上のキディにそうつぶやいた。

【Bar Charlie Brown】神戸市中央区海岸通1丁目2-15 電話なし 午後7時くらい~11時半 不定休  






Last updated  2006/10/19 08:11:42 AM
コメント(8) | コメントを書く


PR

Profile


うらんかんろ

Favorite Blog

「いかの下足ととう… New! はなだんなさん

緊急手術から2か月。 きんちゃん1690さん

LADY BIRD の こんな… Lady Birdさん
きのこ徒然日誌  … aracashiさん
猫じゃらしの猫まんま 武則天さん
久里風のホームページ 久里風さん
閑話休題 ~今日を… 汪(ワン)さん
BARで描く絵日記 パブデ・ピカソさん
ブログ版 南堀江法… やまうち27さん
イタリアワインと音… yoda3さん

Comments

汪(ワン)@ Re:Bar UK写真日記(74)/3月16日(金)(03/16) お久しぶりです。 お身体は引き続き大切に…
はなだんな@ Re:感謝!アクセス200万件突破いたしました/10月29日(日) うらんかんろさま 節目の数字達成(通過?…
erdep@ Re:GAROの悲しすぎる結末/7月17日(日)(07/17) ボーカルの現在。 嘘ばかりの、 傲慢な孤…

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.