ピコプチルーム

第六話「技」

…森の中を歩く一同…
スエゾー「そーいや、サンダーてジオとかまいたち以外の技使えるんか?」
サンダー「うん。ブフとアクエスとアワとアギ。」
スエゾー「…せやったら、チョコモンとグミモンとアメモンはどうや?あんま見たことあらへん気ィするけど…。」
チョコ「え、ぼくはブレイジングアイスとプチツイスターとロップパンチとロップラッシュと…まぁ、そんなもんかな。」
グミ「僕の場合は~、ブレイジングファイアとプチツイスターとテリアパンチと空中プチツイスターと空中プチツイスターショットだよ~。」
アメ「オレのはブレイジングサンダーとプチツイスターとラカルパンチとダッシュツイスターだ。」
チョコ「で、あとはぼくらの合体技で…せーの。」
チョコ・グミ・アメ「ダブルタイフーン(二人の場合)とトリプルタイフーン(三人で)!!」

ゲンキ「へ~。みんな結構いろんな技使えるんだな。」
グミ「ま~ね~。ちなみに~、他にも僕にはテリアバルーンってのがあるんだよ~♪」
サンダー「…テリアバルーンもロップバルーンもラカルバルーンも攻撃技じゃないじゃん。」
チョコ「でもサンダーだって攻撃技以外の技持ってるじゃない。」
サンダー「…まぁね。…ディアとかメディアとかサマリカームとかパトラとか…あとはスィートスマイルとあまえるとなきごえとしっぽをふるとうそなき…かな。」
ゲンキ「へ~…てちょっと待て。今あまえる…とかうそなき…とかって聞こえたような気がするけど…技か?ソレ。」
サンダー「うん、一応ね。…でもま、あまえるとうそなきは使える相手が限られるんだけどね。」
一同「へ~。」

サンダー「!…なんか…いっぱい来るみたい…。」
グミ「え゛…なんかめんどくさそ~。」
チョコ「で、それあとどれくらいで来るの?」
サンダー「えっとねぇ…あ…ゴメン、分かんない。」
アメ「…圏外か?」
サンダー「そうみたい。…判定力外(?)って言うか…何て言うか…。」
スエゾー「分からへんのやったら意味無いやないかい。」
ゲンキ「…でも、たくさん来るって分かっただけ良いよ。」
サンダー「あ、そろそろかな。」

すると、草(木の)陰から、ダークハムやバトルクレイやケルベロスやロードランナーなどのワルモンの大群が現れ、襲い掛かってきた。
アメ「…どうする?サンダー。」
サンダー「ベツに進化しなくてもこのままで良いんじゃない?」
チョコ「分かった。…たまには良いよね♪」
アメ「じゃ、行くか。」
チョコ・グミ・アメ・「せーの『トリプルタイフーン』!!」
チョコモンとグミモンとアメモンは、三つの大きな竜巻を放った。
サンダー「…おれもたまには他の技使ってみるか。…『ブフ』!!」
サンダーは氷のつぶ(?)をはなった。

…一同戦い中…が、いっこうに敵は減らない。
ゲンキ「…くそ。全然敵が減らないぞ。」
ハム「敵が多すぎです。」

…すると、どこからか技がとんで(?)来た。
 「『ビッグバン』!!」
 「『ゴッドストライク』!!」
 「『アイビーム』!!」
その技は、ワルモン達にあたった。
ダークハム1「何奴?!」
その場に居た一同が振り返ると、そこには…
ゲンキ「…ビーナス、ガリ、ナーガ…。」
そう。ビーナスとガリとナーガそこにはが居た。
ダークハム2「な!お前らは…くそっ…ものども、ひけぇ~!!」
そう言って、ワルモン達は去って行った。

ホリィ「ビーナス、ガリ、ナーガ、久しぶりね。」
ビーナス「あぁ。」
ナーガ「ん?…何だ?今回はこんなちび達を連れているのか?」
グミ「な~んだよ~!!」
アメ「誰がちびだ誰が!」
サンダー「誰ってお前らだろ?成長期(おこさま)。」
グミ「なんだよ~!サンダーだって子供じゃないか!!」
サンダー「うん。おれ子供(ガキ)だよ?…ま、グミモンよりは上だけどね~♪」
…またグミモンとサンダーのケンカが始まった…。
ギンギライガー「…また始まった…。」
ガリ「…止めなくて良いのか?」
ギンギライガー「あぁ。あいつらの喧嘩は日常茶飯事だから。」
ライガー「いちいち止めていたら限がない。」
サンダー「…ライガーにいちゃんもギンギにいちゃんもそいつらの事知ってるの?
サンダーはグミモンをあお向けにして、その上に乗ったまま言った。
サンダーVSグミモン
アメ「サンダー、もう決着付いたのか?速いな。」
サンダー「うん。…ま、グミモン倒すのはすっごい簡単なんだけどね。」
チョコ「…ぼく一度も勝った事ないのに…。」
サンダー「ま、相性ってのもあるからさ♪…で、知り合いなの?」
ギンギライガー「あぁ、実は…。」
ギンギライガーとビーナスとガリとナーガは、自分達が昔ワルモン四天王だったと言うことを話した。

アメ「ギンギライガーってワルモン四天王だったのか?!」
グミ「…うそ…。」
そう言いながら、アメモンとグミモンは一歩引いた。
チョコ「そっか、そう言うつながりで知り合いだったんだ。」
サンダー「…でもさ、何でそのこと今まで話してくんなかったの?…もしかして、おれが引くと思った?
      おれが引く訳ないじゃん。だいたい、過ぎちゃったことはカンケーない――って最初に言ったの、ギンギにいちゃんだったろ?」
サンダーはそう言ってニコッと笑った。
ギンギライガー「…サンダー…。」
ニナ「そうよ、ギンギライガー。今は今、昔は昔。気にしちゃダメよ。」
ギンギライガー「…ニナ……あぁ。」
グミ「てゆ~か~、そんなんでイイの~?!」
アメ「そーだよ!ワルモン四天王だろ?!良いのかよ!!」
サンダー「良いの!…あんまり煩いと2人とも殺すよ?」
サンダーはアメモンとグミモンをにらんだ。…するとアメモンとグミモンは青くなって固まった。

…所変わってとある岩山…そこには先ほどゲンキ達を襲ったワルモン達と、それに加えて4つの影がいた。
影1「あんたたち!それでノコノコと逃げ帰って来たって訳?!」
ダークハム1「す・すみません!!…何せ途中から元ワルモン四天王がやって来まして…。」
影2「元ワルモン四天王?…ほう、奴等か…ちょうど良い。奴等にもう一度ワルモンにならないかと聞くのだ。」
影3「でもさ、もしソイツらが誘いを断ったらどうするんだ?」
影2「その時は…殺す!!」
影4「…なるほどな。…でも、サンダーまで殺すなよ。」
影2「あぁ、分かっているさ。…サンダーは我等の大事な力だからな。」
影2は、そう言うとニヤッっと笑った。

次へ♪


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.