ピコプチルーム

サンダー達の出会い

ある荒野の洞穴の中…その中にサンダーとライガーとギンギライガーが居て、外は雨が降っている。
ギンギライガー「じゃあ、ボクらは行ってくるから、サンダーはちゃんと留守番してるんだよ?」
サンダー「え、でもぼく今日行きたい所が…。」
ライガー「だめだ。サンダーはここに居て、絶対に外に出るな。」
ライガーはそれだけ言うと、走って外に出て行った。
ギンギライガー「…じゃあ、ボクたちは食料を取りに(奪いに?)行ってくるから、サンダーはちゃんとここにいるんだよ。」
ギンギライガーは、そう言ってライガーの行った方向と同じほうに走って行った。

数十分後…
サンダー「!…何だろ…なんかすっごいヤな感じ…。」
するとサンダーはヤな感じのするほうへ走って行った。
サンダー「ん~…、たぶんこのあたりだと…」
 「「「うわああああああああああ!!」」」
サンダーが言い終わるか終わらないかのうちに、誰かの悲鳴が聞こえて来た。
サンダー「!! こっちか!」
サンダーはすぐさまその悲鳴の聞こえたほうに走った。…すると、そこに居たのは傷ついて震えている耳と角の生えた3体のてるてる坊主と、それを傷つけたであろう小悪魔のような姿をした奴が居た。
傷ついたアメモン達
サンダーは小悪魔のような奴を思いっきり蹴飛ばした。
サンダー「…キミ、この世界のモンスターじゃないね?…デジモン…だね。キミ、そんな弱いものイジメして楽しい?」
小悪魔「あぁ、その通り。オレの名はイビルモン。…あぁ、たのしいな。…弱いものがオレに敵わないと知って、恐怖におのめく姿がな!」
サンダーはそこまで聞くと、小悪魔に噛み付いた。…が、小悪魔にはあまり痛くないようで、サンダーは軽く投げ飛ばされた。
投げ飛ばされたサンダーは、近くにあった木に直撃した。
イビルモン「…オマエ、このオレに勝てると思ったワケ?…この“イビルモン”様に?!」
イビルモンは、そう言いながらぐったりしいてるサンダーに近づき、サンダーを踏みつけた。
サンダーは、それに抵抗するように小さな電気を発した。…が、それもイビルモンには効いていないようだった。
イビルモン「ムダムダァ!オマエみてーなガキが、このイビルモン様に勝てるワケァないんだよ!『ナイトメアショッ…」
イビルモンが必殺技を放とうとしたその時!
 「「『雷撃』!!」」
青い雷が2つ、イビルモンに当たった。一同が青い雷の飛んできたほうを見ると、そこにはライガーとギンギライガーが居た。
ギンギライガー「サンダーからその汚い足をどけろ!」
ライガー「俺たちの弟を足蹴にするとは…覚悟は出来ているんだろうな。」
そう言ったギンギライガーとライガーからは、怒りのオーラが出ていた。
イビルモン「なんだと?!…オマエらも同じ目に遭わせてやる!!」
イビルモンはそう言って飛び上がった。
ライガー&ギンギライガー「『雷撃』!!」
ライガーとギンギライガーは、飛び上がったイビルモンに向かってフルパワーの雷撃を2つ重ねて放った。…イビルモンは光の粒になって消えた。

ギンギライガー「大丈夫か?!サンダー!!」
ギンギライガーは心配そうに言った。
サンダー「うん、ヘーキだよ。」
サンダーはニッコリと笑って言った。
ライガー「サンダー!! 外には絶対に出るなと言っただろう!!」
ライガーに怒鳴られて、サンダーは身をすくめた。
ライガー「…もしも俺達が助けに来なかったらどうしていた?」
サンダー「…来なかったら?…そしたら、たぶんぼくだけでがんばってた…と思うよ。」
ライガー「あの状態でか?」
サンダー「う゛…。」
ギンギライガー「…まあ、この子達を助けようとしたのは偉かったけどね。」
ギンギライガーは苦笑いをしながら言った。
サンダー「あ、そうだ。あのね、ライガーにいちゃん、ギンギにいちゃん。あのこたち、この世界じゃないところから来たみたいなんだ。…だからさ、ちょっとの間だけ、あのこたちがこの世界で暮らすところを見つけるまでさ…えと…。」
ライガー「…俺たちのところに置いてくれないか…か?」
サンダー「うん。…いい…かなぁ…。」
ギンギライガー「…ボクはいいよ。…ライガー兄ちゃんは?」
ライガー「…ふん、勝手にしろ。」
ギンギライガー「良いって。よかったね。」


…この後、サンダーはライガーとギンギライガーに完全に外出禁止にされた…と言うのはまた別の話である。



…何だか書いているうちにライガーとギンギライガーが出て来すぎた上にかっこよすぎる気が…まあいいんですけど。
…なんかサンダーとチョコモン達の出会いって言うよりは、“サンダー達”の出会いということになってしまいました。

…リクをくれた菘さん、ゴメンなさい;


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.