ピコプチルーム

2008年度の七夕

とある笹薮の中を行く一同。
ゲンキやチョコモン達は上機嫌に『七夕の歌』を口ずさみながら歩いていた。
「あぁ……。そういや、今日って七夕だっけ?」
その歌に、グレイが気付いた様に呟いた。
「そう! だからさ、今日はこの辺で野宿して、どっかの笹に短冊とか飾ろうぜ?」
グレイの言葉に、ゲンキは楽しそうに答えた。
ゲンキの答えに、チョコモン達も「賛成~~!!」と言ってはしゃぎ回った。
「そうね……。もう日も暮れかけてきたし、今日はこの辺で野宿にしましょう。」
ホリィが言うと、ゲンキとチョコモン達は「やった~!」と飛び上がって喜んだ。
「サンダー、折り紙出せるか?」
「もちろん。短冊も紐も、ちゃんとストックあるよ♪」
グレイの問いに、サンダーはそう答えると、何処からか七夕セットと折り紙を取り出した。
その七夕セットをゲンキが開けると、皆短冊とペンを持ってあちこちに散って行った。
そんな一同を微笑ましく思いながら、グレイは折り紙を持って適当な所に腰掛けた。
「グレイ~! おれココで短冊書いて良い?」
サンダーは短冊とペンを咥えてグレイの傍に駆け寄ると、そう問いかけた。
「おう、良いけど気ぃ付けろよ? オレこれからはさみも使うんだから。」
「うんっ!」
グレイの言葉に、サンダーは元気に頷いてその場に伏せて短冊を書き始めた。
その様子を確認すると、グレイは何処からかはさみを取り出し、七夕飾りを作り始めた。

グレイが黙々と作業を続けていると、ギンギライガーが短冊を咥えてやって来た。
「グレイ? 何をしているんだ?」
「ぁ、七夕の飾りを作っているんです。」
ギンギライガーの言葉に、グレイは笑顔で答え、ちょうど出来たらしい飾りをギンギライガーに見せた。
「七夕って、短冊に願いを書いて笹に吊るすだけじゃないのか?」
「えっと……。元々七夕って、織姫と彦星って人のお祭りだから、基本どっちでも良いんだけどね。」
「オレ、こういうの作るの好きなんです。」
ギンギライガーの問いにサンダーが少し考えながら答えると、
グレイはまた新しく他の飾りを作りながら、照れくさそうに答えた。
「それにね、グレイおりがみ上手いんだよ!」
「そうか。」
自慢気にいうサンダーの言葉に、ギンギライガーは微笑んだ。
「サンダー、ギンギライガー、グレイ。短冊書けたのか?」
黙々と飾りを作り続けるグレイを、ギンギライガーが微笑ましく見ていると、
ライガーがそう言いながらこちらへ歩いてきた。
「兄さん。」
「書けたなら、もう飾るぞ。」
「ぅあ、ちょっと待って! 今書く!!」
ライガーの言葉に、サンダーは慌てて書きかけだった短冊を書き始めた。
「まだ書いてなかったのか……。ギンギライガーは、もう終わったのか?」
サンダーの答えに、ライガーは呆れた様に溜息を吐いた。
「ああ、俺は書き終わってからこっちに来たから。」
「そうか。で、グレイは何をしているんだ?」
「ん? 七夕飾り。」
「たなばたかざり? 何だそれは。」
「七夕の日に、短冊と一緒に笹に飾る飾りだよ。」
ライガーの問いに、グレイは手を止める事無く答えた。
「……七夕は短冊を飾るだけじゃないのか?」
「人間界じゃ、短冊以外にもちょっとした飾りを飾る風習もあるんだよ。」
言って、グレイは出来た飾りをライガーに見せた。
「………そうか。で、お前は短冊書き終えたのか?」
「いや、まだ。」
「飾りより先に短冊書いたらどうだ?」
「……オレ、ベツに今願い事とかねェし、それに飾り作んの趣味だし。」
ライガーの言葉に、グレイはまた新しい飾りを作りながら答えた。
「え~、グレイ願い事ないのー?」
「だってさ、今サンダーもオルトも、皆居てさ、すっげー楽しいし。これ以上願う事はねェよ。」
不満そうなサンダーの言葉に、グレイは心底幸せそうな笑顔で答えた。
「………防御力が上がりますように~とかは?」
「防御はお前の仕事だろ? サンダー居ればオレガードする必要ねェし。」
「じゃあせめて素早さ上げて避けてよ。グレイHP低いんだからさ。」
「…………それは何か? オレへの文句か?」
「文句じゃなくて要望だよ。」
言って、サンダーは一つ溜息を吐いた。
「お前さー、オレが今凶器持ってんの忘れてねェか?」
グレイは、はさみを握り締めると、笑顔で言った。
「え、何お前。ここではさみ振り回すつもり?」
「ベツに振り回さなくても攻撃できるし?」
「投げんのも無しだよ? 大体、ライガーにいちゃんとギンギにいちゃんに当たったらどうすんのさ!」
笑顔で言ってのけるグレイに、サンダーは耳をペタンと後ろに倒して言った。
「大丈夫大丈夫、絶対当てないから。」
「んな自信どっから来るんだよ!? グレイ命中率もひっくいじゃん!!!」
「大丈夫。お前がそっから動かなきゃ投げる必要もないし、他の人に当たる事も無いだろ?」
「グレイ、サンダー! いい加減にしろ!!!」
突然怒鳴ったライガーの声に、サンダーとグレイはビクリと体を強張らせてライガーの方を向いた。
「遊んでないでさっさと短冊書け!」
鬼の形相で睨んで言うライガーに、サンダーとグレイは声を揃えて「ハイ……。」と呟く様に答えた。

