000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

魅惑のイタリアワイン

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

カテゴリ未分類

May 4, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、そろそろかな?と思って、セラーに残っていたこの銘柄の最後の一本を開けました。
我が家にやってきてからそろそろ7年を迎えるこのワイン。。。

こういうめぐり合わせはワインを長年飲んでいてもそうあることではありません。
あまりに感動したので、個人的記録として、ブログに残します。

正にベストタイミングとはこのことだと思いました。
素晴らしい!

本来のポテンシャルが全て味わえたのではないかと自負します。

使用グラスは、リーデルエクストリーム ピノノワール

以下に私のテイスティングコメント。

『開けたては、なめし革の香り、その重厚感がプンプンとグラスから漂っていましたが、ものの5分で濃密なブラックベリーとラズベリーを足したようななんとも魅力的な香りが・・・。

口に含むと。。一切の雑実の無い、滑らかな舌触り。クレームドカシスのような、果実味と乳製品の高度なバランス。味わいは樽由来のロースト香が絡むためか、見事なべっ甲飴を彷彿とさせる、上品で嫌味の無い甘み。
飲み下した後は、延々と続く深い余韻。。。その余韻は1分間を有に越える。』

おぉぉぉぉぉー

本当に素晴らしい!


ピークを迎えたこのワインは、スワリングをするとすぐにテクスチャが崩れてしまい、如何にギリギリのところでこの調和を保持しているのかが窺い知れる。

ボトルから注ぐ時も細心の注意で静かに注ぎ、出来るだけ状態を壊さないように気をつけた。
グラスへの量も少なめにしないと、最後の頃になってくると、落ち始めてしまうので静かに静かに楽しんだ。

嘗て、これ程までに、素晴らしい状態で楽しめた一本はなかった。

この恵みを感謝したい。


もし、このヴィンテージのこのワインをどこかで見かけることがあったら(保存状態にも拠りますが)、是非良い条件を整えて召し上がってみることをお勧めします。

多分この秋くらいまでが期限だろうと思います。

最高のメルロでした。






Last updated  May 4, 2009 01:25:53 PM
コメント(0) | コメントを書く


June 1, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
当ブログ開設、777日目だそうで、広場ニュース(メール)で知りまして、と言う事であれば、記念日記でもと言う事で久々に日記書きに来ました。

暫く来ないうちに楽天広場も色々と様変わりしているようで、最新の高機能エディタには既についていけそうにありませんね(爆)

ワインのほうですが、最近は専らお安いワインを中心にコスパに優れたものを発掘する楽しみに嵌っております。なかなか値段を上回るような美味しいワインにはめぐり合えないのですが、それはそれ、はずれを引いても面白いものです。

表現の仕方と言うのは、ワインであれ何であれ、色々とあるもののようで、各ワインメーカーの考えるベストなワインがそれぞれ違うという事が廉価ワインを飲んでみるとよりはっきりと自覚できるものです。
高価なワインばかりを飲んでいると、どうしても美味しいので、作り手がこの味の中で何を伝えようとしているのかを考えるまでも無いのですが、そうでもないワインは考えないとその趣旨がなかなか伝わってこないので、より、頭を使っているかもしれません(笑)

ま、それを判ったからと言って(実際は判ってませんが・・爆)もどうということもないのですが、楽しい時間の費やし方の内のひとつであるとはいえますね。現実的には自分にとって美味しいかそうでもないかで、頭の中で整理していけばよいのでしょうが、そういった無駄な事を考えていく事もそれはそれでボケ防止にはなるかと(笑)

そんな毎日を送っている今日この頃ですが、
皆さんは如何お過ごしでしょうか?
近況報告まで。。。






Last updated  June 1, 2006 06:37:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 28, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。もう既にお昼も過ぎておりますが、まだ酔い心地全開のまっきーです!

