3664478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bar UK Official HP & Blog(酒とPianoとエトセトラ)since 2004.11.

2016/12/05
XML
15.ブラディー・メアリー(Bloody Mary)

【現代の標準的なレシピ】ウオッカ(50)、トマト・ジュース(100~200)、氷、レモン・スライス、ウスター・ソース、タバスコ、スパイス類(セロリ・ソルト等)、飾り=セロリ・スティックまたはバジリコの葉(お好みで)、氷 【スタイル】シェイクまたはビルド

 「ブラディー・メアリー」は、現代でもかなり知名度のあるカクテルです。カクテルブックで「パリのハリーズ・ニューヨーク・バー(以下「HNB」と略すことも)のバーテンダーだったフェルナンド・プティオ(Fernand Petiot 1900~1975)が1920~21年頃に考案した」と紹介されることが多いです(プティオ自身も、後年、概ねそう証言しています)。

 「ブラディー」(血まみれ、血みどろ)という名前は、16世紀半ばに、宗教弾圧で約300人ものプロテスタント教徒を処刑したという英女王メアリー1世(1516~1558)に由来し、その冷酷なイメージを表現したというのが定説となってきました(珍説としては、ベースであるウオッカの創業者「ウラジミール・スミルノフ」の名前が欧米人には発音しにくく、「ウラジミール」が転じて「ブラディー・メアリー」になったという話もあります → 出典:Wikipedia英語版)。

 しかし、1999年に出版された「Vintage Cocktails」(Susan Waggoner & Robert Markel著)や、2002年に米国の著名なカクテル研究家デイル・デグロフ(Dale Degroff)が著した「The Craft of the Cocktail」などは少し違う説を紹介しています。
 曰く、「当初、ハリーズ・バーでは『Bucket of Blood』(「バケツ一杯の血」の意)という名だった。しかし、その後常連客だったメアリーという女性の名にちなんで、『ブラディー・メアリー』に変わった。その客は相手の男性にいつも待ちぼうけを食わされ、寂しそうにプティオのつくるトマト・カクテルを飲んでいた。その様子がまるで、長期間幽閉されていた女王メアリーの孤独に相通じるものがあった」というです。えっ? 残酷な女王の「無慈悲」というイメージ由来ではなかったのか?

 極めつけが、2012年に出版されたハリーズ・ニューヨーク・バーの「100周年記念本(原題:HARRY’S BAR THE ORIGINAL)」。1967年発行の雑誌「News Week」の記事を引用する形で、プティオの驚くべき証言を紹介しています。プティオはハリーズ・バーを辞めた後、ロンドン・サヴォイホテルのバーを経て、1925年に米国へ渡り、1934年以降はニューヨークの「セントレジス(St. Regis)・ホテル」のバーでチーフ・バーテンダーとして活躍しました(このインタビュー時は66歳)。

 プティオはこう語っています。「(カクテル名は)ハリーズ・バーにいた若いスタッフが提案してきたんだ。(禁酒法時代、シカゴにあったナイトクラブ)『Bucket of Blood Club』を思い起こさせるって。そして当時、彼にはメアリーという名前の恋人がいたんだ」。本当なのかと思いたくなる証言の数々。今まで信じていた「メアリー1世」説は何だったのでしょうか…。

 なお、考案の経緯や作者については異説もあります。代表的な説として、以下のような4つの説が伝わっています。

(1)ジョージ・ジェッセル(George Jessel)なる喜劇俳優が1939年に考案し、フェルナンド・プティオに教えた(プティオ自身の後年の証言→出典:石垣憲一氏「カクテル ホントのうんちく話」=2008年刊)。ジェッセルのためにプティオが考案したという説も(出典:Wikipedia英語版)。
 ※同書によれば、プティオ自身は1964年、ある雑誌のインタビューで(ブラディー・メアリーが)自身の創作であることを否定し、「ジョージ・ジェッセルなる人物からレシピを教わった」と明かしているとのこと(ただし、一方で「現代的なブラディー・メアリーをつくったのは自分だ」とも言っているとか)。

(2)パリ・リッツホテルの「ヘミングウェイ・バー」で誕生した。考案の時期については不明(出典:Wikipedia英語版)。
 ※リッツホテルのチーフ・バーテンダー、コリン・ピーター・フィールド(Colin Peter Field)はその著書「The Cocktails of The Ritz Paris」(2001年刊)の中で、同ホテル内「プティ・バー」のバーテンダー、ベルナール・ベジタンの証言を元に、1940年代後半か1950年代初めに、常連客だった文豪ヘミングウェイのために考案したという説を紹介していますが、一方で、それを証明する証拠もないとも記しています。

(3)ニューヨークの社交クラブ「The 21 Club」のバーテンダーHenry Zbikiewiczというバーテンダーが1930年代に考案した(出典:同上)。※上記のジョージ・ジェッセルもこのクラブの常連客だったそうです。

