2773028 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bar UK Official HP & Blog(酒とピアノとエトセトラ)since 2004.11.

2006/10/31
XML
カテゴリ:各地のBAR巡り
 東京からBAR好きの友人が遊びに来てくれたので、「久しぶりに、京都でBAR巡りを楽しもうか」と相成った。Bar Rosebank

 「さて、どこへ行きましょうか? 行きたいところ、ありますか?」「いやいや、お任せするよ」。そんなやりとりもあって、この夜出逢うBARは僕がチョイスすることに。

 こういう機会には、リスクもあるけれど、まだお邪魔したことのない店を中心に攻める。期待外れだったというようなリスクはあるが、素敵な店に当たったときの喜びは大きい。Bar Rosebank2

 1軒目。烏丸御池から北東へ少し行った、閑静な家並みのなかにある「Bar Rosebank」(写真左上)。オープンして2年ほどのまだ若い店。マスターのMさんはまだ30代前半だけれど、京都の老舗Bar「K6」出身の実力派。

 店名から分かるように、Mさんは今はなき蒸留所(銘柄)である「Rosebank」に殊の外、強い思い入れがある。だから、ボトラーズ(独立系瓶詰め業者)での「Rosebank」の充実ぶりは凄い。

 しかし、それよりも驚いたのは店内のインテリアのおしゃれなこと。普通のBARのような木目調の内装はあえて廃し、長い石のカウンター半分ほどに、右端から左端まで、本物の「せせらぎ」が流れている(せせらぎの水は循環するようになっている)。Yanagino

 そして、せせらぎの中に、1本の赤いバラ(写真右上)。それがスポット・ライトを浴びている。もう、なにをか言わんやである。せせらぎは、Rosebank蒸留所のそばを流れる川をイメージしたという。僕らはただただ、感心するばかり。

 さて、2軒目。京都と言えば町家である。最近は町家を活用したBARも多い。そんななかで、前々から一度お邪魔したかった寺町通近くの「Bar やなぎ野」(写真左)を訪ねる(「やなぎ」は「木へんに亜の下の横棒がない字」だが、パソコンの辞書でもなぜか出てこないなぁ…)。

 表通りの町家の門灯にかろうじて店名が読みとれる。それだけが目印。細い路地を突き当たり、左に折れると坪庭があり、小さな離れがある。それが目指すBARだ。Yanagino店内

 シンプルな空間と聞いてはいたが、ほんとに究極のシンプルさ。白木のカウンターの上には何もない。バックバーもない。ただ壁に一輪の花が飾られているだけ(写真右)。店名はマスターの珍しい苗字からとったとか。

 まだ時間が早かったせいか、僕らは初めての客だったよう。しかし、6、7人も入ればいっぱいになる。聞けば、来年早々、近くに移転する予定とか。もちろん、次に行く場所もまた町家だとか。楽しみだ。

 3軒目。木屋町の三条を少し下がった処。「コルドン・ノワール」(写真左)というオーセンティックBARを訪ねる。ここはかつては「Main Bar」という老舗があった場所だが、「コルドン…」もオーナーは同じだから、姉妹店ということか。コルドン・ノワール

 「Main Bar」は今は祇園・縄手筋の南方へ移転したが、落ち着いた店の雰囲気は「コルドン…」にもきちんと受け継がれている。良心的な料金で楽しめるので、また来たい。

 4軒目。10年ほどご無沙汰しているBARがあった。そこで、久しぶりに訪ねたのが「コルドン…」から、歩いてすぐの距離にある「Noily Bar」(写真右下)。ここも京都では今では老舗に近い存在かも。

 ビルの6階。カウンターからはガラス越しに京都の夜景が見える。飾り気のないBARだが、居心地はとてもいい。でも居心地がいいからと言って長居はできないのがBARホッパーの性分。Noily Bar

 5軒目。「コルドン…」で合流した友人の友人(京都在住)が、「お連れしたい店がある」と言うのでタクシーで一緒に向かったのは、「Chez Quasimodo」という店(写真左下)。

 二条通と高倉通が交わった処から北へすぐ。角地の町家にその店はあった。フランス料理店みたいな店名だが、そこは、れっきとしたオーセンティックBAR。

 温かい暖色系のライティングに包まれた店内。初めての人間には、中がそんな素敵な空間になっているとは、外からはとても想像できない。

 ジャズとシャンソンを愛するマスターは、物腰が柔らかく、優しそうで、親切を絵に描いたような方だ。Chez Quasimodo気が付けば、店の片隅にアップライトのピアノが1台。当然、少し弾かせてもらった僕。

 どこか友人の家の応接間にお邪魔したような居心地の良さ。ここももう一度ゆっくりと訪れたいBARだと確信した。

 さて、6軒目。もう時間(終電)も、体内のアルコールもそろそろ限界。で、最後の「締め」に、河原町方面へ戻る。

 最後に選んだBAR「文久」(写真右下)も町家の路地の奥。三条通りから二筋ほど北へ。Bar Bunkyu

 この頃になると、若干(いや、かなり?)酩酊気味。どうやって店にたどり着いたのか記憶が飛んでいるが、「やなぎ野」と同様、非常に見つけにくかったということだけは、はっきりと覚えている。

 「文久」も小さなBAR。聞けば、花屋の蔵を改造したのだという。店名も、文久年間(1861-1864)に創業したという花屋にちなむ。

 店(蔵)はたぶん10人も入ればいっぱいの広さ。でも、幸い客は少なく、僕らは極上の時間を過ごすことができた。

 京のBAR巡り。最後は、京都バーテンダーたちが注文して造らせたというオリジナルなモルトを頂いて、締めた。

 友人は「(京のBARを)十二分に堪能した」と言った。僕も、彼以上に堪能したかもしれない夜。千年の都は、夜の街も、訪れるたび新しい発見がある。

 【Bar Rosebank】京都市中京区間之町通押小路上ル 075-222-0114 【Bar やなぎ野】寺町通姉小路西入ル 075-253-4310 【Bar コルドン・ノワール】木屋町通三条下ル 075-212-3288 【Noily Bar】木屋町通二条上ル 075-221-2932 【Chez Guasimodo】二条通高倉東入ル石屋町 075-231-2488 【文久】河原町通三条上ル2筋目東入ル 075-211-1982(営業時間、定休日等は各店へお問い合わせください)

こちらもクリックして見てねー!【人気ブログランキング】






Last updated  2006/10/31 08:22:17 AM
コメント(8) | コメントを書く

PR

Profile


うらんかんろ

Favorite Blog

「ごはん入りお好み… はなだんなさん

ATC第9回新年会… きんちゃん1690さん

LADY BIRD の こんな… Lady Birdさん
きのこ徒然日誌  … aracashiさん
猫じゃらしの猫まんま 武則天さん
久里風のホームページ 久里風さん
閑話休題 ~今日を… 汪(ワン)さん
BARで描く絵日記 パブデ・ピカソさん
ブログ版 南堀江法… やまうち27さん
イタリアワインと音… yoda3さん

Comments

汪(ワン)@ Re:Bar UK写真日記(74)/3月16日(金)(03/16) お久しぶりです。 お身体は引き続き大切に…
はなだんな@ Re:感謝!アクセス200万件突破いたしました/10月29日(日) うらんかんろさま 節目の数字達成(通過?…
erdep@ Re:GAROの悲しすぎる結末/7月17日(日)(07/17) ボーカルの現在。 嘘ばかりの、 傲慢な孤…

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.