昨夜は私の主宰するワイン会でした。
今回は鉄板焼きを軸に美味しいワインを飲もう!という、だらしのない企画で(笑)相変わらず、私が食べたかったから鉄板焼きです(爆)
用意したお肉は
A4等級の前日光和牛サーロイン1キロ。(←これだけで2万弱・・滝汗)文句なしでウマウマでした(*^^*)

ワインは勿論全てイタリアもの。
トスカーナのキャンティ地区から3本
ブルネッロ地区から1本
ヴェネトから2本
フリウリのコッリオ地区から1本の

赤5本、白2本の合計7本です。

飲んだ順に紹介しますね。

1コッレ・デュガ・コッリオ・ビアンコ2004
≪シャルドネ・ソービニヨンブラン・トカイフリウラーノ≫



さっぱりとした口当たりでわかりやすい。麦わら色。
ミネラル分が豊富で少し硬めな印象。グレープフルーツの皮のニュアンス。

2ヴィニャルタ・シャドネイ2003
≪シャドネイ≫



黄金色、熟れたパイナップルの香り。蜂蜜、マンゴー、のような味わいとナッツやバターなどのクリーミーな口当たり。
なかなか!

3セッテポンティ・クロニョーロ2003
≪サンジョヴェーゼ≫



毎年何本も飲んでる、私の定番ワイン。
2003Vが入ってきたということで、早速飲んでみました。
02VINと比べると、遥かに酒質が濃く、樽もいやらしさがないレベルでとても美味しく仕上がっています。スミレ、ストロベリーの香り。

4シルヴィオ・ナルディ・メルロ2004
≪メルロ≫



元々、ブルネッロの作り手であるこの蔵が、初めてリリースしたメルロです。藁や、湿った土の香りの奥に、ダーク系のベリーを感じます。タンニンが強めなため抜栓直後は少々近づき辛いですが、徐々に開いてくるととても深みのある甘さがにじんできます。プルーン、黒胡椒のニュアンス。

5ヴィニャルタ・ジェモラ2001
≪メルロ・カベルネフラン≫



これもお気に入りのワイン。
日本ではあまり知られていませんが、アメリカでは割と人気があるようです。非常にやわらかい口当たりで、高級ワインの風格があります。惜しむらくは、やや、酒質が薄いか?しかしながら、この安定した美味しさは賞賛に値します。ブラックベリー、チョコレートのアクセント。

6レ・コルティ・ドン・トッマーゾCCR2001
≪サンジャヴェーゼ・メルロ≫



これも私の大好きなキャンティクラッシコリセルバです。毎年綺麗なサンジョヴェーゼを味わわせてくれます。下馬評では、過去最高の出来と謳われた97Vに匹敵すると言われていたのでかなり期待しましたが、やはりそこまでの出来ではなかったようです(汗)しかしながらスミレの香りやイチゴの味わい。料理に合わせたくなる素晴らしいワインのひとつです。

7フラッチャネッロ・デッラ・ピエーヴェ2001
≪サンジョヴェーゼ≫



本日のトリは、フラッチャネッロ01。このワイン、スペクテイター誌上で98Pのワインですが、一昨年購入時に2本開けましたが、あまりにも早過ぎたようで、ガチガチで頂けず、ほとんど無駄にしてしまいました(泣)今回は1年半セラーで休んでいてもらってからの、満を持しての登場でした。その出来栄えにはもう拍手です。口当たり、香り、味わい、余韻・・・・。よ~く出来ています。アフターにスパイスが感じられて、今回のお肉には持ってこいでした。


おまけ

祭りのあと






Last updated  May 28, 2006 03:14:47 PM
コメント(3) | コメントを書く
February 9, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんばんはー。
かおちゃんから書け書け言われましたので、
イタリアワイン伝道師のお仕事をちょこっと(笑)

このワイン、1999から飲み続けてます。
評価誌でのポイントは今一ですが、私は素晴らしくバランスのとれたワインだと思っています。

そもそも、モンタルチーノのワイン、個人的に大好きなんで、そう言った評価になるのかも知れませんね。
私はサンジョヴェーゼ好きなんですが、中でも、グロッソ、いわゆるブルネロ好きなんです。

ブルネロと言えば皆さんすぐ思い浮かべるのが、ブルネロディモンタルチーノでしょ。
もちろん美味いんですけど、それだけに高価。
でもロッソはその美味さを安価に感じさせてくれるとっても身近な存在なんです。ワイナリーにとっては、ブルネロを仕込んだ方が身入りは大きいけれど、現金化するまでに時間が掛かる。故に、資本を早く回収するために醸造期間の短いロッソを仕込み、ワイナリーの運営に支障のないようにしているわけです。
そうすることによって、ブルネロの質も上がり、私のようにお金のないワインファンにも喜ばれ、資本が回転する。良いことだらけですね。

で、いい加減レヴューを書けと?