(4)禁酒法時代(1920~33)に米国のもぐり酒場で生まれた「ブラディー・サム」(ジン&トマト・ジュース)のバリエーションとして、考案された。考案の時期自体は不明(出典:欧米の複数のカクテル専門サイト)。
 ※禁酒法時代、米国ではウオッカはほとんど流通していませんでした。もし、「ブラディー・サム」のバリエーションとして考案されたのだとしても、禁酒法廃止後の1935年以降のことでしょう(ウオッカが米国で本格的に普及するのは、第二次大戦後<1945年~>です)。

 ちなみに、1920~30年代の欧米のカクテルブックで「ブラッディ・メアリー」を収録している例は、なぜか見当たりません。個人的にはこれが不思議で、その理由をずっと探ってきました。

 前述のように、プティオが働いていたパリのハリーズ・バーでは、当初「バケット・オブ・ブラッド」と呼ばれ、程なくカクテル名は「ブラディー・メアリー」に変わりました。店ではそれなりに飲まれていたはずですが、1920年代の欧州で一般的なカクテルとして普及はしなかった(米国は禁酒法時代)ことは、20~30年代のカクテルブックに登場していない事実からも明らかでしょう。

 調べていくうち、その理由がいくつか見えてきました。まず、20年代前半のパリではカクテルに使える手軽な缶入りのトマトジュースはまだありませんでした(米国製の缶入りトマトジュースがフランスに初めて輸入されたのは25年前後です)。ウオッカも、ロシア革命(1917年)後、ソビエト連邦がウオッカの生産を一時禁止したため、西欧地域では急激な供給不足に陥りました。スミルノフ家などロシアから逃れた実業家が、ポーランドやフランスでウオッカ生産を再開するのは、1920年代半ば~後半になってからで、生産量もまだ需要を満たす程ではありませんでした。なので20年代、ハリーズ・バーで「ブラディー・メアリー」が提供できたとしても、その量はおそらくは限定的だったでしょう。

 プティオにはさらにもう一つ、予期せぬ出来事が起こります。1934年、渡米後迎えられたニューヨークのセントレジス・ホテルのオーナーから、「ブラディーという名は印象が良くない。カクテル名を変えるように」と強く要請されます。プティオは仕方なく、「レッド・スナッパー(Red Snapper)」という名に変更します。加えて、当時の米国ではウオッカがまだ十分出回っておらず、ベースもジンに変えざるを得ませんでした(なので、30年代の本では「レッド・スナッパー」の名で登場することはあっても、「ブラディー・メアリー」で紹介されることはなかったのです)。

 「レッド・スナッパー」は当初、米国では「味が平凡だ」と不評でした。そこでプティオは、塩、胡椒、レモンジュース、ウスターソースなどを加えて、味を複雑にする工夫を加えました。これが「トレンディ好き」なニューヨーカーに受けました。1939年、スミルノフ・ウオッカの米国内での輸入がスタート。翌年1940年には、米国で出版されたカクテルブック「The Official Mixer's Manual」(パトリック・ダフィー著)の第2版で、「ブラディー・メアリー」として初めて活字で紹介されました。
 そのレシピは、「ウオッカ1ジガー、トマト・ジュース2ジガー、レモン・ジュース3分の1ジガー、ウースター・ソース1dash、塩、胡椒(シェイク)」となっています。第二次大戦後には、輸入業者から「ブラッディ・メアリー」が「販促カクテル」として採用され、プティオの米国流アレンジは、まもなく欧州にも幅広く普及し、再び注目されるようになりました。

 ご参考までに、1940~50年代に欧米で出版された主なカクテルブックでの「ブラディー・メアリー」を紹介しておきましょう。

 ・「The Stork Club Bar Book」(ルキアス・ビーブ著、1946年刊)米 
 ウオッカ3オンス、トマト・ジュース6オンス、アンゴスチュラ・ビターズ2dash、レモン・ジュース2分の1個分(シェイク)

 ・「Trader Vic's Bartender Guide」(ヴィクター・バージェロン著、1947年刊)米
 ウオッカ1オンス、トマトレ・ジュース適量、レモン・ジュース2分の1オンス、ウースター・ソース1tsp、タバスコ1drop、塩、胡椒(シェイク)

 ・「Old Mr. Boston Official Bartender's Guide」(1953年版)米
 ウオッカ45ml、トマト・ジュース45ml、レモン・ジュース1dash(ビルド)

 ・「Esquire Drink Book」(フレデリック・バーミンガム編、1956年刊)米
 ウオッカ1ジガー、トマト・ジュース2ジガー、レモン・ジュース3分の1ジガー、ウースター・ソース1dash、塩、胡椒(シェイク)

