ピコプチルーム

第十七話「司る」

…森で休憩している一同…
チョコ「…怪我、大丈夫?サンダー。」
サンダー「ヘーキだよ、チョコモン。」
ゲンキ「…ところでさ、サンダー。…サンダー、どうやってチャッキーから鍵を取ったんだ?」
サンダー「ん?…あぁ、アレ?…ベツに、そんな難しい事でもないよ。…だって、アイツから掏っただけだし。」
一同「掏った?!」
グミ&アメ「やっぱり;」
サンダー「…掏るのとか盗むのとかダメだ、って言われたけどさ、あー言うのだったら、ベツにいいだろ?掏ったりしたって。」
サンダーは、ニッと笑って言った。
オルト「お前な;…それ、長老に何回も怒られたろ?まだ懲りてなかったのかよ。」
サンダー「…そりゃ…確かに怒られたけどさ~。」
サンダーは、笑いながら言った。
ゲンキ「…オルト、長老って…誰だ?」
オルト「あぁ、オレが昔住んでた、ケルベロスの里の長老。」
チョコ「…サンダーって、魔界にいた頃も掏りやってたんだ;」
サンダー「うん。…だって、面白いじゃん。…モノを掏るとさ、その掏られた奴が、しばらくした後で、それに気付いて驚くんだよ~?」
グミ「そりゃ驚くに決まってるじゃんか~。…いままで持ってたハズのモノが無くなるんだからさ~。」
アメ「ま、確かに、掏るのも、驚く奴の顔も、面白いとは思うけどな。」
グミモンとアメモンは、溜息まじりに言った。
サンダー「な、面白いだろ?」
サンダーは、アメモンのほうを向いて、笑顔で言った。
オルト「…あのなぁ、サンダー…。」
オルトは、そんなサンダーの後ろで、呆れたように言った。
サンダー「……なんだよ。…オルトロスだって、昔は一緒に笑ってたじゃんか。」
サンダーは、オルトのほうを向かずに言った。
オルト「・・・・・・・昔と今は違う。」
サンダー「…なんだよ…オルトロスまで………何でオルトロスまで、グレイと同じ事言うのさ!」
オルト「本当の事だろ?」
サンダー「・・・・・・・・っ・・・。」
サンダーは、何か言おうとしたが、何も浮かばないようで、そのまま、逃げ出すように、その場から走り出し、森の中へ入って行った。
ホリィ&ニナ「サンダー!!」
オルト「…サンダーだって分かってるくせに。……逃げてんなよな。…未来なんだから。」
オルトは、走っていくサンダーを見ながら、ポツリと呟いた。
チョコ「……大丈夫かなぁ、サンダー。…独りで。……怪我だってしてるのに...。」
アメ「ヘーキだろ。…走ってった姿から見ても、元気そのものだったし。」
グミ「…オルト~、追いかけなくていいの~?」
オルト「・・・・・・・・・・・・・・。」

…そしてその頃、サンダーは走っていた。…全速力で。…しかし、しばらくして息切れしてしまい、そのまま立ち止まった。
サンダー「…何だよ…オルトロス……何で…。」
すると、サンダーの目から、何かが零れ落ちた。…涙だ。
サンダー「…みんな…変わっていくんだ…グレイも、ギンギにいちゃんも、オルトも…みんな…おれを残して……変わっていく…。」
サンダーは、泣きながら、そう言った。
 「…それは、オレも思ったよ。」
不意に、後ろから声がした。
サンダー「……何だよ、オルトロス。」
…そう。後ろから声をかけてきたのは、オルトだった。
オルト「…オレを残して変わっていくんだって、それはオレも思ったよ。……お前と、久々に会って、バトルした日に。」
サンダー「…オルトロスも…?」
オルト「そ。…お前さ、昔は防御するばっかだったろ?…なのに、ちゃんと攻撃もしててさ。…しかも、グレイはワルモンになってるっつーし。…ホント、変わってないのはオレだけだな…って思ってさ。」
サンダー「…そっか…じゃあ、そう言うこと考えてんの、おれだけじゃなかったんだ…。」
オルト「そう言うこと。…多分、グレイも同じこと思ってると思うぜ。」
サンダー「…そう…だね。…うん、思ってるよね。」
オルト「…さ、そろそろ戻ろうぜ、サンダー。…皆が心配してるだろうしさ。」
サンダー「うん。」
サンダーがそう言うと、オルトはニッコリと笑って、2人は皆の元へ戻って行った。

チョコ「あ!サンダー!お帰り~。…大丈夫?走ったりして、傷口とか開かなかった?」
サンダー「ヘーキだよ、チョコモン。…それに、このぐらいの傷なら、すぐ治るよ。」
チョコ「…なら、良いんだけど…。」
アメ「…ケドさ、結構傷深いだろ?…そんなにすぐ治るのか?」
サンダー「ヘーキだよ。…それに、今日は満月だし。…月の光を浴びれば、どんな傷だってすぐに治るよ♪」
サンダーは笑顔で言った。
ゲンキ「…そう言えばさ、ずっと不思議だったんだけどさ…“未来”って、どういう意味だ?…前、アメモンがサンダーのことそう言ってたし、今日だってオルトが…。」
アメ「あぁ、それ?…アレは、未来を司る者って意味。」
ホリィ「…未来を…つかさどる?」
サンダー「そうだよ。…おれはさ、タイムネットの世界で、未来を守ってたんだ。…んで、グレイが過去を守ってたんだ。…だから、おれが未来で、グレイが過去って呼ばれてるんだよ。」
ニナ「……サンダーは、未来だから、未来予知ができるの?」
サンダー「そうだよ。」
ニナ「…じゃあ、グレイは、過去を知る事ができるの?」
サンダー「そう。…グレイはさ、他人の記憶を読み取る事ができる、“過去察知”ができるんだ。…でも、あんま良い感じのもんじゃないから、グレイはあんまし使わないって言ってたけどね。」
ゲンキ「へ~、そうなんだ。」
ホリィ「…確かに、他人の過去を探るのなんて、良い感じのする物じゃないものね。」
グミ「そ~だね~。…ま~、その人にとって~、知られたくない過去とかもあるかもしれないしね~。」
グミモンは、ニッコリとしながら言った。
サンダー「…でもさ、グレイの過去察知、おれの未来予知と違って、完璧なんだよ。…その人が経験した事なら、その人が覚えてなくても知る事ができるんだよ。…例えば、生まれてすぐの事…とかさ。」
グミ「へ~、じゃ~すごいんだ~。」
サンダー「うん。」
ホリィ「…サンダーは、本当にグレイの事が大好きなのね。」
サンダー「……え?」
ホリィ「だってサンダー、グレイの事を話すとき、とっても嬉しそうに話すもの。」
サンダー「…そう?……そっか。…うん、グレイの事は大好きだよv…だって、グレイはおれのお兄ちゃんだもんvv」
サンダーは、嬉しそうに笑って言った。…そんなサンダーを見て、一同は少し心が和んだ。
嬉しそうに...



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.