はいはい、分かりましたって、では、

本日のグラス、リーデル・オヴァチュア・レッドワイン。

グラスに注いだ色調は、ふかーいガーネット。
香りは湿った土、白胡椒。フレッシュな割に、フラワリーな感じや、フルーツの香りはそれ程感じません。まだ閉じてるのかな?
口当たりはかなり柔らかめですが、アルコールの高さを感じました。
確認すると、14% 流石、暑い年だっただけありますね。
アルコールが高いと言うことは、そう、適度な糖度も残ってます。
もちろん、ベタベタ感はありませんよ。酸のレベルはこの糖度とのバランスがとても良い感じです。ここ数年のこのワインの中では秀逸なできだと断言できますね。綺麗な酸とタンニン=甘みのバランス。この価格ではなかなかありません。素晴らしいと思います。例年はもう少し線が細いのですが、今年(2003)は厚みがあり奥行きを感じる仕上がりです。今飲んで充分美味しいですが、熟成もかなり期待できると思います。

こんなんでいいかな?

このワインを扱っている商社に昨年蓼沼佐和ちゃんが入社しました。そう、あの「ゼロからわかる イタリアワイン」の著者です。可愛い人ですよ。

ゼロからわかるイタリアワイン/

来月東京でとあるN氏企画のワイン会が行われますが、先日彼女と電話で話している時にお誘いしておきました。来るって言ってましたから、そのワイン会に参加予定の方楽しみにしていてね。

では、次回はいつになるか分かりませんが、今夜はこの辺で(^^♪







Last updated  February 10, 2006 12:10:58 AM
コメント(2) | コメントを書く
November 22, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
このお祭、毎年、11月の第3土・日曜日に行われます。
2000年の沖縄サミットの時の晩餐会で乾杯に使われたスパークリングワインを造っているワイナリーとして有名です。サミットの時のワイン監修はかの世界ナンバーワンソムリエ田崎さん。

そんなワイナリーが実は甲州でもなく、十勝でもなく、栃木県は足利市の山奥にあること、知ってました??

ココファーム

私は4年前から知人達を募ってバスをチャーターし、このココファームで収穫祭を楽しんでいます。
中でも、毎年楽しみなのは勿論新酒!
過去3年間と比較しても、今年の出来は特に良かったように思います。
バラの花を思わせる上品な香り、タンニンも酸味も程々で、甘みもあり、初心者の方にも飲みやすいワインでした。
今回参加者は大人20名程度でしたが、25本以上カラにしたのは言うまでもありません(爆)

もう一つの楽しみは
画像奥に見えます、普段カフェのテラスとして利用されているデッキを特設ステージにしたコンサート。
クラシック、ラテン、ジャズと、様々なスケールで一流のプロの方々が演奏してくださいます。毎年、奥さまとお子様連れで、元CHACHAの勝俣さんもやってきますよ。

美味しいワインと空気、そして良い音楽、美味しいおつまみ。
最高の週末が味わえる場所です。

来年、あなたも如何?

画像ですか?酔っ払いの私です(爆)






Last updated  November 22, 2005 07:01:30 PM
コメント(6) | コメントを書く
November 17, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
そう、ボージョレ・ヌーヴォー。
毎年解禁日に飲むようにしております。

