ピコプチルーム

MF+2004年ver.バレンタイン

…ホリィの家…ホリィが台所にこもって何かを作っている。
ゲンキ「…ホリィ、何やってるんだろう…。」
ゲンキがそう言って、ドアに手をかけようとすると…
 「ワン!!」
突然、後ろで犬が吠えた(ような声がした)。
ゲンキ「わあ!!……って、何だサンダーか。脅かすなよ。」
…そう。吠えたのはサンダーだった。
サンダー「…その中、入っちゃダメだよ。」
サンダーはそう言いながら扉の前へきた。
ゲンキ「え…何でだよ。」
サンダー「知らない。…けど、ほりぃとにながダメだって。」
ゲンキ「…じゃあ何でサンダーはココに居るんだよ。」
サンダー「おれ、番犬やってるんだ♪…ほりぃとになに見張っててって言われたから。」
ゲンキ「…それで見張ってるんだ。…サンダーって、人間が恐いくせによく言う事聞くよな。」
サンダー「…うん、おれは創り主サマを守るために創られた守り主だから。…だから、言い付けはちゃんと守るんだ♪」
サンダーは明るく笑った。…少なくとも、ゲンキにはそう見えた。

…そして数分後…チョコモン達がサンダーを遊びに誘いに来た。
チョコ「サ~ンダーv…遊ぼ?」
サンダー「今ダメ。…いま、おれ番犬してんだ。」
アメ「…番犬?…誰に言われたんだ?」
サンダー「ほりぃとにな。…この中には誰も入れちゃダメって。」
グミ「…サンダー、ホリィとニナ今何してんの~?」
サンダー「さぁ?…でも、おれほりぃかにながいいって言うまでここ離れる気ないし…。」
アメ「…忠実だな。」
サンダー「うん。…だっておれ、犬だもん。」
チョコ達「(…狐じゃなかったっけ…;)…まぁ、がんばってね。」
チョコモン達はそう言うと外に遊びに行った。

そしてまた数分後…オルトロスがドアの前を通りかかった。
オルトロス「…何やってんだ?サンダー…。」
サンダー「番犬。」
オルトロス「…そっか。………………まぁ、がんばれよ。」
オルトロスは、少し呆れて言った。
サンダー「うんっ。」
…サンダーのその言葉を聞くと、オルトロスはゆっくりとその場を立ち去った。

…そして所変わって家の外…(ニナとホリィとサンダー除く)一同は、集まってホリィ(とニナ)が何をしているのか、と言う事について話し合っていた。
ゲンキ「…なぁ、誰か分かる奴居ないか?」
一同「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ゲンキ「やっぱ分かんないか~…。」
ライガー「…そんなに気になるのなら、本人に聞きに行けばいいだろう。」
スエゾー「…それが出来とったら、誰も悩んでへんわ。」
スエゾーはそう言ってため息をついた。
ライガー「…どう言う事だ?」
グミ「…あのドアの前~、サンダーが番犬してるんだよ~。」
ギンギライガー「…じゃあ、しばらくは入れないね…;」
ギンギライガーは苦笑して言った。
アメ「………あ、でもアイツのことだから、ライガーとギンギライガーが言えば何とかなったりしてw」
一同「まっさか~w・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ありえるかもしれない;)。」
ギンギライガー「…じゃあ、試しに行ってみようか、兄さん。」
ライガー「…何故俺まで…。」

…そして再びドアの前…サンダーは丸くなって眠っている。…そこへライガーとギンギライガーがやって来た。…その事を感じ取ると、サンダーは目を覚まして起き上がった。
ギンギライガー「…サンダー。…何してるんだ?」
サンダー「番犬やってるんだよv」
サンダーはニッコリ笑って言った。
ライガー「…そのドアの向こうにホリィが居るだろう?」
サンダー「うん、いるよ。…でも、入っちゃダメだよ。…そのための番犬(おれ)なんだから。」
ライガー「分かっている。…だが、サンダー。…お前、ホリィが何をやっているか知っているのか?」
サンダー「ううん、知らない。」
サンダーは軽く首を横に振った。
ギンギライガー「…知らないで番犬やってるのか?」
ギンギライガーは苦笑して言った。
サンダー「うん。…だって、ほりぃもになも、“ヒミツ”って言って教えてくれなかったもん。」
ライガー「…じゃあ、ホリィかニナに直接聞くか…。」
ライガーはそう言ってドアを開けようとした。
サンダー「ダメー!…おれ番犬やってるから、だからダメ~!」
サンダーは涙目になりながら言った。
ライガー「……わかった。…だが、サンダー、いつまで番犬をやっているつもりだ?」
サンダー「…ほりぃかになが良いって言うまで。…それに、ほりぃ、後で分かるって言ってた。」
ギンギライガー「…そうか。…無理しようとしてごめんな。」
サンダー「ううん。…おれの方こそ、ゴメンなさい。」

…そして外…。
ハム「…どうです?何か分かりましたかな?」
ギンギライガー「…ダメだった。」
一同「…そうか…。」
チョコ「…今日ってさ、確か2月14日…だよね。」
ゲンキ「え?うん。……あ、そうか、バレンタインか。」
モッチー「…ばれんたいんって何だッチ?」
アメ「バレンタインって言うのは、女の子が好きな人や普段お世話になってる人にチョコレートを渡す日の事だよ。」
モッチー「チ~。」

…そしてしばらく後…やっと部屋から出てきたホリィとニナ。
サンダー「…あ、やっと出てきた。」
ニナ「あ、サンダー。…ずっと見張っててくれたんだ。ありがと。もういいよ。」
サンダー「うん。…じゃ、おれライガーにいちゃんとギンギにいちゃんトコ行ってるね。……あ、ところで、になもほりぃも何してたの?」
ホリィ「…今日はバレンタインだからチョコ作ってたのよ。」
サンダー「ふ~ん。…そっか。」
サンダーはそれだけ聞くと、外へと歩いて行った。




…これが、MF+の一同のバレンタインです。
もうバレンタインかどうか疑わしいものになっていますが;
…ホリィと二ナの本命チョコをもらうのは一体誰でしょう。
…まぁ、本命チョコがあるのかどうかは分かりませんが…ね。

…て、今気付いた。…この小説の中で、誰一人としてチョコを貰ってない;




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.