  ちなみに、「HNB」のオーナー、ハリー・マッケルホーンが著した「ABC of Mixing Cocktails」(1919年初版刊)では、初版も含め20年代に何度か重版が出た際も「ブラディー・メアリー」は収録されていません。1986年の改訂版になってようやく初めて登場しました。

 なお、プロのバーテンダーなら常識でしょうが、トマト・ジュースを「クラマト・トマトジュース」(貝のエキス入り)に替えると、「ブラディー・シーザー」という名に変わります。また、ベースをテキーラに替えると「ストロー・ハット」に、ビールに替えると「レッド・アイ」に、また、ブラディー・マリーそのものをビールで割ると「レッド・バード」というカクテルになります。

 日本で比較的知られるようになったのは、終戦後の1950年代からと思われますが、文献で登場するのは60年代に入ってからです。

【確認できる日本初出資料】「カクテール全書」(木村与三男著、1962年刊)。レシピは「ウオッカ45ml、トマト・ジュース200ml、レモン・ジュース1tsp、ウースター・ソース、塩、胡椒各お好みで」となっています。


こちらもクリックして見てねー! → 【人気ブログランキング】






Last updated  2019/07/14 05:36:05 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Profile


うらんかんろ

Comments

汪(ワン)@ Re:Bar UK写真日記(74)/3月16日(金)(03/16) お久しぶりです。 お身体は引き続き大切に…
はなだんな@ Re:感謝!アクセス200万件突破いたしました/10月29日(日) うらんかんろさま 節目の数字達成(通過?…

Free Space

▼Bar UKでも愛用のBIRDYのグラスタオル。二度拭き不要でピカピカになる優れものです。値段は少々高めですが、値段に見合う価値有りです(Lサイズもありますが、ご家庭ではこのMサイズが使いやすいでしょう)。

▼切り絵作家・成田一徹氏にとって「バー空間」と並び終生のテーマだったのは「故郷・神戸」。これはその集大成と言える本です(続編「新・神戸の残り香」もぜひ!)。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神戸の残り香 [ 成田一徹 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/5/29時点)


▼コロナ禍の家飲みには、Bar UKのハウス・ウイスキーでもあるDewar's White Labelはいかが?ハイボールに最も相性が良いウイスキーですよ。

▼コロナ禍の家飲みでは、少し贅沢な気分でシングルモルトも味わってみませんか? バランスの良さと爽やかなフルーティさで販売量世界一を誇る銘柄「グレンフィディック(Glenfiddich)」はいかがでしょうか。

Archives

Freepage List

My Favorites


おすすめCD


登場した主なBAR


登場したMUSICIAN


登場した主なお酒&カクテル


愛しの銘酒たち


「酒とピアノとエトセトラ」ご案内 


これまでに登場した忘れ得ぬ人たち


好きな画家・漫画家


好きなJAZZ&PIANIST


好きな洋楽ARTIST


好きな邦楽ARTIST


好きなWhisky


好きなFood


好きなWINE


心うたれた本


愛しのうらん/かんろ


旅は楽しい


登場した映画


言葉の玉手箱


My Original Cocktail


おすすめミステリー


バラ栽培日記


おすすめ「旨い店」


これまでに登場したBAR(エリア別)


BARって何?


うらんかんろの愛唱歌 in Bar「M」


人気ブログランキング


近頃飲んだ×××シリーズ


私的BAR入門講座


★徒然に撮った写真あれこれ


歴史に残る偉大なバーテンダー


禁酒法時代の米国


カクテル--その誕生にまつわる逸話(2012~13年版)


写真用HTML


知っておきたい法律知識


Harry's ABC Of Mixing Cocktails の真実


バーUK 店休日等のお知らせ


Bar UK 写真日記


改訂新版「カクテル--その誕生にまつわる逸話」


成田一徹・切り絵原画小作品カタログ(販売用)


カクテル・ヒストリア


リレー・チャレンジ


ITTETSU GALLERY


NARITA ITTETSU to the BAR


秋山徳蔵「カクテル(混合酒調合法)&前田米吉「コクテール」


ITTETSU GALLERY 全展示作品一覧(1)


成田一徹(1949~2012)プロフィール


ITTETSU GALLERY 全展示作品一覧(2)


Bar UK・ドリンクメニュー


Bar UK・フードメニュー


Favorite Blog

「続・なすの挽き肉… New! はなだんなさん

LADY BIRD の こんな… Lady Birdさん
きのこ徒然日誌  … aracashiさん
きんちゃんの部屋へ… きんちゃん1690さん
猫じゃらしの猫まんま 武則天さん
久里風のホームページ 久里風さん
閑話休題 ~今日を… 汪(ワン)さん
BARで描く絵日記 パブデ・ピカソさん
ブログ版 南堀江法… やまうち27さん
イタリアワインと音… yoda3さん

© Rakuten Group, Inc.