基本的にはイタリアワインラヴァーなんですが、
この日ばかりはおフランスに手を染めてしまうのです・・・(汗)
ま、お祭ですからね。

ヌーヴォー

気になる今年のできですが、
ココ数年の中ではかなりいい出来の年になっているようですね。
ヴィラージュのほうを頂くとその違いがはっきりとわかりますよ。

すでに4本を空けてのみ比べていますが(爆)
ドミニクローランの昨年モノがたまたま余っていたので、
先ほど5本目に開けて見ましたら、
これがナカナカの熟成具合で、昨年の出来よりも今年の出来のほうが良いのに、これには流石に今年モノもかなわなかったようですね。
いい作り手のワインは例えボージョレ・ヌーヴォーであっても
綺麗に熟成する事がはっきりわかりました。

流石、新樽200%の男の作るワインですね。

アテには骨付き仔羊の香草グリルを用意しました。

2005-11-17 20:49:12

簡単な作り方をこちらにアップしましたので
興味のある方はご覧くださいね。






Last updated  November 17, 2005 08:50:22 PM
コメント(8) | コメントを書く
July 24, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
こちらでのブログアップは・・・えーと?・・・。

げっ、ちょうど3ヶ月振りですね!

皆さんには如何お過ごしでしょうか?もう忘れられてるか^_^;


先日、数年振りにキャンプに行ってまいりました。
元々私はアウトドアな人間でして、
子供が生まれる前までは結構外でドンチャン騒ぎをするのが大好きなのでした。

今回、子供もそこそこ大きくなってきたので、
そろそろ復活しようと言うことで、お出かけしたのでした。

行き先は福島県天栄村にある、

「レジーナの森・コールマンキャンプヴィレッジ」です

ココは設備が整っているし、サイトも広く林間なので、
初心者からベテランまで楽しめる施設だと思います。

で、

もちろん外飯と来れば、ワインですね。

つまみは炭火焼の焼き鳥を岩塩と粗挽き胡椒で。

ワインは表題のご存知、LE SERRE NOUVE [2001]

このワイン、昨年ケース買いしていたんですが、
買った当初頂いたら、余りにも若くて刺激的過ぎた為、
ちょっと放っておいたんです。

今回のキャンプに持っていくに当たっては、
他の色々なワインと悩みましたが、
価格的にちょうどこなれているし、ワインに詳しくない方でも、
オルネライアと言う名前は聞いた事があるのでは?という
話題性から、こいつを選びました。

グラスはリーデル・オヴァチュア・レッドワイン

正直、味は期待していなかったのですが、
なかなかどうして、
抜栓直後から、むわ~んとした、ストロベリーとココアを混ぜたような香り。
やや、メルロ由来の若々しいハーブ香も感じます。
口に流し込むと、キメの細かいタンニンが、程よくとけ込み、甘さを放射してきます。正直、この変貌振りにはビックリしました。1年あまりでこんなに落ち着くとは・・・。01年と言うヴィンテージから、美味しく頂けるようになるまでにはもう少し時間が掛かるのでは??と、予想していたんですが、嬉しい裏切りですね、これは。

あまりにも美味しくて、ほとんど1人でカポカポいっちゃいました(爆)。

小雨の中のキャンプでしたが、野外で真夜中にひそひそごえで話などしながら飲むのもなかなかおつなものでしたよ。

機会があればまたやりたいですね。皆さんもこの夏1度くらい如何?






Last updated  July 29, 2005 10:44:53 PM
コメント(4) | コメントを書く
February 6, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりにワインのコメントなんぞちょろっと書いてみます。
先日楽天市場にしのよしたかで購入しましたワインの中からまずは

オレーノクロニョーロなどでワイン界においてもその成功を欲しいままにしているテヌータセッテポンティがシシリーに購入したフェウドマッカリにて作りだした表題ワイン、

【バラ1本単位:単価2480円(税込)】サイア2002フュード・マッカリ Saia[2002]
サイアのファーストヴィンテージ、2002年を試してみましょう。

ネロダヴォラのワインというと、なんとなくですが、タンニンが荒削りで、砂糖を添加したような甘みとその独特の香りで、どうも好きになれなかった私は、購入も敬遠しがちで、このサイアも発売になってから結構経っているのに1度も購入しようとは思いませんでした。なのに何故今回購入に至ったかと言うと、いつも購入しているクロニョーロが02ヴィンテージを迎え、その出来が今一つであると然る方に伺ったことと、そのタイミングで西野君に「であるならサイアはどうですか・・?・・」と薦められたからに他なりません。

