1310766 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぴあのこROOM♪

スイス♪

2000.5.24~6.2ドイツ&スイス&パリ♪
№③いよいよ列車にのって登山♪あこがれのスイスの山!!とっても楽しみ♪


世界一高い場所にある駅≪トップ・オブ・ヨーロッパ≫3454メートルから≪ユング・フラウヨッホ≫山の中へエレベーターがついてて・・・びっくり!一気に登って行きます 空気が薄いので走ったら≪頭が痛くなりますよ 気持ちが悪くなりますよ≫とガイドさんに言われてても 扉が開いたとたん「わぁ~!!」と皆につられ走ってしまい 言われた通り・・・ダウンしてしまいました (×_×;)車・船に弱い方は気をつけましょうね 空気の薄い所は要注意です!!六月の山はまだまだ雪も残り外は寒~いです
でも草花は咲いてました~あっという間に霧が出て この山も2・3分で真っ白で見えなくなり・・・霧が出ると今度は何分後に見えるのか?山の天気は変わります
「ガイドさんに残念ですねぇ今日は霧で何にも見えないから上の展望室に行ってもダメ!ですね氷の洞窟に行ったほうがいいですよ」と自信持って言われ そのように・・・ところが見えなくてもいいからとりあえず登った方が「霧が晴れてすっごく綺麗でした!最高だった!!」と帰りの電車の中で発言!
それを聞いたガイドさん「それはついてましたネェ 良かったですね」と一言!
皆さん山の天気は変わるのです(>_<)くれぐれもガイドさんの言うことを信用しないように・・・ちなみにガイドさんとは日本から一緒の添乗員さん
ずっと一緒に行動してて仲良くしていたので。。。つい信用してしまい失敗した一つの経験です
ベテラン添乗員ならば このくらい言って欲しかった!「あいにくすごい霧ですが山の天気は変わりやすいので無駄かもしれませんが最上階へ登って御覧下さい 運が良ければ霧が晴れて絶景が見えますから!」
ちなみにこの添乗員さんここ何年かヨーロッパ同行任務とかで ひどいときは全く同じコースを月2回行った事があると嘆いてました・・・私と友達はベテランならベテランらしくして!\(`o’") 。。。って思いました
でも彼女は私たちより一回り若くて・・・しょうがないのかしら?≪最高!!≫の景色を見逃して残念でならないスイスでした

ユング・フラウヨッホ4158メートルから 
目の前に見えるこの山も富士山より高いのです


ここからいよいよ世界一高いところを走る電車で登山です♪


私たち日本人には縁のない国境です 
10分くらいで何事もなく?(ガイドさんと観光客 総勢29人だったかな?)無事通過しました♪

私たちの宿泊ホテル
ここが1番良かったかな~ただヨーロッパのホテルらしく?皆が一緒にお風呂に入ると(各部屋で)お湯が出ないのよ~
半分くらいの人が使ったら出るようになるのよね!

ホテルの前は川♪もちろん雪解け水♪きれいでホントにいいところだった♪1泊はホントにもったいない。。。出来れば一週間ほどいたいよ~向こうの霧がかかってる山の中のその向こうへ明日は行くのです♪
ユングフラウ・ヨッホへ


スイスのどこか バスの車窓から




ユングフラウ・ヨッホ(4158M)
あなたの知り合いがいないかな~?だって・大阪・京都(グループ)・岡山・九州の方もいたと思うの♪あちこちから集合して関西空港から出発しました!
記念写真をデジカメで撮ったのでライトの光と月日をぼやかしてま~す
私はどこでしょう?(* ̄m ̄)ヒヒヒ♪




前のページに移動します♪ 次のページに移動します♪




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.