「で、何書こうか。」
「何でも良いじゃん。」
「サンダー何書くんだよ?」
「そりゃ勿論、“ライガーにいちゃんとギンギにいちゃんとずっと一緒に居られますように”だよ?」
グレイの問いに、サンダーは笑顔で答えた。
「オレは? なァそれオレは? オレはずっと一緒じゃなくて良いのかよ!?」
「ライガーにいちゃん! おれ書けたぁ~!」
焦った様に聞いてくるグレイを無視して、
サンダーは少し離れた場所でギンギライガーと話していたライガーを呼んだ。
「ちょっと待て! 無視すんなよ、答えろよ! オレは? なぁオレは!?」
「……お前ら、またケンカしてるのか。」
「それ、兄さんも言えた事じゃないけどね?」
食い下がるように声を張り上げるグレイに、ライガーが溜息を吐いて呟くと、
その後ろでギンギライガーが限りなく小さな声で呟いた。
「ケンカじゃないよ~、グレイが勝手に怒鳴ってるだけだもん。」
サンダーは困った様に答え、ライガーに短冊を渡した。
「お、良く書けてるじゃないか。」
「うん! がんばった!!」
ギンギライガーがその短冊を覗き込んで言うと、サンダーは嬉しそうに答えた。
「“兄弟仲良く、ず~っと一緒にいられますように”か、良い願いじゃないか。」
「ぇ、ちょっとライガーにいちゃん! 音読しないでよ!!」
いきなりサンダーの短冊を読み上げたライガーに、サンダーは頬を赤く染めて困った様に叫んだ。
その言葉に、グレイはキョトンと目を丸くした。
「おまっ……。それさっき言ったのと違ェじゃんかよ!」
「願い事とか、普通声に出して言わないじゃん!!」
「嘘吐きは泥棒の始まりって言うだろ?!!」
「……おれ、盗賊の弟だけど?」
サンダーがしれっと答えると、グレイは何も言い返せずに黙り込んだ。
「グレイ、お前は書けたのか?」
「っだからぁ、何を書けば良いんだよ!?」
ライガーの言葉に、グレイは困った様に尋ねた。
「何でも良いんだぞ? 黒マントを倒せるように、でも肉が食いたいでも、何でも。」
「うぅ………。」
「何か無いのか? 要求とか野望とか。」
「……サンダーがこれ以上無茶な戦い方しませんように、とか?」
「やめとけば? それ100%叶わないし。」
「サンダー!」
グレイが漸く上げた願いに冷たくツッコむサンダーにギンギライガーが注意すると、
サンダーはペタッと耳を後ろに倒して身を縮めた。
「……そういやァ、ライガーは何書いたんだよ?」
「っ俺は何でも良いだろ!!」
グレイの問いに、ライガーは顔を赤くして怒鳴った。
「ギンギにいちゃんは何て書いたの?」
「“皆とずっと一緒に笑っていられますように”。後、“グレイともっと仲良くなれますように”って。」
サンダーの問いに、ギンギライガーは優しく笑って答えた。
「わ~……。グレイ~、ギンギにいちゃんお前の敬語不服だって~。」
「え、いや別にそういうワケじゃ……;」
「……で、ライガーはどうなんだよ?」
「っ………。“弟達の笑顔をちゃんと護れますように”だ。」
赤くなりながらも、ライガーはそっぽを向いて答えた。
その望みに、ギンギライガーもサンダーもグレイも目を丸くした。
「兄さん……。」
「ぅわあ~、ライガーにいちゃんカッキィ~!! おれもそういうのにすりゃ良かったぁ~!」
「つかソレのドコに赤くなる要素が入ってんだよ?」
「ぅ、ウルサイ! いいからお前もとっとと書け!!」
感動したように呟くギンギライガーと、感想を述べるサンダーとグレイの姿に、
ライガーは更に顔を赤くして言った。
「分かってるよ! ……あ、こんなのどうだ?!」
言って、グレイは短冊にペンを走らせた。
「出来たっ!!」
数秒後、グレイは書き上げた短冊を掲げて言った。
そこには、“もっと強くなれますように”と書かれていた。
「シンプルな望みだな。」
「分かりやすくて良いじゃないか。」
「悩んだ意味無いじゃん。」
「いーんだよ!」
言うと、グレイは短冊を持って立ち上がった。
「じゃあ、いい加減飾りに行くか。」
「うんっ!」
その言葉に、グレイが辺りに散らばっていた七夕飾りの折り紙を拾い上げると、
ライガー達はゲンキ達が居る場所へと歩いて行った。

