ピコプチルーム

聖なる夜の双子たち

今日は12月24日 クリスマス
…と、言う事で、ゲンキ達一同は、部屋を飾ってパーティーを開く事にしました。

ゲンキ「…飾りつけは、この位で良いか。」
グミ「じゃ~終わり~?」
ゲンキ「そうだな。」
アメ「…あ~、終わった終わった~♪」
アメモンとグミモンは、持っていた物を放り投げて、遊びに行った。
オルト「コラ!物をやりっぱなしにして行くな!!」
…しかし、オルトがそう言った頃には、もうすでに二人の姿は見えなかった。
オルト「…ったく。」
オルトは、そう言うと、二人がやりっ放しにして行った物をかたずけ始めた。
チョコ「…ゴメンね、オルト。」
チョコモンは、一言そう謝ると、一緒にかたずけ始めた。

オルト「…そう言えばサンダーは?」
チョコ「え…あれ?さっきまでそこに居たのに…アメたちと遊びに行ったのかなぁ…。」
オルト「…それは違うと思うけど……とりあえず、オレちょっと探してくる。」
チョコ「あ、うん。」

オルトは、サンダーを探しながら、部屋を廻っていた。
オルト「いねぇなぁ…。」
オルトがそう言いながら、窓の方をみると、外では雪が降っていた。
オルト「うわぁ…こりゃ、外はすげー寒さだろうな。………って…居た。」
…窓の隅に、サンダーが(たまたまあった木箱の上に乗って)居た。
サンダーは、何だか寂しそうな顔をしていた。
オルト「サンダー?」
オルトは、そう言いって、窓際に置いてある、木箱の上に飛び乗った。
サンダー「…オルトロス…。」
オルト「…どうしたんだよ、こんな窓際で。寒いだろ?」
オルトは、そう言いながら窓ガラスを右前足(人間で言う右手)で拭いた。
サンダー「オルトロス…?」
オルト「…窓、拭いた方が…少しは暖かいような気がしてさ。」
オルトは、そう言って笑った。
サンダー「…多分…同じだと思うよ?」
オルト「そう言うなよ;…あのさ、今日、雪が降ってんだぜ。」
サンダー「雪?…へ~、じゃあ今日はWhite Christmasなんだ。」
サンダーは、寂しそうな表情をしたまま言った。
オルト「そう言うこと。…だからさ、何でそんな表情(かお)してんの?折角のホワイト・クリスマスなのにさ。」
サンダー「え……?」
オルト「…お前さ、ずっと寂しそうな顔してるぜ?何で?」
サンダー「…だってさ、折角グレイとも会えたのに、一緒にクリスマス過ごせないし、それに…」
サンダーは、そこまで言うと口を濁してしまった。
オルト「…それに?」
サンダー「……それに…クールも、居ない。」
オルトは、サンダーのその言葉を聞いてハッとなった。…クールとは、オルトの双子の兄の事だ。
…オルトは、少し困ったような、悲しいような顔をした
サンダー「…オルトロス?」
オルト「ごめ…ありがと。サンダー、クールの事考えててくれたんだな。…オレ、毎日楽しかったり忙しかったりで、
クールの事うっかり忘れてた。」
オルトは、泣きそうになりながら言った。
サンダー「…オルトロス………無事だといいね、クール。」
オルト「あぁ。…けど、多分平気だよ、クールは。…なんてったって、オレの兄貴だぜ?クールはさ。」
サンダー「うん、そうだね。」
オルト「そうさ。きっと今頃は、クールだってクリスマスを祝ってるさ。」
サンダー「…うん...そう、そうだよね。」
サンダーがそう言うと、二人は笑い合った。

そして、所変わって人間界…
女の子のデビチル、要ミライと、男の子のデビチル、甲斐セツナと、その相棒の住む要家でも、クリスマスパーティーが行われていた。
青い犬「へっくしょん!!」
窓際で寝ていた青い犬が、突然くしゃみをした。
セツナ「大丈夫か?クール。」
ミライ「風邪?」
二人のデビチルは、青い犬(この犬がクールらしい)を心配そうに覗き込んで言った。
クール「…いや、大丈夫だ。…誰かが噂でもしているんだろう。」
ミライ「そう?…ならいいけど…。」
クール「あぁ。」
クールはそう言って、窓のほうに向き直った。
セツナ「あ…雪だ。」
…窓の外には、雪が降り始めていた。
ミライ「本当~、ロマンティックね~。」
クール「…White X'mas…か。」
クールは、そう言いながら、弟であるオルトや、友達であるサンダーやグレイ、そして、ケルベロスの里の皆の事を思い出していた。
クール「…皆、生きていてくれれば良かったんだが…。」
クールは、ポツリとそう、呟いた。


クリスマス 聖なる夜に
来年こそは会えたらな と思う者達


グレイ「…あ~あ、クールもサンダーもオルトロスも……来年は、会える機会…作ってやれると良いんだけど…。」


全てを知るのはただ一人…
2つの世界を行き来しつつふと思う

雪の降る 聖なる夜に
皆の願いが 叶いますよう
そう 皆は切に願う



…えっと、そう言えば今まで何の説明もしてなかったような気もしますが、
クールとオルトは、実は(私の中では)、双子だったりします;
…それで、グレイは何故かあちこちの世界を行き来できる、と言う設定も…
…あったりなかったり…(どっちやねん)。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.