ピコプチルーム

第二十一話「出来るなら」

――草原の上の崖の上…一同はそこにテレポート(瞬間移動)していた。
ゲンキ「…ここは…。」
ゲンキは、辺りを見回してそう言った。
ホリィ「…崖の上みたいね。」
それに、ホリィはそう答える。
ライガー「……上手く行った様だな。…珍しく。」
スエゾー「珍しくは余計や!」
ライガーの言葉に、スエゾーはそう抗議した。
グミ「下見て~、グレイがあんなにちっちゃ~い♪」
グミモンは、崖の下に見える黄色いものを指差してそう言った。
…その言葉に、一同も崖の下を眺める。
チョコ「本当だ。ぼく達探してキョロキョロしてる。」
アメ「あ、どっか行くぞ。」
チョコモンとアメモンは、崖の下の黄色いものを眺めながら、そう言った。
サンダー「……まさか本当に逃げ切れるとは。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほとんど冗談のつもりだったのに。」
サンダーは、一同の後ろでポツリと呟いた。その言葉に、一同は一斉に振り返った。
「冗談のつもりだったんだけどね...。」
オルト「……冗談…だったのか?;」
オルトは、静かにそう聞いた。
サンダー「うん。…だってまさか逃げ切れる、な~んて思ってもみなかったし、それ以前に皆がそっちを選択するとは思わなかったし…。」
サンダーがそう言うと、一同はがっくりと肩を落とした。
グミ「なんだよ~、それ~。」
ため息を吐きつつそう言うグミモン。
チョコ「…じゃあ、サンダーはグレイと戦っても良かったの?」
チョコモンは、訝しげに首を傾げてそう聞いた。
サンダー「そりゃ……できれば、避けたかった。…でも、それしかないなら、戦うべきだって、そう思った。」
サンダーは、目を伏せてそう言った。
アメ「…じゃあ、何で“逃げる?”なんて言ったんだよ。」
アメモンは、そうツッコミを入れた。
サンダー「あれは、反語だったんだよ。…後に言葉が続いたの。」
サンダーは、むくれる様にそう言った。
スエゾー「…せやったら、アレの続きって何やったんや?」
サンダー「あのね…“逃げるわけにいかないんなら、戦うしかないじゃん?”って言おうと思ったの。」
スエゾーの言葉に、サンダーはそう答えた。
ゲンキ「…そう…だったんだ…。」
ゲンキは、そう呟いた。
サンダー「そ。…だからまさか、逃げる事になるとは思ってもみなかったんだよ。………そりゃ、おれだって自ら進んでグレイと戦いたい、とは思わないけれども。」
サンダーは、一度大きく息を吐いて、そう言った。
アメ「…ケドさ、グレイがあーなったのって、イービルスパイラルを着けられてるからだろ?…だったら、それを壊しちゃえば、元に戻るじゃんか。」
アメモンは、人差し指をピンと立てて、そう提案した。
ゲンキ「そうなのか?!」
チョコ「うん。…イービルスパイラルは、イービルリングと違って受信塔がないのが厄介なんだけど、でも、壊しちゃえばその効力は切れるんだ。」
ゲンキの言葉に、チョコモンはそう答えた。
サンダー「・・・・・・・・いやいやいやいや、あのさ、チョコモン、アメモン。…目の見えないおれに、どうイービルスパイラルを破壊させろって?」
サンダーは、困ったようにそう言った。
オルト「…サンダー、そのイービルスパイラルを壊すのって、どうしても自分でやりたい?…オレ達には任せられないワケ?」
オルトは、真っ直ぐにサンダーの目を見て、そう言った。…すると、サンダーは俯いて考え込んだ。
ライガー「・・・・・サンダー。やはり…自分でケリをつけたい、か?」
ライガーは、静かにそう言った。
サンダー「…………できるなら。出来るなら、グレイはおれが、おれの力で助けたいし…護りたい。」
サンダーは、顔を上げてそう言った。
アメ「…ケド、出来ないんだよな。」
アメモンは、冷静にツッコミを入れた。すると、サンダーはちょっと落ち込んだようだった。
ゲンキ「なあ、サンダー。お前にはオレ達が―仲間がいる。…一人で全部背負い込もうとするなよ。」
ゲンキは、ニッと笑ってそう言った。…すると、サンダーの目から涙が流れた。
一同「サンダー?!」
一同は、サンダーの涙を見て驚いた。
何故なら、彼等は今まで、サンダーの涙を滅多に見た事がなかったからだ。
ゲンキ「あ、えっと…; そんなに嫌だったか?」
ゲンキは、うろたえてそう言った。するとサンダーは、フルフルと、首を横に振った。
サンダー「嫌なんじゃなくって……何か、嬉しかった。…そしたら、涙、出てきちゃって……。」
サンダーは、泣きながらそう答えた。
オルト「あ~…お前そういうのには、涙腺弱いもんな~。」
オルトは、苦笑してそう言った。
サンダー「だって~~~…。」
サンダーは、そう言いながら、泣き止もうと頑張る。
ゲンキ「え~っと…なぁ、サンダー。…ちゃんとオレらも手伝うから、だから、もう泣かなくていいから…な?」
ゲンキはそう言って、サンダーの頭を撫でた。
サンダー「・・・・・・・・・・・・・・うん。」
サンダーは、そう言って頷いた。

 (でも…それでも、グレイはおれが守りたい……それが、おれの債務だから…)
サンダーは、そっと心の中で呟いた。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.