その後何人かの方にもサイアのまずまずの評判を聞いていたので、安心して抜栓しました。

本日のグラスはリーデルオヴァチュアレッドワイン。
あまり大ぶりなワイングラスよりは
この程度のグラスからスタートしておいたほうが無難かと・・。

温度は常温スタート。
グラスに注ぐと、黒紫の絵の具を溶いたような液体がとろとろとしています。

常温なのにあまり香りは立ってこず、少々閉じ気味。
ファーストアタックは非常に滑らかでそこそこの酸味と重量感のある果実味が口の中に広がります。甘さも程よく、比較的飲みやすい印象。
kaoritalyちゃんが言っていた「ブラインドで飲んだらネロダヴォラとは判らないかも・・」と言うのもわかる気がします。
余韻など細かい部分に集中して味わうと、南のワインであることがわかってくるものの、トスカーナで作ったインターナショナルなワインといわれたら、「そうなのかぁ・・」と信用してしまうかも。

それ程、丁寧に作られている印象で、南イタリアのワインにありがちな野暮ったさや冒頭に書いたネロダヴォラな風情はあまり感じさせません。以前ベッティーニョさんに薦められて飲んだ

DON ANTONIO ドンアントニオ【2002】モルガンテ

と共通する感じがありますね。欲を言えばもう少し酸が欲しい。

今晩再度試してみます。






Last updated  February 6, 2005 02:18:45 PM
コメント(6) | コメントを書く
February 3, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
先月終了した仮面ライダーブレイド。

1年前子供と一緒に第1回放送を見た頃には
自分がこんなにはまるとは思ってませんでした。
それが放送が終了してしまうと、
「もう楽しめないのかぁ・・・。」と言う寂しさが湧きあがってきて、
こんな物たちへの消費行動に猛進しています。

何だか子供時代に購入できなかった欲求を
ここぞとばかりに晴らしているようでなんともお恥ずかしいのですが、
実物を見てしまうと、これが大変良く出来ていて、
コレクションしたくなるのはきっと私だけではないかと思うのです。
なんとこの1週間あまりで6体もゲットしてしまいました(←アホや)

いっぱい

これは写真では良くわからないのですが、
高さ32~3センチ程もある大きな物で、
それだけに細かい所まで大変良く作られています。

コインゲーム機のプライズ品とのことで非売品なのですが、
ネットオークションやネットショップなどでも販売されています。
この価格が適正かどうかは個人の価値観ですけれど、
私はこの出来では大変安価ではないかと思います。

また更に楽天で見つけてしまいこんなものまで(><)

仮面ライダーブレイド DX変身ベルト「ブレイバックル」

当然、私のウエストでは腰に巻けませんので、
ディスプレイ用としての購入です。
しかし、このお店安いです。
半値以下ですよ!!!と言っても興味の無い方には
ただのガラクタなんですけどね。。。

でも上の人形などご興味のある方はネットオークション覗いてみてくださいな 。






Last updated  February 3, 2005 09:05:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 16, 2004
カテゴリ:カテゴリ未分類
このあいだの月曜日から、
私の季節の風物詩、
「腰痛」
が始まりました。4トンロングに信号待ちでオカマ掘られてから
毎年の年中行事です。

例年は始まっても、暫く様子を見ていれば鎮静化していったのに、
今年は日に日に悪化した為、本日行き付けの「針」へ行って来ました。
昨夜などは仰向けも、うつ伏せも、横向きも痛くて、安眠することも侭なりませんでした。

針治療と低周波、マッサージとスポーツテーピングを施してもらって、痛みはやっと3割減って感じです。

私の仕事は立ち仕事なのでかなりきついです。
仕事も休めないし・・・。

耐えて頑張ります。針のセンセにはまた3~4日したら来てくださいと言われてしまいました。筋膜炎とかなんとか?かなり酷いらしい。腫れ上がってるんですって。(←強がってひとごとのように言ってみる)






Last updated  December 16, 2004 06:45:39 PM
コメント(7) | コメントを書く

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.