「うわぁ~~!」
「何ソレ! 全部グレイが作ったの!!?」
「すっげぇ~~!!」
グレイが持っている七夕飾りを見るなり、ゲンキとチョコモン達は
グレイの周りに群がって、口々にそう言った。
「相変わらず、折り紙上手いな。」
「まァな、趣味だし。」
オルトの言葉に、グレイは笑顔で答え、既に短冊が飾られている笹に飾りを付けていった。
「今年はグレイもオルトも居るから、明日が楽で良いね。」
「……やっぱ燃やすの?」
「え~、七夕飾りこんなに綺麗なのにぃ~?」
「燃やすよ? 決まってんじゃん。それが七夕の儀式の一つでもあるんだし。」
「けど、勿体無いよな……。」
サンダーの言葉に、ゲンキはグレイの折った星を拾い上げて呟いた。
「良いじゃん? 花は枯れるからこそ美しい。」
「あ~、盛者必衰の理ってヤツ?」
「そうそう。ま、オレの場合は燃え行く様を眺めんのが好きってのもあるけどな。」
グレイはそう言うとクスクスと笑った。
その様子を見て、ゲンキ達はちょっとひいた。
「………燃えフェチ?」
「どんなフェチだよ;」
楽しそうに呟いて首を傾げるサンダーに、オルトはそうツッコミを入れた。
「あ~、明日が楽しみだなァ~♪」
「雨降んないと良いね。」
無邪気に笑う双子を、一同は少し困り気味に見つめた。


7月7日
今宵は七夕。
今年も皆の願いが叶いますよう……。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.