3658460 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bar UK Official HP & Blog(酒とPianoとエトセトラ)since 2004.11.

2019/07/07
XML
【カクテル・ヒストリア第6回】
 ブラディ・メアリー<前編>:その名は「女王」ではなかった?

 「ブラディ・メアリー」は現代のバーでも、かなり知名度のあるウオッカとトマトジュースの人気カクテル。この「血みどろのメアリー」について、意外な「裏話」を2回に分けて紹介したい。

 「ブラディ・メアリー」については、多くのカクテルブックで「パリのハリーズ・ニューヨーク・バー(写真左)のバーテンダーだったフェルナンド・プティオ(Fernand Petiot)氏が1920~21年頃に考案した」と紹介されており、本人も後年、概ねそう証言している。

 また、「ブラディ(血にまみれた、無慈悲な)・メアリー」という恐ろしそうな名前の由来については、16世紀半ば、宗教弾圧で多数のプロテスタント教徒を処刑した英女王メアリー1世に由来するというのが定説となってきた(珍説としては、ベースであるウオッカの創業者「ウラジミール・スミルノフ」の名前が欧米人には発音しにくく、「ウラジミール」が転じて「ブラディ・メアリー」になったという話も → 出典:Wikipedia英語版)。

 しかし、1999年に出版された「Vintage Cocktails」や、2002年に米国の著名なカクテル研究家デイル・デグロフが著した「The Craft of the Cocktail」などは少し違う説を紹介している。

 曰く、「当初は『Bucket of Blood』(「バケツ一杯の血」の意)という名だった。しかし、その後常連客だったメアリーという女性の名にちなんで、『ブラディ・メアリー』に変わった」。

 「その客は相手の男性にいつも待ちぼうけを食わされ、寂しそうにプティオのつくるトマト・カクテルを飲んでいた。その様子がまるで、長期間幽閉されていた女王メアリーの孤独に相通じるものがあった」という。 えっ? 残酷な女王の「無慈悲」というイメージ由来ではなかったの?

 そして極めつけが、2012年に出版されたハリーズ・ニューヨーク・バーの「100周年記念本(原題:HARRY’S BAR THE ORIGINAL)」。1967年発行の雑誌「News Week」の記事を引用する形で、プティオ氏の驚くべき証言を紹介している。プティオ氏は1934年に米国へ渡り、シカゴの有名ホテルのバーテンダーとなっていた(67年当時は66歳)。

 プティオ氏は言う。「(カクテル名は)ハリーズ・バーにいた若いスタッフが提案してきたんだ。(禁酒法時代、シカゴにあったナイトクラブ)『Bucket of Blood Club』を思い起こさせるって。そして当時、彼にはメアリーという名前の恋人がいたんだ」。本当なのかと思いたくなる証言。今まで信じていた「メアリー1世」説は何だったのか…。

こちらもクリックして見てねー!【人気ブログランキング】






Last updated  2021/06/11 12:21:17 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【カクテル・ヒストリア】(6)その名は「女王」ではなかった?(07/07)   雪穂1021 さん
読ませて頂いてて、とても飲みたくなる気持ちにさせる文面ですね。
いつかお邪魔します。
(2019/07/31 12:55:18 PM)

Re[1]:【カクテル・ヒストリア】(6)その名は「女王」ではなかった?(07/07)   うらんかんろ さん
雪穂1021さんへ

コメント有難うございました。Bar UKへのご来店、お待ちしております!  (2019/08/02 01:18:56 AM)

PR

X

Profile


うらんかんろ

Comments

汪(ワン)@ Re:Bar UK写真日記(74)/3月16日(金)(03/16) お久しぶりです。 お身体は引き続き大切に…
はなだんな@ Re:感謝!アクセス200万件突破いたしました/10月29日(日) うらんかんろさま 節目の数字達成(通過?…

Free Space

▼Bar UKでも愛用のBIRDYのグラスタオル。二度拭き不要でピカピカになる優れものです。値段は少々高めですが、値段に見合う価値有りです(Lサイズもありますが、ご家庭ではこのMサイズが使いやすいでしょう)。

▼切り絵作家・成田一徹氏にとって「バー空間」と並び終生のテーマだったのは「故郷・神戸」。これはその集大成と言える本です(続編「新・神戸の残り香」もぜひ!)。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神戸の残り香 [ 成田一徹 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/5/29時点)


▼コロナ禍の家飲みには、Bar UKのハウス・ウイスキーでもあるDewar's White Labelはいかが?ハイボールに最も相性が良いウイスキーですよ。

▼コロナ禍の家飲みでは、少し贅沢な気分でシングルモルトも味わってみませんか? バランスの良さと爽やかなフルーティさで販売量世界一を誇る銘柄「グレンフィディック(Glenfiddich)」はいかがでしょうか。

Archives

Freepage List

My Favorites


おすすめCD


登場した主なBAR


登場したMUSICIAN


登場した主なお酒&カクテル


愛しの銘酒たち


「酒とピアノとエトセトラ」ご案内 


これまでに登場した忘れ得ぬ人たち


好きな画家・漫画家


好きなJAZZ&PIANIST


好きな洋楽ARTIST


好きな邦楽ARTIST


好きなWhisky


好きなFood


好きなWINE


心うたれた本


愛しのうらん/かんろ


旅は楽しい


登場した映画


言葉の玉手箱


My Original Cocktail


おすすめミステリー


バラ栽培日記


おすすめ「旨い店」


これまでに登場したBAR(エリア別)


BARって何?


うらんかんろの愛唱歌 in Bar「M」


人気ブログランキング


近頃飲んだ×××シリーズ


私的BAR入門講座


★徒然に撮った写真あれこれ


歴史に残る偉大なバーテンダー


禁酒法時代の米国


カクテル--その誕生にまつわる逸話(2012~13年版)


写真用HTML


知っておきたい法律知識


Harry's ABC Of Mixing Cocktails の真実


バーUK 店休日等のお知らせ


Bar UK 写真日記


改訂新版「カクテル--その誕生にまつわる逸話」


成田一徹・切り絵原画小作品カタログ(販売用)


カクテル・ヒストリア


リレー・チャレンジ


ITTETSU GALLERY


NARITA ITTETSU to the BAR


秋山徳蔵「カクテル(混合酒調合法)&前田米吉「コクテール」


ITTETSU GALLERY 全展示作品一覧(1)


成田一徹(1949~2012)プロフィール


ITTETSU GALLERY 全展示作品一覧(2)


Bar UK・ドリンクメニュー


Bar UK・フードメニュー


Favorite Blog

「続^4・スパゲッテ… はなだんなさん

LADY BIRD の こんな… Lady Birdさん
きのこ徒然日誌  … aracashiさん
きんちゃんの部屋へ… きんちゃん1690さん
猫じゃらしの猫まんま 武則天さん
久里風のホームページ 久里風さん
閑話休題 ~今日を… 汪(ワン)さん
BARで描く絵日記 パブデ・ピカソさん
ブログ版 南堀江法… やまうち27さん
イタリアワインと音… yoda3さん

© Rakuten Group, Inc.